漫画ネタバレ

86―エイティシックス―【第1巻】ネタバレと感想!死神と呼ばれるアンダーテイカー!呼ばれる所以とは

2018年10月10日発売の86―エイティシックス―【第1巻】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

サンマグノリア共和国。そこは日々、隣国である
「帝国」の無人兵器《レギオン》の侵略を受けていた。
軍人である少女・レ―ナはある日、
指揮管制官として「86」の指揮を執ることになる――。

これからネタバレを含む内容を紹介しますので、先に無料で読みたいという方は下記から無料で読む方法をご覧ください。

>>>漫画の最新刊も無料で読む方法!

FODで86―エイティシックス―【第1巻】を
無料で読む

86―エイティシックス―【第1巻】のあらすじ

その戦場に、死者はいない。

コックピットの中にいる

指揮官「ハンドラー・ワンよりアンダーテイカー・・・」
「敵激激敵部隊をレーダーに捕捉・・・大規模の対戦車砲兵並びに同規模の近接猟兵部隊だ」

シン「アンダーテイカー了解。こちらでも感知しています。」

ミリーゼ「現時刻を持って指揮権を現場指揮官に委譲する。」
「捨身護国を持って報恩となし、命に代えても共和国の敵を撃滅せよ」

シン「了解。・・・すまない君たち。」

シン「本当にすまない」

シン「アンダーテイカーおり戦線各位。ハンドラー・ワンは指揮権を委譲」

シン「これよりアンダーテイカーが指揮を執る」

パイロット1「アルファ・リーダー、了解」

パイロット1「いつものとおりだな、死神」
「腰抜けタマなし飼い主殿は最後になんだって?」

シン「すまないと」

パイロット1「はっ、相変わらずどうしようもねぇな白ブタはよ」
「追い出して閉じこもって耳塞いで、なぁにがすまねぇだよくだらねぇ」

パイロット1「・・・小隊各位、聞いての通りだ。まどうせ死ぬなら」
「我らが死神のお導きなら悪かねぇよな」

シン「会敵まで60秒ー」

シン「コンバット・マニューバオープン」
「敵機検知『B1に設定』『B2に設定』・・・『エンゲージB210』」

シン「砲撃が来るぞ。最大戦速で敵砲撃域を突破する」

シン「さあ・・・行くぞお前らぁああ!!」

砲撃があたり一面に広がっていく

パイロット2「デルタ・リーダーよりデルタ小隊!」
「回りこませるな、ここで撃滅しろ!」

パイロット3「チャーリー・スリー!十時方向に敵機だ!回避をー」

パイロット4「エコー・ワンより小隊各位ー」
「エコー・リーダーは戦死。これよりエコー・ワンが指揮を執る」

パイロット5「ブラボー・ツーより各位ー」
「・・・悪い、みんなこれまで見たいだ」

パイロット1「アルファ・リーダーよりアルファ・スリー!」
「あと1分持ちこたえろ。今救援に行く!」
「アルファ・ワンは指揮を引き継げ!」

パイロット6「ー了解幸運をアルファ・リーダー」

パイロット7「く、こっちはダメだ・・・ちくしょお・・・」
「よお死神・・・あ・・・あとは頼むぜ・・・なあシン」

パイロット7「アンダーテイカー。なに、約束は忘れてねぇよな・・・」

シン「・・・あぁ」

指揮官「ハンドラー・ワンより戦線各位・・・」
「聞こえるか・・・応答せよ第一戦線ー・・・」

シン「アンダーテイカーよりハンドラー・ワン。」
「敵迎撃部隊を撃滅。敵部隊の後退を確認しました。作戦終了、帰投します。」

指揮官「アンダーテイカー、その・・・貴官の他には何人がー」

シン「交信終了

そこには破壊された機体が山積みになっているなか一人立っているシンの姿があった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サンマグノリア共和国、第一区共和国首都
リベルテ・エト・エガリテ

古くは白系種の暮らす地であったが
他国からの移民を推奨し積極的に受け入れてきた
世界初の近代民主制国家

場面は人が行きかう街中でのシーン

男の子「ふぁ」

男の子の頭から帽子が風に吹かれて飛ばされようとしたところ
軍服を着たレーナがタイミングよくキャッチする

男の子の母親「申し訳ありません・・・お手を煩わしまして・・・」
「ちゃんとお礼言いなさい」

男の子「ありがとうございましゅ」

レーナ「どういたしまして」

場面が変わり国軍本部 ブランネージュ宮殿でのシーン

軍人1「おーおー」

軍人1「諸君・・・お人形好きのお姫様のお通りだ。少佐殿もどうですか一杯?」

レーナ「ごめんなさい。これから職務ですので」

軍人2「おーこわ。俺達は怠慢の悪者ですか」
「お部屋に籠って大事な無人機のお世話でもしてろっての」

アネット「こぉらお前たち」

アネット「おはよ、アネット」

レーナ「おはよアネットいつもは寝坊なのにずいぶん早いのね」

アネット「帰るとこよ徹夜で。この天才アンリエッタペンローズ技術大尉にしか解けない難問が持ち上がってね」
「そもそも定時通り出勤してんのあんたくらいよ。何もしなくてもレギオンの数は確実に減ってるし」
「こんな状況で人間がやる気出そうって方が難しいでしょ」

アネット「戦争はあと2年で終わるのよ、人間が今さら何をしようとしまいとね」

レーナ「そうね、それでもわたしは人間の為に何か出来ればと思うの。」

アネット「そうねぇ。あんたって相変わらず真面目なんだかぬけてんだか」
「ああ、あとそれとあんたの情報端末侵入警報ついてたわよ。管制してやれば」

レーナ「いけない・・・ごめんね。ありがとうアネット」

アネット「いーえ、さて帰って寝ますか。おやすみ。あんまり無人機なんかに入れ込むもんじゃないわよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
場面変わって管制室に向かうシーン

軍人1「ったくめんどくせえよなー。管制も無人機と同じ全自動にしろっての」
「俺たち人間に相手させてんじゃねぇよ。86なんかのよー」

自分の管制室につき、椅子に座り管制の準備をするレーナ
首に見慣れないデバイスを付ける

レイドデバイス 疑似神経結晶を通じて脳の特定部位を活性化
集合無意識を経由して二者間の五感の共有を行う通信装置
基本的には聴覚を共有対象とし、ジャミング下でも戦況把握と指揮管制を可能とする

デバイス「認証開始、ヴラディレーナ・ミリーゼ少佐。東部方面軍第九戦区第三防衛戦隊指揮管制官」
「友軍機総数70。第三戦隊残機数24、適性存在総数ー・・・同調完了」

レーナ「ハンドラー・ワンよりプレアデス」

パイロット1「プレアデスよりハンドラー・ワン同調良好」

レーナ(ー声。ジャガーノートに音声会話機能なんて付いてない。感情や意識と呼べるような
高度な思考能力も持っていない。この瞬間に触れるたび、いつも感じるあの歪み)

誰も、死んでないわけじゃないのに。

レーナ「今日もよろしくお願いしますね」

無人機同士が殺しあう最前線
戦死者ゼロの激戦地ーそこにいるのは本当はー

パイロット1「・・・はっ」

パイロット1「人間もどきのエイティシックスに毎度ご丁寧なご挨拶」

86 エイティシックス
それはレギオンに席巻された大陸で共和国市民に残された最後の楽園である
85の行政区の外 人外領域に棲息する人型の豚
人間以下の劣等生物と定められた共和国領外の強制収容所と最前線で生きる有色種を指す蔑称である

パイロット1「ご苦労なことですね、人間
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>>>FODで漫画を無料で読む!

86―エイティシックス―【第1巻】のネタバレ

場面は敵レギオンとスピアヘッド戦線と激戦を描いたシーン

多数のレギオンがスピアヘッド戦線に襲い掛かる

シン「来るぞ」

敵レギオンの激しいミサイルが飛んでくる

レーナ「・・・・・!!」

レーナ(『ジャガーノート』はどうしようもない駄作機・・・・・)
(重機機関銃弾にも貫通される薄いアルミ合金の装甲に機動性能は圧倒的に低く)
(主砲は火力不足。そのため近接接猟兵型や、戦車型とは正面から対峙しても勝てない・・・)

レーナ(脆弱な『ジャガーノート』で描いたレギオンを撃破するには複数機で連携し)
(低い起動力を地形や遮蔽等を利用して戦うのが常道・・・だけどそれだけじゃない・・・)

レーナ(スピアヘッド戦隊の起動から感じるそれ以上の『なにか』・・・)

シン「ー第三小隊、交戦中の小隊を誘引して南西に後退。第五小隊は現時点で待機」
「射撃ゾーンに敵小隊が侵入したら斉射で仕留めろ」

ダイヤ「ダイヤ了解。アンジュ今のうちにリロードしとけよ」

アンジュ「セオも同じく、こっちを撃たないでよブラックドック」

セオ「りょーかい、キノ手伝って」

キノ「オッケ・・・!」

見事な連携で敵機を破壊する

レーナ(死神・・・挟み撃ちになるよう的確な初期配置・・・)
(まるであらかじめ『レギオン』の動きが見えているような・・・)

シン(・・・また、自分からは出てこない・・・か)

シン「・・・!」

シン「全機警戒、攻撃中止。散開・・・」

ゴォ

すさまじい破壊力のビームが一直線に伸び建物を跡形もなく呑み込んでいく

パイロット1「あっぶねぇ、長距離砲兵型の砲撃だ・・・前進観測機潰さないと・・・」

レーナ「ハンドラー・ワンより戦線各位ー前進観測機の推定位置を送信します」
「候補は3か所確認と制圧を」

シン「クレナ、方位030、距離1200ビル屋上に4機」

クレナ「了解、任せて。」

シン「ハンドラー・ワン、指向レーザーによるデータ伝送はこちらの位置が特定される恐れがあります」
「作戦中の指示は口頭のみにしてください。」

レーナ「す、すみません」

シン「次の観測機がでてきます。引き続き位置の特定をお願いします」

レーナ「はい!」

ライデン「戦車型か・・・」

ライデン(ボチボチ前線に出て来やがる頃か・・・)
(にしてもまだまだレギオンの数も減りやしねぇ・・・)

ライデン(シンと飼い犬、弾切れか・・・・)

ライデン「敵の数がちっと多いな」

シン「カモ撃ちなんだろ、楽しめばいい」

ライデン「聞いていやがったか。」

シン「・・・確かに思ったより戦車型が多い。」
「そのうちこちらの移動パターンも解析される。その前に削っておいた方がいいだろうな」

ライデン(・・・相変わらずの声音だな)

シン「戦車型は受け持つ。その他の相手と援護の指示は任せた」

ライデン「了解だアンダーテイカー。」
「またアルドレヒトのジジイにどやされるな」

ライデン(多分死ぬ時も死んでさえも、こいつはこのままなのだろう)

レーナ「!?」

戦車型レーヴェに1機単独で立ち向かうシン

レーナ「アンダーテイカー!!一体何を!!?
シン「戦車型は受け持つ。その他の相手と援護の支持は任せた」

まずは一発戦車型に砲撃をあてる。しかしダメージはなくすぐに反転しシンに砲撃
しかしそれを全てよけるシン機

レーナ(避けている、ありえない・・・!?戦車型の音速を超える砲撃を・・・)

シンの機体に向かって上空からプレスするように攻撃を仕掛ける
しかしそれを見事に避けていくシン
そして敵機を翻弄し相手を少しづつ削っていく

レーナ(何という機動・・・スペック上の運動性能を超えている・・・!!)

そしてついに戦車型を破壊する

レーナ(レギオンが撤退する)
(これがエイティシックス 『スピアヘッド戦隊の闘いー』そして)

レーナ(死神の闘いー・・・)

レーナ「戦線各位ー・・・本日はお疲れ様です」

シン「ハンドラー・ワンお疲れ様でした」

レーナ「貴方達の勝利を初めて見ました・・・すごい戦闘でした・・・」
「貴方はいつもそうなのですか・・・?命知らずというか・・・」

ライデン「あぁ、こいつのこれは最初っからだぜハンドラー・ワン」
「俺が会う前からずっとやってる」

レーナ「ヴェアヴォルフはアンダーテイカーとは以前からのお知り合いですか?」

カイエ「というか大半がそうだな」
「例えばダイヤとアンジュは入隊以来同じ隊だし、私はハルトと一年一緒だし」
「セオ、クレナは一昨年から、シンとライデンの隊にいて・・・」
「確か二人もあってから2年位になるんだったか・・・?」

ライデン「3年だ」

レーナ「従軍してもうどれくらいになるのですか?」

カイエ「みんな4年目というところかな」

ライデン「アンダーテイカーは一番長くて今年5年目だ」

レーナ「ではアンダーテイカーは任期満了まであと少しですね」
「退役したら何かやりたいことはありますか?」

シン「さぁ・・・考えたこともありませんね」

レーナ「そうですか・・・でも今から考えておいてもいいかと思いますよ」
「何か思いつくかもしれませんし・・・」

レーナ「きっと楽しいと思います」

シン「そうかもしれませんね」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
場面が変わってどこかの会議室でのワンシーン

謎の男1「スピアヘッド戦隊か・・・」

謎の男2「この数戦損耗ゼロとのことです」

謎の男1「そうか厄介だな・・・」
そろそろ例の任務を与えるか・・・

>>>FODで漫画を無料で読む!

86―エイティシックス―【第1巻】の感想

シンの作戦能力と操作する凄さが伝わってきて
凄く面白かったです!次巻もどうなるのか気になります!


 

まとめ

以上、86―エイティシックス―のネタバレ・感想と無料で読む方法を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

好きな漫画が無料で読めるサービスまとめ

 

漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

漫画を無料で読めるおすすめサービスランキング

U-NEXT

U-NEXTは31日間の無料トライアルと登録時に600ポイントが付与されます。

動画配信サービスとして有名で、見放題作品が豊富なのも嬉しいですね。

電子書籍のラインナップもかなり多く、無料ポイントですぐに読むことができます。

月額料金 1990円
無料期間/ポイント 31日間/600ポイント
その他特典 雑誌読み放題、動画見放題、スマホ対応

U-NEXTも動画配信サービスがメインで、見放題作品が豊富なこととして有名です。

電子書籍の数もトップクラスで、スマホでは専用のリーダーがあり、購入した本がそのリーダーに共有されて見やすく管理されています。

他のアニメや漫画など見たいものが多い方はおすすめです。

U-NEXTで漫画を無料で読む

music.jp

music.jpは動画・音楽・電子書籍サービスと幅広く利用できるサービスです。

漫画や音楽で使えるポイントは961ポイントですが、これとは別に動画で使える1500ポイントももらえます。

また、電子書籍購入時には10%のポイント還元もあります。

月額料金 1922円
無料期間/ポイント 30日間/961ポイント(動画1500ポイント)
その他特典 購入時10%ポイント還元、スマホ対応

music.jpは動画配信サービスで見放題のコンテンツがないこともあり、ポイントに力を入れているサービスです。

アニメや映画でも新作・人気作はポイント作品がほとんどなので、漫画に限らず最新作に興味がある人にはおすすめのサービスです。

また、漫画で使えない動画ポイントはこちらに使用することで、無料で視聴することも可能です。

music.jpで漫画を無料で読む

FOD

フジテレビの公式サービスでamazon決済から登録すると1ヶ月の無料期間が付き、その期間で1300ポイントを貯めることができます。

動画だけでなく、電子書籍サービスとしても、購入時に20%のポイント還元があるのでお得です!

月額料金 888円
無料期間/ポイント 1ヶ月/1300ポイント
その他特典 雑誌読み放題、購入時20%ポイント還元、スマホ対応

FODは無料期間の1ヶ月で1300を貯められるようになっており、登録時に100P・8のつく日にそれぞれ400Pが付与されます。(8のつく日はFODにログインしてバナーをクリックしてください)

FODで配信しているどの漫画を購入しても20%のポイント還元を受けられます。

継続して利用するにしても月額料金よりも多いポイントを毎月もらえるので、とてもお得なサービスですね。