漫画ネタバレ

ベルセルク【第39巻】ネタバレ・感想!禁忌のウィッカーマン登場

2017年6月23日発売のベルセルク【第39巻】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

巨大な剣を背負い、鉄の義手をつけた剣士・ガッツ。彼の行くところ、血の雨が降り、死体の山が築かれる…!大ヒット!! 圧倒的迫力の叙事詩!!

これからネタバレを含む内容を紹介しますので、先に無料で読みたいという方は下記から無料で読む方法をご覧ください。

>>>漫画の最新刊も無料で読む方法!

スポンサードリンク

ベルセルク【第39巻】のあらすじ

「花吹雪く王」のもとへ向かう途中、手荒い歓迎を受ける一行。
次から次へとやってくる敵に、なかなか先に進むことができない。
手こずる一行だったが、ようやく準備の出来たシールケが魔術で応戦し、辺りの敵を一掃する。

その様子を見た魔術師たちは、自分たちの魔術が打ち払われたことや、来訪者のなかに自分と同じ「魔術」を使う人間がいることに戸惑いを隠せない。

攻撃が止み、これで終わったかと安心する一行であったが、向こうから業火を纏った巨大な人型が現れる。
それは魔術師たちのなかでも禁忌とされる「ウィッカーマン」を用いた呪術で、モルダと呼ばれる少女が勝手に動かしたもののようだった。

畑もろとも焼き尽くしながら、攻撃をしかけてくる様子を見て、一行だけでなく、今まで攻撃していた魔術師たちまでもが戸惑ってしまう。
そんななかガッツは、ただひとり飛び出し、左手の大砲でウィッカーマンを貫き、持っていた大剣で撃破した。

そうして倒れこんだウィッカーマンの火は、次第に畑全体へと広がっていく。
辺りの者たちが慌てる中、その火を消し去るように、空から大粒の雨が降り注いできた。
この雨が魔術によるものだと気が付き、素早く天候を操る、力の強いものがいることを察するシールケ。

そんなとき、丘の向こうからやってきたのが、大導師ゲドフリンであった。

ゲドフリンは、妖精王への託宣と、夢枕にフローラが現れたことで、ガッツたちがこの島に来ることを知っていたが、乗っていた山羊の足が遅く、到着が遅れたとのこと。
そのため、ガッツたちは「侵入者」として攻撃を受ける羽目になってしまったのだった。

誤解も解け、不思議な森を通りながら里へ進むガッツたち。
里に着くと、桜が咲き乱れ、魔術師たちが各々の技術を磨いていた。
道中、イシドロやパックが若い魔導師たちとじゃれあいながら、一行はそのまま、魔術師たちが集う館へと向かう。

内部は思ったより広く、中では里を束ねる大導師の面々と、家事手伝いだというダナンが、のんびりと過ごしていた。
少しお茶でも、とダナンが勧めるが、ガッツは妖精王に一刻も早く会いたいと焦る気持ちを抑えられない。
しかし、「焦っていては妖精王の機嫌を損ねてしまうかもしれない」というゲドフリンの言葉と、先に仲間たちが腰を落ち着けて休んでいる姿を見て、ガッツも一息つくことにした。

彼らの外の世界での冒険の話で盛り上がる中、話題は魔導師たちが「大幽界嘯」と呼ぶ、世界の大異変について及んでいく。

グリフィスが引き起こした「大幽界嘯」以来、天界や冥界、そして地上界を繋ぐ「世界樹」の”枝”が、天空を貫くように伸びているが、
その枝は、すべての世界を貫く”亀裂”であるとゲドフリンは語る。

その亀裂は、現世と幽界をつなぎ、大きな亀裂であれば、それは”竜の道”と呼ばれ、幽界の奥深くへと続くのだという。

ガッツが所持する「ベッチー」は、その”竜の道”を開き、深淵へ至る呪物であるとのこと。

そして、「世界樹」の宿り木として、”狭間”にある「霊樹の森」の巨木が存在しており、
今までその巨木たちが世界樹の力を吸い上げることで、現世と幽界の均衡が保たれていた。
しかしグリフィスが「霊樹の森」を襲ったことで、その均衡が崩れ、世界樹の力が強くなり、現世と幽界が混ざり合う”混沌”が巻き起こってしまったのだそうだ。

ゲドフリンたちは、ガッツに「グリフィスは何を欲しているのか」と問う。
それに対し「自分の国を手に入れる」ことではないかと言うガッツ。
それを聞き、ゲドフリンは納得したように、「大樹の根元だけが、邪悪な幽体を寄せ付けない、平穏で唯一の”国”のようになっている」と語った。

続けて、「自分の唯一の国のために、世界そのものを壊すとは、途方もないことだ」と大導師たちは驚くが、ガッツだけはグリフィスのことを理解しており、「国を手に入れるのは通過点だ」と話す。

「高みを目指し超えて何処までも飛び続ける。それが鷹。グリフィスだ」

ガッツは昔から変わらぬグリフィスを思い出し、そう言ったのだった。

ベルセルク【第39巻】のネタバレ

話を終え、ここへ来た目的である妖精王のところへ向かう一行。
妖精王の住む森は、物を重くし、空を暗くし、気をも重くさせる、”重さ”の元素霊・バリュテースが少ないため、明るく穏やかで、体も木の上に軽々飛び上がれるほど軽い。

途中、自由気ままな妖精たちに囲まれ、収拾がつかず、なかなか進めなかったが、ダナンが笛をひと吹きすると、しっかりと行進して家へ帰っていった。

大きな桜の樹のなかへ入り、迷路のような内部を進むと、玉座へとたどり着く。
誰も座っていない玉座に座り、パックがふざけていると、それを咎め、つけていた帽子を外すダナン。
すると、辺り一面に花が舞い、今まで帽子とフードで隠れていた美しい姿が露わになる。

ダナンは家事手伝いではなく、この「妖精郷」の王だったのだ。

パックにお説教をしたあと、ダナンはガッツの目的である「キャスカの心を取り戻す」ことが、「夢の回廊」を使えばできるかもしれない、と告げる。
そのためには、キャスカと強い絆で結ばれた者の協力が必要だと言い、ダナンはファルネーゼとシールケを指名した。

これに対し、ガッツは自分も協力したいと頼むが、キャスカからガッツに対する強い「脅え」を感じるため、それはできないと断られてしまい、二人に任せることに。

早速「夢の回廊」に行くための儀式場へと連れられる、ファルネーゼとシールケ、そしてキャスカ。
胞子の飛び交うこの場所で、キャスカの夢の中、つまり心のなかへ入っていくという。

儀式は成功し、夢の世界へと向かった二人は、自分の夢のなかを通りながら、キャスカの夢の中へと到達する。

最初は子供の落書きのようなキャスカの夢だったが、ダナンの道標に沿って進んでいくと、辿り着いたのは、黒い太陽の照らす薄闇の荒野。
そんな不気味で殺伐とした空間のなかで、二人は、多数の槍が刺さった隻腕の犬が、鎖に繋がれた棺を引き摺っているのを見つけた。

惨い光景に言葉を失うファルネーゼだったが、シールケはその棺に、旧鷹の団の紋章が刻まれていることを発見する。

すると、突然犬に向かい、槍を持って襲い掛かってくる、魔物のような敵が。
二人は犬に加勢してそれを追い払い、近づいて犬を癒してやると、犬の首筋には「生贄の烙印」があった。

この犬は、この世界でのガッツなのだと気が付くシールケ。
棺を開けると、そこには壊れた人形となった、この世界でのキャスカが入っていた。

人形の中には、小人のようになった「キャスカの自我の欠片」がおり、落ち着きのなさが普段の「キャスカ」そっくりで、笑ってしまう二人。
こうして、二人とガッツである犬は、連れ立って荒野を歩いていくのだった。

時を同じくして、「夢の回廊」へと向かわなかった仲間たちは、歓迎の宴に出席している。
ガッツも、セルピコやロデリックと、男同士で酒を飲んでいた。
この旅を通したそれぞれの成長や、心境の変化を話し、「夢の回廊」へ向かった二人を信じて待とうと語り合う。

そして話を聞きながら、ガッツは思い出していた。

「お前の希望がそのまま 彼の娘の希望であるとは限らぬということだ」

髑髏の騎士が言った、この言葉のことを。

一方「夢の回廊」を歩くシールケたちは、篝火を発見する。
その火は、二人の知らない昔のガッツの姿を映し出し、同時にシールケたちは、その時のキャスカの感情を感じ取った。

そうして生まれた「記憶の欠片」を棺に入れると、人形が再生していく。

こうして欠片を集めれば、現実のキャスカももとに戻るかもしれないと感じ取った二人は、「夢の中」であることを最大限に利用し、向かってくる敵を倒しながら、記憶の欠片を集めるために先を進むことにした。

進む度に、流れ込んでくるキャスカの記憶と感情。
欠片も残り少なくなったころ、最終目的地と思われる”針山”へと到着した。
強い瘴気に覆われ、強力な敵がいることを思わせる場所。

様子を窺うように棺を開けると、小さなキャスカの「自我の欠片」がひどく震えている。
しかしその小さな体で、懸命に二人になにか伝ようとする。

「あいたいひとがいるの」

そう言った自我の欠片に、誰に会いたいのか思い至った様子の二人は、「きっと会わせてあげる」と言い、先に進んでいくのだった。

>>>漫画の最新刊も無料で読む方法!


ベルセルク【第39巻】の感想

ようやくここまでたどり着いた…という感じですね。
心えぐられる展開が多いベルセルクのなかで、妖精郷はとにかく癒し!という雰囲気が強く、今回はなんだか心穏やかに読めた気がします。

さて夢の回廊に入りましたが、このあと一体どうなるのでしょうか…?
ひっかかる髑髏の騎士の発言。そしてキャスカが会いたがってる人とは?
次の巻も楽しみですね!

まとめ

以上、ベルセルクのネタバレ・感想と無料で読む方法を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

好きな漫画が無料で読めるサービスまとめ

漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

漫画を無料で読めるおすすめサービスランキング

U-NEXT

U-NEXTは31日間の無料トライアルと登録時に600ポイントが付与されます。

動画配信サービスとして有名で、見放題作品が豊富なのも嬉しいですね。

電子書籍のラインナップもかなり多く、無料ポイントですぐに読むことができます。

月額料金 1990円
無料期間/ポイント 31日間/600ポイント
その他特典 雑誌読み放題、動画見放題、スマホ対応

U-NEXTも動画配信サービスがメインで、見放題作品が豊富なこととして有名です。

電子書籍の数もトップクラスで、スマホでは専用のリーダーがあり、購入した本がそのリーダーに共有されて見やすく管理されています。

他のアニメや漫画など見たいものが多い方はおすすめです。

U-NEXTで漫画を無料で読む

music.jp

music.jpは動画・音楽・電子書籍サービスと幅広く利用できるサービスです。

漫画や音楽で使えるポイントは961ポイントですが、これとは別に動画で使える1500ポイントももらえます。

また、電子書籍購入時には10%のポイント還元もあります。

月額料金 1922円
無料期間/ポイント 30日間/961ポイント(動画1500ポイント)
その他特典 購入時10%ポイント還元、スマホ対応

music.jpは動画配信サービスで見放題のコンテンツがないこともあり、ポイントに力を入れているサービスです。

アニメや映画でも新作・人気作はポイント作品がほとんどなので、漫画に限らず最新作に興味がある人にはおすすめのサービスです。

また、漫画で使えない動画ポイントはこちらに使用することで、無料で視聴することも可能です。

music.jpで漫画を無料で読む

FOD

フジテレビの公式サービスでamazon決済から登録すると1ヶ月の無料期間が付き、その期間で1300ポイントを貯めることができます。

動画だけでなく、電子書籍サービスとしても、購入時に20%のポイント還元があるのでお得です!

月額料金 888円
無料期間/ポイント 1ヶ月/1300ポイント
その他特典 雑誌読み放題、購入時20%ポイント還元、スマホ対応

FODは無料期間の1ヶ月で1300を貯められるようになっており、登録時に100P・8のつく日にそれぞれ400Pが付与されます。(8のつく日はFODにログインしてバナーをクリックしてください)

FODで配信しているどの漫画を購入しても20%のポイント還元を受けられます。

継続して利用するにしても月額料金よりも多いポイントを毎月もらえるので、とてもお得なサービスですね。