最新話ネタバレ

「美醜の大地」【第33話】最新話のネタバレと感想!!

まんが王国で独占先行配信の「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女」、最新話!
「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女」【第33話】最新話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

次に「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女」【第33話】最新話のネタバレを含む内容をご紹介します。

もし文章のネタバレではなく絵付きで「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女」の最新話が読みたい!ということであればまんが王国で今すぐに「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女」の最新話が読めますよ。

まんが王国で「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女」の最新話を読む

スポンサードリンク

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女」【第33話】最新話のネタバレ

他人のもの

幼い頃から、なんでも他人のものがほしかった。

たとえ、相手のものがどんなぼろでも、欠けた茶碗、粗末な菓子、

友達でさえ、他人のものが羨ましかったのでした。

 

なぜかはわからないけど、生まれた時からそうなんだろうと思うのでした。

 

友達も快く交換に応じてくれて、自分も最初のうちはそれで満足でした。

 

手に入れてしまった途端に興味が失せてしまうのでした。

 

自分が最も強く欲しいと思うのは、相手の手の中にある時だと気付くと、

友達はそんな自分から遠ざかり、交換も拒絶するようになったので、

奪います。

 

奪うことこそ

奪った瞬間に味わった満ち足りた気持ちは、生涯忘れられぬものとなり、

そして、初めて理解したのでした。

 

『欲しい』のではなく、

『奪いたい』のだと。

 

だから、子供の頃から奪って、

 

青年になっても奪って、

 

歳を取っても奪ってきたのでした。

 

どんながらくたでも、

相手が誰でも、

それが、自分の人生のすべてでした。

 

 

だからま、がらくたの山の中で、

独りで終焉を迎えるのでした。

 

集められた家族

絢子は冷たい目で屋敷を見上げます。

 

寝室に集められた家族。

 

ベッドに横になったまま、久しぶりだと言って、

保親(やすちか)、絢子と名前を呼びます。

 

「…ご無沙汰しておりました」

「お父さん」

と静かに感情を動かさずに挨拶する保親。

絢子と清二郎もじっと黙ったまま、ことの様子を見守ります。

 

そんな息子に、

「死にかけの親父を見る気分は?」

と聞くと、

「悪くない」

と冷たい目で見下ろす保親。

 

そんな保親の態度を相変わらずだと言って笑うのでした。

 

次に、

「絢子」

「近う寄れ」

とベッドのそばに絢子を呼び寄せると、絢子の腰や胸や顔を厭らしい目で見まわすと、

「母親にそっくりになったな」

と言います。

 

そう言われた瞬間、絢子は憎しみの目で見降ろしてくるのでした。

清二郎は戸惑ったように絢子を見つめるのでした。

 

咳き込んだ大旦那様を見る医者は、看護婦に薬を用意するように言って、

皆を一旦部屋の外に出るように促します。

 

冷たい光景

廊下に出ると、お祖父様は大丈夫かと聞く清二郎は、

「さあ」と、答える絢子」。

 

その冷たい態度に驚く清二郎。

 

そんな絢子に、元気にしていたかと、顔もみないで声をかける保親。

 

「はい」

とだけ答える絢子。

 

「娘をよろしく」

「披露宴で、また会おうと」

と言うと、戸惑った清二郎が答える間もなく、アオキに車の用意を頼むと、

「息を引き取るまで、連絡しないでくれ」

と言います。

 

「承知しました」

と問題なく受け応えする青木でした。

 

その様子を驚いたように見つめる清二郎。

 

「私にもそうしてちょうだい」

と顔も合わせずにそう言って歩いていく絢子。

 

慌てる清二郎に帰りましょうと言って、すぐに歩いていきます。

 

清二郎は見送る女中を横目で見つめ、絢子と共に出て行くのでした。

 

あの人

「似合うかい?」

と自分の女中服姿を見せる加也。

 

何それと椅子にうずくまったまま聞くと、

お仕事に決まってると言います。

 

お嬢さんのおうちの後ろ暗い秘密を暴くと言って、不敵に笑う加也。

 

僕は何をすればいいのかと聞くと、加也は考え込むと、

お屋敷ではできそうな仕事はないと言いながら窓枠に乗ると、

市村ハナ(やっこさん)たちの行方でも探ってきなと言うのでした。

 

(…僕だけで?)

と残された時のことを思い出します。

 

 

一人ぼっちでなにかあったらどうすると、

あいつらの居場所なんて見当もつかないし、

姉さんなしで探せるわかがないと愚痴るのでした。

 

『ひとりで』

『息子を探しに行くわ』

そう言った後ろ姿を思い出します。

 

あの人は息子を見つめられたかと、子供の姿を思い浮かべます。

 

狂気に満ちた目で泣いた姿。

 

怒ってものを投げてくる姿。

 

焼け跡で必死で探す姿。

 

と思い出すと、あの人は姉とは違うのに、一緒に居て安心するのでした。

 

笑顔の母親に抱きしめられる姿を思い出します。

 

あの人が無事に親子一緒になっていたらいいなと思うのでした。

 

 

その家に警察が来ていて驚きます。

 

老人が警官に、変な女が血だらけで歩いて行ったと、

「こうやって、こう顔に…」

と、恐怖で震えながら、手でやって見せます。

 

道を開けてと、警官が遺体を運び出していきます。

 

ゴザで隠した遺体の足を見て目を見開きます。

 

人をかき分けて駆け付けると、止める警官には耳を貸さないで、ゴザを引きはがします。

 

腹を刺されて血だらけのあの人の遺体が露わになります。

 

それをみた人たちが悲鳴を上げます。

 

その姿を信じられないと言う目で見下ろすと、そのまま駆け出します。

 

 

(誰が殺した)

と泣きながら必死で走り続けます。

 

かばってくれてありがとうと言ってくれた背中を思い出します。

 

誰が殺したと。

 

老人が、

『変な女が血だらけで』

と言ったことを思い出します。

 

(誰だ!!?)

と泣きながら、走りながら、まだ見ぬ犯人を憎むのでした。

 

お世話係

よく持つと感心される加也。

 

驚く加也に大だんな様のお世話係と言います。

 

ここだけの話と言って、歳を取った女中は口の横に手を添えて、大だんな様のお世話係は、

若い女中ばかりが任されるけど、お側付きになった娘たちは、1週間と持たずに辞めていくと言い真ます。

 

大だんな様は若い頃は好色で旺盛な方だったらしくて、

あんなふうになった今でも、若い娘をお側におきたがると言います。

 

すると、その背後から青木が突然現れ驚きます。

 

加也に大だんな様が呼んでると伝えると、歳を取った女中は掃除をしなくちゃと慌ててその場から逃げ出すのでした。

 

保親が息を引き取るまで連絡するなと命ずれば、承知したと言った青木。

この執事もまともじゃないと思う加也でした。

 

それとも、高嶋津(あの)一家に関わるとああなってしまうのかと考える加也。

 

人食いの目の色

加也が部屋に入ると、

「かや」

「かや」

と名を呼んで側に呼びつける大だんな様。

 

側に行った加也に皆は帰ったのかと聞くと、先ほど帰ったと答えた加也。

 

帰ったのが分かると、

「服を脱いで」

「私の上に跨っておくれ」

と命令してくるのでした。

 

 

裸になって大だんな様の上に跨った加也。

 

そんな加也の裸を見ながら、加也の目は、

「どこか私と同じ色をしてるな」

と言います。

 

「同じ人食いの目の色だ」

と言った大だんな様を冷たい目で見下ろす加也。

 

「あれらは私が死ぬまでここへはこないと言っただろう?」

と聞いてくると、はいと答えた加也。

 

然もありなんとそれだけのことをしてきたと、大だんな様は言うのでした。

 

「己の生涯に微塵も悔いはない」

「人喰いの鬼のまま朽ちてこそ本望だ」

と悪びれなく言った大だんな様。

 

加也には分かると言われ、どうでしょうととぼけるのでした。

 

笑った大だんな様は、加也の下半身を見ながら、自分に怯えない女は加也が初めてだと言うのでした。

 

そんな加也に長話に付き合ってくれと言います。

 

そして、裸のままでは寒かろうと言って、

「自分を慰めろ」

「私の前で」

と厭らしい目つきで加也に命令するのでした

 

それでも冷たい表情を崩さなかった加也は右手を移動させて、

言われた通りに自分を慰めはじめる加也。

 

それを見た大だんな様は笑いながら、気に入ったとその光景を見つめるのでした。

 

 

「私は」

「幼い頃から、なんでも他人のものが欲しかった」

と、自分のことを大だんな様は話し始めるのでした。

 

絢子の事情

部屋でベッドに座って窓から外を眺めていた絢子。

 

そんな絢子に話をしてもいいかと話しかける清二郎。

 

月を見上げながら、昼間のことかと言う絢子。

頷く清二郎。

 

月を見上げたまま、絢子はあなたには知る権利があると言って話し始めるのでした。

 

この間、絢子の赤ん坊の頃の写真を見たと言って、一緒に写っていたのを聞いてきます。

 

あれは産みの母だと答える絢子。

 

驚く清二郎に、高島津家(わたしたち)の軋轢を知りたいんでしょうと言う絢子に、

清二郎は、あなたのことが知りたいと言います。

 

振り返った絢子はじっと清二郎と見つめ合います。

 

ゆっくりと立ち上がると、襟のリボンをほどき、シャツのボタンを外していきます。

 

清二郎は突然の絢子の行動に動揺していしまいます。

 

シャツを開き、胸元を見せた絢子の胸にはいくつもの傷がありました。

 

その傷を見た清二郎は驚いて、怒りに満ちた目で傷を見つめます。

 

「私も」

「私の家族も」

「はじめから、壊れているのよ」

と絢子は静かに話し始めるのでした。

 



「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女」の最新話をすぐに読む方法

以上、「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女」【第33話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新刊を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。

残念ながら「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女」の最新話は無料で読むことはできません。有料でもいいということであれば、まんが王国で読むことができますのでチェックしてみてください。

まんが王国で「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女」の最新話33話を読む

最新話の前までならU-NEXTで「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女」を無料で読むことができます。

U-NEXTで「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女」をすぐに無料で読む

1ヶ月無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女」【第33話】の感想と考察

高嶋津家の黒い秘密を探るために潜入した加也。

それにしても大だんな様の子供時代は凄いですね。

奪うこと、それが生涯続くなんて凄すぎです。

そんな人の子供だから、死にそうな父親を見ても眉ひとつ動かさないんでしょうね。

あの人も殺され、誰に殺されたのか気になりますね。

加也も平気で裸になるんですから、凄いですね。

そして、絢子も清二郎に自分のことを話し始めましたね。

次回どんな話が聞けるのか、気になります。

次回も楽しみです。
 

まとめ

以上、「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女」【第33話】のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

あわせて読みたい
【2020年最新】電子書籍ストア目的別おすすめ8選|17社を口コミ比較「電子書籍ストアってたくさんあってどれを選べば良いかわからない。」「そもそも漫画アプリと電子書籍の違いって何なの?」など、漫画をスマホや...
漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

まんが王国

まんが王国は、電子書籍サイトで業界最大級を誇ります。

その理由としては、無料漫画数が3000作品以上あるので気軽に読みたい漫画が見つかるところです。

そして会員登録は無料で、月額コースと従量課金コースが選べるので会員登録しといてデメリットはありません。

無料登録で漫画が無料で読めるので、初めて電子書籍サイトを利用する方にもおすすめです。

おすすめ度
月額 月額制or従量課金制
無料期間 会員登録自体無料なのでなし
その他特典 登録時に半額クーポン,無料漫画が豊富

▼登録自体無料!無料で漫画を読む!▼
まんが王国公式サイト

U-NEXT

U-NEXTは、電子書籍サービス+動画配信サービスのハイブリットサイトになります。

月額1980円のコースになりますが、1200Ptが付与され、アニメなど3000件近く見放題なのでお得なサービスです。

さらに、漫画全巻40%Ptバックされるので漫画を沢山読みたい方にはおすすめです。

無料期間中に解約してもお金はかからないので初めやすいですね。

おすすめ度
月額 月額1980円
無料期間/無料ポイント 31日間/1200Pt
その他特典 全巻40%ptバック/無料漫画あり/アニメなど動画見放題
▼31日間無料で今すぐ利用してみる▼
U-NEXT公式サイト
Book Live

電子書籍数業界がebookjapanを超えるBookLive。

30万冊以上多いので全ジャンル問わず取り揃えています。先行配信もあり、初回登録で50%オフクーポンがもらえます。

無料漫画も毎日15,000冊以上読めるので読みたい漫画がきっと見つかるはず。

会員登録が無料で、購入した分だけの支払いになるので無料漫画を読むだけなら料金がかからないのが強みです。

おすすめ度
月額 従量課金制
無料期間 従量課金制なのでなし
その他特典 半額クーポン付与/無料漫画15,000冊以上/書籍数900,000冊以上

▼Book Liveで漫画を無料で読む▼BooK Live公式ページ

3月度マンガ売れ筋ランキング!

ランキング1位「鬼滅の刃」

2019年4月から2クールでアニメ化され、爆発的な人気を誇るマンガ「鬼滅の刃」

どのくらい爆発的に人気が出たかというと、アニメが放送されるまでにあった本屋の在庫が一瞬でなくなるほど。

世界観やストーリーの完成度からキャラクターの熱さ。そしてアニメの出来までも凄い良い作品です。

今やワンピースを抜く勢いです。


↓↓↓「鬼滅の刃」のアニメも漫画も無料で読む方法はコチラから↓↓↓
詳細ページ

ランキング2位「カラミざかり」

カラミざかりは桂あいり作の急激に人気が出た作品です。広告で話題になったNTR漫画です。

背景は、高校生の男女4人が思春期に入り性に目覚めて一線を超えるとこから始まります。

好きな男の子の前でその友達と目の前で使用女の子。好きな女の子が友達としてる様を見て複雑だが、違う女の子としちゃう男の子。結構ストーリーもしっかりしていて続きがきになる大人向け漫画です。

 ↓↓↓「カラミざかり」の漫画を無料で読む方法はコチラから↓↓↓
詳細ページ

ランキング3位「ガイシューイッショク」

ガイシューイッショクとは?「鎧袖一触」の四字熟語からきており、鎧のそででちょっと触れたぐらいの簡単さで敵を負かすこと

2人の男女が同棲することになったが、お互い面識がほぼないので家のことに関して毎回勝負することに

その勝負とは、簡単に言えば感じたら負け!あの手この手で、お互いなんとかしようとする大人向けですがコメディありの作品です!

 

↓↓↓「ガイシューイッショク」の漫画を無料で読む方法はコチラから↓↓↓詳細ページ

漫画読み放題&電子書籍サイト一覧

※クーポン多数配布

※国内最大級サービス

※読み放題プランあり

※格安でレンタル可能

※KADOKAWA作品配信

※独占先行配信あり

お得過ぎる電子書籍サイト情報と比較まとめ