最新話ネタバレ

ちはやふる【第210・211話】 最新話のネタバレと感想!!

2018年12月28日発売日のBE・LOVE2019年2月号、最新話!
ちはやふる【第210・211話】 を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

ちなみに209話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。

あわせて読みたい
ちはやふる【第209話】 最新話のネタバレと感想!!2018年12月15日発売日のBE・LOVE2019年1月1日号、最新話! ちはやふる【第209話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感...
あわせて読みたい
「ちはやふる」を全巻無料で読めるか調査した結果!末次由紀さんの大人気漫画「ちはやふる」は、『BE・LOVE』において2008年2号から連載中でアニメ化もされた大人気漫画ですね。 ...

もし文章のネタバレではなく絵付きでちはやふる【第210・211話】 が読みたい!ということであればmusic,jpで今すぐにBE・LOVEの2019年2月号が無料で読めますよ。

music.jpでBE・LOVEを無料で読む

スポンサードリンク

ちはやふる【第210・211話】 のネタバレ

【210話】

予備校を終え、帰宅しようとしていた太一のところへ、他の生徒が周防を呼ぶ声が聞こえてくる。

周防は12月に入り、焦る生徒から指導をせがまれていた。
そして、彼が1月最初の週末に休みをとっていることも問い詰められるが、そんなとき、太一と目が合う周防。

そしてふたりは、ともに帰路につくことになった。
周防は、太一が受験一本になった途端に成績が伸び始めたことを「嫌味」だと言っていたが、太一はそれよりも気になることがあったようで。

「順調なんですか? 名人戦の準備」

そう尋ねる太一に、別に準備をすることはないとそっけない周防。
そんな彼に、太一は更に尋ねる。

「今年勝ったらまた引退宣言ですか?」

そう嫌味くさく言う太一に、そうだねと軽く受け流していた周防であったが…

「もし負けたら?」

そう言った太一の言葉には、黙ってしまう周防。
そして、話題をそらすように、周防は「世話したお礼をしろ」と言ってきて、ふたりは一緒にお茶をすることになったのだった。

そこで語られたのは、「兼子」ちゃんの話。

「きみは…「ひとかど」って言葉知ってるかい?」

そう言いだした周防は、窓に「ひとかど」の漢字を書く。
「ひとかど」…ひときわ優れている、という意味をあらわすそれは、感じでは「一廉」と書く。
周防の語る「兼子」ちゃんは、本当はその「一廉」の「廉」で「廉子」だったはずが、出生届に間違えて「兼子」と書いてしまい、「兼子」になってしまったのだそう。
だから自分は半端者で、ひとかどの人間になれなかったのだと、彼女はいつも笑っているのだと言う。

そんな話をしている途中、周防は急に太一の「お願い」のことを思い出す。
しかし太一は負けてしまったため、カッコ悪いので言いたくないと言葉を濁した。

そんな彼に、周防は言う。

「あんなこと言うってことは きみは想像したんだよね 綿谷くんに勝つこと」

そう言った彼は、その次も、名人戦も勝つ気だったのかと尋ね、そして―――

「名人になるほどの弟子を育てたら ひとかどの人間になれたのかな」

そう、周防はぽつりと呟いた。
しかし、それを誤魔化すように言葉を濁して、帰ってしまう周防。

そんな彼の真意を知りたく、彼は「長崎の兼子さん」を携帯で探してみた。

すると、なんと周防のいとこと思われる人物のSNSを見つけて――――

一方でその頃、新と詩暢はかるたをし続けていた。
いつも詩暢は、前半はリードできるのに、終盤になると追い詰められて、最終的に1~2枚差で勝ち切られると悔しがる。

そんな折、詩暢の母から彼女に連絡が入った。

母は新の家に泊まっているという事実に大激怒。
更に、ユーチューブに自分の動画を上げていることで、学校でも問題になっていると母は怒り心頭のようだった。

そんな母は、最後にこう言う。

「詩暢 お母さんとかおばあちゃんに迷惑かかるようなこと 許さへんからね」

その言葉に、何も言い返せない詩暢。
結局今日で帰ることになった詩暢は、帰り道に新にユーチューブを始めた理由を語りだした。

彼女は、スノー丸ブランドを持つ丸丸堂へ支援のお願いに行った際、広報の人間に「知名度が足りない」と言われたそうで、それをあげるために、みんなで協力し、ユーチューブを上げるようになったのだと言う。

それを聞いた新は、自らGoProを装着し、彼女に問いかけた。

「詩暢ちゃんは何を見てかるたを取っとるんや?」

そう聞いた新に、「小さな神様」といつもと変わらずそう答える彼女。
そんな彼女は、もちろん内容も勉強したが、百人一首は関わる人間によって内容を変えられている部分も多く、そういうのが面白いと思うようになったのだと言う。

千年の時を超え、意外にも自分たちが好き勝手している競技かるた。

「それを神様たちはきっと おもしろいなあと思ってながめとるんやろうなぁって…」

そこまで言った彼女は、小さく言う。
自分は変なことをやっているのか、親に迷惑をかけることをやっているのか――と。

そんな彼女に、新は言う。

「そんなことない そんなことないよ」

一方で、未だかるたを猛勉強中。
そんななかで、TV局のプロデューサーを夫に持つ猪熊から、テレビに出てみないかと打診があった。

最初は断っていた彼女であったが―――

その頃、学校に戻った詩暢は、彼女のアンチスレッドで学校や住所を晒されていた。
そのことで、学校でも嫌味を言われている彼女。

詩暢はそれを軽く受け流していたが―――

「かるたがやりたいんやのうて それ利用して有名になりたかったんやねぇ」

しかし、その言葉には彼女は眼の色を変えた。
そして彼女は、書道やピアノは先生の募集もあって、時給や日給が発生することを例に挙げ、それが豊かであると思っていることと語る。

そして―――

「かるたの先生をお給料のある仕事として募集してくれてるとこなんてない うちはそれを変えたいんや」

そうハッキリと言う詩暢は、続けてこう言った。

「うちは有名になりたんやない 仕事を作りたいんや」

それを見ていたのは、学校に呼び出された詩暢の母。
今まで反対するばかりだった彼女は、そう言って戦う娘を見て、心を揺さぶられる。

一方その頃、太一は長崎に来ていた。
彼は、『周防』の表札がかかる家の前に立っていて――――

 

【211話】

「本当にいいの?千早ちゃん」

そう言った猪熊の声に、はっきりと「はい」と答える千早。
目の前にはテレビカメラ。
彼女は猪熊にリップをひいてもらい、気合を入れると――――

 

長崎県大村市、『周防』の表札がかかる家に立つ太一。
彼は、SNSで周防のいとこであるという人の情報を調べ、野菜の直売所をやっているという『すおうファーム』に足を運んでいた。

そんなとき、彼は近くにいた子供に声をかけられ、そして周防の名前を出すと…

初めて来んさった~~久志のかるたのファンの人や――はいってはいって――」

そう言って家族は大騒ぎ。
賑やかに迎え入れられた太一は、意外にも温かい家族の様子に驚きを隠せない。

(帰りたくても帰れない理由を知りたくてここまで来たけど 帰れない理由なんてどこにある?)

そう思う太一だったが、ふとある名前の人物に出くわした。

「兼子ちゃ――――ん」

それは、サングラスをかけて、畑仕事をする女性。
彼女は、網膜の病気で視野が欠けてしまうため、これをつけているのだと言う。

彼女は涙を浮かべて、「周防は元気にしているか」と太一に聞いてきた。
そんな彼女を見た太一は―――――

一方で、学校から呼び出された詩暢と母。
在学中は動画を自粛するよう注意を受けたふたりだったが、詩暢はそれよりも落ち込んでいることがあった。

「お母さん うちってブスかな」

そう呟いた詩暢。
彼女はアンチスレッドで見た自分の悪口に落ち込んでしまったのだ。

母は必死で慰めるが、詩暢は完全に勢いを失っていた。

「おばあちゃんが言ってくれたのもでまかせやろか 若いけど美しくないし 世界一強くもない」

それを聞いた母は、初めて見る弱気な詩暢に戸惑っていた。
そして気付く。

あの言葉が、ずっと詩暢を支えてきたことを。
そして母が、娘にどう声をかければいいのか考えあぐねていると…

「なんかテレビでクイーン戦の話題出とりますよ 録画しときますけどー」

そんなのんびりしたお手伝いさんの言葉に、ふたりはテレビへと向かい…

一方で、長崎から大量の野菜を貰って帰ってきた太一。

彼は、自分の「役割」というものを考えていた。

そんな彼も、ついていたテレビを見て驚愕する。
映っていたのは、千早だった。

彼女は、競技かるたの盛り上がりに合わせて取材を受け、その時の映像が今日放映されたのだ。

そこで、千早は語る。

「私 若宮さんに負ける気しないんですよね」

そう言った彼女は、新に連敗する詩暢を例に挙げ、自分は新に高校選手権で勝ったから、自分の方が有利だと主張する。

「勝つのは 私です」

そうはっきり言った彼女。
そして番組では、千早がSNSを活発にやっているとの説明が。

彼女を知る人間は、そんなものやっていたかと疑問符でいっぱい。

そんな番組を一緒に見ていた太一の母は呟く。

「なんかイラッとするわね千早ちゃん 挑戦者なのに生意気な感じで」

それを聞いた太一は悟った。
千早は千早の「役割」を担っているのだと。

一方で千早も、番組を見た家族から問い詰められていた。
しかし彼女は退かない。

詩暢が一人でやって目立ち、痛い目をみているのなら、自分も同じ土俵に立つと。

「私は 詩暢ちゃんを一人にしないっ 決めたの」

そう決意しながら叫ぶ千早。
その頃、詩暢はテレビを見て、悔しさに怒りを露わにしていた。

そんな彼女の家には、新や小白川など、色々な人物が集まっている。
詩暢はその全員を怒り心頭の様子で招き入れた。

怒りの矛先は千早。

「見とれ千早 この間から生意気やあいつ」

そう言った彼女は、学校から禁止されていた動画も再開する。
そして彼女は、自分が新に負け慣れてしまっていたことを恥じ、闘志を燃やしていた。

「うちは クイーンや」

そう言って目の力を取り戻す詩暢。
それを見た新も、詩暢の母も、何か思うような顔をしていて―――

そして、新と再び試合をする詩暢を見て、母は思う。

(あんたがブスやないことは お母さん一番知っとるんや)

そう思う彼女の目には、静かに涙が浮かんでいた。


 

ちはやふるの最新話を含めBE・LOVEをすぐに無料で読む

以上、ちはやふる【第210・211話】 のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。

music.jpは30日間の無料期間があり無料登録直後に961Pが貰えるのですぐに無料で読めます!

BE・LOVEちはやふる の最新話を読みたいのであればオススメです!

これを機会にチェックしてみてください。

music.jpでBE・LOVEを無料で読む

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

ちはやふる【第210・211話】 の感想と考察

今回は大ボリュームでしたね。
千早の人間的な魅力が伝わってくる回だったと思います。

ここから、千早も詩暢も勢いをつけてくるでしょうから、かなりいい勝負になるのではないかと思います。
どちらがクイーンになってもおもしろいですが、現段階ではまだ詩暢の方が強そうですよね。最終的にどんな展開になるのか見逃せません。

そして、太一は少しずつ、かるたに戻りそうなフラグが立ってますね。
もしかしたら、周防に完全に弟子入りすることも考えられるかもしれません。
それかサポート側に役割を見出すのでしょうか。そこも注目です。

熱くなってきた名人・クイーン戦。次回も見逃せませんね!

次回のちはやふる【第212話】 掲載のBE・LOVE2019年3月号の発売日は2月1日になります!

まとめ

以上、ちはやふる【第210・211話】 のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

好きな漫画が無料で読めるサービスまとめ

漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

漫画読み放題&電子書籍サイト一覧

※クーポン多数配布

※国内最大級サービス

※読み放題プランあり

※格安でレンタル可能

※KADOKAWA作品配信

※独占先行配信あり

お得過ぎる電子書籍サイト情報と比較まとめ

漫画を無料で読めるおすすめサービスランキング

U-NEXT

U-NEXTは31日間の無料トライアルと登録時に600ポイントが付与されます。

動画配信サービスとして有名で、見放題作品が豊富なのも嬉しいですね。

電子書籍のラインナップもかなり多く、無料ポイントですぐに読むことができます。

月額料金 1990円
無料期間/ポイント 31日間/600ポイント
その他特典 雑誌読み放題、動画見放題、スマホ対応

U-NEXTも動画配信サービスがメインで、見放題作品が豊富なこととして有名です。

電子書籍の数もトップクラスで、スマホでは専用のリーダーがあり、購入した本がそのリーダーに共有されて見やすく管理されています。

他のアニメや漫画など見たいものが多い方はおすすめです。

U-NEXTで漫画を無料で読む

music.jp

music.jpは動画・音楽・電子書籍サービスと幅広く利用できるサービスです。

漫画や音楽で使えるポイントは961ポイントですが、これとは別に動画で使える1500ポイントももらえます。

また、電子書籍購入時には10%のポイント還元もあります。

月額料金 1922円
無料期間/ポイント 30日間/961ポイント(動画1500ポイント)
その他特典 購入時10%ポイント還元、スマホ対応

music.jpは動画配信サービスで見放題のコンテンツがないこともあり、ポイントに力を入れているサービスです。

アニメや映画でも新作・人気作はポイント作品がほとんどなので、漫画に限らず最新作に興味がある人にはおすすめのサービスです。

また、漫画で使えない動画ポイントはこちらに使用することで、無料で視聴することも可能です。

music.jpで漫画を無料で読む

FOD

フジテレビの公式サービスでamazon決済から登録すると1ヶ月の無料期間が付き、その期間で1300ポイントを貯めることができます。

動画だけでなく、電子書籍サービスとしても、購入時に20%のポイント還元があるのでお得です!

月額料金 888円
無料期間/ポイント 1ヶ月/1300ポイント
その他特典 雑誌読み放題、購入時20%ポイント還元、スマホ対応

FODは無料期間の1ヶ月で1300を貯められるようになっており、登録時に100P・8のつく日にそれぞれ400Pが付与されます。(8のつく日はFODにログインしてバナーをクリックしてください)

FODで配信しているどの漫画を購入しても20%のポイント還元を受けられます。

継続して利用するにしても月額料金よりも多いポイントを毎月もらえるので、とてもお得なサービスですね。