最新話ネタバレ

ドメスティックな彼女【第232話】 最新話のネタバレと感想!!

2019年6月5日発売日の週刊少年マガジン2019年27号、最新話!
ドメスティックな彼女【第232話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

ちなみに231話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。

あわせて読みたい
ドメスティックな彼女【第231話】 最新話のネタバレと感想!!2019年5月29日発売日の週刊少年マガジン2019年26号、最新話! ドメスティックな彼女【第231話】を読んだのであらすじ・ネタバ...

これからドメスティックな彼女のネタバレを含む内容をご紹介します。

もし文章のネタバレではなく絵付きでドメスティックな彼女【第232話】が読みたい!ということであればU-NEXTで今すぐに週刊少年マガジン2019年27号が無料で読めますよ。

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

スポンサードリンク

ドメスティックな彼女【第232話】のネタバレ

小説を辞めると話す夏生にヒナは自分が夏生の夢を背負うと語る

「小説の道は諦めようと思います」

夏生と担当との電話中に出会したヒナ。
小説を諦めたことに強がる夏生をヒナはギュッと抱き締めます。

「ナツオくん 泣きそうだったから」
「いいんだよ? 笑って辛さ誤魔化さなくても」

そんなヒナの言葉に思いを吐き出す夏生。

日に日に、原稿用紙を見ても心が痛まなくなったこと
書けなくなってから色々あったのに一向に書けるようにならないこと
などを話します。

「多分 もうダメだと思う」
「夢を捨てない限り俺 戻ることも進むこともできないんだよ」

そう語る夏生にヒナは、忘れても良いんだと優しく言います。

「その代わり 私が持ってていいかな?」

夏生の代わりに自分が夏生の辛い夢を抱えると言うヒナ。

「後ろめたくなんて思わなくていいよ プレッシャーも感じることはない」
「私が持ってたいから持つの だからナツオくんは降ろして大丈夫」
「ね いいでしょ? お願い…」

そんなヒナの言葉に何も言葉に出来ない夏生。
寝静まった後、ヒナは原稿用紙を見つめながら昔の夏生を思い返し、そっと涙するのでした。

桃源は取材を通じて夏生に夢を諦めるにはまだ早いことを諭す

桃源の元を訪れる夏生。
桃源は担当から夏生が小説を諦めると聞いたことを話すと、次の土日に新しい本の取材に行くことを夏生に告げます。

次のテーマは”繋いでいくこと”

林業を継いだ男性の元を訪れる夏生達。
彼は林業を継ぐのが嫌で一旦就職したものの、ふと別の山に入った時にめちゃくちゃに木が生い茂っているのを見て、祖父や父が管理してきた山がいかに美しいかに気付いたのだと話します。

「うちが林業やめたら うちの山もこうなるんかって思ったら なんか勿体ねーなって」
「代々 山守ってんのとか かっけーじゃん って思っちゃったんですよね」

笑顔でそう話す男性の言葉を微笑ましく受け止める夏生。
桃源は夏生にせっかくだからと、山を上まで登ってみることを提案します。

山頂で夏生に話し始める桃源。

「お前のことだから どうせまたごちゃごちゃ考えてんだろ」

将来のことなどを考えて夏生が小説を諦めるのだろうと問う桃源。
夏生は書けなくなったことがない桃源には分からないだろうと返します。

「ああ ねぇな」
「だが 筆を折ろうとしたことはある」

書けなくなったことはなくても、家族のことを考えてやめようとしたことはあることを話す桃源。
それでも書き続けたことが良かったのかは分からないと話しながらも、

「書き続けるのも才能なら 諦めきるのも才能だ」
「現時点じゃ お前自身にもわかんねーだろ」

そう話すと桃源は、

「それがわかるまでは 俺んとこにいろ」
「辞めんのは新しい道を見つけてからでも遅くない」
「今のその苦しみも いつか何かにはなる」

と、夢を諦めるのは次の夢が見つかってからにしろと夏生を諭す桃源。
その言葉に夏生は心を打たれるのでした。

一方、通販で買ったであろう下着を身につけ気合いを入れる雅。

(もう 幸運は待たない)
(今度こそ 自分の力で変えてみせる)

演劇サークルの合宿を前に、雅は覚悟を決めるのでした。


 

ドメスティックな彼女最新話を含め週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

以上、ドメスティックな彼女【第232話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。

U-NEXTを使えば週刊少年マガジン2019年27号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。

ドメスティックな彼女最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

1ヶ月無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえます。
また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

ドメスティックな彼女【第232話】の感想と考察

小説を諦めるという夏生に対し、ヒナと桃源がそれぞれ別の角度から夏生が夢を捨てないようにアプローチする回でした。

ルイと別れた後、いちいちヒナが可愛くて困りますね。正直、ルイよりもヒナが正ヒロインでいいだろうと思ってしまったりしています。

そして桃源も今回久々に見せ場を作ってくれました。
“書けなくなったことはないが書くのを読めようとしたことはある”
桃源の過去を知るだけに夏生にとってはかなり含蓄のある言葉として響いたかと思いますが、読者から見ても渋くてカッコ良かったです。

次回からはサークルの合宿が舞台になりそうです。雅が覚悟を決めていますが、夏生はどう動くのか気になるところですね!

次回のドメスティックな彼女【第233話】掲載の週刊少年マガジン2019年28号の発売日は6月12日になります!

まとめ

以上、ドメスティックな彼女【第232話】のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

あわせて読みたい
【2019年最新】電子書籍サイト目的別おすすめ8選|17社を口コミ比較「電子書籍サイトってたくさんあってどれを選べば良いかわからない。」「そもそも漫画アプリと電子書籍の違いって何なの?」など、漫画をスマホや...
漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

漫画読み放題&電子書籍サイト一覧

※クーポン多数配布

※国内最大級サービス

※読み放題プランあり

※格安でレンタル可能

※KADOKAWA作品配信

※独占先行配信あり

お得過ぎる電子書籍サイト情報と比較まとめ

漫画を無料で読めるおすすめサービスランキング

U-NEXT

U-NEXTは31日間の無料トライアルと登録時に600ポイントが付与されます。

動画配信サービスとして有名で、見放題作品が豊富なのも嬉しいですね。

電子書籍のラインナップもかなり多く、無料ポイントですぐに読むことができます。

月額料金 1990円
無料期間/ポイント 31日間/600ポイント
その他特典 雑誌読み放題、動画見放題、スマホ対応

U-NEXTも動画配信サービスがメインで、見放題作品が豊富なこととして有名です。

電子書籍の数もトップクラスで、スマホでは専用のリーダーがあり、購入した本がそのリーダーに共有されて見やすく管理されています。

他のアニメや漫画など見たいものが多い方はおすすめです。

U-NEXTで漫画を無料で読む

music.jp

music.jpは動画・音楽・電子書籍サービスと幅広く利用できるサービスです。

漫画や音楽で使えるポイントは961ポイントですが、これとは別に動画で使える1500ポイントももらえます。

また、電子書籍購入時には10%のポイント還元もあります。

月額料金 1922円
無料期間/ポイント 30日間/961ポイント(動画1500ポイント)
その他特典 購入時10%ポイント還元、スマホ対応

music.jpは動画配信サービスで見放題のコンテンツがないこともあり、ポイントに力を入れているサービスです。

アニメや映画でも新作・人気作はポイント作品がほとんどなので、漫画に限らず最新作に興味がある人にはおすすめのサービスです。

また、漫画で使えない動画ポイントはこちらに使用することで、無料で視聴することも可能です。

music.jpで漫画を無料で読む

FOD

フジテレビの公式サービスでamazon決済から登録すると1ヶ月の無料期間が付き、その期間で1300ポイントを貯めることができます。

動画だけでなく、電子書籍サービスとしても、購入時に20%のポイント還元があるのでお得です!

月額料金 888円
無料期間/ポイント 1ヶ月/1300ポイント
その他特典 雑誌読み放題、購入時20%ポイント還元、スマホ対応

FODは無料期間の1ヶ月で1300を貯められるようになっており、登録時に100P・8のつく日にそれぞれ400Pが付与されます。(8のつく日はFODにログインしてバナーをクリックしてください)

FODで配信しているどの漫画を購入しても20%のポイント還元を受けられます。

継続して利用するにしても月額料金よりも多いポイントを毎月もらえるので、とてもお得なサービスですね。