最新話ネタバレ

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【第25話】最新話ネタバレ・感想!

2019年2月1日発売のギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【第25話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

ちなみに24話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。

あわせて読みたい
「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」の最新話ネタバレまとめ!作者:丘上 あいさんの大人気作品「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」のネタバレまとめ記事になります。 主人公 爽(さやか)は女性フ...

これからギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【第25話】のネタバレを含む内容をご紹介します。

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~を無料で読む

スポンサードリンク

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【第25話】のネタバレ

「おい!いつまで探すんだよ これ!」

そう叫びながら浜辺を探すのは、高校時代の秋山。
それに対し「レアな色のやつ拾うまで」と返しているのは、同じく高校生の爽だ。

ふたりが探しているのはシーグラス。
しかしなかなか爽の探しているものが見つからないらしく、秋山はめんどくさがって、レンガを差し出してくる。

母の呪縛

そうして帰って来ると、爽は母にいつも怒られた。
「いつまであんな子と一緒にいるの」と。

それに苛立ちながら、爽は思っていた。
常々母は、「自分が爽に何も言わなくなったときは、爽が完璧になったか、見限ったかのどちらか」だと言っていたが、ならば見限ってくれて構わないと。

耳障りな泣き声を聞きながら、いつも、いつも思っていたが。
今になり、母はもう何も言わなくなった―――いや、言えなくなった。

そんな母の世話をしながら、爽はふと、母にこんなことを言われる。

「さやちゃん 毎日夜に来るの大変でしょう
無理しなくていいんだよ 幼稚園に遅れちゃうから」

それは、爽にとって身に覚えのない事。
だが母は、毎日夜中に爽と話をしているそうなのだ。

「別の世界に行こう」と。

その支離滅裂な言葉に、もう母は、母ではないと思う爽。
それは皮肉にも、母のあの時言っていた”完璧”「母の理想とする完璧」であると気がついたのと、同じタイミングであった。

そうして、もう少しマメに来よう、と爽が決めたその日の夜。

爽の母の部屋には、白衣姿の瑠衣がやってきていた。
彼女は、寝ぼける母に、自分が爽だと偽り、「早く別の世界へ行こう」と語り掛ける。
しかし母は、そんな瑠衣に「でも出られない」と言うので、瑠衣は、「爽が手伝ってあげる」と言った。

”前手伝ってあげた”ように、爽があげたあのグレーのストールで。

「楽になりたいでしょう? 生きてるのつらいでしょう?」

そしてそう言った瑠衣の目は、狂気に満ちていた。

進む先に

一方で、そんなことを知らない爽は、東京に帰り、
久し振りにチートンへ顔を出していた。

龍たちは、髪の短くなった爽に驚きつつも、優しく出迎えてくれる。
そして年越しも営業すると言うので、行くことにする爽。

さらには年明け、若菜たち親子にも会い、そこで爽は大吉を引く。
そんな”自分がいて喜んでくれる人”に会うのが、爽には久しぶりの感覚だった。

だがそんな裏で、
一真とは、年末に正式に届けを出して離婚をした。

そして、結局睦月はあの記事をそのまま出し、心ない他人の誹謗中傷が一真の会社へ。
そのままそれが、一真への攻撃に繋がり、
居場所を失った彼は、またも爽という”妻”の前から姿を消した

そんな爽の元には、一真からの連絡が。

それは、迷惑をかけてしまったことへの謝罪と、これ以上巻き込みたくないから、マンションには戻らない、ということ。
だから、爽はマンションに戻ってもらいたい、と一真は続けていた。
これが、自分が残せる唯一のものだから。

さらには彼は、過去の事や、お互いの両親の事などを含め、あの時向き合って話せたことを、結婚前に話すべきだったと後悔していた。

しかしそれに関して、一真は爽を責めない。
全ては自分の弱さと、甘さが招いたことだと綴る。

そして最後に、一真はこう締めくくった。

【裏切ってごめん 俺を愛してくれたのに ちゃんと愛せなくてごめん 俺はこれから自分の責任を果たすために やるべきことをやるつもりです どうか幸せになって

その一真の行動すべてが、自分を守る為の行動だと噛みしめる爽。

そして職場復帰した爽だったが、噂はやはり消えておらず、
編集長も粘ってくれたそうだが、結局、爽は週明けから異動になってしまった。

そこで、編集長に呼び出され、寺嶋とのことを話す形になった爽だが、
どうやら編集長は、個人的にあの出来事を調べてくれたらしく、そのことでわかったことがあると、爽に辞表を手渡してくる。

その裏には、「中村」の名前。
結である。

「ダブルブッキングもデータ削除も撮影キャンセルも 中村が爽ちゃんのポジション狙って寺嶋と手を組んでたって自白してきた」

そんな編集長の言葉を聞き、驚きを隠せない爽。
だが編集長は、そんな結が寺嶋に利用されていたことも見抜いており、用が済んだら寺嶋と連絡がとれなくなった、と結が言っていたのも聞いていた。

さらには、編集長は結から預かったという、爽宛の手紙を手渡してくる。
それを受け取り、爽が去ろうとしたとき、編集長は少し涙ぐみながら言った。

「ごめん… 力になれなくて… 頑張ってよ絶対

その言葉に、爽も思わず涙ぐみながら、「お世話になりました」と一言。
そのまま帰る爽は、思っていた。

(なにも聞かないでいてくれる人たちに救われる 息ができる まだ頑張れる…

事態が動き出す

そして電車の中で、爽は結の手紙を開く。
その出だしには、結からの本心の謝罪と、寺嶋との関係がつづられていた。

だが、後半、彼女は「寺嶋が言っていたことで気になることがある」と綴り、
それをお詫びのつもりで、爽に手紙で、教えてくれるそう。

そこに並んでいた言葉は――――…

一方で、その日の夜。
瑠衣のもとを、秋山が訪れていた。

そんな秋山を、ケーキまで買って迎え入れた瑠衣だったが、
秋山は家に上がることもなく、淡々と彼女に告げる。

「…もう 店には来ないでほしいんだ

そう言った秋山に、「どうして?」と問いかける瑠衣。
だが自分で爽の事に思い当たった瑠衣は、「あれは偶然だと言った」と言うが、秋山は決して信用しなかった。

しかしそれに対し「いつまでも爽にこだわってるのはお兄ちゃんの方」だと言う瑠衣。

それを聞いた秋山は、
そんな、あの頃とは違い過ぎる瑠衣の様子が信じられずに、思わず問いかけてしまった。

「なあ… 俺がイタリア行ったあと なにがあったんだ 瑠衣 どうしちゃったんだよ

しかし、そんな秋山にも、特に何も言わない瑠衣。
ただ、彼女はどこか縋るように、こんなことだけ言ってくる。

「お兄ちゃんは 私のこと完全に突き放したりできないよね

瑠衣の執着

だが、秋山はそんな瑠衣に「限度がある」ときっぱり。
そんな秋山に、瑠衣は引き下がることなく、自分には秋山しかおらず、もう誰もいないのだと、悲しそうに伝えてくる。

それでも、秋山は決してなびかなかった。
自分が瑠衣の兄であることに変わりはなく、大事に思っていることも確か。
なにかあったら、助けてあげたい、とも思っている。

しかし、爽が瑠衣のせいで離婚したのも確かなのだ。

「だから これ以上あいつになにかしたら 本気で怒る」

その言葉に、目を見開く瑠衣。
しかし、特に秋山を責めることなく、
瑠衣は素直に謝り、更にはお店にも行かないと誓った。

「その代わり またここに来てくれる?」

だが、どうしても諦めきれないのか、瑠衣がそう問いかけると、
秋山は「兄として困ったときはなんでもする」とは言いつつも、「ここでは会わない」ときっぱり。

そしてそのまま帰っていく秋山は、
あの頃自分に懐いて、笑いかけてくれていた、昔の瑠衣に思いを馳せていた。

一方で家に残された瑠衣は、秋山のために買ってきていたケーキを踏みつぶす。

そのまま家中のものをめちゃくちゃに投げながら、瑠衣は昨日、”先生”に言われたことを思い出していた。

あの部屋に来るたび、顔が全然違う、と言われた瑠衣。
そこで彼はともに「どれが本当の瑠衣なのか」とも、彼女に問いかけて来ていた。
それに対し、「どれも本当」だと答えた瑠衣だったが、先生は言う。

(「本当のきみは きっと一人しかいないのに」)

その言葉を思い出して、更に苛立った瑠衣は、とにかく家で暴れ続ける。
すると、隣人から壁を叩かれ、「うるせえな!」と苦情が。

しかしそれに、瑠衣は逆上した。

「…てめえがうっせえんだよ! 黙れ! 黙れ! 黙れ!!!」

そしてそう叫んだ瑠衣は、ぐちゃぐちゃになった部屋に寝ころびながら、呟く。

「…なにが「全部失った」だよ…… まだ残ってんだろうが…」

結からの告発

そして翌日、医療センターに出勤した瑠衣は、驚いた。
爽の母がいたはずの部屋から、ネームプレートが外れていたからだ。

それを同僚に訊くと、その人は教えてくれる。

昨日急に転院されたんですよ ずいぶん長いこと いらっしゃったけど ほかの病院が見つかったからって…」

その言葉に、驚きを隠せない瑠衣。
一方でその頃、爽は結からの手紙を握り締めながら、介護タクシーに乗っていた。

結からの手紙に書いてあったこと。
それは、爽に「気をつけてほしい」と言う、寺嶋が発した言葉だった。

【電話でもめてる声で目を覚ました時に 寺嶋が相手の人に
「母親はそっちが常に監視できるだろ」と言っているのを聞きました。】

それを見た爽は、慌てて行動に出た。
ちなみに、母の転院先を手配してくれたのは、編集長。
編集長は、「幸いツテだけならある」と言い、さらには「頼ってくれてありがとう」と言ってくれた。

その優しさに心を穏やかにしながら、彼女は憎しみを噛みしめる。

母がベッドの柵で首を吊ろうとしたこと。
毎日母が、夜中に自分と「別の世界に行こう」と話したと言っていたこと。

それは全て繋がっていたと気がついたのだ。

そんなとき、ふと爽は思い出す。
秋山とシーグラスを拾っていたあの日、秋山が爽に言った言葉

そもそも、シーグラスとは、
何年もかけて波や岩に削られ、それでも粉々にならずに綺麗に残ったもの。
そんなシーグラスを、秋山は「爽みたい」だと言ったのだ。

―――シーグラスのしぶとさが、爽に似ていると。

そしてその言葉とともに、笑った秋山を、爽は今でも覚えている。
そんな思い出を胸に、彼女は母を連れて移動していた。

(ねえお母さん
あなたみたいになりたくないと抗う力が あなたを守る強さになるなんて皮肉だけど)

そこで、そう思う爽は、瑠衣にある連絡を入れる。
それを見た瑠衣は、憎しみに溢れた顔で舌打ちをした。

その文面は―――…

【潰せるもんなら 潰してみたら?】 

そして、爽は思う。

すべてをあなたのせいにする女になりたくないから
削られながらでも 今はしぶとく生きてみる



ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~をすぐに無料で読む

以上、ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【第25話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~を今すぐ無料で読む

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【第25話】の感想と考察

爽も、ただでは転びませんね…。
こんな状況でも瑠衣を挑発するところが、怖いけれど個人的には凄く好きです。

ところで、瑠衣の「全て失ってない」という発言は、
一体何をさすのでしょうか。
単純に考えれば爽のお母さんなので、もしかしたら追いかけてきたり、なにか薬に仕込んできたりするのでしょうか。
ただ、秋山の心だって爽から離れていないわけですし、爽から離れていないものは、未だあると思います。

それを潰すのか否か…。
瑠衣の復讐がどこまでに及ぶのか、注目ですね。
次回26話も楽しみです!!

まとめ

以上、ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【第25話】のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

あわせて読みたい
【2019年最新】電子書籍サイト目的別おすすめ8選|17社を口コミ比較「電子書籍サイトってたくさんあってどれを選べば良いかわからない。」「そもそも漫画アプリと電子書籍の違いって何なの?」など、漫画をスマホや...
漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

漫画読み放題&電子書籍サイト一覧

※クーポン多数配布

※国内最大級サービス

※読み放題プランあり

※格安でレンタル可能

※KADOKAWA作品配信

※独占先行配信あり

お得過ぎる電子書籍サイト情報と比較まとめ

漫画を無料で読めるおすすめサービスランキング

U-NEXT

U-NEXTは31日間の無料トライアルと登録時に600ポイントが付与されます。

動画配信サービスとして有名で、見放題作品が豊富なのも嬉しいですね。

電子書籍のラインナップもかなり多く、無料ポイントですぐに読むことができます。

月額料金 1990円
無料期間/ポイント 31日間/600ポイント
その他特典 雑誌読み放題、動画見放題、スマホ対応

U-NEXTも動画配信サービスがメインで、見放題作品が豊富なこととして有名です。

電子書籍の数もトップクラスで、スマホでは専用のリーダーがあり、購入した本がそのリーダーに共有されて見やすく管理されています。

他のアニメや漫画など見たいものが多い方はおすすめです。

U-NEXTで漫画を無料で読む

music.jp

music.jpは動画・音楽・電子書籍サービスと幅広く利用できるサービスです。

漫画や音楽で使えるポイントは961ポイントですが、これとは別に動画で使える1500ポイントももらえます。

また、電子書籍購入時には10%のポイント還元もあります。

月額料金 1922円
無料期間/ポイント 30日間/961ポイント(動画1500ポイント)
その他特典 購入時10%ポイント還元、スマホ対応

music.jpは動画配信サービスで見放題のコンテンツがないこともあり、ポイントに力を入れているサービスです。

アニメや映画でも新作・人気作はポイント作品がほとんどなので、漫画に限らず最新作に興味がある人にはおすすめのサービスです。

また、漫画で使えない動画ポイントはこちらに使用することで、無料で視聴することも可能です。

music.jpで漫画を無料で読む

FOD

フジテレビの公式サービスでamazon決済から登録すると1ヶ月の無料期間が付き、その期間で1300ポイントを貯めることができます。

動画だけでなく、電子書籍サービスとしても、購入時に20%のポイント還元があるのでお得です!

月額料金 888円
無料期間/ポイント 1ヶ月/1300ポイント
その他特典 雑誌読み放題、購入時20%ポイント還元、スマホ対応

FODは無料期間の1ヶ月で1300を貯められるようになっており、登録時に100P・8のつく日にそれぞれ400Pが付与されます。(8のつく日はFODにログインしてバナーをクリックしてください)

FODで配信しているどの漫画を購入しても20%のポイント還元を受けられます。

継続して利用するにしても月額料金よりも多いポイントを毎月もらえるので、とてもお得なサービスですね。