最新話ネタバレ

ハイキュー!!【第343話】 最新話のネタバレと感想!!

漫画ハイキュー!の最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。
→ ハイキュー!の最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこよりも早く更新

2019年3月25日発売日の週刊少年ジャンプ2019年17号、最新話!
ハイキュー!!【第343話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

ちなみに342話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。

あわせて読みたい
ハイキュー!!【第342話】 最新話のネタバレと感想!!漫画ハイキュー!の最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → ハイキュー!の最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

これからハイキュー!!のネタバレを含む内容をご紹介します。

あわせて読みたい
漫画村の代わりに「ハイキュー!!」を全巻無料で読めるか調査した結果!「ハイキュー!!」の最新刊38巻が2019年06月04日に発売されました。 「ハイキュー!!」は、作者古舘春一さんで、『週刊少年ジ...
スポンサードリンク

ハイキュー!!【第343話】 のネタバレ

(「父ちゃんも兄ちゃんもでかいのに 何で俺だけ小さいの」)

そう言ったのは、家族写真を眺める、幼き日の光来。
そんな光来は、今、兄のような長身の、月島と対峙していた。

「小さな巨人」たち

光来からブロックポイントを奪った烏野。
そんなとき、鴎台の監督から、光来に声がかかる。

「光来 浮かれ鳥~」

その言葉に、ぎくりとする光来。
どうやらそれは監督的に「ちょっと落ち着け」という意味らしく、光来が少し調子づいていたのを、監督は見抜いていたのだ。

そんな試合を見ていた明光は、ふと観客席で呟く。

「星海って やっぱ高校の時のお前と似てるよな」

「お前」と言われたのは、隣で見ていた宇内。
すると宇内は嬉しそうにしながら、「俺こんな凄かったっスっか!?」「ユースイケますか!?」と、矢継ぎ早に質問を返してきた。

それに対し、弱ったようにツッコみつつも、「皆宇内を頼ってた」「”小さな大エース”って地元じゃ有名だった」と返す明光だったが―――…

「俺も 自分が強いと思ってました」

それを聞いた宇内は、先ほどの調子を一転させ、静かにそう答える。
そんななかで、再開された試合。

旭の強烈なサーブで始まったその試合は、鴎台・白馬のレシーブが勢いに負け、フォローを入れたものの、トスがネットから離れて上がってしまった。

だが、それに向かい、走り出す光来。

「ブロックもう一本!」

そんななか、烏野のベンチからはそんな声があがり、
月島もそれに従うように、光来の前へと、前衛を連れて構えた。

「せぇ――――… のっ

そして、先ほどと同じように、タイミングを読み、掛け声をかける月島。
それとともに、烏野のブロックは一斉に跳びあがるが――――…

 

同時に跳びあがった光来の目には、ブロックの手がはっきりと映り、
それを瞬時に判断したように、そのまま打ち下ろすのではなく、彼はブロックの指先にボールを当て、コートの外へ向かう様に叩きつけてきた。

ブロックのワンタッチにより、得点は鴎台に。
難しいボールではあったが、光来は指先を狙って堅実な判断をしたのだ。
観客席に宇内はそれを、「星海ブロックアウト上手いと思った」と興奮気味に見ている。

一方で日向は、かなり悔しそうに歯噛みをしていた。

しかし当の光来は、表情一つ変えずに、ローテーションをまわる。

「覆い被さるような壁も 技術で切り抜けてきた エース星海のブロックアウト!」

そんな興奮気味の解説を、一心に受けながら。

光来の過去

だがそんな光来は、実は中学ではずっと控えだったのだそうだ。
一応名門校の西中であり、控えでもすごいのだが、レギュラーではなかった。

「光来は大器晩成チビだからね」

そう言った昼神の言葉は、貶しているのではない、褒めているのだそう。
そんな光来の強さの理由は、小学校までさかのぼる。

彼は小学校二年生のとき、
いとこが入ったことをきっかけに、バレーをやりたいと言い出した。

それを聞いた母は、「兄と一緒にバスケをやるのでは」と聞いたが、
どうやら当時小4ながらも長身の兄に「とれたら入れてやる」と言われながら、高々と持ち上げられたボールが、どうしても届かなかったらしい。

更にはチビであることも馬鹿にされ、彼は「兄のじゅばく」から解き放たれるため、バレーに進むことを決めたよう。

最初はルールも分からず、ボールが早すぎて、見失っていた光来。
しかし初めて見に行ったプロの試合で、練習からかなりの迫力あるものを見せつけられ、完全にハマってしまった。

「お前ネットから手ぇ出んの」

そう、兄からバカにされることもあった。
だが、光来は「助走があれば出来る」と言い、跳びあがれば家の天井にも届いていた。

だから、自分でも大丈夫だと思っていた。
―――そんな、ある日のこと。

「今日となりバスケだって」

そう言ったチームメイトに驚き、隣のコートに目を向けると、そこには兄の姿が。
ちなみに兄は、小学5年ながら、中学生に間違われるほどの高身長だ。

「なあアタック打たしてアタック!」

そんな兄は、光来の身長をバカにするように、頭に手を置きながらそう言ってきた。
だが、光来は「そんなにカンタンにできるものじゃない」と抵抗する。

しかし――――…

「おお~ けっこうカンタンじゃん 手さえ出せば打てるな」

そう言って、兄はいとも簡単に、ネットを越えてボールを打ち込んだ。
きっと高身長だからこそ、それはできること。

それにショックを受けた光来は、鼻水をたらしながら母に相談した。
兄も父も大きいのに、なぜ自分だけ小さいのか、と。

だが母は、じいちゃんや自分が小さいから遺伝だと大声で笑う。
そして、「小さいと何故嫌なのか」と優しく光来に問いかけてきてくれた。

「‥大きい奴に勝てないから」

それに対し、悔しそうにそう言った光来。
だが母は、「勝つ方法はひとつもないのか」と光来に問いかけ、そして続ける。

「大きくなる確かな方法は多分無いけど 強くなる方法はたくさんあるよ」

その言葉に、少しだけ驚いたような、希望を見出したような顔をする光来。
すると、そんな彼に、母はいたずらっぽく笑って、こう言うのだった。

「‥この話 光来にしかしてないから 今なら光来が”強い”に一番乗りだね

光来の「強さ」

次のサーブは、影山。
その強烈なボールを拾ったのは、光来だった。

しかしすぐに持ち直し、彼はネット前に走り込んでくる。

ちなみに光来が上げたボールは、諏訪のトスを経て、白馬のところへ。
その白馬は高身長を生かし、ネットの高い所から、烏野のコートへスパイクを打ち込んできた。

そのボールを烏野は取ることができず、得点は鴎台へ。
高校からバレーを始めた白馬だが、高身長なのもあり、すでに主戦力となっていた。

そんな彼を讃える解説が響くなか、
コートにいた大地や、観客席の宇内は、光来に注目する。

(正面とは言え 影山のサーブを完璧に上げて
 その流れのまま当然のように攻撃に加わった さすがだな星海)

そして次は、光来の強烈なサーブ。
しかしその勢いはかなりのもので、旭がレシーブをしたその勢いで、鴎台コートに返ってしまうほどだった。

しかもそのボールは、エンドラインぎりぎりに落ち、鴎台がなんとかあげる形に。

そうして上がったボールに走り込んだのは―――光来だった。

「芽生!」

そして光来は白馬を呼び、トスを上げる。
そのトスは柔らかく、完璧なもので、セッターである菅原も影山も、対抗意識を燃やしていた日向も、思わず感心してしまうほどのもの。

そのまま白馬によって打ち込まれたボールは、やはりかなり強烈で、再び鴎台に得点が入ってしまった。

それを打ちながら、仲間であるはずの白馬は、悔しそうに歯噛みする。

(‥くっっっそ 打ち易い)

そしてそう思う白馬は、光来に「ナイストス」と渋々声をかけた。
すると光来は、自慢げに「だろ?」と答え、見上げながら見下している。

そんな試合を見ながら、観客席にいた宇内はふと、自分のことを振り返った。

彼は、中学でも高校でも、県内ではそこそこ通用していた。
エースという、自覚も自信もあった、と。

しかし全国で、上に行けば行くほど、相手はより大きく・より速く・より賢かった。
だから宇内は、小さい”代わりに”技術で勝負する、と思ってきたのだそうだ。

「でも 小さかろうが大きかろうが 技術を磨いた奴が技術を持っている

そしてそう言った宇内は、「世界は平等で平等ではない」と告げた。
その言葉の真意を繋ぐように、光来はコートで思う。

自分より大きいものや強いものに出会って初めて 自分は小さく弱いと自覚するのだと。

そんな光来は、昼神に相変わらず「全部」上手いと褒められていた。
だが当の光来は「練習しているから」とそっけない。

そして彼は、強い目をしながら、はっきりと言うのだ。

「俺は 俺が弱い事を とうの昔にしっている

それが、どれほどの強さなのか、思い知らせるように。

続きを含め漫画ハイキュー!の最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。
→ ハイキュー!の最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこよりも早く更新



ハイキュー!!の最新巻を無料で読む

以上、ハイキュー!!【第343話】のネタバレを紹介しましたがやはり絵つきで読んだ方が面白いですよね。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読むことはできませんが、最新巻は無料で読むことはできますのでオススメです!

ハイキュー!!最新巻を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

ハイキュー!!最新巻を今すぐ無料で読む

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

ハイキュー!!【第343話】の感想と考察

光来の過去が、明らかになりましたね。
それと同時に、かなり強敵感が強まったなと思います。

個人的に、未だ日向や影山が1年ということもあり、
烏野がどこで負けてもおかしくないと思っているので、「弱さを知る」ということで
ちょっとまさかの、このタイミングで烏野が負ける可能性もあるかも。

木兎と日向の師弟対決も見たいんですが、
もしかしたら、かたき討ちの梟谷と鴎台‥ということも、あるのかもしれませんしね。
どんな試合展開になるのか、この先も見逃せません!!

次回のハイキュー!!は休載のため、【第344話】掲載の週刊少年ジャンプ発売日は4月8日になります!

まとめ

以上、ハイキュー!!【第343話】のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

あわせて読みたい
【2019年最新】電子書籍サイト目的別おすすめ8選|17社を口コミ比較「電子書籍サイトってたくさんあってどれを選べば良いかわからない。」「そもそも漫画アプリと電子書籍の違いって何なの?」など、漫画をスマホや...
漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

漫画読み放題&電子書籍サイト一覧

※クーポン多数配布

※国内最大級サービス

※読み放題プランあり

※格安でレンタル可能

※KADOKAWA作品配信

※独占先行配信あり

お得過ぎる電子書籍サイト情報と比較まとめ

漫画を無料で読めるおすすめサービスランキング

U-NEXT

U-NEXTは31日間の無料トライアルと登録時に600ポイントが付与されます。

動画配信サービスとして有名で、見放題作品が豊富なのも嬉しいですね。

電子書籍のラインナップもかなり多く、無料ポイントですぐに読むことができます。

月額料金 1990円
無料期間/ポイント 31日間/600ポイント
その他特典 雑誌読み放題、動画見放題、スマホ対応

U-NEXTも動画配信サービスがメインで、見放題作品が豊富なこととして有名です。

電子書籍の数もトップクラスで、スマホでは専用のリーダーがあり、購入した本がそのリーダーに共有されて見やすく管理されています。

他のアニメや漫画など見たいものが多い方はおすすめです。

U-NEXTで漫画を無料で読む

music.jp

music.jpは動画・音楽・電子書籍サービスと幅広く利用できるサービスです。

漫画や音楽で使えるポイントは961ポイントですが、これとは別に動画で使える1500ポイントももらえます。

また、電子書籍購入時には10%のポイント還元もあります。

月額料金 1922円
無料期間/ポイント 30日間/961ポイント(動画1500ポイント)
その他特典 購入時10%ポイント還元、スマホ対応

music.jpは動画配信サービスで見放題のコンテンツがないこともあり、ポイントに力を入れているサービスです。

アニメや映画でも新作・人気作はポイント作品がほとんどなので、漫画に限らず最新作に興味がある人にはおすすめのサービスです。

また、漫画で使えない動画ポイントはこちらに使用することで、無料で視聴することも可能です。

music.jpで漫画を無料で読む

FOD

フジテレビの公式サービスでamazon決済から登録すると1ヶ月の無料期間が付き、その期間で1300ポイントを貯めることができます。

動画だけでなく、電子書籍サービスとしても、購入時に20%のポイント還元があるのでお得です!

月額料金 888円
無料期間/ポイント 1ヶ月/1300ポイント
その他特典 雑誌読み放題、購入時20%ポイント還元、スマホ対応

FODは無料期間の1ヶ月で1300を貯められるようになっており、登録時に100P・8のつく日にそれぞれ400Pが付与されます。(8のつく日はFODにログインしてバナーをクリックしてください)

FODで配信しているどの漫画を購入しても20%のポイント還元を受けられます。

継続して利用するにしても月額料金よりも多いポイントを毎月もらえるので、とてもお得なサービスですね。