最新話ネタバレ

初めて恋をした日に読む話【第18話】 最新話のネタバレと感想!!

2019年1月26日発売日のCookie2019年3月号、最新話!
初めて恋をした日に読む話【第18話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

ちなみに17話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。

あわせて読みたい
初めて恋をした日に読む話 【第17話】 最新話のネタバレと感想!!2018年11月26日発売日のCookie2019年1号、最新話! 初めて恋をした日に読む話 【第17話】を読んだのであらすじ・ネタバ...

もし文章のネタバレではなく絵付きで初めて恋をした日に読む話を読みたい場合はコチラの記事も確認してみてください。

あわせて読みたい
「初めて恋をした日に読む話」を全巻無料で読める全選択肢を公開!「初めて恋をした日に読む話」は、持田あきさんの大人気漫画ですね。 そんな大人気の「初めて恋をした日に読む話」ですが、2019年1月...
スポンサードリンク

初めて恋をした日に読む話【第18話】のネタバレ

模試で初めてC判定が出た匡平。
彼は順子に、そのことで呼び出されていた。

「まずは由利匡平君 センター試験の模試2ランクアップおめでとう」

そうお祝いを言う順子。
しかし彼女は、A判定で見事不合格になった自分の経験を通し、ここで気を抜いてはいけないと彼に言いたかったようだった。

熱く熱く、気を引き締めるよう匡平に語る順子。

「春見」

しかし、そう彼女を呼んだ彼は、話を急に遮った。
関係ない話は慎めと、彼女は取り合わないつもりだったが―――…

「先生 ここ開いてて ボクも集中出来ないし 他の誰にも見せないで下さい」

そう言って、匡平は順子のスカートのチャック部分に指を差し込んでくる。
彼女はチャック全開で、シャツもストッキングも丸出しだったのだ。

それをされた彼女は、驚愕と羞恥を抱えながら思う。

(由利匡平が どえりゃー恋愛モンスターになっちまった気がする…)

そう見えてきたのは、順子が”あの”質問にバカ正直に答えてから。
そう、匡平を「男として見ている」と言った日からだ。

あの日から、順子が匡平の見る目は変わってしまった。
こちらを見てくる視線も、油断すると伸びてくる手も、70°ほど開いた脚も、すべて意識してしまうのである。

しかし、順子は受験の厳しさを知っている。
だからこそ、彼女はある決断をしたのだ。

「明日…夕刻 先生は貴君に重大発表をする… 覚悟しておくように!!

そして声高らかにそう宣言した順子。
そんな彼女は、その日の夜、牧瀬にある相談をしていた。
牧瀬は「私のポリシーじゃない」といいつつ、順子が条件を飲むならやってもいいと言う。

それに対し、順子は「何でも飲む」と言い、交渉は成立。
彼女たちが相談していた内容とは―――…

 

一方で、匡平が通う高校。
そこではいつもの通り、生徒に交じって山下が、下ネタでふざけあっていた。
しかし、匡平にそのノリで話しかけ、心に二重シャッターされ、軽蔑される山下。

そんな匡平に、山下は挑発するように言った。

「なにさスカしちゃって お前だって春見で毎日ピ―――してんだろ」

山下は冗談のつもりだった。
そして下ネタ交じりに順子のことを話し始めた彼だったが、匡平は遂に怒り、彼を睨みつけてくる。
それを見た山下は、ついに反省して閉口した。

そんな山下に、匡平は吐き捨てるように言った。

「来年 本物もらうから 俺は我慢できる」

しかし、そんな匡平を、山下はまさかと信じられない様子。

そんなやりとりをしていた、そのときだった。

山下の携帯に、順子から着信が入る。
それを見た山下は「順子だって授業のとき以外は受験の事を考えていない」と得意げに電話に出たが、その内容は、「匡平への指導の事でお願いがある」というもので―――…

「……お前ら 2人とも病気だ……」

そう冷めた目で言う山下。
そして彼は、その日の夕方に、順子に呼び出された。

それは、「個人合宿」の相談をするものだった。

順子は、牧瀬とともに特別カリキュラムを組み、一週間勉強合宿をするという。
それを匡平の父に許可してもらうべく、順子は学校側からも後押しがほしいと思っていた。そこで、山下にもお願いすることにしたのだ。

「今はまだ勉強が生活の一部 手応えを感じれてる今だからこそ 息をするように勉強する習慣をつけたいのよ」

そう言った順子に、山下は「ヤダ」と拒絶反応を見せる。
しかし匡平が真剣な表情で「やりたい」というので、山下も心動かされたよう。

だが山下は、代わりに埋め合わせしろと順子にけしかけてきた。
すると順子はすわった目をしながら、彼を睨みつけるように言うのだった。

「埋めるわよ ゴッスゴスと」

そう言った順子に、山下も思わずひるむ。
そうして合宿を行う手筈を整えていく順子は、内心で思っていた。

匡平が言った「待ってろ」という言葉。
でも自分は、待っているわけがない、と。

(私がなりたいのは君を合格させる講師 それだけ)

そう順子は思い、前に進んでいく。
それを見た匡平は、自分も前に進むように、家で父に合宿の事を話していた。

反対されると思っていた匡平だが、父から返ってきた返事は…

「好きにしろ」

驚き、呆気にとられる匡平。
一方そんな匡平を置いて、父もひとり席を外し、匡平の指導をお願いしていた安西に連絡をとっていた。
受験に関しては、匡平のやり方に任せる、と。

「あいつが頭を下げたんだ 無視は出来ない」

そう言った父も、また少し、変わり始めていた。

 

そして始まった合宿。
光の入り方や集中できる参考書の位置まで、牧瀬と順子が学習環境までもすべて計算しつくした宿舎で、匡平と、それについてきたミカが勉強することになった。

ぎちぎちに詰め込まれたスケジュールで、勉強を進める二人。
苦手を確実に克服できるよう、牧瀬のわかりやすい(?)たとえを交えながら解説されていく勉強に、匡平も時折笑顔を見せながら勉強をしていた。

そして夜になり、牧瀬が突然順子にあることを言い出した。

「春見先生 例の条件よろしくね」

それを聞いた順子も、「もちろん二言はない」と顔を引き締める。
そんなやりとりを、生徒二人は不思議そうに眺めていたが、突然順子が立ち上がった。

「由利君 着替えて寝る準備が出来たら 先生の所へ来るように」

そう、言い捨てて。

そうして勉強後。
何があるのか、と匡平が身構えながら順子のもとへ行くと、
からかうでもなく、本当に順子は彼を待っていた。

「牧瀬先生の条件 毎日寝る前10分だけサシで話し合えって」

そう言ったのは順子。
彼女は、牧瀬に「2人は張り切りすぎだから、一緒に休めるようにコミュニケーションをとれ」と、この合宿に条件を出されていたのだ。

早速話題を切り出したのは、順子だった。

「ゆり坊 最近の君の態度を改めてもらいたい」

そして、そんなことを言い出した順子は、
最近の匡平の浮ついた空気を、この合宿でぶち壊したいと思っていることを語る。
その後そのまま言うだけ言って、順子は話を切り上げようとしたが、それを聞いた匡平が、素直に納得するわけがなかった。

「そーゆーの うぜーっつってんのに お前も聞き分けねーな」

そう言った彼は、ずっと気になっていたことがある、と言って順子に問う。
それは以前、公園で山下と一緒にいた、あのときのこと。

「お前 あの時山下とヤッたの?」

匡平のその言葉に、思わず爆発する順子。
しかし彼女はむせながら、山下とのあの事件を思い出しつつも、一線は超えていないと強く主張した。

それを聞いて、匡平は順子に寄り添うように近づくと、
徐に、足の指に、自分の手の指を絡め始める。

「良かったぁ…」

そして、そう呟く匡平に、順子は顔を変え、汗だくになってしまった。
しかしそんな彼女置いて、匡平は「すっきりしたので寝る」と去っていく。

その様子を、牧瀬は隣の部屋でこっそり覗いていた。
しかしよく見えなかったようで、翌日の朝に彼女は順子にこっそり探りを入れる。

隠すのが苦手な順子に、牧瀬は容赦なく質問してきて、
結局順子は、山下の事から昨日あったことまで、すべて牧瀬に知られることになってしまった。

こうなれば牧瀬は楽しくて仕方がない。
ぐったりする順子に対し、彼女はこの合宿を、別の意味でも楽しみにするようになったのだった。

 

一方で雅志は、順子に連絡が付かないことに慌て、
ついに松岡の店にまで顔を出していた。

そこで、ようやく順子が個別合宿に行っていることを知る雅志。
そんな彼は、松岡の協力でその合宿に顔を出せるような機会を作ってもらった。
代償として、バカ高いブランデーを入れさせられたが。

そして彼は、早速合宿所に向かう。
しかし酒を飲んでいて運転も出来ず、タクシーもつかまらず、電車も大幅遅延しているという状況に置かれた雅志は、ここまで歩いてくるしか選択肢がなく、着いた時にはもはや瀕死の状態だった。

そこで、少し休ませた後、順子は雅志と少し話をする。
そこで彼は、順子に心配そうに言うのだった。

「昔のこと思い出して 落ち込んでるんじゃないかって 気になってたんだ」

昔―――…それは、順子が受験に失敗した、あのときのこと。
だから、こんな時期にこうして受験生とずっと一緒にいることで、彼女がそんなつらい思い出を思い出すのではないかと、雅志は気にかけていた。

そんな雅志の優しさに触れ、順子は決意したように彼に言う。

「今度 ふたりでどっか出掛けようか」

順子のその言葉に、顔だけが大気圏を突破するほど驚く雅志。
そして、彼女の前では何ともないように装っていた彼だったが、彼女と別れたあと、彼は大号泣しながら電話をかけた。

「西大井 西大井起きて 一緒にお赤飯食べて」

それほどまでに、雅志は心の中で、浮かれていたのだった…。

 

そして一方、合宿所に戻った順子は、布団にもぐりながら、ふと昔の自分のことを思い出していた。
そのまま眠ったせいか、彼女は夢を見た。
センターの結果はとてもよく、合格確実で、あとは二次だけだと言われていたはずだったのに――――…

 

そして目が覚め、今日も勉強は続く。
すぐ英単語を引き出せるように、とのことで卓球をしながら英語の単語を答えさせるトレーニングを行う順子。

その後、牧瀬がランニングしながら化学を教えるというので、
順子がひとり、風呂で洗濯しているときだった。

「―――それ 何してんの?」

そう言って堂々と女湯に入ってきたのは、山下だった。
彼は差し入れを持ってきてくれたようだが、誰もいなかったので、ここに来たようだ。

そんな彼は、ふと順子に言う。

「――お前大丈夫か? こんな勉強会 由利よりお前のがきついんじゃねーの」

そう言った山下は、あと一年あるのに2人とも張り切り過ぎだと忠告する。
しかしそんな山下に、順子は言った。

「…私ね 自分の受験の時 周りに「絶対大丈夫」って言われるの 怖かった…」

そう零す彼女は、合格が見えてくるほど、周りの期待が高まるプレッシャーに、いつも押しつぶされそうだったのだ。

「―――そういう時 がむしゃらに勉強につきあってくれる そんな先生がいてほしかったから」

そしてそう続けた彼女は、匡平にとってのそんな存在を目指しているようだった。
そんな順子を見て、山下は言う。

「お前は 由利に関してはイラつくくらい一生懸命だな」

それから山下は、順子の目を見ながらまっすぐに続けた。

「春見 ちょっとは俺のこと好きになりそう?」

そんな彼に、順子もまっすぐに答える。

「好きになりたい」

しかし、順子は雅志とも会う約束をしていると正直に告げ、
「今とにかく真っ当な恋愛がしたくて焦っている」と自分の気持ちを吐露した。

そんな順子の言葉に、山下は「腹立つ」と言いつつも、
「自分もそういう相手かどうか試せ」と彼女を挑発するように言い放つ。

それに対して順子もまた、その挑発にのるように、
「どんなにクズでも 匡平から逃げ切れるならなんでもする」と告げてきた。

その目は、どこまでもまっすぐで、よどみがない。
彼女は、分かっていたのだ。

匡平の腕の中は居心地が悪く、「ここにいてはいけない」と、自分の中でずっと警告がなっていたことを――――…

 

そしてある日。
週末の寒波を知らせるニュースを見ていた順子の両親のもとへ、合宿中の順子が少しだけ顔をだした。

しかしほとんど言葉も交わさず、合宿所に自転車で戻っていく順子。
そんな娘を見ながら、母は思い返す。

―――順子が”あの日”、通学路で順子が倒れたと連絡があったときのことを。

「震えて お母様を呼んでおります」

そんな言葉を聞いて、母はヒールで自転車に飛び乗った。
今日の娘のように、必死に自転車を漕いだあの日のことを、母は未だ忘れることができないでいた―――。

そして合宿も終盤戦。
明日が最終日というときに、匡平は順子に礼を言ってきた。

模試の後からあまり休めない日が続いていたが、この合宿でゆっくり眠れた、と。

それを聞いて順子は「自分もそうだった」と彼を励ます。
すると匡平は自然な笑顔で「ありがとう」と礼を言ってきた。

そんな彼を見た順子は、ピクリと手を動かすが、自分で必死に制する。

その後、順子は一人、縁側でたばこを吸っていた。
詰まった時だけ吸うたばこ。

牧瀬はそんな順子を見つけ、話を聞く。
すると、順子から返ってきたのは、今日の自分に対する、戸惑いだった。

「――今日 由利君が自分の話をしてくれた時 思わず 抱きしめそうになった」

そう言った彼女は、今までは、どんなことでも、匡平の言う事を本気にしなかったと言い、
今日抱いた「あの子を独り占めしたいような気持ち」は、生徒と先生の関係を超えたものだと自覚していた。

彼女は、匡平に対する気持ちが変化していることを、ようやく認めたのだ。

だが、牧瀬はそんな彼女に「今更気付いたのか」と言いつつも、
「気づかれる前にしっかり忘れな」と助言する。

「誰にも言わないから ちゃんと整理して 大事に忘れな」

そして、順子に寄り添いながら、噛みしめるようにそう言った牧瀬。
しかしそれを、匡平は偶然聞いてしまい―――…。

 

そうして合宿は最終日を迎えた。
終わってみれば、匡平の答案からは空欄はなくなり、解答率も20%アップする大躍進を遂げていた。

そんな終わり際、順子は匡平にマフラーをプレゼントする。
実は今日は、匡平の誕生日だったからだ。

(ユリユリ 本当にごめん 昨日の気持ちは 責任持って捨てる)

しかし順子の内心は、そんなことを考えていた。
だからこそ、匡平に向ける笑顔は、いつもの”先生”の顔に戻っていたのだ―――。

そして、合宿は無事終了した。
生徒たちと解散し、牧瀬とふたりきりになった順子は、牧瀬が会計に行っている間に、気が抜けたのか少しだけうたた寝をしてしまう。

そんな夢うつつの順子は、思っていた。
自分は、今の匡平に好きになってもらうよりも、
大人になった匡平に、認めてもらえるような人になりたいのだと。

(君が大人になって 働いて好きな人が出来て親になって
その時の君に 「いい奴だった」って思われる先生になりたい)

そしてそう思いながら、本格的に眠りに落ちてしまう順子。

 

しかしそこには、「忘れものがあった」と戻ってきた、匡平の姿があった。
彼は、眠る順子の前に立つと、静かに言葉を発する。

「絶対 忘れさせたりしない」

そして匡平は、眠る順子にキスをする。
自分も順子が好きだと、そう囁きながら。


 



初めて恋をした日に読む話の最新話を含めCookieをすぐに無料で読む

以上、初めて恋をした日に読む話【第18話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。

music.jpは30日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料で読めます!

Cookie初めて恋をした日に読む話の最新話を読みたいのであればオススメです!

これを機会にチェックしてみてください。

music.jpでCookieを無料で読む

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

初めて恋をした日に読む話【第18話】の感想と考察

大ボリュームでしたが、あっという間に読めました…。
気持ちは繋がっているのに、一緒になれない匡平と順子が切ないですね…。

ただ、どんなに順子が否定しても、匡平がグイグイきてくれるのではないでしょうか。
しかし、順子が匡平を忘れるために、雅志や山下と関係を持ちそうなのが、少しつらいところですね。
この先完全にこじれる気しかしないこの四人の関係が、一体どうなっていくのか。
次回も目が離せません…!

次回の初めて恋をした日に読む話【第19話】掲載のCookie2019年5月号の発売日は3月26日になります!

まとめ

以上、初めて恋をした日に読む話【第18話】のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

好きな漫画が無料で読めるサービスまとめ

漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

漫画読み放題&電子書籍サイト一覧

※クーポン多数配布

※国内最大級サービス

※読み放題プランあり

※格安でレンタル可能

※KADOKAWA作品配信

※独占先行配信あり

お得過ぎる電子書籍サイト情報と比較まとめ

漫画を無料で読めるおすすめサービスランキング

U-NEXT

U-NEXTは31日間の無料トライアルと登録時に600ポイントが付与されます。

動画配信サービスとして有名で、見放題作品が豊富なのも嬉しいですね。

電子書籍のラインナップもかなり多く、無料ポイントですぐに読むことができます。

月額料金 1990円
無料期間/ポイント 31日間/600ポイント
その他特典 雑誌読み放題、動画見放題、スマホ対応

U-NEXTも動画配信サービスがメインで、見放題作品が豊富なこととして有名です。

電子書籍の数もトップクラスで、スマホでは専用のリーダーがあり、購入した本がそのリーダーに共有されて見やすく管理されています。

他のアニメや漫画など見たいものが多い方はおすすめです。

U-NEXTで漫画を無料で読む

ひかりTVブック

ひかりTVブックは電子書籍サービスに特化したサイトになります。

漫画で使えるポイントは1152ポイントで、すぐにもらえるポイントは業界最大になります。

無料期間が登録月(初月)になるのでここだけ注意が必要です。

月額料金 972円
無料期間/ポイント 登録月無料/1152ポイント
その他特典 雑誌読み放題、スマホ対応

ひかりTVブックは、月額コースが何種類もあり最大5400円のコースまでありますが、これは+1200ポイントがボーナスでついたりお得にです。

初回は特典で972円のコースで1152ポイント付いてくるので読みたい漫画が2冊無料で読めます。

まだ、電子書籍を使ったことない方へ入門編としておすすめです。

ひかりTVブックで漫画を無料で読む

music.jp

music.jpは動画・音楽・電子書籍サービスと幅広く利用できるサービスです。

漫画や音楽で使えるポイントは600ポイントですが、これとは別に動画で使える1000ポイントももらえます。

また、電子書籍購入時には10%のポイント還元もあります。

月額料金 1922円
無料期間/ポイント 30日間/600ポイント(動画1000ポイント)
その他特典 購入時10%ポイント還元、スマホ対応

music.jpは動画配信サービスで見放題のコンテンツがないこともあり、ポイントに力を入れているサービスです。

アニメや映画でも新作・人気作はポイント作品がほとんどなので、漫画に限らず最新作に興味がある人にはおすすめのサービスです。

また、漫画で使えない動画ポイントはこちらに使用することで、無料で視聴することも可能です。

music.jpで漫画を無料で読む

FOD

フジテレビの公式サービスでamazon決済から登録すると1ヶ月の無料期間が付き、その期間で1300ポイントを貯めることができます。

動画だけでなく、電子書籍サービスとしても、購入時に20%のポイント還元があるのでお得です!

月額料金 888円
無料期間/ポイント 1ヶ月/1300ポイント
その他特典 雑誌読み放題、購入時20%ポイント還元、スマホ対応

FODは無料期間の1ヶ月で1300を貯められるようになっており、登録時に100P・8のつく日にそれぞれ400Pが付与されます。(8のつく日はFODにログインしてバナーをクリックしてください)

FODで配信しているどの漫画を購入しても20%のポイント還元を受けられます。

継続して利用するにしても月額料金よりも多いポイントを毎月もらえるので、とてもお得なサービスですね。

FODで漫画を無料で読む

ebookjapan

ヤフー株式会社の電子書籍サービスで、書籍数は業界最大数になります。

登録時に、ヤフーIDで登録すると初回特典として50%オフクーポンがもらえます。

キャンペーンで最大99%SALEなど豊富に毎日してるのでとてもお得な電子書籍サイトになります

月額料金 購入分
無料期間/ポイント なし/購入分の1%がTSUTAYAポイントに
その他特典 初回登録で半額クーポンが貰える,最大99%オフなど盛り沢山

ebookjapanは、月額コースの設定がなく購入した分だけの費用の支払いになります。

ポイントの概念は上記サイトよりありませんが、何と言ってもキャンペーンの豊富さになります。

次期のアニメ作品などが50%〜80%オフだったり、話題や人気作品のキャンペーンが多いので漫画をよく読む方にはぴったりです。

ebookjapanで漫画をお得に読む

Book Live

Book Liveは凸版印刷グループの電子書店になり、背書籍数もebookjapan同様に、業界最大数になります。

初回登録時に、特典として50%オフクーポンがもらえます。

キャンペーンでなんと漫画だけはなく、ラノベ作品含め30〜50%OFFなど充実してるのでとてもお得な電子書籍サイトになります

月額料金 購入制or月額制
無料期間/ポイント なし/Tポイントで購入可能
その他特典 初回登録で半額クーポンが貰える,50%オフ作品が盛り沢山

BookLiveは、購入制と月額制が選べますので自分のペースで本を読むことができます。

特筆すべきところは、2点あり、
・1日1回ガチャが弾けてお得なクーポンが貰える。

・ラノベ作品が普通に30〜50%割引がある。

キャンペーンを随時しているので、多くの漫画や書籍を読みたい方へおすすめの電子書籍サイトです。