最新話ネタバレ

ハコイリのムスメ【第25話】 最新話のネタバレと感想!!

2019年5月26日発売日のCookie2019年7月号、最新話!
ハコイリのムスメ【第25話】 を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

ちなみに24話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。

あわせて読みたい
ハコイリのムスメ【第24話】 最新話のネタバレと感想!!2019年3月26日発売日のCookie2019年5月号、最新話! ハコイリのムスメ【第24話】 を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想...

これから、ハコイリのムスメのネタバレを含む内容をご紹介します。

ハコイリのムスメの最新巻を今すぐ無料で読む

スポンサードリンク

ハコイリのムスメ【第25話】 のネタバレ

由良に告白されたことで、
ちょっとしたモテ気分を味わい、ニヤニヤしてしまう珠子。
だがそれをサクちゃんに指摘され、珠子は気を引き締めた。

(マズいマズい 気をつけないと…… 紀之さん スルどいトコあるから………

由良の画策

そう思う珠子は、実は色々と由良と紀之のことを考えていた。

由良は今やサークルの人気者であり、遊び人かもしれないが、悪い人とは思えない。
さらには紀之と同じチームでの秀栄杯出場も決まっていて、予選は目前。

そんな中、由良が珠子に告白した、なんて知られれば、紀之は恐らく由良を「そういうことする奴」だと認識するだろう。

そうなれば恐らく、いや絶対に、怒髪天で秀栄杯なんかぶっ飛んでしまう。

だからこそ、珠子は事態を穏便に終わらすため、
この告白を誰にも言うつもりはなかった
しかし、対して由良は、紀之の前でこう言う。

「珠子さんって―――――… 可愛いっすよね」

その言葉に、一気に不機嫌そうにする紀之。
それに慌てた様子で由良が「褒めただけ」だと誤魔化せば、紀之はその場を後にしたが、由良はこれで確信した。

紀之は、珠子に凄く惚れている、と。
さらには卓から「紀之は結構一途なタイプ」だと聞き、楽しそうに笑う由良。

(そう そうでなりゃ つまらない

大森の今

そして、由良がそう思っていた、その日の夜。
真っ暗な部屋で、一人ゲームをする大森に、
姉が「ご飯だよ」と声をかけていた。

しかし大森は、「食べたくない」と言って、食べようとしない。
そんな彼女を、必死に優しく諭していた姉だったが、何度も繰り返される押し問答に、ついにブチ切れてしまった。

「……いつまでも湿気ってんじゃねーよ このガキっっ ヒトがせっかく作ったモン グダグダ言わんでさっさと食えやぁっ」

だが、負けじと「食べたくないって言ってるでしょ」と怒る大森。
そもそも彼女がこうなってしまったのは、失恋が原因だった。

ただ、本人的には「あんな最低野郎好きでもなんでもなかった」そうなので、失恋ではないらしいが。

というのも、飲み会の時、夜景の綺麗なマンション―――つまり由良のマンションで、大森は由良に人目を盗んでキスされた。

その後、2人で会うことになり、あれもこれも、初めてを捧げたわけだが、
最終的に大森は「いま彼女いらない」の一言で、捨てられてしまったのだ。

そのまま、大声で泣きだした大森に、
姉は「とりあえずエビチリ食べよ?」と言ってくる。
大森は、そうやって少しずつ、立ち直ろうとしていた。

まさかの

そんな翌朝―――今日は、秀栄杯予選の日
紀之の朝ごはんには、珠子の作ったカツ丼が出ていた。

今年こそ本戦に進めるように、という願いが込められたそれだが、珠子は確信していた。
―――今年は絶対に大丈夫だと。

「紀之さん 最近すごく調子良いし 同じチームにユラくんもいるし!! ふたりの連携すごく息合ってるし!! 今年こそ優勝狙えるよ!!」

そして目を輝かせながら、矢継ぎ早にそう言う珠子に、紀之は力をもらう。
そうして始まった予選の最初の相手は、去年の3位のチームであった。

だが、今回の紀之はやっぱり違う。
なんと、16対1の圧勝。

過去の骨折りが、嘘のような展開だった。
紀之のその嬉しさは、いつもは苛立つ一美の絡みも、ちょっと受け入れられるほど。

そして浮かれ切った紀之は、
初の予選突破に、今日は絶対祝賀会をするべきだと言い出した。

受け入れる

ということで、場所の話になったとき、
由良が急に「珠子と紀之の家に行きたい」と言う。
それに珠子はいい、と言ったが、一美が来るとわかると、紀之は「却下」だと拒絶した。

それを聞いた由良は、一美に「今日は我慢しな」と言う。
自分の言う事を、聞けるだろう、と。

しかし一美は、今日は抵抗した。

最近紀之と仲良くできていない上に、
由良のいう事を聞いても、全然紀之と仲良くなれないことで、不満がたまっていたのだ。

それを見ていた珠子は、試しに言ってみる。

「ウチで祝賀会やるにしても ミーちゃん 呼んであげたら………

しかしそんな珠子に、紀之は冷たい目を向けてきた。
その目から、紀之の言いたいことを察する珠子ではあったが、珠子は珠子なりに、思うところがあるようで。

「ミーちゃん今日 ずっと 誰よりも大声で応援してたんだよ…… 試合中ずっと……

そして、そう言った珠子。
すると、他の部員たちも「確かに紀之限定だが誰よりも必死に応援してた」「困った子ではあるけど憎めない」「由良がいれば大人しくしてる」と珠子に賛同する。

思惑

ということで、一美たちを呼ぶことにした珠子だが、
辺りを見渡しても、由良と一美がいない。

そしてやっとのことで見つけ、声をかけようとしたのだが、
なんだか珠子は、二人に対して何かを感じた様子だ。

しかし、それが特になんなのかもわからず、
とりあえず一美も紀之の家に招待することを伝える珠子。

ということで、珠子の家で祝賀会が開催されたわけだが、
そこで由良は、珠子を見ながら思っていた。

(さて どうするかな あの女
粉かけてイケそうな気もしたけど 思ったよりバカじゃなかったな

さらには珠子が金持ちだとも知り、そっちで攻めてもダメだと思う。
そうあれこれ考えていた由良は、ふと「エナち」の彼女だった千夏のことを思い出した。

千夏は、由良からではなく、自分か向かってきた。
由良の情報を仕入れ、あれこれ褒め、彼女がいないことを探り、3人でのグループラインだと言って、由良の連絡先を手に入れる。

そして彼女は、”あの”日自分個人にラインしてきた。
「エナちのことで相談があるから2人で会いたい」と。

しかし、その千夏のモーションに、
その頃経験が浅く、童貞だった由良は全く気が付いていなかったのだった。

女の本性

と、そんなことを考えていたとき、
ふいに、珠子が由良に向かって、声をかけてきた。
しかし、どんな時でも珠子は、紀之のことを好きだと言うオーラを出す。

それを見ながら、由良はまた、千夏のことを思い出した。
千夏は、相談があると言って呼び出した時、嘘をついてきた。

エナちが最近冷たく、他の女の子と遊んでいると。

しかし由良は、エナちが千夏一筋なのを、知っていた。
それは由良だけではなく、他の誰が見ても、そうだった。

だが千夏は、堂々と嘘をつき、「寂しいよ」と言って由良を誘う。
そしてそこまで思い出した時、祝賀会はお開きとなった。

そのままみんなを見送っていた紀之と珠子だったが、
不意に紀之は、由良を呼び止めて言う。

「ユラ 優勝するぞ

その言葉に感動し、皆が帰った後に、紀之を誘うようにキスする珠子。
すると紀之からも、深いキスが返ってきて―――――…

 

「あっはっはっ…… 紀さんマジウケる

しかし、一人帰った由良は、家のベランダで大笑いしていた。
紀之を、馬鹿にしていたのだ。

だが、彼は自分の闇を思い出すのを、やめられない。

そんな由良は、千夏がすり寄ってきたあの時、
自分が子供の頃憧れていた女のコの、くだらない本性を知った。
そして初めて、自分の本音を強烈に理解した。

由良は、心の中でずっと、エナちを憎んでいたのだ。

いつも人に囲まれ、自信に満ち溢れ、
みじめな由良を”自己陶酔のアイテム”として助ける。

だからこそ、由良は千夏を抱く瞬間に、思った。

(今度は お前が惨めになる番だろ

そしてその同じ敵意を、由良は今度は紀之に向ける。
それを知らない珠子は、穏やかに寝る紀之の寝顔を、
ニヤニヤしながら眺めていたのだった。

謂れのない悪意が、唐突に自分に向けられるなんてことを、想像するわけもなく。

少しずつ迫る

そんなある日、
由良はいつものクラブで、仲間に”相談”を受ける。

一方で珠子は、学園祭の真っただ中だった。
そこに、一美と由良が顔を出したので、校内を案内する珠子。

その途中、ふいに由良は珠子に向かって、
「やっぱ俺が自分でしたかった」と呟く。

その意味が、全くわからない珠子は、思わず何かと聞き返すと、
今度は由良は、紀之と似ている友達――エナちの彼女が、珠子と髪型が似てると言う話を、唐突にし始めた。

その言葉に、「髪型だけかい」と脱力する珠子。
すると、由良はまた、独り言のように呟く。

「―――けど それ位の事にも ……みたいなの 感じたりして

しかし、その言葉は珠子には届かなかった。
そのうちに一美が口を挟んできたので、話は途切れたのだが、ふと珠子は思った。

あの、予選が終わって由良たちを探していて、
ようやく見つけて、二人がこちらを向いたとき。

何か、珠子は妙な気持ちになった。
なにかが騒つくような、そんな気持ち。

しかも珠子は実は、その気持ちを前々から持っている。
だが結局答えは出なかったため、珠子は(ふたりの不思議な関係のせいかな)と流すことにした。

しかし実は、由良は珠子対し、先ほどこう言っていたのだった。

「―――けど それ位の事にも 因縁みたいなの 感じたりして

あっけない

「こんな…… 写真と家の場所だけ教えられたってよ………

そう言うのは、先日由良に相談していた、男2人。
そんな彼らの手にあるスマホには、珠子の写真が表示されていた。

何と彼らは由良の指示で、
珠子をさらってヤッて動画を撮れ」と指示されている。
そうすれば、借金を返すだけの金をやるから、と言われて。

しかし、捕まったら人生が終わる、と未だ迷い続けている2人。
一方で何も知らない珠子は、呑気にニヤニヤしていた。

というのも、秀栄杯で紀之が優勝したのだ。
そのため、紀之は最近ずっとご機嫌で、珠子はニヤニヤが止まらない。

そんなとき、突然珠子に、一美から「相談がある」と連絡が入った。
珠子の名前すら間違っているのに、いきなりの個人宛。

それに不信感を抱く珠子だが、一美は何かを画策するのは無理そうだと思い、とりあえず相談に乗ってあげる事に。

しかし――――その一美の連絡は、
あの男ふたりに指示されてのものだった。
どうやら、言う事を聞けば紀之と珠子が別れると、そそのかされたらしい。

そんなこんなで、一美は珠子を家に連れこむ。
だが、そこはあまりにも殺風景で、一美の部屋っぽくなく、不信感が募ってくる珠子。

すると一美は唐突に、「あげる」と言ってコーヒーを差し出してきた。
「飲んでくれないとミーが困る」と言って。

それに警戒心を全開にする珠子が、飲んだふりをすると、今度は一美はじっと珠子を見つめて、こう言ってきた。

「眠くなってきたぁ?」

その言葉に、驚きつつもとりあえず寝たふりをする珠子。
そして意味も解らず、とりあえず目覚めたふりをしようと思った時、一美は突然、部屋を出て行った。

その行動に、珠子はこれまで由良と一美に感じていた”ザワザワ”する感じを一気に強く感じ、とにかくこの部屋を出ようと慌てて外に飛び出す。

それを知らない男たちは、
一美の「あの人寝たよ」という言葉を信じ、外で自分たちに気合いを入れていた。

だが、何事もない顔をしながら外に出てくる珠子を見て、一気に興ざめした様子。

終わってない

そんな事件の後ろで、由良はいまだ、過去を思い返していた。

千夏と関係を持ったそののち、
エナちと千夏は、案の定別れた。

千夏は別れの理由を「他に好きな人が出来た」とは言ったようだが、
その相手が由良であることを、高校卒業まで千夏に秘密にさせた。

その間、千夏を失ったエナちは、由良に縋ってくる。
それを慰め続けながら、由良は千夏を何度も何度も抱き、
そのたびに千夏の写真を、自分だとバレないようにエナちのスマホに送り続けた。

そうとは知らないエナちは、悲しみに寄り添う由良に、涙を流して感謝する。
だが、そんなエナちに、由良は卒業式の日、すべてを話したのだった。

それを聞いた、あの時のエナちの絶望した、泣きじゃくるような姿を見て、由良は思う。
―――あの日自分たちの人生は、入れ替わったのだと。

ちなみにその日のうちに由良は東京に出て、スマホを壊し買い替えたため、
その後の二人を由良は知らない。

そんなことを思い出していた由良だったが、
そこで、ふいにあの男たちから、連絡が入った。

”あの計画”を、一美に協力させたら失敗したと。
そして彼らは、このことで怖気づいたのか、
今後の由良との付き合いをしない、とも送ってくる。

それをすべて読み、
「誰にも言うなと言ったのに、ミーに協力させるとか大バカ」と呟く由良。
そんなとき、その元凶となった一美が、由良の前に露われた。

「紀之の家が、道に迷っていけなくなった」と。

その言葉で、由良の思考回路は真っ黒になる。

紀さんが 地獄に落ちて喘ぐの 見たかったなぁ
落差がある方が面白いから 俺 秀栄杯頑張ったのにさ…………)

そして、そう由良が考えていたとき、
珠子からこの”ザワザワ”する話を聞いた紀之は、かなり怒っていた。
その周りには、珠子を心配してきてくれた、サークルの面々も。

ちなみにあの時、珠子のカバンから一美は鍵を盗んでいた模様。

つまり、一美は
珠子に薬をもって、鍵を盗んだ犯人ということになっていた。
そして、詳細を聞こうにも、一美も、そして由良も連絡がつかない。

そんななかで、一人珠美は「ミーちゃんをウチに呼んだりしなければ」と涙を浮かべたのだが、そんな珠美を慰めるように、
紀之は「無事だったから許す」と後ろから抱きしめたのだった。

そんなとき、SNSで卓がある書き込みを見つける。
それは、S大理学部2年の坂M由Rが、連れの女の子をボコボコにして逮捕されたという、あまりにもショッキングな内容で――――…


 

ハコイリのムスメの最新巻をU-NEXTですぐに無料で読む

以上、ハコイリのムスメ【第25話】 のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

Cookieの漫画の最新話を無料で読むことはできませんが、最新巻は無料で読むことはできますのでオススメです!

ハコイリのムスメ最新巻を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

ハコイリのムスメの最新巻を今すぐ無料で読む

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

ハコイリのムスメ【第25話】 の感想と考察

珠子が無事で、本当に良かったですが…
由良の異常性が、かなり際立った話でしたね。

次回、まだまだ由良の話が続くとのことで、
由良の闇と一緒に、一美の闇も出てきそうな予感がします。
でも、珠子と紀之によって、少しは反省したり、矯正したりするのかな?
逮捕、ということだったので、今回のような危険な暴走はないことを祈ります。

次回、どんな展開になるのか、待ちきれませんね!!

次回のハコイリのムスメ【第26話】 掲載のCookie2019年9月号の発売日は7月26日になります!

まとめ

以上、ハコイリのムスメ【第25話】 のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

あわせて読みたい
【2019年最新】電子書籍サイト目的別おすすめ8選|17社を口コミ比較「電子書籍サイトってたくさんあってどれを選べば良いかわからない。」「そもそも漫画アプリと電子書籍の違いって何なの?」など、漫画をスマホや...
漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

漫画読み放題&電子書籍サイト一覧

※クーポン多数配布

※国内最大級サービス

※読み放題プランあり

※格安でレンタル可能

※KADOKAWA作品配信

※独占先行配信あり

お得過ぎる電子書籍サイト情報と比較まとめ

漫画を無料で読めるおすすめサービスランキング

U-NEXT

U-NEXTは31日間の無料トライアルと登録時に600ポイントが付与されます。

動画配信サービスとして有名で、見放題作品が豊富なのも嬉しいですね。

電子書籍のラインナップもかなり多く、無料ポイントですぐに読むことができます。

月額料金 1990円
無料期間/ポイント 31日間/600ポイント
その他特典 雑誌読み放題、動画見放題、スマホ対応

U-NEXTも動画配信サービスがメインで、見放題作品が豊富なこととして有名です。

電子書籍の数もトップクラスで、スマホでは専用のリーダーがあり、購入した本がそのリーダーに共有されて見やすく管理されています。

他のアニメや漫画など見たいものが多い方はおすすめです。

U-NEXTで漫画を無料で読む

music.jp

music.jpは動画・音楽・電子書籍サービスと幅広く利用できるサービスです。

漫画や音楽で使えるポイントは961ポイントですが、これとは別に動画で使える1500ポイントももらえます。

また、電子書籍購入時には10%のポイント還元もあります。

月額料金 1922円
無料期間/ポイント 30日間/961ポイント(動画1500ポイント)
その他特典 購入時10%ポイント還元、スマホ対応

music.jpは動画配信サービスで見放題のコンテンツがないこともあり、ポイントに力を入れているサービスです。

アニメや映画でも新作・人気作はポイント作品がほとんどなので、漫画に限らず最新作に興味がある人にはおすすめのサービスです。

また、漫画で使えない動画ポイントはこちらに使用することで、無料で視聴することも可能です。

music.jpで漫画を無料で読む

FOD

フジテレビの公式サービスでamazon決済から登録すると1ヶ月の無料期間が付き、その期間で1300ポイントを貯めることができます。

動画だけでなく、電子書籍サービスとしても、購入時に20%のポイント還元があるのでお得です!

月額料金 888円
無料期間/ポイント 1ヶ月/1300ポイント
その他特典 雑誌読み放題、購入時20%ポイント還元、スマホ対応

FODは無料期間の1ヶ月で1300を貯められるようになっており、登録時に100P・8のつく日にそれぞれ400Pが付与されます。(8のつく日はFODにログインしてバナーをクリックしてください)

FODで配信しているどの漫画を購入しても20%のポイント還元を受けられます。

継続して利用するにしても月額料金よりも多いポイントを毎月もらえるので、とてもお得なサービスですね。