漫画ネタバレ

自称!平凡魔族の英雄ライフ ~B級魔族なのにチートダンジョンを作ってしまった結果~【第1巻】のネタバレと感想!!主人公クロノは故郷では弱者!だが魔王が住む都市では・・・・?

2018年10月9日発売の自称!平凡魔族の英雄ライフ~B級魔族なのにチートダンジョンを作ってしまった結果~【第1巻】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

※魔王城にある、魔族の学校に入学した”自称”平凡な魔族の少年・クロノ。田舎出身のクロノが新たな生活に心が弾む。だけどクラス分け試験の「ダンジョン制作」で、思い描いていた未来が一変して……!?

これからネタバレを含む内容を紹介しますので、先に無料で読みたいという方は下記から無料で読む方法をご覧ください。

>>>漫画の最新刊も無料で読む方法!

U-NEXTで平凡魔族の英雄ライフを無料で読む

自称!平凡魔族の英雄ライフ~B級魔族なのにチートダンジョンを作ってしまった結果~【第1巻】のあらすじ)

(扉)ガチャッ・・・ギイィィ・・・

クロノ「ここが・・・俺の作ったダンジョン」

~~~~~話は少しさかのぼる~~~~~~

クロノ「なんだこれ広っ!俺の村の集会場が10個も入るぞ・・・!」

集会場の魔人族(クスクス・・・)

クロノ(しまった・・・絶対田舎から出てきたって思われたよな。いや、まあそうだけど。)

ここは魔王城に併設された魔族のための学園。
魔族は二十歳になると魔族の「いろは」を学ぶためこの学園で1年を過ごす決まりだ。
そして今日は記念すべき学園生活の第1日目。

クロノ(村から出たことなんてなかったからな。魔族って一言で言ってもこんなに種族がいたとは・・・)

「すげえ。竜の鱗の肌だ!かっこいいな~。わっ!ごめ・・・」

大角の生えた魔族達「ああ?何だお前魔族の特徴がひとつもねえな。まさか人間じゃねえよなあ?」

クロノ「俺はれっきとした魔人族だぞ。ほら小さいけど角があるだろ?」

大角の生えた魔族「なんだあ?魔人族なんてきいたことねえぞ!笑」
「ちゃんとした魔族に踏み潰される前にママのとこに帰りな! ボウヤ」

手を握り大きく握手するクロノ

クロノ「本とかに出てくる都会のヤンキーってヤツだろ!?うわ~はじめて見た!感動~~。」
「すごい!やっぱ絡んでくるもんなんだ!一度本物を見てみたかったんだよな。」

大角の生えた魔族「放せ!気持ちわりい野郎だな・・みんな行こうぜ。」

きれいな魔族「大丈夫ですか??」

クロノ(うわ・・・きれいな子だな。それになんて優しい笑顔なんだ。こんな子と友達に。)

きれいな魔族「あの・・・?」

クロノ「う、うん!無事!」

魔族A「おっ そろそろ始まるみたいだぞ。」

ダンテ「諸君、よく集まってくれた。わたしは教授のダンテだ。早速だがこれからクラスわけの試験を行う!」
「我々は人間ではない、魔族だ。もちろん試験は魔法で行う。試験での魔法の使い方の基本だが・・・ふむ、見せるほうが早いか。」

~柱に手をそえるダンテ~

魔族A「なにをするのかしら?」

~ビシィと音を立てて崩れる柱~

魔族B「おお!あんな太い柱が!なんて腕力だ!」

ダンテ「私は力はこめていないぞ。実はこの空間は私の作ったダンジョンでね『壊したい』『直したい』『広げたい』など強くイメージし魔力をこめるとダンジョンはそのものの意思どおりに動く。」

クロノ「すごい・・・」

~魔力をこめて柱を元に戻すダンテ~

ダンテ「元通りだ。魔力でダンジョンを操作できるというのは理解できたかな?これを応用して諸君らにはこれから・・・」
「試験としてダンジョンを作成してもらう!」

ダンテ「まずは、」

「ヘルハウンド族のグルデ・ヴォーグニー」

グルデ「おう、俺様が一番手か。」

ダンテ「どんなダンジョンにしたいか具体的に思い描きながら手に魔力をこめたまえ。」
「そしてこの水晶マザーコアに触れればダンジョンが異空間に形成されコア内に登録される。大きさは君の魔力と潜在能力次第だ。学園に在籍する間は各々が作成したダンジョンに住んでもらうことになる。1年間だけの住まいだがしっかり自分の城をイメージするのだぞ。」

グルデ「しょっぱなからデカいの決めていっちょシメてやるか」

~魔力を測定するクリスタルにてを当てるグルデ~

グルデ「ほう・・・六階層・・・初めてでこれはなかなかだな。君には『特進クラス』へいってもらおう。」

他の魔族たち「おお、いきなり特進だって?」
「すげえな・・・」

グルデ「俺様がトップで決まりかな。」

~続々とほかの魔族たちが測定していく~

ダンテ「三階層、普通クラス!」
「五階層、特進クラス!」
「二階層、普通クラスだ!」

クロノ(俺の城か・・住むだけだったら俺は四畳半と風呂、トイレあったら十分なんだけどな・・・)

ダンテ「吸血魔族の『ソフィア・グレイブ』前に。」

ソフィア「はい!」

魔族A「ソフィア・グレイブ?!まさか吸血鬼の名門グレイブ家?!俺達そんな一流貴族と同期なのか」

クロノ(さっきのきれいな人ソフィアさんっていうのか。グレイブ家ってそんな有名な家なのかな)

ソフィア「いきます。。。」

ダンテ「む、ソフィア君待ちたまえ。長いこと同じものを使っていたからな。マザーコアの容量がいっぱいになってしまったようだ。新しいものと交換しよう。」
「ひとつで約300人分のダンジョンを登録しておけるものだからな。これでしばらくは大丈夫だろう。」
「さあ、待たせてすまないソフィア君。思いっきりやってくれたまえ。」

ソフィア「それでは・・・」

~クリスタルが大きな光を放つ~

ダンテ「おぉコレはすごい・・十階層!!初めてで二桁階のダンジョンを作ってしまうとは。吸血魔族は代々優秀だが君はとびきりだな。特進クラスに行ってもらおう。」

ソフィア「ありがとうございます。」

グルデ「くっ・・・」

ダンテ「ではコレで全員だな。詳しい評価は後日配布するとして」

クロノ「え・・?はい!俺まだです!」

ダンテ「あ・・ああすまないクロノ・アルコンくんだね。魔人族は珍しいから一人だけ最後の別ページに載っている。うっかりしていた。」

魔族A「なんかたいしたことなさそうだな。」

魔族B「グレイブ家の姫さんの後とか運のないやつ」

ソフィア「あら先ほどの・・・」

魔族C「珍しいっていったって見た目ただの人間だしな。あんな平凡そうなやつ果たして何階層になるか見ものだな。」

クロノ「いきます!」

~クリスタルに手をあてるクロノ~

ダンテ(今年はソフィア君の十階層が最高かな。それにしてもクロノ・アルコンの出身地・・・あんな辺境の地で暮らしている魔族がいたとはな・・)

クロノ(えっと、イメージ・・・四畳半一間・・・いや4部屋くらいあったらうれしいな。よし・・・)

シーン・・・

クロノ「あれ?」

グルデ「わははは!まさかのゼロかよ!」

ダンテ「む?」

~黒く大きく光り始めるクリスタル~

クロノ「え・・?ちょ・・!!」

ダンテ「なんだこの黒い光は・・!?」

魔族たち「きゃああ!」

グルデ「うひぃい!」

クロノ「なにがどうなってるんだ?マザーコアが黒く染まっていく・・!」

ダンテ「百・・に、二百、、いや四百階層だと・・?」

ダンテ「こんなもの魔王クラスではないか・・・」

~いまだなお黒く光り続けるクリスタル~

クロノ「あの~これどうしたら・・・」

ソフィア「あなた・・いったいなにをしたんですか・・?」

クロノ「何って・・俺はみんなと同じように・・・」

ダンテ「これで本日のクラス分け試験は終了する!みんな速やかに広間の外に出たまえ!」

『クロノ・アルコン400階層!!ダンジョン作成試験トップはクロノ・アルコン!』

 

>>>U-NEXTで漫画を無料で読む!

自称!平凡魔族の英雄ライフ~B級魔族なのにチートダンジョンを作ってしまった結果~【第1巻】のネタバレ

巨大な竜「グルルル・・・」

リザ(さっきの攻撃で足をやられた。走って逃げるのは無理だ。せめてソフィアちゃんだけでも・・・)

巨大な竜「ガァア!!!」

リザ「ライトシールド!」
「くっ、ううう・・・こんなんじゃもたない・・・!!」

ソフィア「り、リザさん!!」

リザ「よかった。ソフィアちゃん気がついた!?」

ソフィア「このモンスターは・・?」

リザ「グラトリザート。アイテムの研究と開発をしていた二代目舞おうが不要となったアイテムを食べさせるために生み出したモンスターだ。」
「こいつがダンジョンを食い散らかしているせいで構造に亀裂が入ったのが原因だろうね。」

ドスンッ~後退するドラゴン~

リザ「よしっ 後退した!今のうちに・・・」

ソフィア「リ・・リザさん!!」

~尻尾を大きく振りシールドが割られる~

?「ふう・・・」

クロノ「間に合った・・・」

リザ・ソフィア「クロノさん!」

ドラゴン「ググ・・」

ソフィア「そちらの方は・・もしかして」

リザ「サラマード!無事だったんだね!よかった」
「この鎖は?」

クロノ「グラトリザードの支配を受けてしまったそうです。」

リザ「本当だ。生命力が削られていってる。このままじゃまずい。」

クロノ「2人とも・・・あいつにやられたんですね。」

リザ「クロノ?」

クロノ「みんな少し離れててください。」
「あれは俺が片付けます。」

リザ「は、離れよう!」

ソフィア「あれって支配の鎖ですか?」

リザ「驚いた・・・!!自分の意思で具現化できるようになったのか。ソフィアちゃんの支配やダンジョン操作を経験して鎖を操れるようになったんだろうね。」

リザ「それにしてもすごい魔力。うっかりしてると吹き飛ばされそうだ・・・」

ソフィア「・・・クロノさん」

~グラトリザートとクロノ~

「ズガア!」と大きな頭をクロノにぶつける

グラトリザート「ググ・・・グ?」

クロノ「この程度の攻撃で満足か?次はこちらからいくぞ」

ひるむグラトリザードにクロノが打ち込む

クロノ「吹き飛べ」

グラトリザートを空中に持ち上げ地面へ叩き付ける。

ソフィア「あの化け物が手も足もでないなんて!!」

リザ「でも竜の皮膚は硬い鱗で覆われている。致命傷にならない。」

クロノ「やっぱり竜の鱗は頑丈だな。」

クロノ(だったら狙うは『逆鱗』あそこに魔力をこめた一撃を叩き込む!)

ボッ!という音とともにクロノの鎖が大きく光る。

リザ「鎖の光が大きくなっていく!」

クロノ「魔人の技をとくと喰らえ。」

リザ「まずい。伏せて!!」

クロノ「『デーモニッシュ・ブロウ』」

光る鎖がグラトリザートに的中し倒れる。

リザ「本当に倒しちゃったよ。」

ソフィア「クロノさんよくご無事で。」

クロノ「ソフィア!リザさん!」
「いやあ無事終わりましたよ。害獣駆除!」

ソフィア・リザ「ん・・・?害獣駆除・・?」

クロノ「俺の村でも似たようなモンスターがたまに現れてよく退治に駆り出されてたんですよ。畑とかあらされて大変なんですよね。」

リザ「そんなシカやイノシシみたいに・・・」

リザ「あ、サラマドール先輩。」

サラマドール「鎖が・・身体が軽くなった。みんなのおかげで助かった。ありがと。」

>>>U-NEXTで漫画を無料で読む!

自称!平凡魔族の英雄ライフ~B級魔族なのにチートダンジョンを作ってしまった結果~【第1巻】の感想

知ってる人が誰もいない魔人族であるクロノが実はすごい潜在能力を持っており急に魔王級のクエストに挑んでみんなが苦戦する中、簡単に敵を倒していく姿はみていてとても爽快です!次回もクロノがどんどん強くなっていくことを考えると続きが気になること間違いありません!!


 

まとめ

以上、自称!平凡魔族の英雄ライフ~B級魔族なのにチートダンジョンを作ってしまった結果~のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

好きな漫画が無料で読めるサービスまとめ

 

漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

漫画を無料で読めるおすすめサービスランキング

U-NEXT

U-NEXTは31日間の無料トライアルと登録時に600ポイントが付与されます。

動画配信サービスとして有名で、見放題作品が豊富なのも嬉しいですね。

電子書籍のラインナップもかなり多く、無料ポイントですぐに読むことができます。

月額料金 1990円
無料期間/ポイント 31日間/600ポイント
その他特典 雑誌読み放題、動画見放題、スマホ対応

U-NEXTも動画配信サービスがメインで、見放題作品が豊富なこととして有名です。

電子書籍の数もトップクラスで、スマホでは専用のリーダーがあり、購入した本がそのリーダーに共有されて見やすく管理されています。

他のアニメや漫画など見たいものが多い方はおすすめです。

U-NEXTで漫画を無料で読む

music.jp

music.jpは動画・音楽・電子書籍サービスと幅広く利用できるサービスです。

漫画や音楽で使えるポイントは961ポイントですが、これとは別に動画で使える1500ポイントももらえます。

また、電子書籍購入時には10%のポイント還元もあります。

月額料金 1922円
無料期間/ポイント 30日間/961ポイント(動画1500ポイント)
その他特典 購入時10%ポイント還元、スマホ対応

music.jpは動画配信サービスで見放題のコンテンツがないこともあり、ポイントに力を入れているサービスです。

アニメや映画でも新作・人気作はポイント作品がほとんどなので、漫画に限らず最新作に興味がある人にはおすすめのサービスです。

また、漫画で使えない動画ポイントはこちらに使用することで、無料で視聴することも可能です。

music.jpで漫画を無料で読む

FOD

フジテレビの公式サービスでamazon決済から登録すると1ヶ月の無料期間が付き、その期間で1300ポイントを貯めることができます。

動画だけでなく、電子書籍サービスとしても、購入時に20%のポイント還元があるのでお得です!

月額料金 888円
無料期間/ポイント 1ヶ月/1300ポイント
その他特典 雑誌読み放題、購入時20%ポイント還元、スマホ対応

FODは無料期間の1ヶ月で1300を貯められるようになっており、登録時に100P・8のつく日にそれぞれ400Pが付与されます。(8のつく日はFODにログインしてバナーをクリックしてください)

FODで配信しているどの漫画を購入しても20%のポイント還元を受けられます。

継続して利用するにしても月額料金よりも多いポイントを毎月もらえるので、とてもお得なサービスですね。