最新話ネタバレ

キングダム614話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ

漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。
漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこよりも早く更新

2019年9月19日発売日の週刊ヤングジャンプ2019年42号、最新話!
キングダム【第614話】のネタバレや考察、感想をまとめました。

ちなみに613話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。

あわせて読みたい
キングダム613話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

これからキングダム最新話614話の考察やネタバレを含む内容をご紹介します。

これまでのキングダム最新話やそれまでの内容を絵付きで読みたい方はこちらをチェックしてみてください。

あわせて読みたい
【読み放題】キングダム最新刊含め全巻無料で読めるか調査した結果漫画村のような違法ではない方法で「キングダム」の最新刊をすぐに無料で読め、キングダムのアニメも無料で見れる方法がありますので紹介します!...
スポンサードリンク

キングダム【第614話】最新話のネタバレ

【王手一歩手前】

李牧中央軍へ挟撃を成功させた秦軍は、全ての将兵が李牧の居る本陣を目指す。

弁呂が敵陣突破しそうだと田里弥へ報告が入る。
田里弥は他の者も時間を置かず突破すると改めて、全隊へ李牧を討ち取れと命じる。
更に倉央も前だけを見て、敵陣を突き破らんと自ら前に立つ。

この窮地にカイネは必死の抵抗を見せる。
今こそ命かける時と言わんばかりに踏みとどまり、仲間を鼓舞するが、数の差を覆すのは至難であり、堪らず仲間達は援軍を要請。
だが、カイネは無理だと簡潔に答える。

既に本陣の予備隊は挟撃を成功させた信率いる右翼と相対している
そう、信も李牧の名を叫びながら奮闘していた。

【狙いはあくまで王翦】

そろそろ頃合かと感じた李牧が矢を放つが如く、ゆっくりと目を開ける。
そして、胸中で傅抵に作戦の開始を命じる。
声なき命に突き動かされるように傅抵は大声で中央突破すると叫び、馬を走らせた。

突然起こった守備側からの攻撃に、田里弥と倉央が目を向ける。
自軍の中央を抜いて背後に回るつもりかと思考する。
しかし、傅抵はわき目も振らず一心に王翦の下を目指し、動揺が走る。

ただし、傅抵率いる奇襲隊は、僅か数百騎
王翦本陣の五千は到底落とせるとも思えず、この奇襲の真の目的は注意を向けさせ攻めてを惑わす防御術。
そう判断し傅抵を見送る田里弥と倉央。

【成功してしまう挟撃】

李牧の読み通り追撃がないことに安堵する傅抵。
同時にこれで全力で李牧を狙えると意気込む。
そして、あっという間に王翦本陣が見えてくると、傅抵は隊を薄く広げる。

その頃、李牧本陣は今まで以上に強固な守備を取り、攻める将兵を苦しめる。
けれど、それがより攻めへ目を向けさせることになる。

一方、王翦本陣に突撃した傅抵だが、やはり百対五千には無理がある。
既に死に体の姿に、王翦の側近は無駄な行いと断じるが、王翦は李牧はそんな男じゃないと否定する。
つまり、傅抵ら数百騎で本気で本陣を狙っていると理解する。

その時、耳に何かの足音が入り、視線を向ける。
そこには、右方真横より突如、大軍を率いた馬南慈が現れ突撃を開始する。
李牧の真の狙いは、目には目であり、挟撃だった。



キングダム【第614話】最新話ネタバレ考察

【李牧の秘策】

613話で一番の目玉だったのは、ラストの李牧が勝つために傅抵に死地へと送ったことです。
では、勝つための死地とは何処なのか。
勿論、王翦が座して待つ、本陣以外にありえません。

つまり傅抵により奇襲であり、これはまず確定と言ってもいいかと思います。
ですが、ただ奇襲をかけても、戦闘中で周囲を警戒している王翦を討ち取ることはできないでしょう。
確実に討ち取るには王翦の予想を覆す思いもよらない策を敢行する必要があります。

そして、現状のほぼ同じ戦力の戦いで最も効果的な戦法は王翦が取ったのと同じ挟撃です。
ここまでは王翦も読んでいるはずです。
ならば、王翦が読めない動きとは何なのか、これを考えることが李牧の秘策を予想することに繋がります。

【李牧が取りそうな策について】

1つ目は、段茶と対峙している馬南慈隊の活用です。
飛信隊は森と森の間を抜けて李牧軍へ挟撃しました。
2つの森を活用しながら王翦本陣の右側へと密かに進むことは、出来る可能性が高いと思われます。

2つ目は、傅抵に少数の騎馬隊を与え、王翦本陣の左側から馬南慈軍と挟撃すること
馬南慈軍と時間差で挟撃すれば、全軍が李牧を討ち取るため前進している今、対処に困ることは間違いないでしょう。

3つ目は、全く触れられていない秦左翼と戦っているだろう趙右翼の存在です。
趙右翼には紀彗、馬呈コンビがいます。

紀彗については、黒羊丘の戦いで桓騎並みの化け物という謳い文句が使われました。
それを事実とするのであれば、蒙恬をいなしつつ王翦本陣に奇襲をかける部隊を用意できそうに思えます。
仮に趙右翼から奇襲隊が来るとすれば、王翦の背後からだと思われます。

順番は前後するかもしれませんが、1から3番目まではかなりの高確率で選択されそうです。

【もう1つの策】

李牧が馬南慈軍を王翦への奇襲に使うという線が濃厚ですが、もう1つ警戒しておくべき策があります。
現状、馬南慈軍は段茶率いる亜光軍に進路を阻まれています。
そこで森林を迂回するという流れですが、進路から見ると実は、李牧中央軍へ挟撃をしかけた飛信隊の背後を通ります。

つまりは、王翦と飛信隊という2方向への挟撃という策が生まれます
信が率いる右翼は、かなり疲弊しているので馬南慈軍に突如背後を突かれると、混乱との合わせ技で一気に瓦解するということも十分にあり得そうです。

【金毛の活躍】

613話で大敗を喫した金毛ですが、彼が再登場する展開もありえると思います
まず馬南慈の王翦と信への2方面への挟撃、奇襲ですが、馬南慈軍は亜光軍と相対し、膠着状態です。
仮に亜光軍をそのまま足止めしつつ、挟撃と考えると兵数が少なすぎるように感じます

兵数が少なければ、例え不意打ちの挟撃だろうと、大きく士気を削ることは難しいでしょう。
となれば、馬南慈軍は全軍を以って挟撃へ向かう必要性があります。
(あくまで、王翦と信の2方面への挟撃の場合)

この時、金毛の出番です。
李牧からある程度の兵数を貰い、馬南慈軍と入れ違いに亜光軍を引き付けるかもしれません。
これをすれば、馬南慈軍は挟撃だけに集中できることになります。

それともう1つの展開もあります。
金毛は黒羊丘での敗北と慶舎を討ち取った信にかなりの恨みを持っていました。
となると、信への挟撃は金毛が行う可能性もあり得ます。

同時に、後顧の憂いを絶つべく金毛と馬南慈が合流して亜光軍を討つ。
その上で、金毛は信へ、馬南慈は王翦へ、挟撃するのではないでしょうか。

個人的には、傅抵、金毛、馬南慈が邪魔な小勢を処理しつつ、地形を使って、中央の大群率いる王翦と、横から攻めてくるうっとうしい信を同時に討ち取るのが最善と考えています

【王翦の読み】

李牧の今後の行動を予想しましたが、王翦はどう読んでいるでしょうか。
そもそも、森に隣接する位置に本陣を置いているのも知将の王翦らくしない選択です。

平野と違い、隠れる場所が多い森は奇襲を受けやすい場所だと、将軍であれば当然、理解しているはずです。
この決定的な戦況で、わざわざ奇襲を受ける理由がありません。
あるとすれば、迎撃の用意があると考えるのが妥当に思えます。

後は、李牧と同じく、左翼に密かに援軍を要請しているということも十分ありえそうです。
なんでかと言えば、ここまで全く見せ場のない蒙恬です
このまま戦況に絡まずに終わりというのは、あまりにも考えにくいです。

【亜光軍の動き】

ここで重要となるのは友軍の動きです。

まずは段茶の亜光軍。
馬南慈軍の僅かな動きにどれだけ早く気付き、反応できるかが鍵です。
仮に馬南慈軍が森林を大きく迂回し信の背後を突いたとしても、亜光軍が反転して逆に馬南慈軍の背後を突けば、奇襲は防げます。

起死回生の奇襲が、秦右翼と亜光軍に挟まれるという死地に一変する訳です。

【玉鳳隊の動き】

そして、もう1つ王賁率いる玉鳳隊。
現在、王賁は尭雲との死闘で傷つき、中央から見て右側の後方で待機しています。
趙峩龍軍と尭雲軍の残党の処理をしているのでしょうが、士気が低下した雑魚であれば、すぐに対処し終わると思われます。

そうなると、きっと王賁のことですから信と同じく中央を目指すと考えられます。
仮に馬南慈軍が信と王翦へ挟撃という奇襲をかけたとします。
亜光軍が援軍にこれなくとも、王賁が援軍に動く可能性は十分にあります。

しかも、玉鳳隊はそこまで大規模な隊という訳ではありません。
兵の数が少ないということは、足が速いというメリットでもあります。

ただし、不安材料が1つあります。
王賁が援軍に向かうとして、信への援軍は問題ないでしょうが、王翦への援軍は問題ありです。
王賁と王翦の不仲は作中で何度も語られ、その亀裂も大きなものです。

この状況下で私情を優先するとは思えませんが、王賁が王翦を助けることを拒絶する可能性も万に一、億が一はあるかもしれません。

【信への援軍は誰か】

王賁が王翦へ援軍へと向かうと予想しましたが、では信には誰が向かうでしょうか。
今現在、信はイケイケ状態で李牧へと攻めかかっています。
他の武将もそうですが、李牧のどんでん返しがあるとは微塵も思っていないでしょう。

河了貂ぐらいは最悪の展開を脳裏に描いているかもしれませんけど。
この状況下で、馬南慈軍ないし、金毛軍に背後をつかれ、逆に挟撃されようものなら士気は大きく低下し、そのまま食い破られるかもしれません。
その理由としては、攻めに意識を奪われすぎていますので、後方の防御はおろそかになっているはずです。

そうならないためにも、後方からの援軍は絶対的に必要です。
そこで、援軍に来るだろう人物は、ずばり羌瘣と予想します

王賁と尭雲が一騎打ちを始めた頃から、あからさまに羌瘣が登場しなくなりました。
尭雲軍+趙峩龍軍と相対した頃は、確かに信と一緒に描かれていました。
ですが、信以上に傷ついていましたし、その後も一切描かれていないので、もしかすると王賁達と一緒に後方に残っているのかもしれません。

そう考えるならば、王賁が動き出すと同時に、羌瘣も半数程度率いて信の下へと向かうでしょう。
それがの窮地を救うことになるはずです。

何にせよ、次回は李牧の秘策が放たれ動き出す回になることは間違いなく王翦が気付くか気付かないのか、が見所になりそうです。

キングダム【第614話】最新話ネタバレの感想

李牧を討ち取るのも時間の問題と思われた中、李牧の秘策という矢が放たれました。
傅抵の強襲に目を向けさせつつ、馬南慈軍により挟撃返し。
予想通りの展開に思わず笑ってしまいました。

そして信を含む味方の将兵、何より王翦自身がここまでは予想していなかったようです。
王手まで後一歩という所で自軍も王手目前となってしまった王翦。
果たして、李牧の挟撃を打ち破る策はあるのか、次回も楽しみです!

次回のキングダム【第615話】掲載の週刊ヤングジャンプ発売日は9月26日になります!

キングダム最新話を週刊ヤングジャンプで無料で読む

以上、キングダム【第614話】の考察とネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。

U-NEXTを使えば週刊ヤングジャンプの最新号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。

今回のキングダムの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

U-NEXTで週刊ヤングジャンプを無料で読む

1ヶ月無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

キングダム最新話614話のネタバレ情報まとめ

以上、キングダム【第614話】のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

あわせて読みたい
【2019年最新】電子書籍サイト目的別おすすめ8選|17社を口コミ比較「電子書籍サイトってたくさんあってどれを選べば良いかわからない。」「そもそも漫画アプリと電子書籍の違いって何なの?」など、漫画をスマホや...
漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

漫画読み放題&電子書籍サイト一覧

※クーポン多数配布

※国内最大級サービス

※読み放題プランあり

※格安でレンタル可能

※KADOKAWA作品配信

※独占先行配信あり

お得過ぎる電子書籍サイト情報と比較まとめ

漫画を無料で読めるおすすめサービスランキング

まんが王国

まんが王国は電子書籍で老舗のサービスになります。

特徴は先行配信や独占配信などここでしか読めない漫画が多くあるサイトになります。

月額コースと都度ポイントを買う2つのコースがありますので、自分にあった利用方法が可能になってます。

月額料金 0〜10000円
無料期間/ポイント 登録は無料/コースにより還元有
その他特典 独占配信作品多数,無料作品最多

まんが王国は、月額コースが何種類もあり最大10000円コースで還元は13000ポイントがもらえます。月額コースで他社と比較した場合には最多ポイントになります。

作品数も豊富で、無料で読める漫画が多数。しかも話題の漫画や、有名漫画になるので最速で最新話を読みたい方の多くはここで利用してます。

まんが王国で漫画を無料で読む

U-NEXT

U-NEXTは31日間の無料トライアルと登録時に600ポイントが付与されます。

動画配信サービスとして有名で、見放題作品が豊富なのも嬉しいですね。

電子書籍のラインナップもかなり多く、無料ポイントですぐに読むことができます。

月額料金 1990円
無料期間/ポイント 31日間/600ポイント
その他特典 雑誌読み放題、動画見放題、スマホ対応

U-NEXTも動画配信サービスがメインで、見放題作品が豊富なこととして有名です。

電子書籍の数もトップクラスで、スマホでは専用のリーダーがあり、購入した本がそのリーダーに共有されて見やすく管理されています。

他のアニメや漫画など見たいものが多い方はおすすめです。

U-NEXTで漫画を無料で読む

ひかりTVブック

ひかりTVブックは電子書籍サービスに特化したサイトになります。

漫画で使えるポイントは1152ポイントで、すぐにもらえるポイントは業界最大になります。

無料期間が登録月(初月)になるのでここだけ注意が必要です。

月額料金 972円
無料期間/ポイント 登録月無料/1152ポイント
その他特典 雑誌読み放題、スマホ対応

ひかりTVブックは、月額コースが何種類もあり最大5400円のコースまでありますが、これは+1200ポイントがボーナスでついたりお得にです。

初回は特典で972円のコースで1152ポイント付いてくるので読みたい漫画が2冊無料で読めます。

まだ、電子書籍を使ったことない方へ入門編としておすすめです。

ひかりTVブックで漫画を無料で読む

music.jp

music.jpは動画・音楽・電子書籍サービスと幅広く利用できるサービスです。

漫画や音楽で使えるポイントは600ポイントですが、これとは別に動画で使える1000ポイントももらえます。

また、電子書籍購入時には10%のポイント還元もあります。

月額料金 1922円
無料期間/ポイント 30日間/600ポイント(動画1000ポイント)
その他特典 購入時10%ポイント還元、スマホ対応

music.jpは動画配信サービスで見放題のコンテンツがないこともあり、ポイントに力を入れているサービスです。

アニメや映画でも新作・人気作はポイント作品がほとんどなので、漫画に限らず最新作に興味がある人にはおすすめのサービスです。

また、漫画で使えない動画ポイントはこちらに使用することで、無料で視聴することも可能です。

music.jpで漫画を無料で読む

FOD

フジテレビの公式サービスでamazon決済から登録すると1ヶ月の無料期間が付き、その期間で1300ポイントを貯めることができます。

動画だけでなく、電子書籍サービスとしても、購入時に20%のポイント還元があるのでお得です!

月額料金 888円
無料期間/ポイント 1ヶ月/1300ポイント
その他特典 雑誌読み放題、購入時20%ポイント還元、スマホ対応

FODは無料期間の1ヶ月で1300を貯められるようになっており、登録時に100P・8のつく日にそれぞれ400Pが付与されます。(8のつく日はFODにログインしてバナーをクリックしてください)

FODで配信しているどの漫画を購入しても20%のポイント還元を受けられます。

継続して利用するにしても月額料金よりも多いポイントを毎月もらえるので、とてもお得なサービスですね。

FODで漫画を無料で読む

ebookjapan

ヤフー株式会社の電子書籍サービスで、書籍数は業界最大数になります。

登録時に、ヤフーIDで登録すると初回特典として50%オフクーポンがもらえます。

キャンペーンで最大99%SALEなど豊富に毎日してるのでとてもお得な電子書籍サイトになります

月額料金 購入分
無料期間/ポイント なし/購入分の1%がTSUTAYAポイントに
その他特典 初回登録で半額クーポンが貰える,最大99%オフなど盛り沢山

ebookjapanは、月額コースの設定がなく購入した分だけの費用の支払いになります。

ポイントの概念は上記サイトよりありませんが、何と言ってもキャンペーンの豊富さになります。

次期のアニメ作品などが50%〜80%オフだったり、話題や人気作品のキャンペーンが多いので漫画をよく読む方にはぴったりです。

ebookjapanで漫画をお得に読む

Book Live

Book Liveは凸版印刷グループの電子書店になり、背書籍数もebookjapan同様に、業界最大数になります。

初回登録時に、特典として50%オフクーポンがもらえます。

キャンペーンでなんと漫画だけはなく、ラノベ作品含め30〜50%OFFなど充実してるのでとてもお得な電子書籍サイトになります

月額料金 購入制or月額制
無料期間/ポイント なし/Tポイントで購入可能
その他特典 初回登録で半額クーポンが貰える,50%オフ作品が盛り沢山

BookLiveは、購入制と月額制が選べますので自分のペースで本を読むことができます。

特筆すべきところは、2点あり、
・1日1回ガチャが弾けてお得なクーポンが貰える。

・ラノベ作品が普通に30〜50%割引がある。

キャンペーンを随時しているので、多くの漫画や書籍を読みたい方へおすすめの電子書籍サイトです。