最新話ネタバレ

漫画「キングダム」最新話ネタバレまとめ!

漫画「キングダム」を配信日に最新話のネタバレを更新していきます!

毎週木曜日に「キングダム」の最新話が配信になるので休載がない限りは毎週木曜日に「キングダム」の最新話を更新していきますのでチェックしてください!

>>「キングダム」の最新刊情報はコチラ

あわせて読みたい
【漫画】キングダム最新刊(58巻)発売日と収録話数を調査▼31日間無料&600Pでキングダムの最新刊が今すぐ読める!▼ U-NEXT公式サイト 2020年3月19日に発売した漫画キングダム...

>>ネタバレの前に「キングダム」のアニメや漫画を無料で読みたい方はコチラへどうぞ!!

あわせて読みたい
【読み放題】キングダム最新刊含め全巻無料で読めるか調査した結果漫画村のような違法ではない方法で「キングダム」の最新刊をすぐに無料で読め、キングダムのアニメも無料で見れる方法がありますので紹介します!...

また、「キングダム」の登場人物や、ネタバレではなく絵付きで読みたい場合の方法も紹介しますのでお付き合いください。

【第576話】 【第577話】 【第578話】 【第579話】
【第580話】 【第581話】 【第582話】 【第583話】
【第584話】 【第585話】 【第586話】 【第587話】
【第588話】 【第589話】 【第590話】 【第591話】
【第592話】 【第593話】 【第594話】 【第595話】
【第596話】 【第597話】 【第598話】 【第599話】
【第600話】 【第601話】 【第602話】 【第603話】
【第604話】 【第605話】 【第606話】 【第607話】
【第608話】 【第609話】 【第610話】 【第611話】
【第612話】 【第613話】 【第614話】 【第615話】
【第616話】 【第617話】 【第618話】 【第619話】
【第620話】 【第621話】 【第622話】 【第623話】
【第624話】 【第625話】 【第626話】 【第627話】
【第628話】 【第629話】 【第630話】 【第631話】
【第632話】 【第633話】 【第634話】 【第635話】
【第636話】 【第637話】 【第638話】
スポンサードリンク

目次

キングダム【第638話】のネタバレ

これからキングダム【第638話】のネタバレをしていきます。

黄河を使っての兵糧の輸送も李朴に読まれてしまっていた秦。
そんな中、昌平君が思い返した王翦からの頼みとは…

キングダム【第638話】で明らかになるであろう王翦の策を徹底考察!

キングダム【第638話】のネタバレ・考察の続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第638話】ネタバレを紹介!最新話の考察感想!4月9日発売、週刊ヤングジャンプ2020年19号掲載のキングダム【第638話】最新話のネタバレ考察予想を紹介します! 前回は、介億...

キングダム【第637話】のネタバレ

これからキングダム【第637話】のネタバレをしていきます。

偽の兵糧を運んでいた介億軍。
その裏で秦は黄河を使って兵糧を補給しようとしていた。

そんな秦の企みも読んでいた李朴だったが、李朴の元に悼襄王からの使者がやってきて…

キングダム【第637話】のネタバレ・考察の続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第637話】ネタバレを紹介!最新話の考察感想!鄴攻略後の食糧問題を王翦はどう解決するのか? 昌平君が送り出したという介億率いる補給隊は誰の意志で送り出されたものなのか? キングダム最新話【第637話】のネタバレ内容を徹底考察!...

キングダム【第636話】のネタバレ

これからキングダム【第636話】のネタバレをしていきます。

鄴に辿り着く朱海平原の後続隊。
兵たちがさらに増えたことで、食糧問題はさらに過酷を極めることに…

李朴が様子を窺う中、昌平君は補給軍を鄴に差し向けるが…

キングダム【第636話】のネタバレ・考察の続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第636話】ネタバレを紹介!最新話の考察感想!3月26日発売、週刊ヤングジャンプ2020年17号掲載のキングダム【第636話】最新話のネタバレ考察予想を紹介します 前回、秦が鄴...

キングダム【第635話】のネタバレ

これからキングダム【第635話】のネタバレをしていきます。

ざわつく鄴の城壁内。
飢えに耐えられない民たちは城門をこじ開け外へと雪崩出る。

難攻不落の鄴の城門が内部から独りでに開かれたことを嘲笑う桓騎軍。
そして鄴を守る術がないと察した李朴は…

キングダム【第635話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第635話】ネタバレを紹介!最新話の考察感想!3月19日発売、週刊ヤングジャンプ2020年16号掲載のキングダム【第635話】最新話のネタバレ考察予想を紹介します。 前回は朱海...

キングダム【第634話】のネタバレ

これからキングダム【第634話】のネタバレをしていきます。

秦と趙の戦いが始まってから十七日目。
遂に李牧軍の本体を捉える王翦率いる追撃隊。
しかし、李牧は軍の大半を足止めに使い、主力部隊のみで鄴を目指す。

十八日目の朝、鄴に到着する李牧が見たものとは・・・!?

キングダム【第634話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第634話】ネタバレを紹介!最新話の考察感想!キングダム【第634話】最新話のネタバレや考察、感想をまとめました。 ちなみに前回のキングダム633話ネタバレはこちら ht...

キングダム【第633話】のネタバレ

これからキングダム【第633話】のネタバレをしていきます。

李牧に続き趙軍の全てが撤退し、朱海平原の戦いは秦軍の勝利で終わった。
その頃、鄴では兵糧不足が深刻化し、住民が騒ぎ始めていた。
鄴の陥落が目の前に迫る中、桓騎の元に李牧軍と、それを追う王翦軍の接近を伝える伝令が現れる。

王翦自ら追撃隊を率いるが、どのような人選となったのか・・・!?

キングダム【第633話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第633話】ネタバレを紹介!最新話の考察感想!キングダム【第633話】最新話のネタバレや考察、感想をまとめました。 ちなみに前回のキングダム632話ネタバレはこちら ht...

キングダム【第632話】のネタバレ

これからキングダム【第632話】のネタバレをしていきます。

信が復活して沸き立つ飛信隊だが、同じ頃、羌瘣は白い空間に戻ってきていた。
羌瘣の前に再び象が現れ、一つの悪い事と二つの良い事を告げる。
その後、羌瘣は現実に戻るも、信はあの世でのことを全て忘れていた。

それでも信は、羌瘣に様子に何かを感じていた・・・!?

キングダム【第632話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第632話】ネタバレを紹介!最新話の考察や感想羌瘣と漂の声から夢を思い出して復活した信!同じく死に直面していた羌瘣も松左や去亥に助けられました!!現世に舞い戻った信が李牧の追撃に出るのでしょうか!?...

キングダム【第631話】のネタバレ

これからキングダム【第631話】のネタバレをしていきます。

信を助けるために寿命を対価にあの世へ向かった羌瘣。
目的の信を見つけるものの、信には声を聞こえなければ、姿すら認識して貰えない。
そんな中、必死に語りかけるも、信はあの世を目指して歩き続ける。

その時、信の前に亡き友が現れる・・・!?

キングダム【第631話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム631話のネタバレ最新話を紹介!蚩尤族に伝わる死者蘇生術を発動した羌瘣!寿命を対価に信を助けるため、いざあの世へ!果たして、あの世で羌瘣を何が待っているのか!?...

キングダム【第630話】のネタバレ

これからキングダム【第630話】のネタバレをしていきます。

信の死が告げられる中、傍らに立った羌瘣。
羌瘣は、河了貂に、蚩尤族にはいくつかの“禁術”があると話す。
その禁術こそ、蘇生の術だった。

羌瘣が知る秘術は、信の復活させることが出来るのか・・・!?

キングダム【第630話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム630話のネタバレ最新話を紹介!李牧が撤退を開始する中、信の死が明確に告げられてしまった!飛信隊の誰もが嘆き足を止めるも、唯一動くのは羌瘣!!羌瘣には信を助ける秘策があるのか!?...

キングダム【第629話】のネタバレ

これからキングダム【第629話】のネタバレをしていきます。

李牧が撤退する中、追撃を考える秦軍。
しかし、飛信隊は信が倒れて、それどころではなかった。
特に最初期から共に戦ってきた者達の動揺は大きく、信じたくない一心で呼びかける。

だが、明確に信の死が告げられてしまう・・・!?

あわせて読みたい
キングダム629話のネタバレ最新話を紹介!龐煖が討たれたことで李牧が撤退を開始する中、信に異変が!果たして、信は本当に死んでしまったのか!?...

キングダム【第628話】のネタバレ

これからキングダム【第628話】のネタバレをしていきます。

龐煖を討ち取った信へ仲間達から大きな歓声が巻き起こる。
反対に、李牧は鄴を防衛すること諦めておらず、鄴を取り戻そうと撤退を開始。
そんな中、李牧に一番近い場所に居る飛信隊が追撃に出ようとするも、異変が起こる。

飛信隊に起きた異変とは何なのか・・・!?

あわせて読みたい
キングダム628話のネタバレ最新話を紹介!遂に龐煖を討ち取った信!朱海平原の戦いはこれで終わるのか!?李牧を含めた趙軍はどのような行動に出るのか!そして鄴攻めの行方とは!!...

キングダム【第627話】のネタバレ

これからキングダム【第627話】のネタバレをしていきます。

朱海平原が夕暮れに染まる中、信と龐煖の戦いは続いていた。
何度も立ち上がる信に対して、龐煖は、目指した道が誤りだったのではと疑問に思う。
だが、今更引く事などできない。

信と龐煖の一騎討ちが佳境を向かえる中、どんな結末が待ち受けるのか・・・!?

あわせて読みたい
キングダム627話のネタバレ最新話を紹介!夕暮れを迎える十五日目。戦いの中で龐煖は己が抱える矛盾に気づく。迷いが生じた龐煖に信が渾身の力を以って斬り裂く!...

キングダム【第626話】のネタバレ

これからキングダム【第626話】のネタバレをしていきます。

絆の力を見せ付けた信に対して、龐煖も武の頂に立つ者としての意地を見せます。
しかし、そんな龐煖をまさかの仲間である李牧が否定。
信が持つ絆の力こそが正道だと敵味方が判断する中、信に思わぬ異変が起きてしまう。

果たして信の身に何が起きたのか・・・!?

あわせて読みたい
キングダム626話のネタバレ最新話を紹介!相対する龐煖へ人の絆を見せ付ける信こそ人の正道だと語る李牧!!しかし勝敗は別であり、度重なる激戦の中、信の命が尽きるの間近か・・・!?...

 

キングダム【第625話】のネタバレ

これからキングダム【第625話】のネタバレをしていきます。

信と龐煖が死闘を繰り広げる中、戦場では王翦が本陣に到着する。
数の有利を前面に押し出し、戦争の勝敗を決しようとする秦軍。
それすらもお構いなしに死闘を見続ける李牧は、信を指して龐煖とは対極の力と呟く。

今こそ明かされる信が持つ答えとは・・・!?

あわせて読みたい
キングダム625話のネタバレ最新話を紹介!信が持つ答えと、信が持つ驚異の力が遂に明かされる。龐煖の力と対極にある力とは!? 戦が終わろうとする中、信が龐煖にトドメを刺すか!?...

キングダム【第624話】のネタバレ

これからキングダム【第624話】のネタバレをしていきます。

人の代表という言葉の真意を語った李牧。
一方、戦場では圧倒的な龐煖を前に、防戦一方の信。
しかし、信は何度倒されようとも立ち上がり続ける。

不死身に思えて驚きを覚える仲間達とカイネ達。
この時、李牧は信達もまた人の代表だと呟くのだった・・・!?

あわせて読みたい
キングダム624話のネタバレ最新話を紹介!圧倒的な武を持つも、王騎や麃公に手痛い反撃を食らって、勝利するも辛勝。過去の戦いから精神的に脆いと思われた龐煖が、実は精神面でも強い!?李牧が信に答えがあるといった理由は何なのか!?...

キングダム【第623話】のネタバレ

これからキングダム【第623話】のネタバレをしていきます。

龐煖を人の代表だと呟く李牧。

李牧の言葉の真意が分からないカイネは疑問を問いかける。

そんなカイネに李牧は龐煖との出会いを語りはじめ…。

あわせて読みたい
キングダム623話のネタバレ最新話を紹介!人の代表という言葉の本当の意味が明かされる。19年前に出会った李牧と龐煖、その出会いに秘められた衝撃の事実とは・・・!?...

キングダム【第622話】のネタバレ

これからキングダム【第622話】のネタバレをしていきます。

信と一緒に駆け付けた尾平達は、龐煖によって命を奪われた去亥の姿を目撃する。

衝撃的な光景に悲痛に泣き叫ぶように何度も去亥の名前を呼ぶ尾平。

そんな中、腕に抱えていた羌瘣を尾平に託し、龐煖との戦いに挑もうとする信だったが…。

キングダム【第622話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム622話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第621話】のネタバレ

これからキングダム【第621話】のネタバレをしていきます。

信を龐煖と戦わせたくない一心で龐煖との戦いに挑もうとする羌瘣。

羌瘣は、龐煖を倒す為に命を脅かす程の巫舞を酷使することを決意する。

覚悟を決めた羌瘣の巫舞は、龐煖の左手の指を斬り落とし…。

キングダム【第621話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム621話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第620話】のネタバレ

これからキングダム【第620話】のネタバレをしていきます。

蒙恬と王賁の活躍により、窮地を脱する王翦。

本陣から脱出した王翦は田里弥軍に合流しようとする。

しかし、そんな王翦の背後から傅抵が猛追していた…。

キングダム【第620話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム620話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第619話】のネタバレ

これからキングダム【第619話】のネタバレをしていきます。

金毛を討ち取った飛信隊。

淡から手当を受けた河了貂は淡に救援の感謝と自分の為に傷を負った兄・仁を気遣いながらも前線の指示に戻る。

そんな中、金毛本陣では大将・金毛の討死の報告が舞い込み…。

キングダム【第619話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム619話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第618話】のネタバレ

これからキングダム【第618話】のネタバレをしていきます。

飛信隊を支える重要人物として金毛に命を狙われる河了貂。

河了貂は金毛の部下の奇襲に合い、落馬してしまう。

金毛の部下は追撃の手を緩めず、すかさず河了貂に槍を…。

キングダム【第618話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム618話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第617話】のネタバレ

これからキングダム【第617話】のネタバレをしていきます。

王翦本陣に駆け付けた蒙恬によって、右目を斬りつけられる馬南慈。

蒙恬は本陣の兵達に好機として馬南慈を討ち取り、傅抵を抑えながら王翦の退路を広くようにと指示を与える。

その時、李牧は心の中で傅抵に指示を出し…。

キングダム【第617話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム617話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第616話】のネタバレ

これからキングダム【第616話】のネタバレをしていきます。

王翦は傅抵軍と馬南慈軍の挟撃により窮地に陥ってしまう。

それにより本陣を捨て、丘を降りようと決断する王翦。

勝利を確信する馬南慈だったが…。

キングダム【第616話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム616話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第615話】のネタバレ

これからキングダム【第615話】のネタバレをしていきます。

突然現れた馬南慈軍による攻撃で危機的状況下に置かれる王翦。

実は馬南慈は亜花錦が秦右翼に合流し、李牧本陣に挟撃を仕掛けた時、馬南慈軍は突然動き出したのであった…。

キングダム【第615話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム615話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第614話】のネタバレ

これからキングダム【第614話】のネタバレをしていきます。

秦軍は李牧中央軍への挟撃を見事に成功させる。

それにより、全ての秦軍の将達が李牧本陣に目指し進行を開始する。

そんな中、弁呂が敵陣突破するという報告が田里弥に入り…。

キングダム【第614話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム614話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第613話】のネタバレ

これからキングダム【第613話】のネタバレをしていきます。

金毛軍との戦闘に苦戦を強いられていた飛信隊の元に加勢に来る亜花綿。

亜花錦は圧倒的な力で敵を討ち取ったいく。

亜花錦の援軍により再び盛り上がりを見せる飛信隊は、信を含め、敵陣へと斬り込んで行くも…。

キングダム【第613話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム613話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第612話】のネタバレ

これからキングダム【第612話】のネタバレをしていきます。

王翦は李牧中央軍と激しい死闘を繰り広げていた。

そんな中、李牧本陣に攻め込んでいく糸凌。

糸凌率いる騎馬兵達の前に李牧本陣が迫った時、そこに突如、龐煖が現れて…。

キングダム【第612話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム612話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第611話】のネタバレ

これからキングダム【第611話】のネタバレをしていきます。

秦軍右翼全域に王賁が趙軍の将である尭雲を討ち取ったという吉報が広がる。

玉鳳隊の副長・番陽など玉鳳隊をはじめ、亜花錦達からも賞賛と歓喜の声が上がる。

そんな中、将である尭雲の死を嘆き悲しむも投降する様子の無い尭雲軍は…。

キングダム【第611話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム611話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第610話】のネタバレ

これからキングダム【第610話】のネタバレをしていきます。

戦場で対峙する王賁と尭雲。

互いの兵達が将である王賁と尭雲と名を呼ぶ中、相手を討ち取るべく両者が同時に馬を走らせる。

尭雲は矛を振るった瞬間、今は亡き藺相如に託された遺言を思い出し…。

キングダム【第610話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム610話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第609話】のネタバレ

これからキングダム【第609話】のネタバレをしていきます。

戦場に復帰した王賁率いる玉鳳隊は、尭雲軍と激しい死闘となる。

十槍に傷を負わされながらも、番陽を前に行かせようとする関常。

しかし、そんな番陽の前に十槍の一番槍である田豊が立ちはだかり…。

キングダム【第609話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム609話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第608話】のネタバレ

これからキングダム【第608話】のネタバレをしていきます。

李牧に対して自分の仲間になれと勧誘する王翦。

王翦が李牧を敵国登用しようとしている状況に騒然となるカイネ達。

李牧はそんな王翦に対して、この場に誰よりも愚かな人間だと告げて…。

キングダム【第608話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム608話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第607話】のネタバレ

これからキングダム【第607話】のネタバレをしていきます。

激しい死闘を繰り広げている王翦軍と雷伯軍。

依然として、動きの見せない王翦軍に対して警戒心を弱めない雷伯は戦術戦に切り替えられずにいた。

一方、王翦は配下の兵達から自軍の優勢についての報告を受けていたが…。

キングダム【第607話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム607話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第606話】のネタバレ

これからキングダム【第606話】のネタバレをしていきます。

敵は陣形を完成させているにも関わらず、特に陣形を組まず、無陣形のまま兵達を前進させる王翦。

その様子に秦軍の将兵達は、動揺を隠せない。

そんな中、倉央と田里弥は「何かある」と察し…。

キングダム【第606話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム606話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第605話】のネタバレ

これからキングダム【第605話】のネタバレをしていきます。

王翦から李牧の戦術を探れという指示を受ける倉央と糸凌。

隊の先頭に立った糸凌は襲い掛かる敵兵立ちを次々と倒していく。

しかし、そんな糸凌の攻撃を李牧の盾兵達は受け流し…。

キングダム【第605話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム605話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第604話】のネタバレ

これからキングダム【第604話】のネタバレをしていきます。

李牧本陣に向けて進軍していた飛信隊。

そんな飛信隊の前に突如、尭雲軍が立ち塞がる。

中央軍に行く為には尭雲軍を突破することが必要であることを理解している飛信隊・渕副長は、周囲の兵達を鼓舞して…。

キングダム【第604話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム604話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第603話】のネタバレ

これからキングダム【第603話】のネタバレをしていきます。

守備から攻撃に転じる陣形の変更の指示に動揺を隠せない李牧軍の兵達。

その様子に李牧側近のカイネ達は李牧に何か想定外のことが起こったのかもしれないと不安に駆られていた。

李牧は李伯より火急の知らせが届き…。

キングダム【第603話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム603話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第602話】のネタバレ

これからキングダム【第602話】のネタバレをしていきます。

朱海平原十五日目。

最終戦の秦軍・右翼の大将は飛信隊・信であった。

信は戦場に響き渡るほどの雄叫びを上げながら矛を振るい、次々と敵を討ち取って行く。

そんな信に引っ張られるかのように飛信隊の面々も持てる力を出し尽くす勢いで突き進んでいき…。

キングダム【第602話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム602話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第601話】のネタバレ

これからキングダム【第601話】のネタバレをしていきます。

壁と楊端和が犬戎軍を討ち破り、遼陽を落としたという朗報が咸陽に届く。

全ての報告を聞いた秦王・嬴政は、「問題は朱海平原だ」とつぶやく。

嬴政は、戦場で戦い続けている信を案じると同時に信なら必ず勝報を持ってきてくれると信じていた。

キングダム【第601話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム601話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第600話】のネタバレ

これからキングダム【第600話】のネタバレをしていきます。

突如、楽華隊陣地に現れた龐煖によって斬り付けられてしまう蒙恬のお目付け役である胡漸。

龐煖の矛によって無惨にも斬り捨てられていく兵士達。

そんな中、じい=胡漸は蒙恬が生まれた時のことが過ぎり…。

キングダム【第600話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム600話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第599話】のネタバレ

これからキングダム【第599話】のネタバレをしていきます。

今は亡き味方や好敵手達の想いを背負った信が、見事に趙峩龍を討ち取る。

信に矛で貫かれながらも、「後は…尭雲に…」と遺言を残し、落馬する趙峩龍。

戦場には飛信隊の勝鬨の叫びが響き渡り…。

キングダム【第599話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム599話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想まとめ漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第598話】のネタバレ

これからキングダム【第598話】のネタバレをしていきます。

朱海平原の戦いが始まって十四日目。

信を大将とした右翼軍は趙峩龍を倒す為に追撃をしていた。

趙峩龍までにあと一歩と迫る中、趙峩龍は信の姿を見た趙峩龍は亡き藺相如の遺言を思い出し…。

キングダム【第598話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム最新話【第598話】のネタバレと考察・感想!!漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第597話】のネタバレ

これからキングダム【第597話】のネタバレをしていきます。

ある戦の中で一度だけ敵と中華についての話をしたと語り出す藺相如。

傍で藺相如の話を聞いたいた尭雲と趙峩龍は声を揃えて「馬丘の戦い」だと告げる。

藺相如が「馬丘の戦い」で中華についての話をしたのは今は亡き王騎であった…。

キングダム【第597話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム最新話【第597話】のネタバレと考察・感想!!漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第596話】のネタバレ

これからキングダム【第596話】のネタバレをしていきます。

松左の戦死に悲しみに打ちひしがれる飛信隊。

尾平達も松左の戦死が信じられないと涙を流す。

松左の戦死を聞いた飛信隊本陣の河了貂は松左の戦死にショックを受け、一瞬崩れ落ちそうになるも、自身を叱咤し、立ち上がり…。

キングダム【第596話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム最新話【第596話】のネタバレと考察・感想!!漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第595話】のネタバレ

これからキングダム【第595話】のネタバレをしていきます。

敵陣の真ん中で身体を酷使しながらも、巫舞で孤軍奮闘する羌瘣。

羌瘣は満身創痍となりながらも、奇襲を仕掛けてきた徐肖を見事に討ち取る。

しかし、巫舞を酷使し過ぎた羌瘣はついに大量の吐血をしてしまい…。

キングダム【第595話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム最新話【第595話】のネタバレと感想!!漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第594話】のネタバレ

これからキングダム【第594話】のネタバレをしていきます。

弟・徐林の戦死に嘆き悲しむ兄・徐肖。

徐肖は土雀達を集め、弟・徐林の仇を討つ為に飛信隊相手に弔い合戦を指示する。

集められた土雀の兵達に囲まれてしまった信率いる飛信隊は…。

キングダム【第594話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム最新話【第594話】のネタバレと感想!!漫画キングダムの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画キングダムの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

キングダム【第593話】のネタバレ

これからキングダム【第593話】のネタバレをしていきます。

生き残った歩兵達は、涙を流しながら何度も「死なないで」と松左に呼び掛けていた。

松左を支えながら進んでいた千斗達は、崇原達歩兵団が戦闘している姿を目撃する。

そんな中、瀕死の状態であるはずの松左は穏やかな表情を浮かべながらうわ言のように「信頑張れ」と呟き…。

キングダム【第593話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第593話】最新話のネタバレと感想!!2019年3月14日発売日の週刊ヤングジャンプ2019年15号、最新話! キングダム【第593話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想...

キングダム【第592話】のネタバレ

これからキングダム【第592話】のネタバレをしていきます。

信が攻撃に加わったことで士気が上がり、勢いを増す飛信隊。

岳雷は無数の矢を身体に受けながらも、「周りを気にせず進め」という言葉と共に周囲の仲間達に檄を飛ばす。

その一方で、援軍の配置を見極めながら戦況を冷静に見ていた渕は河了貂の言葉を思い出して…。

キングダム【第592話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第592話】最新話のネタバレと感想!!2019年3月7日発売日のヤングジャンプ2019年14号、最新話! キングダム【第592話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまと...

キングダム【第591話】のネタバレ

これからキングダム【第591話】のネタバレをしていきます。

楚水率いる騎馬隊のお陰で怒涛の攻めを見せる飛信隊。

援軍専門の楚水率いる騎馬隊の予想もしてなかった強さに驚愕する仲間達。

その様子を見ていた松左だけは「それが河了貂の狙い」だと見抜き、尾平に檄を飛ばして再び戦場に戻って行き…。

キングダム【第591話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第591話】最新話のネタバレと感想!!2019年2月28日発売日のヤングジャンプ2019年13号、最新話! キングダム【第591話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をま...

キングダム【第590話】のネタバレ

これからキングダム【第590話】のネタバレをしていきます。

兵糧がなくなり、一刻も無駄に出来ない戦いを強いられる右翼軍。

そんな中、王翦の指摘により李牧本陣も援軍を出していないことに気付く田里弥。

それにより、この戦いの大きな鍵は右翼が握っていると察するのであった。

キングダム【第590話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第590話】最新話のネタバレと感想!!2019年2月21日発売日のヤングジャンプ2019年12号、最新話! キングダム【第590話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をま...

キングダム【第589話】のネタバレ

これからキングダム【第589話】のネタバレをしていきます。

14日前…場所は鄴。

城兵達により厳重な警備体制が敷かれる中、仲間に支えながら歩く一人の男が現れる。

名を「沢太」といい、顔は包帯で覆われてた…。

キングダム【第589話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第589話】最新話のネタバレと感想!!2019年2月14日発売日のヤングジャンプ2019年11号、最新話! キングダム【第589話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をま...

キングダム【第588話】のネタバレ

これからキングダム【第588話】のネタバレをしていきます。

尾平はほとんどお湯のような食事を兵達の器に均等に盛り付ける。

兵糧がなくなり、兵達の空腹は限界であった。

尾平は空腹のあまり戦場に馬がもっと落ちているのではと呟くと信じられない話を耳にするのであった…。

キングダム【第588話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第588話】最新話のネタバレと感想!!2019年2月7日発売日のヤングジャンプ2019年10号、最新話! キングダム【第588話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまと...

キングダム【第587話】のネタバレ

これからキングダム【第587話】のネタバレをしていきます。

尭雲の攻撃を受けて倒れる王賁。

玉鳳隊はそんな王賁を逃がそうと尭雲軍に対して必死の抵抗を見せる。

そんな中、王賁の盾となるべく一人の兵が飛び出してきて…。

キングダム【第587話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第587話】最新話のネタバレと感想!!2019年1月24日発売日のヤングジャンプ2019年8号、最新話! キングダム【第587話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまと...

キングダム【第586話】のネタバレ

これからキングダム【第586話】のネタバレをしていきます。

関常は尭雲の前に割って入り、王賁を守ろうとする。

尭雲の矛は関常に振り下ろされるも、咄嗟に槍で防御し、致命傷は免れる。

しかし、そんな関常に対して、止めをさそうとする尭雲…。

キングダム【第586話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第586話】最新話のネタバレと感想!!2019年1月10日発売日のヤングジャンプ2019年6&7合併号、最新話! キングダム【第586話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感...

キングダム【第585話】のネタバレ

これからキングダム【第585話】のネタバレをしていきます。

王賁に向けて進軍してくる十槍。

そんな十槍に対して、王賁の親衛隊は槍の数で互角に渡り合おうとする。

そんな中、突如、大きな矛が振り下ろされ…。

キングダム【第585話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第585話】最新話のネタバレと感想!!2018年12月27日発売日のヤングジャンプ2019年4・5号、最新話! キングダム【第585話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想...

キングダム【第584話】のネタバレ

これからキングダム【第584話】のネタバレをしていきます。

王賁を討つという趙峩龍の命により、動き出す趙左翼軍。

一方で王賁率いる玉鳳隊も趙峩龍の狙いを察し、援軍を配属しようとしていた。

そんな中、王賁の代わりに右の陣頭指揮官として番陽が名乗り上げて…。

キングダム【第584話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第584話】最新話のネタバレと感想!!2018年12月20日発売日のヤングジャンプ2019年3号、最新話! キングダム【第584話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をま...

キングダム【第583話】のネタバレ

これからキングダム【第583話】のネタバレをしていきます。

朱海平原の戦いが始まって十二日目の夜。

趙左翼軍の宿営地では、カイネが李牧の伝言を伝えに趙峩龍の元に訪れていた。

趙峩龍は、自分達左翼軍が抜かれることはない、李牧率いる中央軍は王翦に集中して欲しいという李牧への伝言をカイネに預ける。

キングダム【第583話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第583話】最新話のネタバレと感想!!2018年12月13日発売日のヤングジャンプ2019年2号、最新話! キングダム【第583話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をま...

キングダム【第582話】のネタバレ

これからキングダム【第582話】のネタバレをしていきます。

王翦軍本陣には王翦に急報を伝えに馬を走らせた兵が現れる。

兵は右翼軍が趙左翼軍を後退させ、追撃をしていることを伝えに来ていた。

兵から飛信隊と玉鳳隊の勢いを知った王翦は、すぐに田里弥に指示を出して…。

キングダム【第582話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第582話】最後の夜 最新話のネタバレと感想!!2018年12月6日発売日のヤングジャンプ2019年1号、最新話! キングダム【第582話】最後の夜 を読んだのであらすじ・ネタバレ・...

キングダム【第581話】のネタバレ

これからキングダム【第581話】のネタバレをしていきます。

凄い勢いで進行していく飛信隊。

そんな飛信隊に対して、反撃を行う趙軍。

趙軍の反撃に窮地に陥った歩兵達のところに楚水率いる騎馬隊が援護として乗り込んで来て…。

キングダム【第581話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第581話】見える景色 最新話のネタバレと感想!! 2018年11月22日発売日のヤングジャンプ2018年51号、最新話! キングダム【第581話】見える景色を読んだのであらすじ...

キングダム【第580話】のネタバレ

これからキングダム【第580話】のネタバレをしていきます。

時が同じ頃、信は飛信隊に、王賁は玉鳳隊に檄を飛ばしていた。

玉鳳隊の兵達に向けて語り始める王賁。

王賁は自分は玉鳳隊と共に始まり、今に至っていると語り、玉鳳隊の兵達を「友」と呼んで…。

キングダム【第580話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第580話】最強の瞬間 最新話のネタバレと感想!!2018年11月15日発売日のヤングジャンプ2018年50号、最新話! キングダム【第580話】最強の瞬間を読んだのであらすじ・ネタバ...

キングダム【第579話】のネタバレ

これからキングダム【第579話】のネタバレをしていきます。

朱海平原の戦いが始まって十二日目の朝。

飛信隊は連戦の疲れと空腹により、兵達の殆どが消耗していた。

そんな中、兵達の間では王翦に見捨てられたのではという噂が広がり始めて…。

キングダム【第579話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第579話】十二日目の朝 最新話のネタバレと感想!!2018年11月8日発売日のヤングジャンプ2018年49号、最新話! キングダム【第579話】十二日目の朝を読んだのであらすじ・ネタバ...

キングダム【第578話】のネタバレ

これからキングダム【第578話】のネタバレをしていきます。

朱海平原の戦いが始まって十一日目。

激しい戦闘が繰り広げられる中、兵糧が尽きてしまったことで秦軍の兵達は衰え始めていた。

そんな中、信は一人趙軍を相手に奮闘するも…。

キングダム【第578話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第578話】明日までに 最新話のネタバレと感想!!2018年11月1日発売日の週刊ヤングジャンプ48号、最新話! キングダム【第578話】明日までに を読んだのであらすじ・ネタバレ・感...

キングダム【第577話】のネタバレ

これからキングダム【第577話】のネタバレをしていきます。

飛信隊の将・信に王賁の出生に関わる話を聞かれた関常は動揺するも何とか誤魔化そうとする。

しかし、番陽は自分達が命を落としてしまった時のことを考え、王賁の苦しみを理解する人が居なくならないように全てを信に話そうと決意する。

話は王賁の母・朱景と王翦の婚礼まで遡り…。

キングダム【第577話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第577話】赤の他人 最新話のネタバレ感想!!2018年10月25日発売日の週刊ヤングジャンプ47号、最新話! キングダム【第577話】赤の他人を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想...

キングダム【第576話】のネタバレ

これからキングダム【第576話】のネタバレをしていきます。

朱海平原の戦いが始まって十日目。

亜光不在にも関わらず、亜光軍の活躍により秦軍は善戦となっていた。

そんな中、亜光の部下達は右翼には新しい将が必要だとして王賁に右翼の将になって欲しいと頼むが…。

キングダム【第576話】のネタバレの続きはコチラ

あわせて読みたい
キングダム【第576話】王翦の下知 最新話のネタバレと感想!!2018年10月18日発売日の週刊ヤングジャンプ46号、最新話! キングダム【第576話】王翦の下知を読んだのであらすじ・ネタバレ・感...

 

「キングダム」の登場人物

「キングダム」には、さまざまな性格の魅力的な登場人物がたくさん登場してきます。

だからこそ、ストーリの内容が楽しくなるのですが、そんな「キングダム」の登場人物をここでご紹介します。

引用元画像:キングダム特設サイト・週刊ヤングジャンプ公式サイト

主人公&主要人物たち

信(しん)

「戦は数じゃねェ…人だ」

・本編の主人公。
・性格…豪胆無比かつ、相手が誰であろうと自分の信念や意志を貫き通す強靭な心を持っている。すぐに感情的になるという短気な面もあるが、基本的に情に暑く仲間思い。
敵味方関係無く、亡くなった者達の思いも受け入れ、背負うなど懐の深さもある。
・飛信隊百人将→三百人将→千人将→三千人将→四千人将→五千人将→現在は右翼軍総大将代理となり戦闘中。
・夢…天下の大将軍。

幼馴染みで親友・漂と共に大将軍なることを夢見ていた戦争孤児で下僕だった少年。

ある日、昌文君に誘われ宮仕え行くことになる親友・漂。
再会を約束し、送り出すも、実は秦王・嬴政と容姿が瓜二つであった親友・漂は、嬴政の影武者として身代わりになった為に信に夢を託し、命を落としてしまう。
親友・漂の命を落とす原因となった嬴政と揉めるも王都奪還に協力し、山民族と同盟締結をした後、竭軍将軍・左慈を討ち取り、見事に王都奪還する。
功績により嬴政から恩賞として土地と家を与えられ下僕から平民になる。

その後も親友・漂に託された夢と嬴政の悲願を叶える為に「金剛の剣」として数々の武功を成し遂げ、五千人将まで昇格。
今は亡き秦六将の一人である王騎に「飛信隊」の名と矛を譲り受け、秦国大将軍・麃公には盾を託される。

現在…朱海平原の戦いでは、秦軍右翼の大将代理として死闘を繰り広げ、九日目には趙将軍・岳嬰、十四日目には趙峩龍を見事討ち取ることに成功する。
そして、十五日目には王賁に討たれた尭雲から旧趙国三大天・藺相如の遺言を受け取る共に最後を看取る。李牧軍と交戦している中、突如、現れた龐煖と死闘を繰り広げている。

嬴政(えいせい)

「俺は中華を統一する最初の王になる」

・第三十一代目秦国王であり、後の始皇帝。
・人物…常に冷静沈着でポーカーフェイスだが、内面は情熱的な面もあり、強い信念を秘めている。また王としての器に相応しいほど賢哲な人物である。

信の亡き親友・漂と瓜二つの容姿をしており、幼少時代は趙で凄惨な環境で育ったという過去がある。

王都奪還の際に、自分の代で中華統一を成し遂げることを宣言する。信のことを「金剛の剣」として、誰よりも信頼している。

呂不韋とは様々な政争を繰り広げるも、最終的には嬴政の中華統一に対する強い想いと真意で感嘆させ、長い政争に見事に勝利する。

現在…王都で信を信じて勝報を待っている。

河了貂(かりょうてん)

「そこに道を切り開くのが飛信隊の軍師だ」

・飛信隊軍師。
・人物…面倒みが良く、しっかり者で大人びた面もあるが、基本的には明朗快活な性格。軍師としての才能は卓越しており、どんな相手にも物怖じせずに指示を出すなど強い信念と芯も持っている。しかし、情に脆く、軍師として冷酷に慣れない面も多々ある。

山民族の一つ梟鳴(きゅうめい)族の末裔の女の子であり、当初は鳥頭の蓑を被っていた。
唯一の肉親を失って以降、生き抜く為に様々な知識や技能を身につけており、独学で学を身につけている。また料理の技術は一級品であり、羌瘣が夢中になって食すほどの腕前。

王都奪還後は信と共に暮らしていたが、夢に向かって邁進する信の姿や同性でありながら類まれなる剣技を身につけた羌瘣の姿に刺激を受け、軍師になることを決意する。

羌瘣の推薦状により昌平君の下で兄弟子・蒙毅と共に兵法を学んだ後、現在は飛信隊の軍師として活躍している。

現在…朱海平原の戦いでは、秦軍右翼軍の軍師を任されている。飛信隊の強さの中枢を担っているのは河了貂だと見抜かれた金毛軍の奇襲を受けるも蒼兄弟に命を救われる。

羌瘣(きょうかい)

「私の帰る場所は…もう他の所にあるんだ…」

・飛信隊副長兼羌瘣隊千人将→三千人将。
・伝説の刺客一族「蚩尤」の後継候補として育てられた羌族の少女であり、緑穂(りょくすい)という剣を武器に巫舞で戦う。
・人物…どんな猛者相手にも瞬殺出来るほどの凄腕の剣客でありながら、その容姿は身体は小柄の上にかなりの美少女。口数は少なく、常に冷静沈着。また、剣技の腕前だけでなく、戦術等にも長けており、かなりの傑物。その反面、世間知らずな面も多々ある。

蚩尤を決める「祭」で姉・羌象を謀殺され、敵討ちをする為に生きていた。
その為、当初は人と関わることを好ましく思っていなかったが、信と出会い、飛信隊副長として支えていく中で徐々に心を開くように…。

基本的に刺客者としての価値観から自分の命を軽んじる行動や発言が多く、その度に信に「羌瘣の命の重さ」を諭されることも屡々。

その後、姉の仇である幽連を見事に討ち取り、飛信隊に帰還した羌瘣は二つの目標の一つである大将軍になるという夢を実現させる為に数々の武功を成し遂げ、信に勝る勢いで昇進している。

信に対して全幅の信頼を置いており、恋愛感情にも似た感情を抱いている。

現在…朱海平原の戦いでは、巫舞により自身の身体を酷使しながらも飛信隊の窮地を何度も救った。信を守りたいという想いから、命を削る巫舞で龐煖に戦いを挑むも、圧倒的な強さに敗れ、瀕死の状態となってしまう。

秦国

<王族>


成蟜(せいきょう)

・政の異母弟。
・人物…当初は幼いながらも王族は崇高な存在であるという考えから、家臣や平民を尊大な態度で蔑み、暴虐の限りを尽くしていた。

しかし、兄・嬴政から王位を奪うクーデターを失敗し軟禁状態となるも、嬴政自らが解放してくれた見返りとして度々協力し、尊大な考えを改めるなどの成長を見せる。
その後、屯留代官・蒲鶮に反乱軍の首謀者に仕立て上げられるも、何とか幽閉先から脱出する。しかし、妻・瑠衣救出の際に重傷を負い、自ら蒲鶮を見事討ち取るも救出に駆け付けた信に兄・嬴政を託し、命を落としてしまう。

瑠衣(るい)

・成蟜の正室で、秦国公女。
蒲鶮によって反乱軍に仕立て上げられた際に共に幽閉されていた。亡き夫・成蟜から一派の取りまとめを託された。

麗(れい)

・嬴政と向の間に生まれた娘。
秦国統一編では樊琉期に命を狙われるも、信率いる飛信隊に命を救われる。

扶蘇(ふそ)

・嬴政と別の妃との間に生まれた息子であり、秦国太子。
秦国統一編で異母妹・麗と共に命を狙われるが、近衛兵により命を救われる。

穆公(ぼくこう)

・秦国第九代目秦王。
・嬴政と成蟜の先祖。愛馬の命を奪われたのにも関わらず、山の民に馬肉に合う酒を振る舞ったという伝説が残る威徳の人物。

昭王(しょうおう)

・秦国第二十八代目秦王。
・嬴政と成蟜の曽祖父。在位の大半を戦に費やしたことで、秦国の武人達に「戦神」と呼ばれ、慕われた人物。

<秦王派>

昌文君(しょうぶんくん)

・秦国左丞相
人物…嬴政傘下筆頭家臣であり、元は武勇に優れた熟練の将軍であった。
秦国統一の際には加冠の儀に列席した後に昌平君と共に兵達を率いて、咸陽戦に参戦した。

嬴政が信頼している人間の一人。

現在…嬴政と共に勝報を待っている。

壁(へき)

・嬴政傘下家臣。
・秦国千人将→三千人将→将軍。
・人物…信の頼りになる兄貴分。名家出身だが、身分などで差別などせず、生真面目で気取らない性格。戦術は得意だが、生真面目な性格が仇となり、奇策や奇襲等には臨機応変に立ち回れず、対処が出来ない時が多々あった。
・楊端和に一目惚れしている。

現在…秦国統一の際には加冠の儀に列席した後、昌文君達と共に咸陽戦に参戦。
その後、三軍連合軍の一員として参戦するも、橑陽戦の二日目に兵糧の半分を焼き払われる失態をしてしまう。しかし、決戦ではダトの援護を受けながら犬戎王・ロゾを討ち取ることに成功する。

漂(ひょう)

・信の亡き幼馴染で親友。
信と共に大将軍になることを夢見ていた。
嬴政の影武者として仕官するが、王弟反乱の際に重傷を負い、信に全てを託してこの世を去った。漂の葬儀の際には近隣の村から弔問する者が訪れるなど人々に慕われていた人格者。

<呂不韋と四柱>

呂不韋(りょふい)

・秦国右丞相→相国。
・人物…成蟜を貶め、嬴政と長らく権力争いを繰り広げていた人物。
しかし、嬴政の「中華統一」の真意に心から感嘆すると同時に嬴政の王としての成長を実感し、咸陽の件を機に嬴政に敗れたことを認める。その後、祖国の地位を剥奪され、現在は隠居の身である。

呂不韋四柱

昌平君(しょうへいくん)

・呂不韋四柱→政傘下家臣。
・秦国軍総司令官兼右丞相。
・人物…実は蒙武とは幼馴染で親友の間柄。高名な戦術家でありながらも、武芸にも長けた文武両道の将。

秦国統一の際は事前に飛信隊に暗号文で救援を伝え、加冠の儀が終了した直後に呂不韋陣営から離反した後、兵を率いて咸陽戦に参戦し、敵国の将を討ち取る功績を出す。

咸陽に信達を呼び寄せ、完成させた鄴攻略の戦略を説いた。

蔡沢(さいたく)

・呂不韋四柱→政傘下家臣。
・昭王時代の元丞相。
・人物…秦国筆頭外交官として各国との交渉を担当し、嬴政と斉王の会談を実現させるという功績を残した後に死去。

李斯(りし)

・呂不韋四柱筆頭→政傘下家臣。
・「法の番人」の異名を持つ。

蒙武(もうぶ)

・呂不韋四柱の一人で秦国将軍→大将軍→筆頭大将軍。
・蒙驁の子であり蒙恬・蒙毅の父。
・人物…戦闘においては士気を高めた兵と武力で一気に押し潰すという軍師泣かせの力技が特徴的。短絡的に見えて実は軍への理解は深く、戦を練兵場にし、兵の士気を上げるなどしていた。王騎から秦軍の顔になるべき人物と託された男の一人。
数々の武功を成し遂げ、論功行賞で第一功として大将軍に任命された。

<秦国大将軍>

蒙驁(もうごう)

・秦国筆頭大将軍であり、「白老」の異名を持つ人物。
・蒙武の父にして、蒙恬・蒙毅の祖父。
・人物…どんなに不利な戦況でも穏和な笑みを崩さず、泰然自若な人物。また、負傷した部隊の見舞いや末端の兵達にも優しい檄を飛ばすなどの配慮を欠かさない情に厚い面もある。
実は斉国出身であり、故郷での出世の道を諦め、蒙武と共に秦国へ移住したという過去がある。

因縁の相手である旧趙国三大天・廉頗と四十年ぶりに対決し、善戦するも左腕を失う。
その後、信と蒙恬の二人を激励してこの世を去った。

麃公(ひょうこう)

・秦国大将軍。
・人物…容姿は大きく見開いた目と、鋸の刃のような歯が特徴的な巨漢。
戦闘の際は棘をあしらった仮面と盾を装備し、矛を振るって戦場を駆ける。

元々昭王も認める六将級の猛将だったが、長年前線を拠点としていた為に知名度は低かった。李牧や王翦が「本能型の極致」と称賛されるほど、本能で戦う武将であった。
新趙国三大天・龐煖との一騎討ちにより、戦死してしまう。
最後に「火を絶やすな」という言葉と共に盾を信に託した。

張唐(ちょうとう)

・秦軍大将軍。
・戦歴を重ねた老将。
・人物…性格は軍人として高い矜恃を持った頑固で堅物。実力は確かだったが、六大将軍の影に隠れてしまっていた。

韓軍の毒兵器を受けながらも韓国大将軍・成恢を見事に討ち取り、桓騎に「秦国一の武将となれ」と言葉を遺し、この世を去った。

騰(とう)

・王騎傘下筆頭将軍。
・王騎軍副官→秦国将軍→大将軍。
・人物…王騎の腹心。普段はどこか飄々としており、ほとんど表情を崩さない紳士的な人物。しかし、その実力は王騎と同等と言われるほど…。
・剣を「ファルファルファル」と高速回転させ、撫で斬りにする。

亡き王騎から王騎軍の全てを託された男。
王騎亡き後は、将の一人として数々の武功を成し遂げ、秦国第二位大将軍に任命された。

楊端和(ようたんわ)

・山民族王兼秦国大将軍。
・人物…「山界の死王」。女性でありながら、武力は山界一と言われるほどの実力者だが、容姿は壁が一目で恋に落ちるほどの絶世の美女。

王都奪還に協力した後も数々の武功を成し遂げ、蕞攻防戦において秦国を救う為に参戦した功績で秦の大上造(大将軍)の爵位を貰う。

現在…三軍連合軍の一角として参戦し、さらに橑陽城を陥落させた上に犬戎族を配下にした。

<秦国六大将軍>

王騎(おうき)

・亡き秦国六大将軍の一人であり、「秦の怪鳥」の異名を持つ。
・人物…類まれなる武勇と卓越した知略の双方を兼ね備えた強大無比な最強の六大将軍。
秦国六大将軍の一人である摎の出生の秘密を知る一人であり、想われ人。
信に大将軍とは何かを教えた人物であった。

摎の仇である龐煖との一騎討ちの際に一度は龐煖を追い詰めるも、中華十弓・魏加の横やりによって、龐煖の矛を受けてしまう。
その後、騰達に言葉を遺し、最後に自身の矛を信に託す形で譲り渡してこの世を去った。

摎(きょう)

・亡き秦国六大将軍の一人。
・人物…秦国六将の中で最も謎に包まれている人物だが、最も熾烈であった。

実は昭王の実子という高貴な身分であったが、暗殺を危惧した母によって王騎の屋敷に預けられた。本人はその事実を全く知らぬまま武人へと成長するも、昭王との対面で親子であることを感じ取り、その後は戦場に出る際は顔を隠す為に兜を被るようになった。
王騎に対して恋心を抱いており、「将軍になって城を百個とったら妻にしてください」という約束をしていた。

その後も武功を挙げ続け、六人目の大将軍に任命されるも、龐煖の襲撃を受け、命を落としてしまう。

白起(はくき)

・亡き秦国六大将軍筆頭。
・人物…せり出した両目が常に血走っている、独特な容姿をしていた。
武器は大矛を使用し、「正真正銘の怪物」と畏怖されており、秦軍総大将をした長平の戦いでは投降した趙兵四十万人を全員生き埋めにするという凄惨な所業をしてしまった。

王齕(おうこつ)

・亡き秦国六大将軍の一人。
・人物…長く伸ばした鬚髯と、顔を斜めに走る傷が特徴的な容姿をしていた。
六将随一の怪力であり、武器は長柄大斧。

胡傷(こしょう)

・亡き秦国六大将軍の一人。
・人物…六大将軍唯一の軍師であり、王平君の師。
六将の戦の戦略は彼が大枠を作っていた。

司馬錯(しばさく)

・亡き秦国六大将軍の一人。

<飛信隊>

渕(えん)

・飛信隊副長。
・武器…槍。
・人物…誰よりも責任感が強く、飛信隊にとって皆の纏め役的な存在。
なし崩し的に王騎からの修行に付き合わされ、そのまま飛信隊に所属し、副長となる。

楚水(そすい)

・飛信隊副長。
・武器…矛。
・人物…左眼を縦断する傷が顔にある。
実は元郭備隊の副長だったが、輪虎による暗殺を機に部下と共に飛信隊へ転属する。
その後、河了貂が軍師として戻ってきた際に飛信隊の主攻を担っている。

岳雷(がくらい)

・飛信隊千人将であり、乱戦特化兵「飛麃」指揮官。
・武器…矛。
・人物…元々は麃公軍に所属していた。
どこか粗暴な性格で信に対して、快く思ってない発言もする。
かつて蒼源に命を救われた過去がある。

 

我呂(がろ)

・飛信隊将校の一人であり、岳雷の側近。
・人物…元麃公軍に所属していた。
気が強く毒舌を吐くが、筋が通ったことには義理固い面もある。
作戦会議でも時折口出ししたりするが、実力は確かで、常に前線に立って活躍をしている。

尾平(びへい)

・飛信隊伍長→什長→三什長。
・人物…信の同郷で古株の一人であり、飛信隊のムードメーカー的な存在。
容姿は出っ歯が特徴的。
お調子者で小心な性格だが、信のことをとても慕っており、彼が大将軍になることを信じている。

那貴(なき)

・飛信隊千人将。
・武器…曲剣
・人物…元々は桓騎軍に所属していた。
飄々としていても、常に冷静沈着な性格。しかし、一度キレると怖いらしい。
彼自身の武力は勿論、彼が率いる隊員達も隠密・斥候に長けている。

朱海平原の戦いでも様々な活躍や貢献をしている。

田有(でんゆう)

・飛信隊伍長→什長→百将→千人将。
・人物…飛信隊きっての怪力の持ち主。元々は大工の棟梁であった。

崇原(すうげん)

・飛信隊伍長→什長→歩兵長。
・人物…飛信隊第三位の実力を持つ剣士であり、彼の側近も剣の達人が多い。戦で左眼を失っている。

松左(しょうさ)

・飛信隊伍長→什長→百将兼副歩兵長。
・人物…槍の腕は達人級。いつも穏やかで飄々としているが、かなりの切れ者で、飛信隊の精神面も支えている。

現在…朱海平原の戦いでは窮地に陥った新兵の干斗達の救援に向かうも、その際に命に関わる致命傷を受けてしまう。自身の愛槍を干斗に託し、松左のことを知って駆け付けた信の腕の中で息を引き取った。

去亥(きょがい)

・飛信隊伍長→什長→百将。
・人物…右目にある痣が特徴。

現在…朱海平原の戦いでは奮戦し、李牧まで目前に迫る中、突如、現れた龐煖に切り捨てられ戦死してしまう。

諏順(すじゅん)

・飛信隊将校の一人であり、崇原の側近。
・人物…髪で左眼を隠している。崇原同様に剣の腕前は達人級。

蒼仁(そうじん)

・飛信隊弓兵隊所属。
・人物…黒羊戦後に募集した入隊試験に特例合格で入隊した狩人の少年であり、蒼淡の兄。
小柄な体格だが、弓術の腕前は達人級。

現在…朱海平原の戦いでは、各所で活躍を見せるが、金毛軍の奇襲から河了貂を身を呈して救うも重傷を負ってしまう。

蒼淡(そうたん)

・飛信隊弓兵隊所属。
・人物…兄の蒼仁と共に特例合格で飛信隊の入隊。兄と異なり、恵まれた大柄な体格をしている。弓の腕前は兄同様に達人級だが、気が弱く、優しい性格の為に的が人間相手では実力を発揮出来なかった。

現在…朱海平原の戦いでは河了貂を護って兄・蒼仁が重傷を負った事で激昂し、矢に射られた箇所を吹き飛ばす程の豪弓を放ち、金毛軍を圧倒する。最終的には趙将軍・金毛を打ち取るという武功を成し遂げる。

干斗(かんと)

・飛信隊の崇原隊所属の歩兵。
・人物…亡き松左から愛槍を託された。

<王賁軍(玉鳳隊)>

王賁(おうほん)

・玉鳳隊百人将→三百人将→千人将→二千人将→三千人将→四千人将→五千人将。
・王家嫡男。
・武器…槍。
・人物…基本的に真面目で堅物。また王家としての強い矜持が有る為、信に対して対抗心がある。

現在…朱海平原の戦いで秦軍右翼の一角として、数々の武功を成し遂げるも、尭雲との一騎討ちで重傷を負い、瀕死の状態となる。その後、羌瘣の治療で復活し、満身創痍な状態にも関わらず、再戦では尭雲を見事に討ち取ることに成功した。その際に尭雲から旧趙国三大天・藺相如の遺言を受け取った。挟撃により王翦本陣が窮地に陥った報告を受け、臣下達の制止を振り切って蒙恬と共に本陣に駆け付ける

関常(かんじょう)

・玉鳳隊千人将。
・武器…矛。
・人物…少し軽薄な面があるが、武力は将軍並。

番陽(ばんよう)

・王賁筆頭家臣であり、玉鳳隊副長。
・王賁の教育係で老練な武将。
・武器…槍。
・人物…王賁の教育係で彼に心酔している面がある。
その為、彼らの実力を認めながらも信率いる飛信隊や蒙恬率いる楽華隊に対して辛辣な態度を取ることも屡々…。

<蒙恬軍(楽華隊)>

蒙恬(もうてん)

・楽華隊百人将→三百人将→千人将→二千人将→四千人将→五千人将。
・蒙家嫡男。
・武器…剣。
・人物…普段は飄々とした捉え所の無い奔放不羈な性格だが、戦場では天才的な軍才を発揮する。

現在…朱海平原の戦いでは麻鉱が戦死したことにより、臨時の秦国軍左翼大将として昇進する。数々の武功を成し遂げるも十四日目の夜に突如、現れた龐煖により、じいやである胡漸を失ってしまう。翌日、自身を奮い立たせ、戦場で紀彗軍との闘いに挑むも、王翦本陣の異変を本能的に察し、王賁と共に本陣に駆け付け、馬南慈の右目を斬り付ける。

胡漸(こぜん)

・蒙恬筆頭家臣であり、楽華隊副長。
・武器…剣。
・人物…赤子の時から蒙恬の教育係。その為、基本的に過保護で、蒙恬には甘い面が多い。蒙恬から「じい」と呼ばれている。

現在…朱海平原の戦いでは、突然現れた龐煖に斬り付けられるも蒙恬の元には行かせまいと抵抗を見せ、蒙恬を想いながらこの世を去った。

<王騎軍(騰軍)>

録嗚未(ろくおみ)

・王騎軍第一軍長→騰軍第一軍長→騰傘下筆頭将軍。
・武器…矛。
・人物…性格はかなりの激情家であり、武力は軍の中で最強を誇る実力者。

隆国(りゅうこく)

・王騎軍第二軍長→騰軍第二軍長→騰傘下将軍。
・武器…矛。
・人物…軍の中で随一の智将で参謀役を担っている。。
王騎の最期を看取った一人であり、王騎が騰に王騎軍を託したことの生き証人でもある。

干央(かんおう)

・王騎軍第四軍長→騰軍第四軍長→騰傘下将軍。
・武器…矛。
・人物…突破力は王騎軍内でも一、二を争う実力者。
信が馮忌を討ち取った際に、戦場中に響き渡るように信の名を高らかに宣言するという粋な計らいをしてくれた。

<桓騎軍>

桓騎(かんき)

・秦国将軍であり、「首斬り桓騎」の異名を持つ。
・武器…剣
・人物…実は元々は秦国南方を治めていた野盗団の首領であった。性格はとても残酷で、容赦が無く、無慈悲。しかし、将軍としての実力は非常に高く、戦においては独自の兵法と奇策を駆使する六将級並の戦術家。

黒羊編で総大将として信率いる飛信隊と共に慶舎軍と死闘を繰り広げるも、非人道的な戦略で黒羊を奪取したことにより信の怒りを買い、揉めることに…。

現在…三軍連合軍の一角として参戦しており、鄴包囲軍を担当。

黒桜(こくおう)

・桓騎傘下将軍であり、女性武将。
・武器…弓
・人物…桓騎軍一の弓の名手であると共に優秀な戦術家。
配下からは「姐さん」と呼ばれている。かなりの面食いで、容姿で部下を差別する。

雷土(らいど)

・桓騎傘下将軍。
・武器…矛。
・人物…容姿は左目に輪の入れ墨がある巨漢。性格は乱暴だが、戦況を見極めることに長けている。戦場では野盗時代に得た経験を駆使し、活躍している。

摩論(まろん)

・桓騎傘下将軍。
・武器は持たず、羽毛扇を持っている。
・人物…桓騎軍一の智将であり、桓騎軍の中で参謀役を担っている。常に敬語で話す。

オギコ

・桓騎軍千人将。
・武器…剣。
・人物…個性的な髪型に鼻輪など、奇抜な格好をしている。
常に挙動不審で落ち着きがないが、戦場においては高い武力を持っている。

ゼノウ

・桓騎傘下将軍。
・武器…大石球。
・人物…容姿は大きい体格をしており、常に目を見開き、ギョロギョロと動かしている。
かなりの怪力であり、桓騎軍の中で最強の狂暴さを誇っているゼノウ一家の棟梁。

砂鬼(さき)一家

・桓騎軍の拷問係。
・残虐さでは桓騎軍一であり、それは「砂鬼に捕まる事が中華一の不運」と言われる程…。

倫玉(りんぎょく)

・桓騎軍千人将であり、精鋭騎馬隊指揮官。
・武器…双剣。
・人物…顔に派手な刺青をしているが、桓騎軍の中では周囲の将軍達と比べるとかなり良識がある。

<王翦軍>

王翦(おうせん)

・秦国将軍。
・王賁の父親であり、王一族の現頭首。
・武器…矛。
・人物…恐ろしい模様の鎧を身に纏い、常に目元を隠す仮面を付けている。
秦国六将・胡傷と三大天・廉頗から六大将軍にも匹敵するほどの人物だと評価されるほどの名将。しかし、それと同時に自らが君主になる野望を抱えていると噂され、秦国一の要注意人物とされてきた。

現在…朱海平原の戦いでは、秦国軍中央軍の総大将。
李牧と互いに譲らない壮絶な戦術合戦を繰り広げていたが、馬南慈達の挟撃に合い、窮地に陥っていた所を息子・王賁と蒙恬が救援に駆け付けてくれたことにより脱する。

亜光(あこう)

・王翦傘下筆頭将軍(第一将)。
・武器…矛。
・人物…李牧も一目置くほどの名将。頭脳戦よりも力技を好む。

現在…朱海平原の戦いでは、秦国軍右翼の大将として指揮を担うも、馬南慈と尭雲の二人に強襲され、重傷を負う。
その後、一命を取り留めたが、未だに意識不明の重体となっている。

田里弥(でんりみ)

・王翦傘下将軍(第三将)。
・人物…主に王翦の補佐に回ることが多いが、どんな戦況下でも即座に対応出来る緩急剛柔を併せ持つ王翦軍随一の智将。

現在…朱海平原の戦いでは田里弥と共に共伯軍と死闘を繰り広げる。苦戦していた所を王翦に救われ、新たに作った大鶴陣の中央を任されている。

倉央(そうおう)

・王翦傘下将軍(第四将)。
・武器…矛。
・人物…堅物揃いの王翦軍の中では珍しく、飄々としており、茶化す発言もしたりする。

現在…朱海平原の戦いでは田里弥と共に共伯軍と死闘を繰り広げる。苦戦していた所を王翦に救われ、新たに作った大鶴陣の左翼を任されている。

糸凌(しりょう)

・王翦傘下将軍であり、倉央軍副官。
・武器…双剣。
・人物…大柄な隻眼の女傑であり、倉央とは恋仲。

現在…朱海平原の戦いでは、趙将軍・共伯を見事に討ち取る。その後、カイネと戦い、彼女を力で圧倒しているとカイネの元に駆け付けた馬呈と対峙することに…。

亜花錦(あかきん)

・王翦軍千人将。
・武器…短柄蛇矛。
・人物…亜光軍に所属しており、「悪童」の蔑称で呼ばれている。
実力はとても高く、特に軍才については関常にも認められるほどだが、かなりの性格難の為に実力に見合わない千人将に置かれている。

現在…馬南慈軍を段茶と共に足止め。しかし、金毛軍に苦戦を強いられている飛信隊を目撃し、援軍に向かい金毛軍を撃破。今は李牧軍と戦闘中。

段茶(だんさ)

・王翦軍将校。
・人物…亜光軍に所属しており、状況に応じてその時の最良を選択することが出来るなど柔軟な思考の持ち主。勝ち戦など、勢いに乗ると実力以上の力を発揮出来る智将。

現在…朱海平原の戦いでは、瀕死の状態となった亜光に代わり大将代理を担当していたが、その後、新たに飛信隊・信を大将にする。馬南慈軍と戦闘し、足止めをしようとするも森からの突破を許してしまう。

<楊端和軍(山の民)>

バジオウ

・楊端和傘下筆頭将軍。
・武器…双刀。
・人物…バジ族の生き残りであり、秦国と山の民の言語を話すことが出来る有能な戦士。保護された当初は人語を話せず、野生の獣のようであったが、楊端和との出会いにより人間性を取り戻す。戦闘において自身の中に眠る獣を解放し、戦う。

タジフ

・楊端和傘下将軍。
・武器…大石球。
・人物…楊端和の臣下の中でも、巨漢で剛力を誇る戦士の一人。信とは一度戦闘しており、その際に戦士として認めている。秦国語は片言だけ話せる。

ランカイ

・常人離れした怪力を持つ巨漢の男。元々は化猿の子として成蟜に買われ、恐怖で支配されていた。王都奪還後は山の民に引き取られ、山の民と同様に戦力になってくれる。

鳥牙族

シュンメン

・鳥牙族族長。
・武器…長刀。
・人物…王都奪還後に引き取られたランカイの教育係をしていた。

メラ族

キタリ

・メラ族族長。
・武器…二振りの曲剣。
・人物…カタリの妹。兄とは正反対の性格をしており、血気盛んで、勇猛な女戦士。
兄の仇であるブネンを瞬殺する。

<後宮>

向(こう)

・宮廷に仕える宮女→後に嬴政との娘・麗を出産。
・人物…元々は貧商の娘であった。嬴政を心から慕っている。

陽(よう)

・宮廷に仕える宮女。
・向の親友。高貴な生まれ。向と麗が命を狙われた時に毐国軍から身を呈して庇う。

趙国

<王族>

悼襄王(とうじょうおう)

・第九代目趙国王。
・人物…自己中心主義者。自身の寿命があまり長くないことを自覚しており、自分が存命中に王都が落とされなければ良いと思っており、国の行く末については全く関心がない。

太子 嘉

・趙国太子。
・人物…父親である悼襄王と異なり、李牧から「真の光明」と言われるほど大変聡明な人物。鄴攻防戦において我が身可愛さに邯鄲軍の出陣を認めない悼襄王の代わりに代わって李牧に謝罪し、自らが出陣すると申し出る。

趙季伯(ちょうきはく)

・悼襄王の伯父であり、現鄴城主。
・人物…民は国の礎であると大変国民思いの人格者。
鄴攻防戦では、難民全てを鄴の城内に入れたことで王翦の策略である逆兵糧攻めを招いてしまい、窮地に立たされる。

紀彗(きすい)

・離眼城城主。
・武器…矛。
・人物…慶舎から智勇双全の名将として推薦される人物。

朱海平原の戦いでは趙国軍右翼の指揮を任されている。

ロゾ

・橑陽城城主兼犬戎族王。
・武器…大矛。
・人物…とても残忍な性格であり、僅かな失態も許さず、部下達を恐怖で支配していた。
楊端和を捕える寸前まで追い詰めるも、橑陽城を落とされ、彼自身も壁に討ち取られた。

<趙国軍>

趙国三大天

李牧(りぼく)

・新・趙国三大天筆頭であり、知勇兼備の名将。
・人物…多少のことでは動じず、いつも余裕を感じさせるような穏やかな物腰で構えており、戦の作戦を立てる際にも出来るだけ被害が最小限になる策を練るなど人格者。
また優しいだけでなく、どんな状況や人物にも怯まずに信念を貫き落とす気骨稜稜な面も兼ね備えている。

王騎を討つきっかけを作ったことで趙国宰相の座に着くも、その後、失脚し、前線地の監督の見回りに左遷された。

現在…朱海平原の戦いで、趙国軍で総指揮を担っている。
敢えて戦を長期化させ、秦軍の兵糧切れを待つという作戦を立てるも、鄴からの火急の一報を受け事態が一変し、救援に向かうべき攻勢に転じる。その後、本能型の武将である麃公との戦いを研究し、戦い方を指南したで麾下軍の精鋭で王翦軍と戦う。

龐煖(ほうけん)

・新・趙国三大天の一人。
・武器…大矛。
・人物…「武神」と呼ばれ恐れられる男。

かつて秦軍本陣を襲撃し、秦六将・摎の命を奪い、数年後の馬陽戦では秦六将・王騎に致命傷を負わせ、合従軍では追撃してきた秦国大将軍・麃公を一騎討ちの末に討ち取った人物。

現在…自分を斬りつけた信に強い執念を抱いており、朱海平原の戦いの中で信が岳嬰を討ち取った一撃に王騎の気配を感じ取り、ついに十四日目の夜に秦国軍左翼の蒙恬陣営に姿を現した。蒙恬がじいと呼ぶ胡漸の命を奪い、隊を壊滅させ、十五日目に趙軍中央軍に姿を現し、飛信隊の前に立ちはだかる。信を龐煖と戦わせたくないという一心で立ち向かって来た羌瘣を武力で圧倒し、瀕死の状態にする。

趙国三大天(旧)

藺相如(りんしょうじょ)

・旧・趙国三大天の一人。
・人物…廉頗と刎頸の交わりを交わした。李牧から知勇兼備を兼ね備えた大戦略家と評された人物。先見の明の持ち主で、かつて王騎と一度だけ「中華」について語り合った。
全盛期に病死するも、尭雲と趙峩龍に中華についての遺言を二つ遺す。

<藺相如軍>
尭雲(ぎょううん)

・藺家十傑筆頭。
・武器…大矛。
・人物…知略を兼ね備えた本能型の武将。配下に精鋭麾下軍「雷雲」を所有し、十人からなる「十槍」がいる。

現在…朱海平原の戦いで趙軍中央軍の一角を任されている。
十槍と共に玉鳳隊本陣を「雷獄」にて包囲し、王賁と一騎打ちで勝利するも右腕を貫かれ重傷を負う。その後、趙峩龍の最期を聞き復帰を決意し、王賁との再戦で致命傷を受けてしまう。信と王賁に藺相如から託された遺言を伝えた後に息絶える。

趙峩龍(ちょうがりゅう)

・藺家十傑次席。
・武器…矛。
・人物…優れた武勇を知略で敵を討つ事を好む智将。配下に精鋭麾下軍「土雀」を所有。

現在…朱海平原の戦いでは、飛信隊戦と死闘を繰り広げるも返り討ちにされ、森の中へ撤退する。しかし、那貴に居場所を発見され、再び戦いとなる中、藺相如から託された遺言を思い出し、信と一騎打ちの激闘の末に討ち取られる。

徐肖(じょしょう)

・藺相如軍将校。
・武器…長槍
・人物…趙峩龍軍「土雀」右隊長であり、徐林の兄。
朱海平原の戦いで、信に徐林が討たれたことに激昂して殲滅をしようとするも、羌瘣に討たれる。

徐林(じょりん)

・藺相如軍将校。
・武器…長槍。
・人物…趙峩龍軍「土雀」左隊長であり、徐肖の弟。
朱海平原の戦いで信に討たれる。

<李牧軍>

舜水樹(しゅんすいじゅ)

・李牧傘下将軍であり、李牧軍副官。
・人物…李牧軍随一の智将として名高い。
性格は、普段は感情が乏しく常に無表情だが、戦場で思考を巡らせると一転して雰囲気が変わる。

現在…わずかな情報から秦国の真の狙いは鄴ではないかと推測する。その後、橑陽軍総大将として楊端和と戦い、一時は追い詰めるも橑陽を失ってしまう。

馬南慈(ばなんじ)

・李牧傘下将軍であり、李牧軍副官。
・武器…大矛。
・人物…李牧軍の中で随一の猛将。蒙武並の巨漢な男で「雁門の鬼人」という異名を持つ。

現在…朱海平原の戦いでは、趙国軍右翼の一角を任されている。
尭雲と共に亜光を追い詰めるも、救援に来た亜花錦の横槍で失敗。その後、王翦軍本陣の側面にある森を突破して傅抵隊と挟撃を成功させるも、王翦の危機に駆け付けた蒙恬に右目を斬られる。

カイネ

・李牧軍三千人将兼側近の女性剣士。
・武器…双剣。
・人物…当初は李牧の撤退戦術に反抗心を抱いていたが、彼の戦術の真意を知り、後に敬服する。河了貂斗とは友人関係にある。戦場で再会を果たした際に友情から説得しようとするが拒否されてしまう。

現在…朱海平原の戦いでは三千人将へ昇進する。糸凌と戦いとなるが、武力差で圧倒されてしまうも、駆け付けた馬呈に糸凌の相手を任せて李牧の元に向かう。

傅抵(ふてい)

・李牧軍三千人将。
・武器…双剣。
・人物…常に鼻から下を布で覆っている剣士。夢は三大天の一人になること。
カイネに好意を寄せている。

現在…朱海平原の戦いでは馬南慈軍と共に王翦軍本陣を挟撃する。

<慶舎軍>

慶舎(けいしゃ)

・李牧傘下筆頭将軍。
・武器…剣。
・人物…武力だけでなく、知勇兼備を兼ね備えた麃公とは異なる本能型の武将であり、「沈黙の狩人」の異名を持つ。

元々は戦争孤児であったが、李牧に才能を見出された。市松模様の飾りで統一された彼の直属の配下達はかなりの強者揃い。黒羊戦で総大将として活躍するも、信との激闘の末に敗れ命を落とす。

岳嬰(がくえい)

・慶舎傘下筆頭将軍。
・武器…槍。
・人物…気性がとても荒く、一匹狼な性格。しかし、慶舎には心酔していた為、慶舎を討った信に強い復讐心を抱いていた。

現在…朱海平原の戦いでは信を討ち取ろうとするも、敗れてしまい、逆に討たれる。

金毛(きんもう)

・慶舎傘下将軍。
・武器…曲刀。
・人物…恰幅が良い智将。

現在…朱海平原の戦いでは趙軍中央軍の一角を任されている。飛信隊の中枢を担うのは河了貂であることを気付き、乱戦に紛れて奇襲を仕掛けるも飛信隊随一の弓の名手である蒼兄弟に阻止され、最後は弟・蒼淡に討ち取られる。

<紀彗軍>

馬呈(ばてい)

・紀彗傘下将軍。
・武器…長柄大斧。
・人物…紀彗の幼馴染であり、紀彗軍の中で随一の猛将。

現在…朱海平原の戦いでは、趙国軍右翼の一角を任されている。糸凌に武力で圧倒されていたカイネの元に駆け付け、李牧の傍に行くように促し、糸凌の相手を引き受ける。

劉冬(りゅうとう)

・紀彗傘下将軍。
・武器…剣。
・人物…紀彗の幼馴染であり、紀彗軍の中で随一の武芸にも長けている智将。

現在…黒羊戦で羌瘣と二度の激闘の末、討ち取られ、この世を去った。

<趙国民>

紫夏(しか)

・趙国の闇商を営んでいる紫家の頭目。
・武器…弓。
・人物…彼女自身が戦争孤児で餓死寸前の時に行商人・紫啓に拾われた過去がある。
過去の経験から自分と似た境遇の嬴政を助けたいと思い、仕事を受けた。しかし、趙国の兵士たち追撃を受け、この世を去った。

魏国

<王族>

景湣王(けいびんおう)

・第一五代目魏国王。
・人物…辛辣な言葉を浴びせられても、怒りを露わにせず、とても温厚で寛容な人物。また廉頗の敗戦の罪を死罪ではなく、追放に留めるまでにした。

<魏国軍>

呉鳳明(ごほうめい)

・魏国筆頭大将軍。
・人物…呉慶の息子であり、父譲りの才覚の持ち主。
・独自の攻城兵器…「巨大井闌車」や「床弩」。

合従軍では魏軍総大将として、函谷関の守備隊を苦戦させる。著雍戦では要衝の防衛を指揮するも、信の参入と襲撃を受けたことで霊凰を身代わりにして離脱。その後、著雍から魏軍を撤退させた。

廉頗(れんぱ)

・旧・趙国三大天筆頭→魏国大将軍。
・武器…大矛。
・人物…見た目は顔中に無数の傷跡がある初老の大男。英雄視されるほどの名将。

魏の繁陽を進軍中、悼襄王が趙王に即位する同時に更迭処分されそうになるが、これを拒否し、追討軍を返り討ちにした後、そのまま魏へ亡命した。三年間沈黙を破り、秦国の侵攻の際に魏軍を率いたが、魏から山陽喪失の責任を負わされ、終戦後に臣下達と共に今度は楚国へ亡命する。その後、楚国では、春申君暗殺後に李園と媧燐を面会させる。

魏火龍七師

呉慶(ごけい)

・魏火龍七師筆頭。
・武器…長剣。
・人物…出自は趙によって滅ぼされた「甲」という国の王族。知略と武芸にも長けている武将であり、秦国六大将軍や趙国三大天と渡り合ったほどの実力者。魏火龍同士の内乱時では、処刑を留め、地下牢に幽閉にさせた。
その後、蛇甘平原で戦いの中で秦国大将軍・麃公に敗れ、この世を去った。

凱孟(がいもう)

・魏火龍七師の一人。
・武器…大矛。
・人物…武芸に秀でた豪将。彼に倒された武将は数多くいる。

実は王騎達とは同年代だが、志しはあまり高くなく、現実主義者。
著雍戦では信と死闘を繰り広げるも決着が着かず、著雍から撤退。

霊凰(れいおう)

・魏火龍七師の一人。
・人物…軍略家であり、呉鳳明の師。
魏火龍の同士討ちの際には凱孟達と共に地下牢に幽閉。
著雍戦では、呉鳳明に身代わりにされ、信に討たれ、この世を去った。

紫伯(しはく)

・魏火龍七師の一人。
・武器…槍。
・人物…知勇兼備の武将であり、魏国史上最強の槍術師として名高い。本名は紫詠。
義父・紫太とは血の繋がりが無く、母親の死後すぐから存在を疎まれて戦地へ送られる日々を過ごした。

妹の紫季歌とは深く愛し合っていたが、彼が遠征中に紫太によって魏火龍・太呂慈と紫季歌の婚儀を強引に行われ、紫詠への愛を誓う紫季歌を不貞を働いたとして魏火龍・太呂慈に命を奪われた。その後、太呂慈と紫太を討ち取る。その後、著雍戦では玉鳳隊を苦戦を強いるが、王賁に討たれ、この世を去った。

<凱孟軍>

荀早(じゅんそう)

・凱孟傘下筆頭将軍。
・人物…戦術や兵法に秀でた軍略家。凱孟からの信頼されている。

<呉鳳明軍>


乱美迫(らんびはく)

・呉鳳明傘下筆頭将軍であり、元霊凰軍に所属していた。
・武器は大矛。
・人物…顔に鉄仮面を纏った巨漢の男。その実力は高く、武力なら六将級に匹敵すると言われる猛将。

<廉頗軍>


介子坊(かいしぼう)

・廉頗四天王筆頭。
・武器…長柄斧矛。
・人物…辮髪と体格に恵まれた大柄な男。
知略を活かした戦法は苦手だが、真っ向勝負には強い。
山陽戦ではその武力を活かし、奮闘するも、戦後は廉頗に従い、楚国に亡命する。

姜燕(きょうえん)

・廉頗四天王の一人であり、「中華十弓」の一人。
・武器…弓。
・人物…かつて廉頗と互角に渡り合った人物であり、かなりのイケメン。
山陽戦では王翦と死闘を繰り広げた後、戦後は、廉頗と共に楚国に亡命した。

輪虎(りんこ)

・廉頗四天王の一人であり、懐刀的な存在
・武器…双曲刀。
・人物…一見すると少年のように見えるが、年齢は三十代。
元々は戦争孤児だったが、廉頗に拾われ、軍才のを見出され、王騎にも一太刀を浴びせた過去がある。

山陽戦では、様々な死闘を繰り広げるも、信との戦いの中で戦乱が次の世代へと移りゆくことを感じながらこの世を去った。その後、彼の愛剣は信に譲られた。

玄峰(げんぽう)

・廉頗四天王の一人。
・人物…廉頗の師であり、大軍略家。
山陽戦では編においては、奇策により秦軍に大打撃を与えるも、桓騎に敗れ、この世を去った。

楚国

<王族>

考烈王(こうれつおう)

・第四十三代目楚国王。

<楚国廷臣・諸侯>

春申君(しゅんしんくん)

・楚国宰相にして、戦国四君の一人。
・人物…考烈王と李園の三人で自分の子を王の子として王位を即位させようと画策したが、考烈王の死後に王弟に王位を継がせようと考えを改めたことで李園に暗殺される。

李園(りえん)

・春申君の食客→楚国宰相。
・人物…春申君を暗殺した後、媧燐と面会し、共に宰相となる。

<楚国軍>

項燕(こうえん)

・楚国筆頭大将軍であり、「楚の虎」の異名を持つ。

汗明(かんめい)

・楚国大将軍であり、「楚の巨人」の異名を持つ。
・武器…大剣・大錘・巨大な分銅のような流星錐。
・人物…初陣から全戦全勝の猛将。

函谷関戦では秦国将軍・蒙武と激しい死闘を繰り広げるが、誤って一騎討ちに割って入ってきてしまった蒙恬に激昴し、斬り伏せたことにより蒙武の怒りを買い、討たれこの世を去った。

媧燐(かりん)

・楚国将軍→大将軍兼宰相。
・人物…巨躯の美女であり、かなりのドS。しかし、春申君に優秀と言われるほどの知略に長けた天才的な軍才の持ち主。戦いにおいては手段を選ばない狡猾さを持っている。
春申君暗殺後に再会した李園に請われる形で、共に宰相となる。

<臨武君軍>

臨武君(りんぶくん)

・楚国将軍であり、「楚の剛将」の異名を持つ。
・武器…大槌。
・人物…巨漢の大男で、その巨漢に見合った怪力を有しており、闘能力も高い。

函谷関の戦いでは圧倒する武力を見せるも、秦国将軍・騰との戦いでは逆に圧倒的な武力の差を見せつけられ、討ち取られてしまう。

<媧燐軍>

媧偃(かえん)

・媧燐傘下筆頭将軍であり、媧燐の実弟。
・武器…長槍。
・人物…姉・媧燐の命令で蒙武を背後から槍で貫こうとしたが、蒙恬に阻まれてしまい、失敗する。

バミュウ

・媧燐傘下将軍であり、媧燐軍副官。
・人物…常識人。媧燐の理不尽な制裁を本人も満更ではない様子で受け止めている。

項翼(こうよく)

・媧燐軍千人将であり、「楚の雷轟」の異名を持つ。
・武器…剣(中国五大宝剣・「莫耶刀」)。
・人物…直情径行のような性格の持ち主。している。
臨武君の討死後は、白麗と共に媧燐軍に…。臨武君の敵である騰と死闘を繰り広げるも決着は着かず、引き分けとなる。

白麗(はくれい)

・媧燐軍千人将であり、「中華十弓」第三位。
・人物…姉・白翠が臨武君に嫁いでいる。項翼の相棒。

韓国

<韓国軍>


成恢(せいかい)

・韓国筆頭大将軍。
・武器…即効性と殺傷力の高い多種の奇毒を扱う。
・人物…元々はかなりの美男子だったが、長きに渡る猛毒研究の影響により、身体中に黒い血管の浮かぶ、醜く、異様な容姿に容貌してしまった。
合従軍では、韓国軍総大将を務めた。
毒を使い連合軍を一度は追い詰めるも、秦国大将軍・張唐に討たれ、この世を去った。

張印(ちょういん)

・成恢傘下将軍。成恢後任の韓軍総大将代理として参戦。

斉国

王建王(おうけんおう)

・第八代目斉国斉国王。
・人物…どこか癖のある人物で、露骨な物言いを好む。
合従軍への参戦を中止した。
その後、極秘で李牧と共に咸陽を訪れ、秦王嬴政と会談する。その中で、嬴政から「中華統一」の真意と中華統一後の統治のあり方として「法治国家」という答えに心から感嘆し、降伏宣言をする。

燕国

<燕国軍>


楽毅(がくき)

・今は亡き燕国筆頭大将軍。軍神の異名を持つ。
・人物…滅亡寸前だった燕国を復興させ、斉国を滅亡寸前まで追い込んだ伝説の人。

劇辛(げきしん)

・燕国筆頭大将軍。
・武器…矛。
・人物…楽毅と共に燕国を復興させた救国の英雄。
出自は趙国。趙国にいれば三大天の一人となっていたと評価されるほどの人物。
しかし、趙燕戦争では、李牧の策を見事に見破るも、龐煖に討たれ、この世を去った。

オルド

・燕国大将軍→筆頭大将軍。
・武器…剣。
・人物…北の山岳族の王であり、燕軍の総大将。
「山読み」という技術を有している。

王翦軍と戦うも王翦の知略に全く歯が立たず、合従軍の敗因を招いた。

毐国


秦国太后(しんこくたいこう)

・嬴政の実母で太后。
・人物…かつて傾国の美女と謳われたほど、美しい容姿をしている。
元々は呂不韋の許嫁だったが、荘襄王の妃とされただけでなく、趙国で凄惨な日々を送ることとなり、その結果、全てを憎悪の対象と見るようになった。その為、嬴政に対して母親としての愛情は無い。

その後は彼女との肉体関係を断ち切ろうとした呂不韋が送り込んだ嫪毐との肉欲に溺れ、二人の子どもを儲け、太原一帯を「毐国」にすると宣言した。

嫪毐(ろうあい)

・太后との肉体関係を断ち切ろうとした呂不韋が宦官の一人として後宮に送り込んだ男性。
反乱鎮圧後、太后の為に忠誠を尽くし、全ての罪を被って亡くなった。

漫画「キングダム」を無料で読める方法

最新話のネタバレをご紹介してきましたが、絵付きで読みたいなと思った方へ「キングダム」の最新話を無料で読める方法をご紹介します。

【U-NEXTのサービス内容】

  • 月額1990円(税別)が31日間無料!
  • 登録時に600P付与!無料期間後は毎月1200P付与!
  • 雑誌読み放題サービス付き!
  • アニメや動画見放題サービス付き!
  • 付与される1200P以上の漫画購入費用は40%ポイントバック!

U-NEXTでは、「キングダム」が1冊564円で配信してますので最新刊を無料で読むことができます。

また、最新話を読みたい場合は週刊ヤングジャンプも配信してるのでこちらも無料で読めます。

  • キングダム       |全巻  564円
  • 週刊ヤングジャンプ   |最新号 359円
  • 週刊ヤングジャンプ   |〜前号 359~366円

 

またU-NEXTでは「キングダム」のアニメ第一期・第二期も絶賛配信中ですので、動画見放題サービスを利用すれば無料で観ることが出来ます!!

「キングダム」のアニメの続きや最新話、単行本読む場合はおすすめです。
さらに、無料ポイント以外の購入金額が40%ポイントバックされるので全巻集める場合などにお得になります。

▼31日間無料&600Pで今すぐ読める!▼
U-NEXT公式サイト

無料期間内に解約すれば料金は一切かかりませんし、解約も簡単に行うことができます!

U-NEXT解約方法

>>「キングダム」をアニメや漫画を無料で読む詳しい解説はコチラ

あわせて読みたい
【読み放題】キングダム最新刊含め全巻無料で読めるか調査した結果漫画村のような違法ではない方法で「キングダム」の最新刊をすぐに無料で読め、キングダムのアニメも無料で見れる方法がありますので紹介します!...

まとめ

漫画「キングダム」最新話ネタバレまとめでした。

最新話のネタバレではなく絵付きで最新話は読みたい場合は、週刊ヤングジャンプ。
最新刊を読みたい場合も、U-NEXTの無料期間を利用すれば無料で読めるので試してみてください

あわせて読みたい
【2020年最新】電子書籍ストア目的別おすすめ8選|17社を口コミ比較「電子書籍ストアってたくさんあってどれを選べば良いかわからない。」「そもそも漫画アプリと電子書籍の違いって何なの?」など、漫画をスマホや...
漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

まんが王国

まんが王国は、電子書籍サイトで業界最大級を誇ります。

その理由としては、無料漫画数が3000作品以上あるので気軽に読みたい漫画が見つかるところです。

そして会員登録は無料で、月額コースと従量課金コースが選べるので会員登録しといてデメリットはありません。

無料登録で漫画が無料で読めるので、初めて電子書籍サイトを利用する方にもおすすめです。

おすすめ度
月額 月額制or従量課金制
無料期間 会員登録自体無料なのでなし
その他特典 登録時に半額クーポン,無料漫画が豊富

▼登録自体無料!無料で漫画を読む!▼
まんが王国公式サイト

U-NEXT

U-NEXTは、電子書籍サービス+動画配信サービスのハイブリットサイトになります。

月額1980円のコースになりますが、1200Ptが付与され、アニメなど3000件近く見放題なのでお得なサービスです。

さらに、漫画全巻40%Ptバックされるので漫画を沢山読みたい方にはおすすめです。

無料期間中に解約してもお金はかからないので初めやすいですね。

おすすめ度
月額 月額1980円
無料期間/無料ポイント 31日間/1200Pt
その他特典 全巻40%ptバック/無料漫画あり/アニメなど動画見放題
▼31日間無料で今すぐ利用してみる▼
U-NEXT公式サイト
Book Live

電子書籍数業界がebookjapanを超えるBookLive。

30万冊以上多いので全ジャンル問わず取り揃えています。先行配信もあり、初回登録で50%オフクーポンがもらえます。

無料漫画も毎日15,000冊以上読めるので読みたい漫画がきっと見つかるはず。

会員登録が無料で、購入した分だけの支払いになるので無料漫画を読むだけなら料金がかからないのが強みです。

おすすめ度
月額 従量課金制
無料期間 従量課金制なのでなし
その他特典 半額クーポン付与/無料漫画15,000冊以上/書籍数900,000冊以上

▼Book Liveで漫画を無料で読む▼BooK Live公式ページ

3月度マンガ売れ筋ランキング!

ランキング1位「鬼滅の刃」

2019年4月から2クールでアニメ化され、爆発的な人気を誇るマンガ「鬼滅の刃」

どのくらい爆発的に人気が出たかというと、アニメが放送されるまでにあった本屋の在庫が一瞬でなくなるほど。

世界観やストーリーの完成度からキャラクターの熱さ。そしてアニメの出来までも凄い良い作品です。

今やワンピースを抜く勢いです。


↓↓↓「鬼滅の刃」のアニメも漫画も無料で読む方法はコチラから↓↓↓
詳細ページ

ランキング2位「カラミざかり」

カラミざかりは桂あいり作の急激に人気が出た作品です。広告で話題になったNTR漫画です。

背景は、高校生の男女4人が思春期に入り性に目覚めて一線を超えるとこから始まります。

好きな男の子の前でその友達と目の前で使用女の子。好きな女の子が友達としてる様を見て複雑だが、違う女の子としちゃう男の子。結構ストーリーもしっかりしていて続きがきになる大人向け漫画です。

 ↓↓↓「カラミざかり」の漫画を無料で読む方法はコチラから↓↓↓
詳細ページ

ランキング3位「ガイシューイッショク」

ガイシューイッショクとは?「鎧袖一触」の四字熟語からきており、鎧のそででちょっと触れたぐらいの簡単さで敵を負かすこと

2人の男女が同棲することになったが、お互い面識がほぼないので家のことに関して毎回勝負することに

その勝負とは、簡単に言えば感じたら負け!あの手この手で、お互いなんとかしようとする大人向けですがコメディありの作品です!

 

↓↓↓「ガイシューイッショク」の漫画を無料で読む方法はコチラから↓↓↓詳細ページ

漫画読み放題&電子書籍サイト一覧

※クーポン多数配布

※国内最大級サービス

※読み放題プランあり

※格安でレンタル可能

※KADOKAWA作品配信

※独占先行配信あり

お得過ぎる電子書籍サイト情報と比較まとめ