最新話ネタバレ

ワンピース937話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想もまとめ

2019年3月25日に発売予定の週刊少年ジャンプ2019年17号掲載のワンピース【第937話】のネタバレと考察をしてみました。

ちなみに936話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。

https://shonenrival.com/onepiece-936-netabare/

これからワンピース937話の考察とネタバレを含む内容をご紹介します。

936話までの内容を絵付きで読みたい場合は、ジャンプ+を利用すると読めるのでチェックしてみてください。

あわせて読みたい
ワンピースの単行本を全巻無料では読めないけど7巻分を無料で読む方法!▼安心・安全の公式サービスで無料で読める!▼ ONE PIECEの単行本を無料で読む! 尾田栄一郎さんの超人気漫画「ワンピース」は1...

次に考察からのネタバレを記事にしてますので、お付き合いいただければと思います。

スポンサードリンク

ワンピース【第937話】 のネタバレ考察(確定ではありません)

ちなみに前回のワンピース936話のネタバレがまだの方はこちらも読んでみてください。

あわせて読みたい
ワンピース【第936話】 最新話のネタバレと感想!!漫画ワンピースの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画ワンピースの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

ルフィの大相撲、河松との再会、サンジとナミたちの合流、ベポたちの情報…と、
とにかく良い報せも悪い報せも入り乱れまくっていた936話。

それで見えてきた伏線的な部分をもとに、
今後の展開を少しだけ考察していきたいと思います!

河松の空白の7年?時を越えなかったひとたち?

今回でとにかく気になるのは河松の存在ではないでしょうか?

「腐った魚を13年食ってきたかいがあった」といっていましたが、
今が錦えもんたちがトキに飛ばされて20年後なので、河松が13年も牢獄に入れられていたなら、彼は一緒に飛ばされていないということでしょうね。

それでないとしたら、彼の飛ばされた時代が、
錦えもんとは別の時代、という可能性もありますが、
935話で「あの頃の姿…そのままだな…」と驚いたところから見ると、河松は飛ばされず、自分は20年しっかり年をとったから、その言葉が出たのではないかと思います。

ということは、日和(個人的には小紫だと思っています)・河松・傳ジロー・アシュラ童子はそのまま残され、それぞれが散っている状態になっているのでは?

ただ、13年捕まっているなら、7年間は何をしていたんだ??という謎も。
そこに関しては、個人的には日和や他の人間と一緒に身を隠していたのではないかな、と思います。

そこで、アシュラ童子(酒天丸)は嫌気がさし、ひとり盗賊へ。
残された傳ジローと河松が日和を護りながら身を隠していたけれど、
河松が捕まり、傳ジローと日和だけはなんとか逃げ切った…という展開では??

それを受けて、オロチか誰かが、光月家にゆかりのあった人間たちの存在に更に敏感になり、ヒョウ五郎や福ロクジュなどを一掃したのかもしれませんね。

更には、おでんや光月家の悪評を幼い子供たちに再教育させ、
光月家の生き残りの肩身を、更に狭いものにしたのかな。

ただ、日和(小紫)だけはオロチに「光月家の人間」だとバレていなかったので、
もしかしたら狂死郎が、自分のところで買い取る形で、日和(小紫)匿ったのでは…と考えてしまいます。(あくまで狂死郎が味方側だった場合)

それか、狂死郎が味方ではなかったのなら、単純に金を持っていそうな狂死郎のところに、日和が自分を売り込んだのかもしれませんね。

だとすると、小紫のお金は、
本当に狂死郎への借金返済だったのかもしれません。

狂死郎が味方か敵かは、小紫の葬式で明らかになるのでは、と個人的に期待しているので、
次回以降、そこも期待してみていきたいですね。

雷ぞうの鍵は誰の鍵??

これは、かなり気になりますね!
河松の鍵かな…とも思いましたが、海楼石なので、
もしかしたらキッドの鍵なのではないでしょうか。

それで、キッドも今回の作戦に参加する流れになるのかもしれませんね。
ただ、キッドは果たしてどこに行ったのか??

海楼石の手錠をしたままなので、恐らくそう遠くへは行っていないと思います。
もしかしたら、まだ近くにいて、逃走する雷ぞうと出くわすのでは?

キッドが鍵を探しに看守塔へ来て、鍵を持った雷ぞうと共闘する可能性もありますね。

もしかしたら、ルフィのピンチも、
雷ぞうに脅されるような形で、助けてくれるような展開にもなるのではないでしょうか。

ルフィの勝負の行方と、ヒョウじいのその後。

そして、ついに海楼石の手錠がとれたルフィ。
これまで海楼石で戦うことを「修行だと思っている」と話していたルフィなので、
もしかしたらこの相撲で、新たな能力が覚醒するのではないでしょうか?

ここから恐らく、ビックマムとも出会うでしょうし、
その力が、四皇との戦いに生きてくるのかもしれませんね。

そして、ペアを組むことになったヒョウじいですが、2人組ということで、
ルフィだけでなくヒョウじいが狙われる場面がやってきそうですよね。

でも、彼も現役のときは仁王像を思わせるような姿(しのぶの記憶から)だったので、
もしかしたら何か、力を発揮するような展開になったりするのでしょうか。

そういえば、ルフィが覇王色の覇気を出したとき、あんなにルフィの近くにいたのに、ヒョウじいは失神していませんでした。

もしかしたら軽く出しただけだからそうだった、ということもあるのかもですが、
もしやヒョウじいも、何か覇気が使えたりするのでしょうか…?
だとしたらヒョウじいは、侍をまとめる以外にも、かなりの戦力になります。

それか、もしかしたらルフィの力の覚醒に、ヒョウじいの危険が影響することも、あるかもしれないですね。

ゾロと男の戦いは、義経と弁慶?

最後に出て来たこれは、誰もが思い当たる形でしたよね。
刀を集めていて出会う、というのも、弁慶そのもの。

(弁慶も刀を1000本集めようとして、999本集めたところで義経と出会いました)

ということは、ゾロが彼に勝てば、味方になってくれるということで間違いないでしょう。
しかも、弁慶は義経の京落ちに同行していました。

となると、ここから彼がゾロの案内役になってくれるのではないでしょうか!
迷子にならないゾロが見れそう!! 安心!!

そして更に、ここが北の墓場であることを考えると、
もしかしたら”オバケ騒動”はもしかしたら彼の仕業だったのでしょうか。
後ろの刀は、ここに色々な侍を誘い出して、ここで奪っていたという事なのかも。

ただ、彼の目的がよくまだわかりませんね。
「秋水」を「リューマ」の墓に返すことがゾロから盗んだ目的だとしたら、ゾロの言うとおり、後ろの刀は一体なんのためなのか?

もしや、弁慶は光月家以降の侍を侍と認めておらず、
自分が認める「本物の侍」以外から、刀狩りでもしてた…とか?
だとしたら、もしかしたらこの弁慶も、光月家側の人間のひとりなのかもしれません。

ただ、弁慶には「弁慶の立往生」もありますので…。
彼との別れが、悲しいものでないことを祈ります。

次にワンピース937話のネタバレ情報になります。

ワンピース【第937話】最新話のネタバレ

ここはワノ国。

九里から兎丼に向かうこの途中で、
ビックマムは相変わらずワニザメに乗りながら、豪快に笑っていた。

ビックマムとチョッパー

どうやら、ともに乗るお玉と一緒に、おしるこの話をしているらしい。

そのなかで、お玉は「あんこの甘さ」を思い出してうっとりしているが、
対するビックマムはあんこを、お餅を包み込む「カエルの目玉のような光沢」だと独特の表現をする。

それを聞いたお玉は、思わず「コワイ」と零した。
だが、当のビックマムは大声で笑い、そんなこと構わないよう。

それよりも、お腹がすいて仕方ないというビックマム。
おしるこが食べたくて仕方がないのだ。

それを傍で聞いていたお菊は、ずいぶんおしるこで盛り上がっているな、と呑気に考えていたが、チョッパーだけは、違っていた。

もし兎丼におしるこがないと分かった衝撃で、
彼女が『ビック・マム』に戻ってしまったら――――…

助けにいくどころか、逆にルフィを危険に晒されることになる。

そう考えたチョッパーは、兎丼に向かいながら、
震えも涙も、一向に止まらなかったのだった。

ルフィの悩み

一方、そんな噂のルフィは、
兎丼の囚人採掘場で、未だ”大相撲インフェルノ”を行っていた。

しかしルフィの強さは圧倒的なようで、
既に百獣海賊団のプレジャーズ達は全滅。

それを見ていた他の人間たちは、
みんな不満いっぱいにブーイングのような声をあげていた。

そんななか、当のルフィは、何やらブツブツと、納得いかない様子。

「んー…違う!! レイリーはあのゾウに触れずに弾いた もっと軽~くやってた」

そう呟きながら腕を前に伸ばすルフィは、
どうやら修行中の、レイリーのことを思い出しているらしい。

すると、その声が聞こえたのか、ヒョウじいが驚いたような声をあげた。

「……レイリー………? 麦わらの人…!! お前さん一体…」

しかし、ルフィは相当夢中になっているようで、
ヒョウじいの声が聞こえないらしい。

ヒョウじいの声を無視し、ルフィは必死に考える。

(見えない鎧を着るイメージを持て)

そして、そう言ったレイリーの言葉を思い出しながら、
彼が見せてくれた「最初の”覇気”」が、段違いのかなり凄いレベルのものだったことを思い知っていた。

「アレが使えれば………!!」

まさかのクイーンの大好物

そしてそう呟くルフィの一方。
相撲という名の処刑を見守っていたクイーンは、何か温かいものを啜りながら、ルフィの健闘を面白そうに眺めていた。

それに対しダイフゴーは、
恐らく、先ほどルフィにやられたことが相当悔しいのだろう。
自分にやらせてくれれば即死刑完了なのに、と怒りに震えている。

しかしクイーンは、「そんなものどこでエキサイトすんだ」とダイフゴーを怒鳴りつけた。
「時間」と「人数」――戦闘にはこれが一番こたえるんだと言って。

そしてクイーンは徐に、
近くにいたシェフのような人間に「おかわり!!」と、今食べていたものを所望した。

それを見ていたダイフゴーは「もう何杯めです」と怪訝な声をあげたが、
それに対しても、クイーンは怒りの声をあげる。

「バカ野郎!! おしるこはおれの酸素だ!!」

ちなみにそう言うクイーンは、自分が来るときに
一緒におしるこを大量に持ってきたらしい。
だが彼は、口元を拭いながら、そのおしるこを「誰にもやらねェぞ」と高らかに宣言した。

なぜなら、おしるこはクイーンの大好物だから――――…

そんな話をするクイーンの一方、
これを修行ととらえるルフィは、やる気満々で、次の相手を呼びつけていたのだった。

伝説の侍・リューマ

その頃、ワノ国・鈴後にある”おいはぎ橋”

そこでは、未だゾロと向き合いながら、
「ウソをつくな!!」と薙刀を振り下ろす大男―――牛鬼丸の姿があった。

彼は、おいはぎであり、僧兵でもある男。
そんな彼はかなりの剣幕で、ゾロを強く怒鳴りつけていた。

「何がリューマに会っただ」

しかしそれに対してゾロは、
恐らくスリラーバーグでのことを思い返しているのだろう。

全く動じずに、「魂は知った奴だったがな」と言葉を濁しながら、
本当に会ったのだと言わんばかりの反応を見せた。

だが、牛鬼丸は「くだらぬ」と言って納得しない。

当たり前である。
彼の知る「リューマ」という名の侍は、数百年も昔に死んでいるのだ。
さらに言えば、リューマは”いかなる手合も一閃の内に斬り伏せた”という伝説の持ち主。

”生涯無敗の大剣豪”と呼ばれていた存在だったのだ。

そんな人物からなど、例え会っていたとしても、刀を譲り受けることなどありえない、と牛鬼丸は言いたいのだろう。

そして、「貴様に名刀”秋水”の価値などわからぬ」と怒る彼は、思い切りゾロに向けて薙刀を振る。
しかしゾロは軽々と跳びあがってそれを避け、橋の欄干に飛び移った。

すると、ふと牛鬼丸は、このワノ国の”昔の話”をし始めた。

「黄金の国」

牛鬼丸曰く、ワノ国は大昔「黄金の国」として知られていた。

何故そう呼ばれるのか、わからないゾロが不思議そうな顔を浮かべるが、
牛鬼丸はお構いなしに、薙刀を振り回しながら、ワノ国の昔話を続ける。

その昔のワノ国は、
多くの海賊が、その”黄金”目当てにやってきたのだという。
さらには多くの貴族も、この国を支配下にしようと目論んだ。

そうしてワノ国は、世界中から敵が無数に攻めてくる状況に陥ってしまった。

そんなとき、リューマが
「ワノ国に侍あり」と世界に言わしめるほど、並みいる敵に歴々たる強さを見せつけたのだそう。

ちなみにそんなリューマには「都の空に現れた竜をも斬り捨てた伝説」があるそう。

しかしそれは、
彼の数ある伝説の中のひとつにすぎないと牛鬼丸は言う。

そしてリューマの死後、彼は「刀神様」と皆に崇められた。
更には彼とともに、名刀「秋水」も埋葬されたそうだ。

そのふたつが、ワノ国にとっての”国の宝”だということで。

その話を聞いたゾロは、
牛鬼丸の薙刀を軽くいなしつつ、話自体は理解した模様。

しかし「自分には関係がない」と笑いながら零すと、
「秋水は返して貰う!!」とはっきりと言い放った。

ゾロにとって、刀が三本無い状態は、どうにも落ち着かないようなのだ。

名刀”秋水”の謎

そんなとき、
ふと牛鬼丸が徐にゾロへ「それがしの買い被りだった」と言い出した。

そして彼は続けて、「秋水は「黒刀」である」と言う。

リューマとともに、数々の戦いを潜り抜けた末に
黒刀””成った”のだと。

「それを欲する程度の気概なき小僧かと問うたのだ!!!」

そしてそう言った牛鬼丸だが、
するとゾロは、挑発よりも「黒刀になった」というその言葉に引っかかる。
そもそもゾロはそれが、実は前々から気になっていたのだ。

そしてそれを、彼が牛鬼丸に問いただそうとした、その時だった。

急に向こうから、助けを求めるような声が聞こえてくる。

それが聞こえたゾロは、何事かとそちらをちらりと見るが、
その隙に牛鬼丸が攻撃を仕掛けてきたので、ゾロは牛鬼丸と言い合いに。

ゾロが出会った、まさかの人物たち

しかし、そんなゾロたちに、必死に声をかけてくるのは、一人の女性と、子供。

―――芸者風の美しい女性と、それに抱えられたおトコだった。

「あっはっはっはっはっはっはっ!! あ!! お侍だ!! おーい助けてー!!」
「剣士様方 どうかお助けを!!」

必死に息を乱しながら叫ぶ芸者に、彼女に抱えられながら笑い続けるおトコ。
おトコの性格を知らないゾロは、ふざけてるのか深刻なのかはっきりしろ、と思わず怒りの声を上げてしまった。

だが、おトコを抱える女性に滲む血を見て、冗談ではなさそうだと状況を察知する。

そんなときだった。

彼女たちの後ろから、
空中をぐるぐると回りながら、猛スピードで追いかけてくる、包帯まみれの男の姿が。

手には大きな二本の鎌を持ち、全身を大きな羽織で覆っていた。

そして、彼女たちがあと一歩、その鎌の犠牲になろうというとき。
間一髪、その間にゾロが入り、その鎌を止める。

しかしその隙に、後ろからゾロを攻撃してくる牛鬼丸。
その空気の読めなさに、ゾロは怒りを露わにしながら牛鬼丸を罵るが、
当の牛鬼丸は「キサマ それがしとの決闘は…と凄んできた。

そんな牛鬼丸を「ちょっと待て」と何とか説得し、
改めて包帯だらけの男と向き合ったゾロ。
すると彼は、高らかに笑いながら、ゾロに話しかけてきた。

「ファッファッファッファ!!
 お前は!! 下手人ゾロ十郎だな!? なぜその女達を助ける!?」

そう言った男は、同時に芸者にも尋ねる。

「女は、何故ガキを助けるのか」と。
そんな男は、花の都のお尋ね者「人きり鎌ぞう」その人だった。

人相書きの通り、頭には長いポニーテールのような髪を結い上げ、鎌を二本持っている。

鎌ぞうの狙い

そして鎌ぞうは、今度ははっきりと芸者に向けて話しかけてきた。
どうやら、彼の狙いは「おトコ」らしい。

「おトコ」のことを「笑い袋」と呼び、こちらに引き渡すように言う。

すると、芸者は花の都で話題という事もあり、鎌ぞうのことを知っていた。

―――彼が、無差別な辻斬りであることも。

しかし、そんな彼が、
本当は「オロチの息のかかった刺客」であることを見抜く女性。
でなければ、おトコを殺したがったりなどしないだろう、と。

それに対し、女性が「オロチ」と、将軍を呼び捨てにしたことに反応する鎌ぞう。
そして「貴様こそ何者だ!!」と言いながら高らかに笑う鎌ぞうだったが、女性はそんなことは構わず、ゾロに助けを求めてくる。

自分にできることなら、どんなお礼でもするから、と。

するとゾロは、女子供を自分の目の前で殺されるのは見過ごせないと呟き、
この戦いが終わったら、酒とメシを用意してほしい、と条件を提示する。

すると「ぜひ!」と力強く答える女性。
それを聞き「よしのった」と呟いたゾロは、鎌ぞうに対峙した。

ゾロの相手

それを受け、しかし余裕の表情を浮かべる鎌ぞうは、こう言う。

「邪魔をするものは何人でも 殺せと言われている

それを聞き、「上司のいるやつを殺すのは後々面倒」だと呟くゾロ。
しかし鎌ぞうは斬りかかりながら、「その心配はいらない」と言い捨てた。

――――死ぬのは自分ではなく、ゾロの方だから、と。

そして、戦い始めるふたり。
そのなかで、ゾロは鎌ぞうがかなり強い人物であることを見抜き、自分も本気を出すように、羽織を脱ぎ捨てた。

ひっきりなしに刀が合わさる音が響く。
そこには緊張感が漂い、その空気の振動は、近くの木の雪を落とすほどだ。

そんな戦いを、牛鬼丸はただ、じっと見つめていた。

そして、その戦いの、その一瞬。

「隙ありィ!!」

そう叫んだ牛鬼丸が、ゾロに向かって徐に薙刀を振り下ろしてきた。
突然の奇襲に慌てるゾロだが、その隙を鎌ぞうは見逃さない。

そして、ゾロの肩には、鎌ぞうの鎌が突き刺さってしまった。

血しぶきがあがり、この戦いを見守っていた芸者とおトコは、思わず息を呑む。
鎌ぞうは、そんな状況を、笑いながら見ていたが――――…

「!? ん!!? 抜けねェ!!

一転、慌てたような声を上げる鎌ぞう。
ゾロの肩に刺さった鎌が、どんなに引いても抜けないのだ。

対するゾロは、肩から血を流しつつも不敵に笑う。

そのまま鎌ぞうに向かって刀を振り回してきたので、
鎌ぞうは咄嗟に、鎌から手を離して跳びあがった。

すると、ゾロは「コレで…間に合わせよう」と肩に刺さっていた鎌を引き抜くと、
それを、力強く口にくわえ――――…

「刀…三本!?」

そんな女性の驚いた声が響く中、ゾロは鎌ぞうに向かって踏み込む。
鎌ぞうも負けじと、残った一本の鎌を構えるが―――…

”三刀流”… ”煉” ”獄” ”鬼斬り”!!!!」

 

そう言って放たれたゾロの一撃に、
鎌ぞうはもはや、成す術はなかった。

ワンピース【第937話】に出てきた気になる伏線!

ヒョウじいの反応

ルフィがレイリーのことを話したとき、
ヒョウじいはどこか、知っているような反応をしていましたね。

確かに「ロジャーの右腕」として知られていますし、
ヒョウじいと親交が深かったという「光月おでん」は、
ロジャーとともに「ラフテル」と「世界の秘密」に辿り着いた人物
なので、
知っていても当たり前なのかもしれませんが。

でも、もしかしたら、ヒョウじいはレイリーと面識があるのかなと思いまして。
だとしたら、ヒョウじいがポーネグリフに関する何か重要な手がかりをもっている可能性も、あるのではないでしょうか。

もしかしてヒョウじいが、光月おでんに言われて、ポーネグリフを作ったとか…??

ルフィの覇気

新しい能力の開花か…?と思っていたので、
これは嬉しい情報でした!

このワノ国で、ルフィは覇気を極めることになりそうですね。
先ほどヒョウじいとポーネグリフの話をしたところなので、
もしかしたら、ルフィもここで「万物の声」も聞こえるようになるんでしょうか。

この採掘場での出来事のすべてが、実はポーネグリフに繋がっているとしたら、
ちょっと面白いかもしれません。

ビックマムとクイーンとおしるこ

これはチョッパーの発言も含め、盛大な伏線でしたね(笑)。

これは、採掘場でビックマムが食べわずらいを起こすフラグだと思います。
その対応に、クイーンがおわれることになりそうですね。

ビックマムの記憶も、もしかしたらここで戻るのではないでしょうか。
ビックマムVSクイーン
の戦いになりそうな感じもあります。

ところで、体の大きい人は、おしるこが好きなのかな??

それが何かの伏線だったら、更に面白いですけど、
何の伏線になっているのかとこじつけて考えても、答えは出ませんでした…。

名刀「秋水」の謎

刀が黒くなる…といえば、
個人的には血しか思い浮かばないんですが…。

というか、そもそも前に、
何故かゾロの持っている秋水の柄が違う時があるのが話題になってましたよね。
もしかして何か能力というか、
覇気のようなものを込めると、秋水が変化するような仕様になっているのでしょうか。

だとしたら、ここでゾロも何か成長するタイミングが来るのかもしれませんね。

「都の空から現れた竜」と「黄金の国」

なんだかすごく、天竜人を思い出させるキーワードだな~と思いました。
わざわざ牛鬼丸が「海賊」のほかに
「貴族」というキーワードを出してきたのも、なんかひっかかります。

そうなってくると、オロチと世界政府がつながりを持っているのも、
何となく繋がってくるような、そうでもないような。

思うに、恐らくリューマは、天竜人をワノ国から追い返したのではないでしょうか。
そのまま鎖国する流れになったが、誰かしら…
おそらく黒炭家あたりが、天竜人再び招き入れた…的なところでしょうか。

じゃないとしたら、竜はオロチとかでしょうかね…。
ただ、そうなると「伝説になっている」ところにつながりきらないような…。

おトコと芸者の正体

この芸者は小紫じゃないの????

と大声で叫びたかったんですが。
というか、この芸者は、私は小紫だと思ってたんですが、
しばらく読んでもちゃんと明らかになってこなかったので、芸者としました。

でも恐らく小紫だと思ってます…。

でもそれよりも気になるのは、おトコですね。
単純にオロチからの命があって、逆恨み的に狙われたというだけなのでしょうか。
だとしたら、この芸者(小紫)がここまで命を張って助けるのでしょうか??

ずっと小紫を日和だと思ってきましたが、もしかしておトコが日和だった?
だとしたら小さいので、日和もトキの能力で時代を飛んでいたことになりますよね。

そこでえびす町にたどり着いたという流れなのでしょうか。
ということは、もしかしたらこの芸者(小紫)は、日和(おトコ)の用心棒的な…?

そして、この芸者が小紫であれば、
狂死郎が光月家側説が再浮上しますね。

ここもどうなるのか…ゾロが決着しそうなので、次回ここが明らかになりそうです!

人きり鎌ぞう

かなりの悪人のように描かれている鎌ぞう。
オロチの手下、ということのようですが、果たしてその正体は?

ただ、顔にぐるぐるに包帯を巻いている…というところから、
もしかして光月家の火事に巻き込まれた人物なのではないかと思っています。
だとすると、まだ明らかになっていない傳ジローなのではないか、と。

でも、そうすると、
芸者(小紫)・おトコどちらかが日和であった場合、どっちにしろ顔がわかるはずなので、その人を殺そうとする流れにならないんですよね。

ということは、完全に敵なのでしょうか。
ただ、ゾロと戦って敗北しそうな流れなので、協力してくれそうな感じはあります。
何故人斬りになってしまったのかなど、次回明らかになるのを期待しています。

ワンピースの最新巻をU-NEXTで無料で読む

以上、ワンピース【第937話】 の考察とネタバレを紹介しましたが、やはり絵つきで読んだ方が面白いですよね。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読め、アニメも1800作品見放題になります!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読むことはできませんが、最新巻は無料で読むことができ、ワンピース含めたアニメも見れますのでオススメです!

ワンピース最新巻を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

ワンピースの最新刊を今すぐ無料で読む

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

まとめ

以上、ワンピース【第937話】の考察からのネタバレ・感想を紹介しました。

今回の937話もですが、ワンピースの漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

あわせて読みたい
【2019年最新】電子書籍サイト目的別おすすめ8選|17社を口コミ比較「電子書籍サイトってたくさんあってどれを選べば良いかわからない。」「そもそも漫画アプリと電子書籍の違いって何なの?」など、漫画をスマホや...
漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

漫画読み放題&電子書籍サイト一覧

※クーポン多数配布

※国内最大級サービス

※読み放題プランあり

※格安でレンタル可能

※KADOKAWA作品配信

※独占先行配信あり

お得過ぎる電子書籍サイト情報と比較まとめ

漫画を無料で読めるおすすめサービスランキング

U-NEXT

U-NEXTは31日間の無料トライアルと登録時に600ポイントが付与されます。

動画配信サービスとして有名で、見放題作品が豊富なのも嬉しいですね。

電子書籍のラインナップもかなり多く、無料ポイントですぐに読むことができます。

月額料金 1990円
無料期間/ポイント 31日間/600ポイント
その他特典 雑誌読み放題、動画見放題、スマホ対応

U-NEXTも動画配信サービスがメインで、見放題作品が豊富なこととして有名です。

電子書籍の数もトップクラスで、スマホでは専用のリーダーがあり、購入した本がそのリーダーに共有されて見やすく管理されています。

他のアニメや漫画など見たいものが多い方はおすすめです。

U-NEXTで漫画を無料で読む

music.jp

music.jpは動画・音楽・電子書籍サービスと幅広く利用できるサービスです。

漫画や音楽で使えるポイントは961ポイントですが、これとは別に動画で使える1500ポイントももらえます。

また、電子書籍購入時には10%のポイント還元もあります。

月額料金 1922円
無料期間/ポイント 30日間/961ポイント(動画1500ポイント)
その他特典 購入時10%ポイント還元、スマホ対応

music.jpは動画配信サービスで見放題のコンテンツがないこともあり、ポイントに力を入れているサービスです。

アニメや映画でも新作・人気作はポイント作品がほとんどなので、漫画に限らず最新作に興味がある人にはおすすめのサービスです。

また、漫画で使えない動画ポイントはこちらに使用することで、無料で視聴することも可能です。

music.jpで漫画を無料で読む

FOD

フジテレビの公式サービスでamazon決済から登録すると1ヶ月の無料期間が付き、その期間で1300ポイントを貯めることができます。

動画だけでなく、電子書籍サービスとしても、購入時に20%のポイント還元があるのでお得です!

月額料金 888円
無料期間/ポイント 1ヶ月/1300ポイント
その他特典 雑誌読み放題、購入時20%ポイント還元、スマホ対応

FODは無料期間の1ヶ月で1300を貯められるようになっており、登録時に100P・8のつく日にそれぞれ400Pが付与されます。(8のつく日はFODにログインしてバナーをクリックしてください)

FODで配信しているどの漫画を購入しても20%のポイント還元を受けられます。

継続して利用するにしても月額料金よりも多いポイントを毎月もらえるので、とてもお得なサービスですね。