最新話ネタバレ

ワンピース957話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想もまとめ

漫画ワンピースの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。
→ 漫画ワンピースの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこよりも早く更新

2019年9月30日発売の週刊少年ジャンプ2019年44号掲載のワンピース最新話957話のネタバレと考察、感想をまとめてみました。

ちなみに最新話・957話の前話、956話のネタバレや考察は下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。

あわせて読みたい
ワンピース956話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想もまとめ漫画ワンピースの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 → 漫画ワンピースの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこ...

これからワンピース最新話957話のネタバレと考察、感想を含む内容をご紹介します。

最新話957話までの内容を絵付きで読みたい場合は、ジャンプ+を利用すると読めるのでチェックしてみてください。

あわせて読みたい
「ワンピース」を全巻無料で読めるか調査した結果!▼安心・安全の公式サービスで無料で読める!▼ONE PIECEの単行本を無料で読む! 【2019年12月10日更新】 尾田栄一郎...

次に、ワンピース最新話957話のネタバレや考察・感想を紹介していきます。

*誤って今回のワンピース最新話957話のネタバレ考察記事にきてしまった方、ネタバレや考察自体が苦手な方はお戻りくださるようお願いします。

スポンサードリンク

ワンピース最新話【第957話】ネタバレ

ここは、新世界『海軍本部』。
そこで、”赤犬”ことサカズキは、電伝虫を通し、”藤虎”ことイッショウに対して、世界会議(レヴェリー)で決定した『王下七武海撤廃』の報告を入れていた。

七武海撤廃の弊害

ちなみにサカズキは、この決定に反対していたらしい。
それを聞いたイッショウは、七武海制度の”犠牲”にサカズキが配慮できていないことを指摘し、続けて世界の勢力図が変わることを予言した。

そしてイッショウはさらに、後のことは「SSG」を信じるよう助言する。

が、それを聞いたサカズキは、この決議に懸念することがあるような言葉を発しつつ、
続けてワノ国でカイドウとビックマムが同盟を組んでしまったことを報告した。

すると、驚いたように「ロックス」のことを口にするイッショウ。
だがそのイッショウの、伝説を語る様な口ぶりをサカズキは咎め、この忙しいときに起こった”現実”の「災害」のような”最悪の事態”に、怒りすら覚えてる様子だった。

ちなみに、そんなイッショウは、何やら砲撃音がひっきりなしに響く、「一生」と書かれた騒がしい海軍の船に乗りながら、どこかに向かっている様子

緊急会議

そんななか、海軍本部ではこの緊急事態を受け、会議が行われることに。
今のところ、「これから手を組む」という情報であり、四皇ふたりの同盟による被害は出ていないが、目的も対処も全く見えてこないがためだった。

すると、ブランニューはここで、
海軍には伝説の「ロックス海賊団」についての情報が少ないことを指摘。

すると、それを聞いていたセンゴクは、
犬猿の仲だったあの二人が手を組むことなど予想できなかったことを言いつつ、「ロックス」の名を知らない海兵がいることへの驚きを口にするだった。

そしてセンゴクは、自分の知る「ロックス」についてのことを語りだす。

ロックス海賊団

そもそもロックスは大昔に
海賊島”ハチノス”で、一つの儲け話のために、かき集められた集団なのだとか。

そしてその個性の集団が、ロックス海賊団になっていった。
凶暴な奴らの集まりで、船内でもやり合う、味方も敵も関係のないような一味だったとか。

ちなみにそのメンバーは、船長である”ロックス”を筆頭に、
若き日の”白ひげ”、”カイドウ”、”ビック・マム”と驚きの面子が揃っている。

その他にも、”金獅子”や”銀斧”、”キャプテン・ジョン”、”王直”なども乗っていた、驚くべき海賊団だが、それを知る者は今では少ない。

何故なら、皆揃って仲が悪く、語り継ぐものすらいなかったから。
そして、船長ロックスが「世界の王」を目指して世界政府にまで牙を向き、多くの事件を政府によってもみ消されてしまったからだ。

だがその”脅威”だけは世界に轟いていたロックス海賊団。

しかし38年前。
「ゴッドバレー」という島にて、”ロックス海賊団”が壊滅したのだ。

海軍中将・ガープの手によって。

ガープとゴッドバレー事件

そんなガープは、海軍の英雄と呼ばれるようになった。
しかし当のガープは、あまりこの話を語りたくはない様子。

ちなみに現在のガープは、海底から地上に戻りながら、
カイドウとビック・マムの話を聞き、次から次に起こる問題を嘆いているところ。

そんなガープの昔話を語るセンゴクは、ガープが語りたがらない理由を口にした。
それは、ロックス海賊団壊滅のために、ガープは海賊と手を組んだことだ。

しかし、その部分は何処にも記録が残っておらず、
初めて聞くその情報に、ざわめく海兵たち。

だがセンゴクは、今はまだそれに深く触れることなく、もうひとつの理由を口にする。
それは、ガープが「天竜人」を「守ってしまった」ことだった

それを聞き、急に天竜人の名前が出てきたことに、再びざわつく海兵たちだが、
ふいにある疑問がわいてきた。
それは、”天竜人の保護”はもともと”海兵の義務”なのではということだ。

しかし、実は昔からガープは、「自分の道徳」上この”義務”自体を疑問視していた様子。
人望と実績があるため「消されない」ものの、”天竜人の直属の部下”となる”大将”への勧めを拒否し続けているのが、その証拠のようなものだ。

ともあれ、”ゴッドバレー事件”とは、
実は、”天竜人”と”その奴隷”を守るために、そこにたまたま居合わせたガープとロジャーが手を組んで「ロックス海賊団」を打ち破った事件ということ。

すると今度は、突然海賊王の名前が飛び出したことで、海兵たちは大騒ぎになるのだった。

消された歴史と”D”の名前

確かに、天竜人から、ロジャー、ロックスと、とんでもない名前が次々と飛び出してくるのだから、無理もない。

しかし、ここで海兵たちは気になることが。
こんなにも凄い面子の集まる「ゴッドバレー」という地名を、聞いた事が無いのだ。
そんな大物たちが集まる場所ならば、何かがあるに違いないと思ったのだろう。

すると、センゴクは今度はゴッドバレーについて教えてくれる。
ゴッドバレーは、現在地図に記されておらず、実際にも跡形もなく消えた島だと。

しかもその島は、世界政府がもともと隠蔽したがっており、歴史からも消されている。
そんな島のことを、これ以上知りたいかと言われれば、もう誰も何も言えなかった。

ただひとつ。
ロックスが抱いていた野望である”世界の王”は、この世界の”禁忌”に多く触れる事と同意であったため、ロックス海賊団に関することは全て消されたのだとは言えた。

しかし古くからいる海兵たちは、
この事件を心の中に留め置いているとセンゴクは確信している。

そんなロックスを、センゴクは
”ロジャーの最初にして最強の敵”だと称するが、それ以外にも、ロックスにはある話が。

”ロックス”としか呼ばれていなかった、ロックス海賊団船長。
しかしその本名は「ロックス・D・ジーベック」という、”D”の名を持つ海賊だったのだ。

懸賞金

ともあれ、カイドウとビック・マムが同じ船にいたことは事実であり、
そんな彼らは、38年前と比べて格段に強くなっている。

そんなふたりが同盟を結んだとなれば、世界最悪の海賊団と言っても過言ではなかった。

そこで、センゴクはブランニューに指示し、
カイドウとビック・マムの懸賞金額を確認しようとする。

すると、丁度”元”王下七武海の新たな懸賞金の検討も考えていたようで、一度主要海賊の懸賞金額を、スクリーンに映し出して確認することに。

そこで出されたのは、四皇。

まずは、マーシャル・D・ティーチ。
「黒ひげ海賊団」の提督だ。

2年前のインペルダウン襲撃事件の際に強力な部下を手に入れたことで、今は海賊島”ハチノス”の”元締め”となり、”白ひげ”に代わる戦力だと言われている

そんな彼の懸賞金は、22億4760万ベリーだ。

それにざわめく海兵を置いて、
次に出されたのは、赤髪海賊団の大頭・シャンクス。
6年前に四皇入りしたばかりで、4人の中で最も若く部下からも信頼されている人物。

そんな海賊団の幹部には、
ベックマンやルウ、ヤソップなどの、ビックネームを揃えていた。

そんなシャンクスの懸賞金は、40億4890万ベリー。

それに、思わず息をのんだ海兵たちだが、さらに構うことなく、
続いて出されたのは、ビック・マム海賊団の船長・シャーロットリンリン。
幼少期にエルバフの村を襲ったと言われる”モンスター”で、血縁以外を信用しない、85人の子供と”万国(トットランド)”を作った女王だ。

そんな彼女の懸賞金は、43億8800万ベリー。

それに、さらにざわめきを大きくする海兵たちの前に、
最後に出されたのは、百獣海賊団の総督・百獣のカイドウ。
ロックス海賊団においては”海賊見習い”だったものの、その後個人の強さで四皇にのし上がり、海賊たちの尊敬を集めてまとめ上げた人物である。

そんな彼の懸賞金は、46億1110万ベリー。

こんな彼らが敵にいるとなると、かなり気が滅入ってきた様子の海兵たち。

すべてが敵に

海兵たちが滅入るのも無理はない。
この四皇に、いままで戦力として向けれていた王下七武海が、向けられなくなったのだ。

そのため、自分達で戦うことになったわけだが、
それが”正しい判断”だったかを、今後海軍特殊科学班「SSG」の働きで判断するらしい。

と、ここで、
”伝説”となった男たちも懸賞金額が紹介される。

それは、白ひげ海賊団船長のエドワード・ニューゲートと、
ロジャー海賊団船長の海賊王・ゴールド・ロジャーだ。

懸賞金は、白ひげが50億4600万ベリーで、ロジャーが55億6480万ベリーとのこと。

ちなみに、単独でこのふたり以上の懸賞金は、今のところいない。
しかしカイドウとビック・マムが手を組むとなると、トータルでの懸賞金は、それ以上になることは明確だった。

そしてここから、
カイドウとビック・マムが占拠する「ワノ国」に、話が移ろうというときだった。
その会議場所へ、サカズキが大きな足音を立てて乗り込んでくる。

そしてサカズキは、「ワノ国」を放置することを宣言したのだった。

光月おでんとワノ国の秘密

サカズキの言い分としては、
この忙しい時に、そこに戦力を割けないということのよう。

対してそれを聞いたセンゴクは、
特に関与する気もなく、自分の”知識”を話しただけだと言い切った。

”未来”を見るのには、”歴史”が必要だからと。

しかしセンゴクがその場を後にしようとしたとき。
ふと彼は思い出したように「ワノ国の海賊」の話をし始めた。

白ひげやロジャー、そして赤髪にまで好かれたその人物―――”光月おでん”の話を。

しかもおでんは、
どうやら白ひげ海賊団で、隊長までやっていたとのこと。

するとセンゴクは、おでんのことを補足するように、サカズキに告げる。
おでんは、その後にロジャーの引き抜きで”海賊王の最後の旅”に同行したのだと。

そして今回の件に、おでんが関係しているとは、センゴクは考えてはいないようだが、
センゴクはどうにも、気になってたまらなかったのだ。

何故、”大物達”がこうして「ワノ国」に関わってくるのかが。
そして、それが偶然だとも思えないセンゴクは、鋭い目をサカズキに向けるのだった。

※次にワンピース前話・956話までの展開を受けて、957話以降の展開を予想したネタバレ考察を個人的の見解でしています。よければこちらもお付き合いいただければ幸いです。

ワンピース最新話・第957話ネタバレの気になる伏線!

アラバスタの事件

まずはこれですかね。
ガープから話されようとしていた、アラバスタの関係する事件。
そもそもこれまで、リュウグウ王国は天竜人による迫害を受けていました。

そんな彼らに、「人間を恐れないで」と前置きしながらガープが話す内容と言う事は、
かなり残虐性のある行為だと思います。

さらにはそこに、
アラバスタが関わっているとなると、かなり気になりますね。
アラバスタ自体は、クロコダイルによって平和を奪われ、今はビビ達によって立ち直っているはずの国。
さらには今回アラバスタは王下七武海の撤廃に尽力しており、それ以外のことにアラバスタが主導でなにか動いたとは考えにくい気がします。

となると、アラバスタが何か残虐な行為をした、とは考えられず、
これはもしかしたら、アラバスタがもう一度誰かに狙われたと言う事なのでしょうか…?

それか、どこかの国の戦いに、首を突っ込む形になったか…。

考えられるとすると、コブラ王が五老星に面会を求めていた件。
あれに関連していそうな気がしますね。

そこで、五老星たちもコブラ王、さらにはネフェルタリ家を警戒していました。
そうなってくると、コブラ王か、もしくはビビが、五老星によって危険にさらされてしまった…というのが、可能性が高い気がしてきます。

もしかしたら、死亡記事コブラ王などのアラバスタの人間の可能性もありますね…。

死亡記事=サボ??

さて、ずっとサボの死亡フラグが騒がれてきましたが、
ここにきて、ついにサボが死亡したのでは、という感じの流れになってきました。

ただ、気になるのは
●「死者」が出たニュース。
●「議決結果」のニュース。
●「殺人未遂」のニュース。

大きなニュースはこの三つであり、皆の反応からサボが”死者”なのではという印象だったのですが、よく見るとみんな「信じられない」という反応なだけで、”サボが死んだ”とはどこにも書いてないんですよね。

もしかして、サボは”死者”のニュースではない可能性もあるのでは?
となると、ありえるとすれば、殺人未遂の方のニュースがサボの可能性があります。

上の件のこともあるので、
もしかしたら、死亡事件の犯人の濡れ衣をサボがきせられた可能性があるのでしょうか。

でも、情報操作したい記事のこともあります。
ここまでの考えで死亡記事がコブラ王などのアラバスタの人間、その犯人がサボと報じられたとなると、特に政府にとって不都合があるようには思いません。

もし情報操作したいものが、アラバスタの人間の死亡記事だとしたら、
サボは殺人未遂の方に関係している、という可能性の方が、やはり高い気がしますね。
そうなると、サボは被害者なのか、加害者なのか…。

反応から見ると、マキノはかなり絶望していたようですし、
殺人”未遂”だったのに被害者であの反応は違和感があるので、加害者っぽい気がしますね。

となれば、サボはどこに手を出したのか。
そもそも、サボはバーソロミューくまの奪還に向かっていたはずでした。
そしてマリージョアに潜入していましたね。

となると、サボは天竜人に手を出してしまったということでしょうか…。
そうなれば、サボは既に捕らえられている可能性が高く、もしかしたらサボの処刑という流れになる可能性もあるのかも…。

エースの時のトラウマが蘇りますね…。
果たしてどうなっていくのでしょうか…。

黒ひげの動き

上のことから繋がりますが、
黒ひげの言っていたことは、何なのでしょうか?

サボの死亡説が本当だとすると、
恐らく”貰っちまう”のは「メラメラの実」かな?と思えますが、死亡説がまだ確定していません。

そもそも黒ひげが見ていたニュースがなんだったのかも謎です。

そうなってくると、
もしかしたら”王下七武海”関連という可能性もあります。
となれば、海軍にやられる前に、自分が王下七武海に挑んで、能力を奪っていく算段なのかも…?

ちなみに、海軍はワノ国に入る気配もなく、ワノ国からの情報発信も特にありませんので、ワノ国関連ではないでしょうね(当然ながら)。

ただ、上の考察から考えると、
もしかしたら、サボが海軍に捕らえられていることを知り、それを(能力を)奪還に向かっている可能性もあります。

そうなれば、マリンフォード頂上戦争の再来もあるのかもしません。

情報操作するべき記事

これもちょっと気になりましたね。
多額の小切手まで送ってサイファーポールが消し去りたかった?または操作したかった?情報はどれだったのでしょうか。

議決結果の話は、恐らく王下七武海の話で、
そうなると、それを操作する必要は、政府にはなさそうな感じがあります。

だとすれば、「死亡」のニュースか、「殺人未遂」のニュース。
今のところ、「殺人未遂」のニュースが一番詳細が不明なので、もしかしたらこちらを操作したいのかもしれません。

世界政府が何か、世界を敵に回す様な、
都合の悪い人間に手を出してしまったのでしょうか?
それかもしかして、誰か世界政府の重鎮の”死亡”のニュースだったりして…。

ドレークの正体

これもかなり衝撃でした。
確かにドレークは元海軍でしたが、それが元では無かったとは…。

これにより、ローを解放したのはドレークである可能性がかなりあがりました。
解放の理由も、海賊同士のつぶし合いを望んで…と考えると自然な気がします。

カイドウの力に対し、ルフィ側の戦力を上げようと思ったのかもしれませんね。

しかし、彼もルフィの解放を知りませんでした。
そうなると、オロチと繋がる裏切者は別にいるような感じがあります。

さらにはCP-0との取引のことをドレークが見ていたことがわかり、
それが報告されたことで、ワノ国に海軍が少しずつ介入しそうな感じがあります。

もしかしたら隠ぺいのために、ワノ国で何か
他の戦いが起こっていくこともあり得るかもしれませんね…。

王下七武海の撤廃

これは、かなり衝撃を与えた決議でした。
もともと、確かに藤虎が唱えていたことでしたが、もっと時間がかかると思っていました。
ミホークの言っていた「妙な議題」はこのことだったのですね。

しかし、アラバスタのことに、ドフラミンゴのことがあり、
ついに動いたという感じなのでしょうか。

でも王下七武海が海軍の敵に回るとなると、各地でかなり争いが起こりそうですし、
世界中がめちゃくちゃになりそうな感じがあります。

ただ、この議題を可決したということは、
もしかしたら世界政府は王下七武海以外の強力な戦力を持ったという可能性も。

となると、このワノ国編以降は、
世界中が、メチャクチャになりそうな感じがありますね…。

包囲!!

元七武会を取り囲む政府。さすがに次回はバギー、ミホーク、ハンコックたちの戦いが久しぶり描かれるであろう。

しかし、バギーたちはともかく、ミホークを取り囲んだところで倒せる人間はこの世界にいるのであろうか…。

ティーチの目的

ティーチがいっているのは、サボがなくなっているんだとしたら、持ち主がいなくなったメラメラの実を政府から奪い返すということだろうか?

政府は王下七武海とティーチ黒ひげ海賊団の挟み撃ちにあってしまうのか?

※次に、ワンピース最新話957話ネタバレの中で気が付いた、伏線になりそうなところを記事にしています。こちらもお付き合いいただけると幸いです。

ワンピース最新話・第957話ネタバレの気になる伏線!

イッショウのこと

まずはここでしょうか。
イッショウについて気になったのは、王下七武海撤廃が「イッショウ”ら”」の悲願だと言っていたこと。

犠牲の話もしていたので、アラバスタやドレスローザなどのことを言っていたのかもしれませんが、なんかイッショウに派閥があるような感じの発言にも感じました。

しかもイッショウは、色々と謎が多いのですよね。
「世界徴兵」で入ってきたはずなのに、サカズキと親しかったり。
世界政府や王下七武海を憎んでいたり。

なんだかどうも、出身がワノ国っぽかったり。

となると、もしかして今、
イッショウは何かの目的を持って、どこかに向かっている可能性がある?

普通に考えれば、七武海の誰かのところへ向かっているのだとは思いますが、なんかもしかしたら、ワノ国に向かう可能性もあるのかも?と思ったりして。

ロックス海賊団

今回かなり重要な情報だったように思います。

特に気になったことをまとめると、

●船員は現在力のある海賊ばかり
●でも仲が悪く無法地帯
●ロックスは”D”の一族
●ロックスは”世界の王”を目指していた

●当時カイドウは「海賊見習い」
●ガープとロジャーによって壊滅

情報が多すぎる…(笑)。
でも、船員の中には「銀斧」や「王直」などの新キャラの匂いもありました。
さらには、ビックマムとカイドウの”貸し”が、カイドウが「見習い」であり、少し立場が下だったからこそ起こったのかな?と予想させる感じもありましたね。

ただ、さらにそれ以上に気になるのは、
その猛者たちを、ロジャー海賊団とガープ達で、制圧したと言う事。
そもそも、ロジャーもロックスも、能力者なのか、能力者だとしたらなんの能力者なのか分かっていません。

しかも”世界の王”を目指したとなれば、ロックスはかなり色んな情報を持っていたと考えられます。

ロックス海賊団を掘り下げる事で、かなり闇が明らかになってきそうな感じですね。

SSG

海軍の科学特殊部隊「SSG」。
具体的に何をしたかなどの記載はありませんでしたが、SSGの動きで王下七武海撤廃の”成功を判断”するとは言っていました。

となるとつまり、
王下七武海に匹敵する何かをSSGが開発した、となるのでしょうか。

そこで真っ先に思い浮かぶのは、
Dr.ベガパンクとバーソロミュー・くまとパシフィスタ。

恐らくですが、SSGにベガパンクは所属していると思います。
そうなると、パシフィスタももちろんそこで開発が進んでいることになりますが、となると、くまを助けに行ったサボは、海軍に辿り着いている可能性がある…?

ただ、新聞記事ではマリージョアにいるとの情報があったようではあったので、そこに未だいるのか、その後海軍に向かったのか、はたまた海軍で情報を得てからマリージョアに行ったのか、などは謎ですが…。

そしてサボのこと以外にも、
SSGに関しては、これからかなり出てきそうな気がしますね。
特にベガパンクは海楼石や悪魔の実のこともかなり研究していたので、ワノ国編でも関わってくる可能性がありそうです。

光月おでんとワノ国の謎

そしてこれですね。
色んな大物を惹きつけた光月おでんと、ワノ国。
おでんの何かしらの能力を必要としたのか、ワノ国の”何か”を必要としたのか。

ただそれよりちょっと気になったのは、
センゴクの「今回はおでんが関係しているとは思っていない」発言でしょうかね。

もしかしたら、おでんが関係しているということがありえるのでしょうか?
となると、おでんはもしかしたら生きている可能性もあります。
それか、おでんが大物を惹きつける何かを作り出し、残しているのか。

そしてさらに気になるのは、サカズキの「ワノ国放置宣言」
いくらワノ国が鎖国しているとはいえ、その発言は裏がないと出来ないのでは、と思わせる発言でしたし、もっといえば世界政府が関わっての発言だったように思いました。

やはり、ワノ国には、この先を揺るがす何かがあるのでしょうね。

ワノ国大三幕

最初はパンクハザード同様に、ただの通過点と思われたワノ国編だが、四皇、天竜人などこのONE PIECEの上位を占めるステイタスのキャラクターが大集合して、海軍本部も驚いているようである。

このまま最終目的地、ラフテルへの行き方が導き出されても驚かない。

もしかしたらラフテルってラフテーの沖縄なのか?

サボがしんだようみせる理由

サボが亡くなったことを報道すれば、混乱起きるのわかっていたはずだ。実際にマーシャル・D・ティーチの黒ひげ海賊団押し寄せてきているではないか。

やはりサボがなにか身代わりをおいて、自分がしんだようみせているのだろうか?

漫画ワンピースの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。
→ 漫画ワンピースの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこよりも早く更新

次に、ワンピース最新話957話ではありませんが、ワンピースの最新巻を無料で読める方法を紹介します。

ご自身で今後最新話を考察するのに、チェックしてみてはいかがでしょうか?


 


ワンピース最新話ネタバレ(文字)ではなく絵付きの最新巻をU-NEXTで無料で読む方法

ここまで、ワンピース最新話957話の考察とネタバレを紹介しましたが、やはり絵つきで読んだ方が面白いですよね。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読め、アニメも1800作品見放題になります!

ワンピースの最新話を無料で読むことはできませんが、最新巻は無料で読むことができ、ワンピース含めたアニメも見れますのでオススメです!

*ワンピースの最新話957話は週刊少年ジャンプでの掲載になります。どうしてもワンピースの最新話を読みたい方はジャンプ+で定期購読をおすすめします。

ワンピース最新巻を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

ワンピースの最新巻を今すぐ無料で読む

無料期間中の解約で違約金は一切ありません

ワンピース最新話・第957話ネタバレの感想

またもや情報てんこもりの回でした。
ただ、かなり核心に迫っており、ワンピースが本当に終わりに向かっているような気がしましたね。

でも、まだまだ気になることが山積みです!
尾田先生はこれをどうやって回収していくのか…(笑)気になって仕方ありません!
次回も見逃せませんね!

次回ワンピース【第958話】掲載の週刊少年ジャンプ発売日は10月7日になります。
次回のネタバレ考察は随時情報が出次第更新、そしてワンピース最新話のネタバレを追記していきます!

ワンピース最新話957話ネタバレ情報のまとめ

以上、ワンピース【第957話】最新話の考察からのネタバレ・感想を紹介しました。

今回の最新話957話もですが、ワンピースの漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

あわせて読みたい
【2019年最新】電子書籍サイト目的別おすすめ8選|17社を口コミ比較「電子書籍サイトってたくさんあってどれを選べば良いかわからない。」「そもそも漫画アプリと電子書籍の違いって何なの?」など、漫画をスマホや...
漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

まんが王国

まんが王国は、電子書籍サイトで業界最大級を誇ります。

その理由としては、無料漫画数が3000作品以上あるので気軽に読みたい漫画が見つかるところです。

そして会員登録は無料で、月額コースと従量課金コースが選べるので会員登録しといてデメリットはありません。

無料登録で漫画が無料で読めるので、初めて電子書籍サイトを利用する方にもおすすめです。

おすすめ度
月額 月額制or従量課金制
無料期間 会員登録自体無料なのでなし
その他特典 登録時に半額クーポン,無料漫画が豊富

▼登録自体無料!無料で漫画を読む!▼
まんが王国公式サイト

U-NEXT

U-NEXTは、電子書籍サービス+動画配信サービスのハイブリットサイトになります。

月額1980円のコースになりますが、1200Ptが付与され、アニメなど3000件近く見放題なのでお得なサービスです。

さらに、漫画全巻40%Ptバックされるので漫画を沢山読みたい方にはおすすめです。

無料期間中に解約してもお金はかからないので初めやすいですね。

おすすめ度
月額 月額1980円
無料期間/無料ポイント 31日間/1200Pt
その他特典 全巻40%ptバック/無料漫画あり/アニメなど動画見放題
▼31日間無料で今すぐ利用してみる▼
U-NEXT公式サイト
ebookjapan

電子書籍数業界No.1がebookjapanです。

取り揃えてるジャンルもほぼ網羅してるのでここにない漫画は他にないと言っても過言ではありません。

無料漫画も豊富なので、広告や読みたい漫画を探すならebookjapanがおすすめです。

会員登録が無料で、半額クーポンも貰えるので登録得な電子書籍サイトです。

おすすめ度
月額 従量課金制
無料期間 従量課金制なのでなし
その他特典 半額クーポン付与/無料漫画あり/最大98%キャンペーンなど多数あり

▼ebookjapanで漫画を探す▼ebookjapan公式ページ

11月度マンガ売れ筋ランキング!

ランキング1位「鬼滅の刃」

2019年4月から2クールでアニメ化され、爆発的な人気を誇るマンガ「鬼滅の刃」

どのくらい爆発的に人気が出たかというと、アニメが放送されるまでにあった本屋の在庫が一瞬でなくなるほど。

世界観やストーリーの完成度からキャラクターの熱さ。そしてアニメの出来までも凄い良い作品です。

 


↓↓↓「鬼滅の刃」のアニメも漫画も無料で読む方法はコチラから↓↓↓鬼滅の刃をすぐに無料で読める方法

 

ランキング2位「ガイシューイッショク」

ガイシューイッショクとは?「鎧袖一触」の四字熟語からきており、鎧のそででちょっと触れたぐらいの簡単さで敵を負かすこと

2人の男女が同棲することになったが、お互い面識がほぼないので家のことに関して毎回勝負することに

その勝負とは、簡単に言えば感じたら負け!あの手この手で、お互いなんとかしようとする大人向けですがコメディありの作品です!

 

↓↓↓「ガイシューイッショク」の漫画を無料で読む方法はコチラから↓↓↓ガイシューイッショクをすぐに無料で読める方法

 

ランキング3位「獣人さんとお花ちゃん」

「オタクも恋する肉食紳士」の柚樹ちひろ先生の最新作「獣人さんとお花ちゃん」です。

TL漫画なのですが、ストーリーもしっかりしていて異世界・ファンタジー系の漫画としても読めますので男性にもおすすめ。

獣人と人間が仲が悪い世界で、二人は出会い、どのようにして歩んでいくのか?少し大人向けの描写が多いので苦手な方はおすすめできません><

↓↓↓「獣人さんとお花ちゃん」の漫画を無料で読む方法はコチラから↓↓↓獣人さんとお花ちゃんをすぐに無料で読める方法

漫画読み放題&電子書籍サイト一覧

※クーポン多数配布

※国内最大級サービス

※読み放題プランあり

※格安でレンタル可能

※KADOKAWA作品配信

※独占先行配信あり

お得過ぎる電子書籍サイト情報と比較まとめ