最新話ネタバレ

ワンピース【第975話】最新話のネタバレを紹介!考察と予想!

3月23日発売、週刊少年ジャンプ2020年17号掲載のワンピース【第975話】最新話のネタバレ考察予想を紹介します。

また、前回のネタバレや考察予想はこちらでまとめていますので、興味がある方は合わせてお読み下さい。

>>前回「ワンピース」974話のネタバレはこちら

あわせて読みたい
ワンピース【第974話】最新話のネタバレを紹介!考察と予想!なぜトキは自ら未来へ飛ばなかった!? 「傳ジロー = 狂死郎 = 丑三つ小僧」から見えてくるのは!? ワンピース最新【第974話】のネタバレを徹底考察!...

これからワンピース【第975話】最新話のネタバレと考察を紹介します!

ワンピース【第975話】最新話のネタバレを紹介!

※ワンピース【第975話】最新話の情報が出たのでネタバレ追記しました!


前回のネタバレ

赤鞘九人男の中にスパイがいることを話すオロチ。

その男は黒炭一族の者であり、淡々と情報を流して来たのだと言います。

そんな中、嵐の海を小舟で進む赤鞘九人男たち。
その船上でカン十郎が、自らがスパイであったことを明かす。

絶望する赤鞘九人男たちの前に現れるカイドウ軍の船。
絶対絶命かと思われたその時、ルフィ・ロー・キッド、最悪の世代の船長たちが駆けつけるのだった…!


ルフィたちの登場に、何が起きたのか理解出来ないカン十郎

蛇に縛られるしのぶ。
縛られながらモモの助の身を案じています。

しのぶをバックにモモの助を人質に取り、今の状況を考えるカン十郎。
自分が上げた報告でオロチが何も対策を打たなかったのかと疑問を抱いているようです。

そんなカン十郎をよそに、”宝樹アダム”で作ったサニー号はそこらの爆弾では破壊できないと得意気に話すフランキー。
どうやらオロチ軍の爆撃ではサニー号はビクともしなかったものの、破れた帆の修繕に手間取って約束の時間に間に合わなかったのでした。

元々の予定と違う状況に戸惑いを見せるルフィたち

元々聞いていた話と違う状況に戸惑う様子の麦わらの一味。
集めたハズの仲間や船、「鈴後」から来るハズの武器がないことに疑問を抱いているようです。

何かトラブルかと尋ねるナミに、作戦が漏れていたことを告げる錦えもん。
それに合わせるようにカイドウ軍のギフターズも伊達港に並んでいた船や各郷をつなぐ「大橋」を破壊したことを話し始めます。

そんなギフターズの言葉に言葉を失う錦えもん。
ギフターズたちは続けて、今日の「鬼ヶ島」で行われる宴がカイドウの百獣海賊団とビッグ・マム海賊団の「同盟」を記念する宴でもあると、ルフィたちの知らない情報を話すのでした。

ルフィ・ロー・キッド、”最悪の世代”の3船長が牙を剥く

ビッグ・マムとカイドウ、「四皇」同士の同盟締結に驚きを見せるキッドとロー。
そんなキッドたちにカイドウ軍のギフターズたちは、たった3隻の海賊船が助けに来たからなんだと、ルフィ・ロー・キッドたちを雑魚呼ばわりします。

3隻の海賊船に向かって大砲を向けるカイドウ軍の海賊船に対して好戦的な姿勢を見せるルフィ。
そんなルフィに対抗するようにローとキッドもカイドウ軍の船へと乗り移ろうとします。

キッドの”磁気魔人”
ルフィは「弾む男(バウンドマン)」
ローは”ROOM”
と、自らの能力を発揮してカイドウ軍の船に攻撃を仕掛ける3人の船長たち。

たちまちカイドウ軍の船を火だるまにして沈めるものの、当の船長たちは張り合って揉めている様子を見せるのでした。

傳ジローがついに正体を明かす!

そこに現れたのは”狂死郎一家”の船。
カイドウの部下たちは味方が来たと思い、喜びます。

そんなカイドウ軍の期待を裏切るように、船に斬撃を放つ狂死朗。
そして赤鞘の侍たちに自分が”居眠り狂死郎”だと名乗り始めます。

狂死郎のことを知っているため、警戒を見せるアシュラ童子。
そんなアシュラ童子の警戒をよそに、狂死郎一家200名で赤鞘の侍たちの助太刀をさせてほしいと願い出るのでした。

お菊や河松が驚く中、錦えもんを”錦さん”と呼び、40年前の「山の神事件」のことを話し始める狂死郎。
世間ではおでんの暴走とされているその事件が本当は錦えもんが起こした事件だったと話し始めます。

そのことを知っているのはもはや一人しかいないと狼狽える錦えもん。
そして錦えもんは、狂死郎の正体が傳ジローであることに気付くのでした。

傳ジローは新たに侍1000人を解放していた!

自らが傳ジローであることを認める狂死郎(傳ジロー)。
すぐにでも名乗り出たかったものの、万が一に備えて敵であり続けたのだと話します。

正体を隠し続けたことで内通者に正体をばらされることなく、最後までオロチの信頼を得られたという傳ジロー。
オロチたちが「鬼ヶ島」に発った後、「羅刹町牢屋敷」の1000人の侍たちを解放出来たのだと言います。

狂死郎一家200人に加えて1000人の侍たち、締めて1200人の軍勢が赤鞘の侍たちの味方につくのでした。

錦えもんを絶賛する傳ジローだったが…

そして錦えもんは流石に頭の切れる男だと、絶賛する傳ジロー。

康イエが残した判じ絵のメッセージは「刃武港(ハブみなと)」の腹に線二本。
腹に引かれた二本の線は文字を消すことを意味しており、誰もが「はと」と読んだにも関わらず、錦えもんが味方にだけ「トカゲ港」とわざと読み違いをしてみせたのだと言います。

それにより”内通者”であったカン十郎は誤った情報をオロチに報告。
しかしオロチが手を打ったときにはすでに侍たちが行動を起こした後であり、侍たちが乗り込むのに必要な分の船は出港済み。
4200人の侍たちは康イエの愛した”もみじ林”がある刃武港の「波止」に身を隠してこの刻を迎えたのだと話すのでした。

ヒョウ五郎や各郷の侠客など、続々と集まる味方たち

そんな傳ジローの言葉の通り、続々と姿を見せる侍たち。
ヒョウ五郎や各郷の侠客たちの姿も見え、総勢5400人の援軍が駆けつけます。

「鬼ヶ島」討ち入りの作戦は何一つ狂っていないと雄叫びをあげる侍たちの壮観さに歓声をあげるルフィ。
逆にカイドウ軍は悲痛な叫びを上げています。

錦えもんに流石だと褒め称える傳ジローの声に堂々と腕組みをする錦えもん。
しかしその内心は「トカゲ」ではなく「ハト」と読むのかと意外そうな表情を見せます。

錦えもんの偶然のファインプレーによって、5400人の侍の軍勢が「鬼ヶ島」へと討ち入りを見せるのでした。

あわせて読みたい
ワンピース【第976話】最新話のネタバレを紹介!考察と予想!なぜ皆が分かる錦えもんの読み違いを誰も指摘しなかった!? 現在のルフィ陣営の戦力は!? ワンピース最新【第976話】のネタバレ内容を徹底考察!...

 

ワンピース【第975話】最新話のネタバレ考察予想

ここからは次回【第975話】の展開について考察してみたいと思います。

※あくまで考察です、お付き合い下さい。

前回、物語が過去編から現代編へと戻り、第二幕でのヒキとなった荒れる海に対峙する赤鞘九人男の場面からだそうです。三幕が始まりました。

そして展開的には予想通りスパイが名乗り出る展開になったものの、その人物はカン十郎でした。

個人的には狂死郎姿の傳ジローが名乗り出て、20年間オロチ側にスパイに潜り込んでいたという報告をするのではないかと思っていたため予想外と言えば予想外でした。

ただ、スパイであり、黒炭家でもあったカン十郎ですが、ここからもう一度どんでん返しがあり、本当は赤鞘九人男たちの味方だという展開もあるのではないかと思います。

まずはその辺りから考察してみたいと思います!

カン十郎は本当に裏切り者か?二重スパイの可能性も!

前回荒れ狂う海の小舟の上で自らがスパイであることを告白したカン十郎。
しかしカン十郎がスパイだとすると、辻褄が合わないところがいくつか見えてきます。

それらを挙げてみると、
・なぜ、このタイミングでスパイだと明かす必要があったのか?
・爆破されたハズのサニー号がなぜ姿をみせたのか?
といった辺りが挙げられるかと思います。

それぞれの理由について考えていってみます!

何故、カン十郎は自らスパイであることを明かした?

物語的には第三幕が始まって早々に、重大事実が明らかになり盛り上がるところですが、このタイミングでカン十郎がスパイであると明かすことに意味はあったのでしょうか?

少なくともオロチもカイドウも赤鞘九人男の強さは過去の戦いで思い知っているはずで、幹部らもいないこのタイミングで赤鞘九人男と戦うことにあまりメリットがあるとは思えません。
それにも関わらずなぜスパイであることを明かしたのか、それはモモの助を逃がすためではないかと思います。

カン十郎が正体を明かすとほぼ同時に現れたカイドウ軍の船。
そして錦えもんが斬ったカン十郎は、カン十郎の能力で具現化させた絵であり、本物のカン十郎は浜にありました。

一見すると赤鞘九人男たちがカン十郎に騙された構図に見えますが、これによりカイドウ軍の誘き出し、加えて浜にいるモモの助の傍にカン十郎がいるという構図が出来上がりました。

さらにカイドウ軍からすれば、仲間だと思っているカン十郎がモモの助を押さえているため、そちらに対しての警戒は薄まっていることでしょう。
これはあくまでカン十郎が二重スパイであり、本当はルフィたち、赤鞘九人男たちの味方だったらという仮定の元に成り立っていますが、そう考える根拠もあります。

次はそのことについて書いていきたいと思います。

何故、爆破されたハズのサニー号が現れたのか?

第二幕のラストに、隠し場所を爆破されたハズのサウザンド・サニー号。
そんなサウザンド・サニー号に乗ったルフィたち麦わらの一味に加え、トラファルガー・ロー、ユースタス・キャプテン・キッドといったシャボンディ諸島で共闘した最悪の世代たちも現れたのは胸アツでしたね。

しかしサウザンド・サニー号は爆破されたハズ。
何故駆けつけることが出来たのかと考えてみると、前回明らかになった”実はカン十郎は絵が上手い”という事実が効いてくるのではないかと考えています。

要約すると、カイドウ軍が爆破したサニー号はカン十郎が能力で作り出したフェイクだったんじゃないか?
ということですね。

これはあくまで予想でしかないですが、こう仮定しない場合、
・カン十郎がスパイだと明かす意味も今一つ見えてこない
・押し寄せたカイドウ軍に合わせてルフィたちが何故タイミング良く駆けつけられたか
といった理由も偶発的なものになってしまうのではないかと思います。

・爆破されたハズのサニー号が無事だったこと
・カイドウ軍が現れたタイミングでルフィたちが駆けつけたこと
これらが物的証拠、状況証拠になるのではないかと考えています。

といった点から当サイトでは、
“カン十郎は二重スパイであり、実際はルフィたちの味方。
オロチを欺いて,わざとルフィたちが奇襲を仕掛けられるように仕向けた”
と、予想しておきたいと思います!

【追記】カン十郎がスパイではなさそうな描写が他にも!

ここまでカン十郎が二重スパイであり、本当は赤鞘九人男を裏切っていないのではないかと書いてきましたが、それをより印象つける描写があったので紹介したいと思います。

一つ目はキッドの台詞で、別の浜に大量の船と侍が集まっていたというものがありました。
そう、錦えもんたちが判じ絵で集めた侍たちは無事、かつ決起して集まっているということですよね!

そこから考えられるのは、錦えもんたちの誰かがカン十郎を謀って、再度約束の港を変えていた。
もしくはカン十郎が錦えもんたちと共謀して嘘の集合場所をカイドウ軍に伝えたという内のどちらかではないかと思います。

“切れ者”と言われる錦えもんなので、前者の可能性もあるかとは思うものの、もう1つのカン十郎の台詞を見ると後者の方がしっくり来るのでは?という風に思えてきたので、その台詞も紹介したいと思います。

カン十郎がスパイであることを告白した時、ビブルカードでしか到達できないゾウに何故ジャックが来れたのかと話す場面がありました。
その際に”なぜおれ達を疑わなかった”と漏らしているんですよね。

この”おれ達”という複数形の表現は、カン十郎がスパイであることを知っていた人物がいたことを暗に示しているのではないかと考えています。

そうやって見ると、前回スパイが赤鞘九人男の中にいると言い出した錦えもんの態度も違和感があったように思えてきますし、お菊の反応も説明じみているというか演技っぽく見えてくる気がします。

これはやはり、錦えもんやお菊もカン十郎がスパイ(本当は二重スパイで味方)であることを把握した上で、カイドウ軍に対して自分たちがカン十郎に騙されていたのを印象付ける狙いだったのではないかと思います。

カイドウ軍の船に乗っていたカイドウの部下たちのリアクションを見る限り、この場面で初めて赤鞘九人男側にスパイが潜んでいたことを知ったといったリアクションをしています。
そこから考えても、やはりカン十郎が赤鞘九人男たちと共謀してカイドウ軍を謀ったというのがしっくり来る気がします。

次回あたり、ルフィ・キッド・ローの3人の船長たちに加えて、キッドが見たという4200人の侍たちも加わって一気にカイドウ軍に対して攻勢に出るといった展開もあるかもしれません。

近々、モモの助と日和が邂逅を果たす!?

ここまでカン十郎が実は二重スパイであり、錦えもんたちと共謀してオロチやカイドウを謀っているのではないかと考察してきました。

そう考えた場合に、モモの助と日和が近い内に20年振りの邂逅を果たすのではないかと思われます。
そのことについて書いていきたいと思います。

オロチが受けた報告はすべて嘘!?

上でキッドの台詞により、ルフィたちが集めた侍たちや多くの船が無事だったことが明らかになったことを紹介しました。

“向こうに”と言っていたので本当の集合場所がどこだったかというのは明らかにはなっていないものの、集合場所が”常影港”に変更されたという誤情報をオロチが掴まされたことになります。

オロチはその情報をスマシで報告を受けて知ったわけですが、その際に報告された内容として描かれたのは、

・集合場所が”常影港”に変更
・兎丼壊滅は誤報
・日和生存、北の地へ

といった3つの情報でした。
この内、上でも書いたように集合場所は”常影港”ではありませんでしたし、兎丼もルフィたちの手によって壊滅させられています。

日和は確かに生きており、北の地でゾロや河松たちと別れはしたものの河松な口から”安全な場所にいる”という情報は出ていました。
上の2つの情報が誤報だったことを考えると、オロチが受けた報告はすべて嘘であり、日和も北の地「鈴後」ではなく別の場所にいると考えた方が確度は高そうです。

カン十郎はモモの助を連れて日和の元へ行く?

前回、小舟に乗っていたのはカン十郎が絵で描いた偽者で本人はモモの助たちがいる浜にいました。

カン十郎が錦えもんたちと共謀していたとした場合、カン十郎はモモの助の護衛的なポジションでしのぶとともに残った形になるかと思われます。
そして、日和がいるという安全な場所へとモモの助を連れていくのではないでしょうか。

というのも、このまま鬼ヶ島に攻め込むのだとしたらモモの助がその場にいないのは物語的にどうかなと思うところですが、このタイミングでは鬼ヶ島に攻め込まないのではないかと考えているんですよね。

その理由としては、第二部のラスト、錦えもんがまだ侍たちを集めている中で”全面戦争ではないにせよ”という単語を使っていたんですよね。

さすがに4200人の侍を率いて敵の本拠地に攻め込めば全面戦争になってしまうと思うので、このタイミングではカイドウ軍の一部(前回現れた艦隊)を相手にするのかなと考えています。

それらを蹴散らして敵の戦力を削いでから一旦拠点に戻り、そこでモモの助と日和の20年振りの再会が描かれるのではないかと考えています。

そしてそのタイミングでは傳ジローやネコマムシなど赤鞘九人男たちも勢揃い、万全の体勢で鬼ヶ島に攻め込む、そんな展開になるのではないかと思います!

ルフィ・ロー・キッドの三船長はどんな戦いを見せるのか?

前回、赤鞘九人男たちの危機に駆けつけたルフィ・ロー・キッドの超新星の船長たち。
セリフだけ見るとサニー号にはナミたちも乗っていそうではありますが、最後のヒキから見る感じだと三船長が戦う感じになりそうです。

ルフィ・ロー・キッドの組合せはシャボンディ諸島のヒューマンショップの外で暴れた時と同じなので、今度も同じような感じになるのでしょうか?

あの時は全員初対面で、三人とも張り合うような感じで自分が自分がというような感じでした。
その後、ルフィとローは同盟を組んでドフラミンゴを相手に共闘したこともあったものの、ルフィとキッドの採石場でのやり取りを見る限りは2年前とあまり関係性が変わっていないような印象も受けました。

となると、今回も2年前と同じように3人が張り合って技を繰り出していくといった展開になるような気がしますね。

ローのまともな戦闘もドレスローザ以来になるので早5年、キッドに至ってはシャボンディ以来なので10年以上振りということになります。

その間にルフィの懸賞金も3億から15億ベリーとなり、超新星の中でも頭抜けた額になっているので、キッド・ローの株を上げて印象値だけでも埋めに来るような形になるのではないかと思います。

ロー、キッドの新しい技なども披露されるのではないかと思うので、その戦い振りに注目したいと思います!

あわせて読みたい
ワンピース【第976話】最新話のネタバレを紹介!考察と予想!なぜ皆が分かる錦えもんの読み違いを誰も指摘しなかった!? 現在のルフィ陣営の戦力は!? ワンピース最新【第976話】のネタバレ内容を徹底考察!...

漫画ワンピースの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。
→ 漫画ワンピースの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこよりも早く更新




まとめ

以上、ワンピース【第975話】最新話ネタバレの前に考察と予想からネタバレ本編を紹介しました。

ワンピースの漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。
無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

あわせて読みたい
【2020年最新】電子書籍ストア目的別おすすめ8選|17社を口コミ比較「電子書籍ストアってたくさんあってどれを選べば良いかわからない。」「そもそも漫画アプリと電子書籍の違いって何なの?」など、漫画をスマホや...

漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

まんが王国

まんが王国は、電子書籍サイトで業界最大級を誇ります。

その理由としては、無料漫画数が3000作品以上あるので気軽に読みたい漫画が見つかるところです。

そして会員登録は無料で、月額コースと従量課金コースが選べるので会員登録しといてデメリットはありません。

無料登録で漫画が無料で読めるので、初めて電子書籍サイトを利用する方にもおすすめです。

おすすめ度
月額 月額制or従量課金制
無料期間 会員登録自体無料なのでなし
その他特典 登録時に半額クーポン,無料漫画が豊富

▼登録自体無料!無料で漫画を読む!▼
まんが王国公式サイト

U-NEXT

U-NEXTは、電子書籍サービス+動画配信サービスのハイブリットサイトになります。

月額1980円のコースになりますが、1200Ptが付与され、アニメなど3000件近く見放題なのでお得なサービスです。

さらに、漫画全巻40%Ptバックされるので漫画を沢山読みたい方にはおすすめです。

無料期間中に解約してもお金はかからないので初めやすいですね。

おすすめ度
月額 月額1980円
無料期間/無料ポイント 31日間/1200Pt
その他特典 全巻40%ptバック/無料漫画あり/アニメなど動画見放題
▼31日間無料で今すぐ利用してみる▼
U-NEXT公式サイト
Book Live

電子書籍数業界がebookjapanを超えるBookLive。

30万冊以上多いので全ジャンル問わず取り揃えています。先行配信もあり、初回登録で50%オフクーポンがもらえます。

無料漫画も毎日15,000冊以上読めるので読みたい漫画がきっと見つかるはず。

会員登録が無料で、購入した分だけの支払いになるので無料漫画を読むだけなら料金がかからないのが強みです。

おすすめ度
月額 従量課金制
無料期間 従量課金制なのでなし
その他特典 半額クーポン付与/無料漫画15,000冊以上/書籍数900,000冊以上

▼Book Liveで漫画を無料で読む▼BooK Live公式ページ

4月度マンガ売れ筋ランキング!

ランキング1位「鬼滅の刃」

2019年4月から2クールでアニメ化され、爆発的な人気を誇るマンガ「鬼滅の刃」

どのくらい爆発的に人気が出たかというと、アニメが放送されるまでにあった本屋の在庫が一瞬でなくなるほど。

世界観やストーリーの完成度からキャラクターの熱さ。そしてアニメの出来までも凄い良い作品です。

今やワンピースを抜く勢いです。


↓↓↓「鬼滅の刃」のアニメも漫画も無料で読む方法はコチラから↓↓↓
詳細ページ

ランキング2位「カラミざかり」

カラミざかりは桂あいり作の急激に人気が出た作品です。広告で話題になったNTR漫画です。

背景は、高校生の男女4人が思春期に入り性に目覚めて一線を超えるとこから始まります。

好きな男の子の前でその友達と目の前で使用女の子。好きな女の子が友達としてる様を見て複雑だが、違う女の子としちゃう男の子。結構ストーリーもしっかりしていて続きがきになる大人向け漫画です。

 ↓↓↓「カラミざかり」の漫画を無料で読む方法はコチラから↓↓↓
詳細ページ

ランキング3位「ガイシューイッショク」

ガイシューイッショクとは?「鎧袖一触」の四字熟語からきており、鎧のそででちょっと触れたぐらいの簡単さで敵を負かすこと

2人の男女が同棲することになったが、お互い面識がほぼないので家のことに関して毎回勝負することに

その勝負とは、簡単に言えば感じたら負け!あの手この手で、お互いなんとかしようとする大人向けですがコメディありの作品です!

 

↓↓↓「ガイシューイッショク」の漫画を無料で読む方法はコチラから↓↓↓詳細ページ

漫画読み放題&電子書籍サイト一覧

※クーポン多数配布

※国内最大級サービス

※読み放題プランあり

※格安でレンタル可能

※KADOKAWA作品配信

※独占先行配信あり

お得過ぎる電子書籍サイト情報と比較まとめ