最新話ネタバレ

ワンピース【第976話】最新話のネタバレを紹介!考察と予想!

週刊少年ジャンプ2020年19号掲載のワンピース【第976話】最新話のネタバレ考察予想を紹介します!
前回は嵐の中、ルフィ・キッド・ローの最悪の世代の3船長がカイドウ軍の船を撃破!
さらには狂死郎が自らの正体が傳ジローであることを赤鞘の侍たちに告白しました。

さらには約束の港が”常影港”だと思っていたのは錦えもんからがそう伝えた身内だけであり、あとの味方は皆「刃武港」の”波止”に姿を隠していたとのこと 。

元々集めた4200人に、狂死郎一家200人、狂死郎が解放した侍1000人を加えて計5400人の軍勢となりました!

そんな前回ワンピース【第975話】のネタバレ・考察はこちらでまとめていますので、興味がある方は合わせてご確認ください。

>>前回「ワンピース」975話のネタバレはこちら

あわせて読みたい
ワンピース【第975話】最新話のネタバレを紹介!考察と予想!カン十郎は本当に裏切者!? 実は二重スパイで、錦えもんたちと協力してカイドウ軍を謀った? ワンピース【第975話】のネタバレ内容を徹底考察!...

これからワンピース【第976話】最新話のネタバレと考察を紹介します!

目次

ワンピース【第976話】最新話のネタバレを紹介!

※ワンピース最新話【第976話】の情報が入ったのでネタバレ情報を追記しました!


集合場所を間違えていた錦えもんに赤鞘の侍たちは…

集合場所を”刃武港の波止”と”常影港”とで読み間違えた錦えもんに間違えたことを白状しろと問いただす赤鞘の侍たち。

そんな中、錦えもんは”怪我の功名”で間違えたことで一生分の”運”を使い果たしたせいでこの戦いで死ぬのかも知れないと話し始めます。

そんな錦えもんに対して、錦えもん一人の”運”だけでなく、自分たちの”運”も使ったのだと言うアシュラ。
お菊もまた、錦えもん一人では死なせないと言います。

生まれも育ちも違っても、共におでんに仕えた自分たちは死ぬときは一緒だと語る赤鞘の侍たち。
運命を引き受けて共におでんの無念を晴らそうと、錦えもんは集まった侍たちに向かって雄叫びをあげるのでした。

自分の役割は果たしたと、カン十郎は退散しようとする

錦えもんの号令で士気を高める侍たちの気迫に少し圧された様子を見せるカイドウ軍。
鬼ヶ島へ連絡を取ろうとするものの、宴の騒ぎで気付いてもらえていないようです。

そんな中、自分のやるべき役割は果たしたというカン十郎。
モモの助を連れて退散しようとするカン十郎に、水中を猛スピードで泳いで河松が迫ります。

モモの助を取り返そうとする河松でしたが、カン十郎は能力で生み出した鶴に乗ってその場を離れようとします。

生きていると分かったからには日和まも探し出して必ず殺す。

そう言ってカン十郎はその場を離れるのでした。

モモの助を連れて逃げ去るカン十郎。その時モモの助は…

鶴で逃げ去るカン十郎が生み出した見事な鶴に、自分たちはこれまでカン十郎の能力ではブサイクで水に流れる出来損ないしか見たことがないという錦えもん。
一方で、状況が掴めていないルフィは何故カン十郎がモモの助を連れ去ろうとしているのか理解できないでいます。

状況を察してロビンに確認し、スカイウォークで追おうとするサンジ。
チョッパーもカン十郎が敵のスパイだったことをルフィに伝えると、ルフィは今までずっと裏切っていたのかと怒りを露にします。

カン十郎を撃ち落とそうとするウソップ。
サンジもスカイウォークで追おうとするものの、カン十郎の”墨雲”が行く手を遮るのでした。

“浮世夕立ち絵図”!!!

生み出した”墨雲”から”墨の矢”を降らせるカン十郎。
集った侍たちの船を襲います。

そんな状況を見かねて、カン十郎にやめてくれと懇願するモモの助。
カン十郎は、みんな”やっと”死ぬんだとモモの助に語り始めます。

おでんとトキが”希望”をぶら下げて侍たちの死期を20年引き延ばしたものの、それを率いる「大将」は高所に怯えるようなモモの助。
笑える話だとモモの助を嘲笑します。

そんなカン十郎に、自分が”光月おでん”でないことは自分が一番分かっていると必死で説くモモの助。
そして怖いのを必死で堪えて、自分は一人で逃げて見せるから皆はカイドウ・オロチを討ち果たしてワノ国を守ってほしいと叫ぶのでした。

モモの助の後を追おうとするルフィたちだったが…

モモの助が見せた男気に感心するルフィ。
友達だから必ず助けに行く、それまで何とか生き延びろと、叫びます。

そんなルフィの言葉に涙を流しながらも黙って頷いて見せるモモの助。
そんなモモの助を助けようと、ルフィたちも鬼ヶ島を目指します。

侍たちの被害を確認する錦えもん。
怪我人や何隻かの船がダメになってしまったようです。

そして浜辺にいたしのぶを回収して戻ってきた河松。
雷ぞうは顔が変わった傳ジローに興味津々な様子です。

そんな感じで騒がしくする赤鞘の侍たちがいたのは、トラファルガー・ロー率いるハートの海賊団の潜水艇ポーラー・タンク号。
ここは侍の駐屯所じゃないと苛立った様子を見せます。

ルフィたちに遅れをとるなと、後を追うキッド海賊団。
しかしその時、カン十郎と共に逃げ出した遠く離れたカイドウ軍の船から”長距離砲”による砲撃が始まるのでした。

“海峡のジンベエ”が「麦わらの一味」に正式加入!

カイドウ軍の”長距離砲”に為す術なくやられていく侍たち。
このまま距離を保たれたらまずいと、ルフィたちが距離を詰めようとしたその時、

“槍波”

海中から水の槍が飛び出してカイドウ軍の船を貫きます。

そして海中から”口上”と共に姿を見せる人影。

生国はリュウグウ王国「魚人街」
この度”麦わらの親分に盃を頂く駆け出し者”
人呼んで”海峡のジンベエ”!!!

突如現れたジンベエの、”麦わらの一味”入りに驚愕するローとキッド。
ルフィたち”麦わらの一味”は歓喜の表情でジンベエを迎え入れます。

「麦わらの一味」操舵手
“海峡のジンベエ”(懸賞金 4億3800万ベリー)

鬼ヶ島での戦いの前にジンベエが駆けつけ、一味に加入するのでした。

 

ワンピース【第976話】最新話のネタバレ考察予想

まずは考察の前に前回【第975話】”錦えもんの一計”の振り返りを行いたいと思います。

ワンピース【第975話】”錦えもんの一計”の振返り

ルフィたちの登場に、何が起きたのか理解出来ないカン十郎

蛇に縛られるしのぶ。
縛られながらモモの助の身を案じています。

しのぶをバックにモモの助を人質に取り、今の状況を考えるカン十郎。
自分が上げた報告でオロチが何も対策を打たなかったのかと疑問を抱いているようです。

そんなカン十郎をよそに、”宝樹アダム”で作ったサニー号はそこらの爆弾では破壊できないと得意気に話すフランキー。
どうやらオロチ軍の爆撃ではサニー号はビクともしなかったものの、破れた帆の修繕に手間取って約束の時間に間に合わなかったのでした。

元々の予定と違う状況に戸惑いを見せるルフィたち

元々聞いていた話と違う状況に戸惑う様子の麦わらの一味。
集めたハズの仲間や船、「鈴後」から来るハズの武器がないことに疑問を抱いているようです。

何かトラブルかと尋ねるナミに、作戦が漏れていたことを告げる錦えもん。
それに合わせるようにカイドウ軍のギフターズも伊達港に並んでいた船や各郷をつなぐ「大橋」を破壊したことを話し始めます。

そんなギフターズの言葉に言葉を失う錦えもん。
ギフターズたちは続けて、今日の「鬼ヶ島」で行われる宴がカイドウの百獣海賊団とビッグ・マム海賊団の「同盟」を記念する宴でもあると、ルフィたちの知らない情報を話すのでした。

ルフィ・ロー・キッド、”最悪の世代”の3船長が牙を剥く

ビッグ・マムとカイドウ、「四皇」同士の同盟締結に驚きを見せるキッドとロー。
そんなキッドたちにカイドウ軍のギフターズたちは、たった3隻の海賊船が助けに来たからなんだと、ルフィ・ロー・キッドたちを雑魚呼ばわりします。

3隻の海賊船に向かって大砲を向けるカイドウ軍の海賊船に対して好戦的な姿勢を見せるルフィ。
そんなルフィに対抗するようにローとキッドもカイドウ軍の船へと乗り移ろうとします。

キッドの”磁気魔人”
ルフィは「弾む男(バウンドマン)」
ローは”ROOM”
と、自らの能力を発揮してカイドウ軍の船に攻撃を仕掛ける3人の船長たち。

たちまちカイドウ軍の船を火だるまにして沈めるものの、当の船長たちは張り合って揉めている様子を見せるのでした。

傳ジローがついに正体を明かす!

そこに現れたのは”狂死郎一家”の船。
カイドウの部下たちは味方が来たと思い、喜びます。

そんなカイドウ軍の期待を裏切るように、船に斬撃を放つ狂死朗。
そして赤鞘の侍たちに自分が”居眠り狂死郎”だと名乗り始めます。

狂死郎のことを知っているため、警戒を見せるアシュラ童子。
そんなアシュラ童子の警戒をよそに、狂死郎一家200名で赤鞘の侍たちの助太刀をさせてほしいと願い出るのでした。

お菊や河松が驚く中、錦えもんを”錦さん”と呼び、40年前の「山の神事件」のことを話し始める狂死郎。
世間ではおでんの暴走とされているその事件が本当は錦えもんが起こした事件だったと話し始めます。

そのことを知っているのはもはや一人しかいないと狼狽える錦えもん。
そして錦えもんは、狂死郎の正体が傳ジローであることに気付くのでした。

傳ジローは新たに侍1000人を解放していた!

自らが傳ジローであることを認める狂死郎(傳ジロー)。
すぐにでも名乗り出たかったものの、万が一に備えて敵であり続けたのだと話します。

正体を隠し続けたことで内通者に正体をばらされることなく、最後までオロチの信頼を得られたという傳ジロー。
オロチたちが「鬼ヶ島」に発った後、「羅刹町牢屋敷」の1000人の侍たちを解放出来たのだと言います。

狂死郎一家200人に加えて1000人の侍たち、締めて1200人の軍勢が赤鞘の侍たちの味方につくのでした。

錦えもんを絶賛する傳ジローだったが…

そして錦えもんは流石に頭の切れる男だと、絶賛する傳ジロー。

康イエが残した判じ絵のメッセージは「刃武港(ハブみなと)」の腹に線二本。
腹に引かれた二本の線は文字を消すことを意味しており、誰もが「はと」と読んだにも関わらず、錦えもんが味方にだけ「トカゲ港」とわざと読み違いをしてみせたのだと言います。

それにより”内通者”であったカン十郎は誤った情報をオロチに報告。
しかしオロチが手を打ったときにはすでに侍たちが行動を起こした後であり、侍たちが乗り込むのに必要な分の船は出港済み。
4200人の侍たちは康イエの愛した”もみじ林”がある刃武港の「波止」に身を隠してこの刻を迎えたのだと話すのでした。

ヒョウ五郎や各郷の侠客など、続々と集まる味方たち

そんな傳ジローの言葉の通り、続々と姿を見せる侍たち。
ヒョウ五郎や各郷の侠客たちの姿も見え、総勢5400人の援軍が駆けつけます。

「鬼ヶ島」討ち入りの作戦は何一つ狂っていないと雄叫びをあげる侍たちの壮観さに歓声をあげるルフィ。
逆にカイドウ軍は悲痛な叫びを上げています。

錦えもんに流石だと褒め称える傳ジローの声に堂々と腕組みをする錦えもん。
しかしその内心は「トカゲ」ではなく「ハト」と読むのかと意外そうな表情を見せます。

錦えもんの偶然のファインプレーによって、5400人の侍の軍勢が「鬼ヶ島」へと討ち入りを見せるのでした。


ここからは次回【第976話】のネタバレ考察を行っていきたいと思います。

※あくまで考察です、お付き合い下さい。

なぜ誰も錦えもんに指摘しなかった?

前回、康イエが残した判じ絵のメッセージの真の意味は「はぶみなと」の腹に取消し線。
“はと”ということで、集めた仲間たちは皆「刃武港」の”波止”に隠れていたことが明らかになりました。

それを錦えもんがハブに足が生えてトカゲだと約束の港を「常影港」だと仲間内に伝えたのは内通者を謀るためだったと言う傳ジローでしたが、ラストの錦えもんの様子を見る限りでは、本気で間違えていた様子でした。

とはいえここで一つの疑問が生じます。
赤鞘の侍たちとルフィたち以外は誰もが”波止”と読んだにもかかわらず、身内の中の全員が疑問を持たないといったことがあるでしょうか?

4200人いて4200人が”波止”の意味だと理解したのであれば、統計的に見ても赤鞘の侍の中にそう読める人物がいなかったのは何か裏があるような気がします!
(ワノ国の地理に疎い麦わらの一味は除いたとしても)

その場合、カン十郎が本当に裏切者だったのか?というところにも関わってくる可能性がありそうなので、後日改めて考察してみたいと思います!

カン十郎は再度赤鞘九人男側に寝返る!?

何故、赤鞘の侍たちが錦えもんの間違いを誰も指摘しなかったのかを考えてみると、一連のやり取りがすべて狂言だったということもあるかもしれません。

前々回の話になりますが、小舟の上で突如身内の中に裏切者がいるのが確定的だと話し始めた赤鞘の侍たち。

お菊が涙ながらに訴えかけたり、錦えもんやカン十郎の言い回しもどこか説明じみていました。

偏った見方かもしれませんが、これらはすべてカイドウ軍を誘き寄せるためにわざとやったことなんじゃないかなと考えています。

前々から主張しているのですが、尾田先生は仲間から裏切者を出さないのではないかと考えていて、昔からずっと書きたがっていたであろう「ワノ国」の侍を裏切者として描かないのではないかと思っています。

そういう意味合いでいくと、オロチも侍なんじゃないかともなりそうですが、尾田先生の中ではオロチを侍と見なしていないのではないかとも思われます。

まだこのタイミングでカン十郎が裏切者でなかったと分かってもインパクトが小さいので、もう少し後になるのではないかと思いますが、カン十郎は実際には赤鞘九人男の一人としてオロチを謀っていたという展開を推したいと思います!

ルフィ陣営の戦力を改めてチェック!

前回、狂死郎一家や傳ジローが新たに解放した1000人の侍たちなど戦力が追加されたルフィ陣営ですが、小コマで最悪の世代の海賊団の船員たちが登場したりと改めて戦力を意識させられました。

ここでざっとではありますが、ルフィ陣営の戦力をまとめてみたいと思います。

麦わらの一味(9人)

モンキー・D・ルフィ
ロロノア・ゾロ
ナミ
ウソップ
サンジ
トニートニー・チョッパー
ニコ・ロビン
フランキー
ブルック

れっきと知れた麦わらの一味。
【第975話】ではサニー号の上に全員の姿を確認することが出来ました。

個人的にはサンジが黒スーツに着替えていたのが嬉しいのと、甲冑を身に付けているナミに合わせてかゼウスが兜を身に付けているのが可愛かったですね。

ワノ国風衣装から着替えているのは、
ルフィ
ゾロ
サンジ
ブルック
の4人。
着替えているメンバーとそうでないメンバーがいることに何か意味があるのかが気になるところではあります。

【追記】衣装を着替えた4人がメインで戦闘する!?

衣装が変わったメンバーとそうでないメンバーとの違いが何かあるかなと考えた時に、衣装が変わったメンバーが今回の戦いの主力ではないかと考えています。

そうであるという確証のある根拠はないものの、4人の内
・ルフィ
・ゾロ
の2人は確定でメイン級の戦いをするでしょう。
(ルフィは当然ながら、「ワノ国」編というところでゾロも確定的)

そしてサンジですが、衣装が変わっているのは”おそばマスク”のコスチュームも変化するということを暗に意味しているのではないかと考えています。
というのも、ジェルマの科学力によってかねての夢であった”透明化”を実現したサンジですが、レイドスーツのいかにも”ジェルマ66″的な見た目には抵抗を示していました。

そんなサンジがウソップとフランキーにレイドスーツの見た目を変えてもらおうという話をしていた描写があったため、ここだ見た目の変更が入ってくるのではないかと思っています。

となると、ウソップ・フランキーの見所はそこで1つ作られるのかなと考えていて、今回の赤鞘九人男や後から駆けつけるであろうジンベエたちのことも考えると麦わらの一味全員に戦いの見せ場があるといった展開にはならないのではないかなぁと考えています。

あくまで私見でしかありませんが、

・鬼ヶ島でメインに活躍するのはルフィ、ゾロ、サンジ、ブルックの4人
・サンジのレイドスーツはウソップとフランキーの手によって変化する

と予想したいと思います

ハートの海賊団(21人)

トラファルガー・ロー
ベポ
ペンギン
シャチ
ジャンバール

画像で確認出来るのは上記の5人ですが、ゾウ編でハートの海賊団の船員が20人(ローを含めて21人)であることが明らかになっています。

これまでスポットが当たらなかったメンバーにもスポットが当たるのか、注目したいですね!

キッド海賊団(?人)

ユースタス・キャプテン・キッド
ヒート
ワイヤー

画像から確認出来たのは上の3人。
スマイルを食べさせられたキラーの姿は残念ながら見えませんでした。

兎丼を後にする際、キッドはキラーに仲間を取り戻しに行くと言っていましたが、ヒート・ワイヤーの姿が見えることからすると無事救出出来たようです。
船員の数も明らかになっていないので何ともな部分はありますが、麦わらの一味・ハートの海賊団よりは少し多いくらいの人数なのかなと考えています。

赤鞘の侍たち(7人)

錦えもん
傳ジロー
菊之丞
雷ぞう
アシュラ童子
河松
イヌアラシ

前々回、カン十郎が裏切り者であることが発覚し気落ちしていた様子でしたが、傳ジローの合流で持ち直した様子。
読者的にも傳ジローの期待感分だけプラスになっているのではないでしょうか。
(個人的な期待度は、傳ジロー>>>カン十郎)

まだネコマムシも合流出来ていませんが、そろそろ合流出来るのではないかと思います。

ミンク族(200人)

キャロット
ワンダ
シシリアン
コンスロット
ジョバンニ

サニー号の上に姿が見えたのは上の5人。
王の鳥と呼ばれるキャロット・ワンダの二人とイヌアラシ三銃士の3人がサニー号に乗り込んでいました。

加えてフランキーのセリフからイヌアラシの銃士隊が200人いるとのこと。
そう考えると、ネコマムシが合流した時には同等の200人程度増えるかもしれませんね。

ワノ国のヤクザたち(200人)

花のヒョウ五郎
蛇の目の弥太っぺ
夕顔のお蝶

姿が確認出来たのはこの3人。
フキダシに隠れてしまっているのは”血文字の大マサ”でしょうか。
あと名前が明らかになっている”破れ笠綱ゴロー” もおそらく参戦しているものと思われます。

頭山盗賊団(280人)

アシュラ童子配下の盗賊団。

狂死郎一家(200人)

傳ジロー配下のヤクザ。
名前が明らかになっているのはかつてサンジにボコボコにされた、カクさん・スケさん・クニさんでしたが、姿は確認出来ませんでした。

囚人採掘場の囚人たち(3500人)

ルフィたちが解放した囚人たち。
多勢ではあったものの、ギフターズで真打ちであるダイフゴーらがいた兎丼を壊滅させる力があったため、一定の戦力にはなりそうです。

「羅刹町牢屋敷の侍たち」(1000人)

傳ジローが解放した侍たち。
錦えもん曰く、この中に屈強な侍たちがいるとのことなので期待大。

以上、【第976話】時点で集まっているであろうルフィ陣営側の戦力を整理してみました。
これ以外にもジンベエの参戦や、ネコマムシが白ひげ海賊団の残党を連れてこられるか、ルフィの子分盃を受けたメンツが集まってくるのかなど、まだまだ戦力が拡大する可能性もありそうなので、当面注目していきたいと思います!

今後ルフィたちに加勢しそうな勢力を予想

上にて、ルフィ陣営の現在駆けつけている戦力を整理してましたがここからさらに増援で来るであろう勢力について考えてみたいと思います!

侠客団(200人?)

ネコマムシ
BB
ロディ

まず、ネコマムシ率いる侠客団はほぼ確定で駆け付けるでしょう。
ネコマムシは赤鞘九人男の一人ですし、ミンク族と光月家には過去からの絆があります。

そう考えてみた時に20年前、ともすればそれ以上前から待ちわびていたこの機会に駆けつけないわけはないでしょう。

侠客団の人数はわからないものの、イヌアラシの銃士隊と同等の200人程度の戦力になるのではないかと思います!

元白ひげ海賊団(100人?)

マルコ
ジョズ
ビスタ
イゾウ

おでんと関わりの深い元白ひげ海賊団の残党も駆けつけるのではないかと思われます。

特にイゾウに関しては白ひげについていったとは言え元光月家臣。
さらに実弟のお菊もいるとなれば来ないという選択肢はないのではないでしょうか?

白ひげ海賊団といえば以前に、ネコマムシが白ひげの故郷の村を訪れマルコに助けを請う場面が描かれました。

その際にマルコはその村を守るために離れられないと言っていましたが、全軍ではないものの一部は駆けつけるのではないかと思われます。

当サイトではイゾウ率いる16番隊が駆けつけ、100人程度の戦力になるのではないかと予想します!

Mr.2ボン・クレー+バルトクラブ(1+56人)

Mr.2 ボン・クレー
バルトロメオ
ガンビア

ワノ国に関わりがあるキャラクター以外ではMr.2ボン・クレーとバルトロメオ率いるバルトクラブも参戦する可能性があるのではないでしょうか?

おでんは過去、”マネマネの実”の能力者である黒炭ひぐらしと、”バリバリの実”の能力者 黒炭セミ丸に打倒オロチを阻まれました。

そんなおでんを阻んだ”マネマネの騙し実”、”バリバリの実”の能力は現在、ルフィに近しい二人の手にあります。

そのため現代では、ボン・クレーやバルトロメオが参戦し、オロチ・カイドウのお株を奪うといった展開もありそうな気がします!

直接「ワノ国」に関わりがあるわけではないので可能性は低めではありますが、期待していたいと思います!

【追記】バルトロメオと一緒にルフィと子分盃を交わした満面も登場!?

上で黒炭ひぐらし・セミ丸の”悪魔の実の”能力繋がりで、Mr.2ボン・クレー、バルトロメオらが参戦するのでは?と書きましたか、バルトロメオが参戦するならばドレスローザで子分盃を交わした他の面々も参戦する可能性が出てきそうです。

思えば、ルフィたちが子分盃を交わした際、以下のように書かれていました。

「”麦わら”ルフィの子分にと名乗り集った曲者7人」
「この先 各個に成長を遂げ… いずれ歴史に名を残す…」
「『一大事件』を引き起こすのだが…」
「今はまだ…誰も知らない物語」

この書かれ方からすると、確実に再登場の機会はありそうですよね!

そして今描かれている「ワノ国」編に関して尾田先生は”頂上戦争が可愛く見えるほどの戦い”と表現しています。
その表現と、”歴史に名を残す『一大事件』”とがイコールかは何ともなところではありますが、仮に四皇の二角を落とすとなれば歴史に名を残すどころではない大事件となるでしょう。

“悪魔の実”の関係性からバルトロメオの参戦はあり得そうでもあるので、ここからルフィと子分盃を交わした””その他の海賊団も紹介したいと思います!

美しき海賊団(75人)

・キャベンディッシュ
・”首はね”スレイマン

ドレスローザ編でも活躍したキャベンディッシュとドレスローザで加入した”首はね”スレイマンが主力の海賊団。

キャベンディッシュの裏の人格である”ハクバ”が出た時の戦闘力は凄まじく、ドレスローザ編では”ハクバ”の欠点をキャベンディッシュが抑え込みその戦闘力だけを活かす様子も見受けられました。

ルフィと子分盃を交わした”麦わら大船団”の中でも屈指の強さであるといって間違いないでしょう。

八方水軍(約1000人)

・サイ
・ブー
・ベビー5

西の海「花の国」を拠点とするギャング。
八衝拳と呼ばれる拳法は敵の盾をも貫く。

元の構成員に加え、ドレスローザ編でサイに嫁いだ元ドンキホーテファミリーであるベビー5は”ブキブキの実”の能力者。

偶々だとは思いますが、ドフラミンゴ経由で武器を集めていたカイドウ軍の対になっているような感じも感じられます。

XXXジム格闘連合 ※イデオ海賊団(4人)

・”破壊砲”イデオ
・ブルーギリー
・アブドーラ
・ジェット

ドレスローザのコロシアム組の中では印象は薄めだった4人ですが、イデオを筆頭に子分盃を結んでいます。

イデオは手長族、ブルーギリーは足長族と少数部族でもあるので、この辺りも何か意味するところがありそうです。

トンタッタ族トンタ兵団 ※トンタッタ海賊団(200人)

・レオ
・カブ
・ビアン
・ウィッカ

小人族で悪魔の実の能力者も多数。
レオ以外は”ムシムシの実”の能力が多い。
ウソップのことを慕っている。

新巨兵海賊団(5人)

・ハイルディン
・ゲルズ
・スタンセン
・ゴールドバーグ
・ロード

エルバフ出身の巨人たち。
幼少期のビッグ・マムとも面識アリ。

小人族に続き巨人族。
さらには「ワノ国」編で敵役のビッグ・マムとも因縁があります。

ビッグ・マム「トットランド」に巨人族がいないこともあるので、新巨兵海賊団も絡んでくると話の展開的に面白くなりそうです。

ヨンタマリア大船団(4300人)

・オオロンブス

目立った船員はオオロンブスしかいないものの、船員の数では最大数。

と、いった感じで”麦わら大船団”が加わると5640人(バルトクラブ含)の戦力になります。

錦えもんは5000人が理想の戦力と言っていたものの、対するカイドウ・オロチ軍の軍勢は3万。
“麦わら大船団”を加えて1万強の軍勢になってカイドウ軍と戦う展開もあるかもしれませんね!

ジンベエも正式に麦わらの一味に加入する!?

今時点でのルフィ陣営の戦力と今後参戦し得る戦力についてまとめてきましたが、もう一人忘れてはいけないのが元 王下七武海のジンベエでしょう!

ジンベエとはホールケーキアイランド編でジンベエが殿を務めた時以来なので、作中ではまだそれほど時間が経っているわけではありません。

しかしビッグ・マム海賊団がワノ国に到着しているにもかかわらず、当のジンベエはまだワノ国に到着出来ていません。

殿という立場上、大ケガを負っている可能性が高いですが、ある人物が鍵になって復活を遂げて登場するのではないかと考えています。

それについてここから書いていきます。

マルコがジンベエの怪我を治す!?

上でも名前を挙げたマルコですが、2年後の再登場時には白ひげの故郷の村で医者として村の人々の治療にあたっている様子が描かれました。

そして単に治療するだけでなく、”トリトリの実(モデル フェニックス)”の能力の「再生の炎」で再生速度も早めることが出来るとのこと。

そのため通常では治らないような傷を負ったジンベエをアラディンたちがマルコの元へ運び込み、時間をかけて再生させているといった展開もあるかもしれませんね。

もしかすれば、ジャックに斬り落とされたネコマムシの腕も再生している可能性も!?
そして同様にイヌアラシの足も再生させるためにマルコも同行したりとか!?

ジンベエ・マルコ・ネコマムシが参戦し、イヌアラシの足も治ったとすればかなりの戦力増強になるので、そんな展開に期待したいと思います!

作品外でもジンベエ参戦の裏付けが!?

上でジンベエがマルコに治療された後に参戦するのではないかと書きましたが、ジンベエがWCI編で死んでおらず、麦わらの一味に正式加入するであろう確度の高い情報があります。

それはワンピースのキャラクター図鑑として売り出されている「VIVRE CARD(ビブルカード)」です。

このビブルカード、自由に順番が並べかえられるようになっているものの、一応番号が振られているんですね。

そしてその番号の振り方ですが、1~は麦わらの一味に振られた後、途中からは作品の登場順に振られている形になります。

そして1~9は麦わらの一味に加盟した順に、
ルフィ→ゾロ→ナミ→ウソップ→サンジ→チョッパー→ロビン→フランキー→ブルック…
と振られているんですが、10番がジンベエなんですよね!

登場順で言えばジンベエは全然後の番号になりますし、No.14以降は厳密に登場順に振られているため、ジンベエの一味加入は確定的、タイミングからしてもこの「ワノ国編」で駆けつけるものと思われます。

ちなみに、11~13は
No.11:ゴーイングメリー号
No.12:サウザンド・サニー号
No.13:ネフェルタリ・ビビ
となっています。

ビブルカードを見るだけでも、”正式な麦わらの一味はジンベエで最後なのか”とか、”ビビは永久欠番的なポジションではあるものの仲間として見なされているんだな”など見えてきてなかなか面白いですね!
(残念ながらカルーは仲間として見なされていないようです)

原作以外の部分でも裏付けがあることから見ても、ジンベエの参戦は確定的だと思うので、どんな形で駆けつけてくれるのか期待したいと思います!

ここまでは、カン十郎が赤鞘九人男側に寝返る可能性や麦わらの一味側の戦力として駆けつける可能性がある人物などについて考えて来ましたが、ここからは次回の展開について予想してみたいと思います。

【第976話】ネタバレ予想 ジンベエがルフィたちの元に駆けつける!?

上で書いてきた考察の中でも確度が高そうなものとして、ジンベエの一味参入を挙げてきました。

最終的に一味に入る(もう入っているともいえそう)であろうことは確定的だとしていつ入るかが論点になりますが、それはこの「鬼ヶ島」への討ち入りの前である可能性が高いと思われます。

思い返せば第2部の終盤で、討ち入りを前にルフィがゾロにジンベエが仲間になったことを語る場面が描かれていました。
そして、ジンベエが殿を務める対象であったビッグ・マムが「ワノ国」に到着しているにもかかわらず未だ到着していないジンベエを心配する様子も見せていましたね。

これだけだとジンベエが戦死しているフラグとも見れるかも知れませんが、先述したようにジンベエの一味加入は確定的。
となれば、第2部で描かれたルフィとゾロとのやり取りはこのタイミングでのジンベエ加入の振りだったと考えるのが妥当でしょう。

さらに、ここ数話の流れを見ると第2部で壊滅したかと思われた麦わらの一味やキッド・ローの海賊団、さらには4200人の戦力に加え、傳ジローと傳ジローが解放した1000人の侍たちまで次々に戦力が拡大していっています。

この流れでジンベエも駆けつけて、ルフィ陣営の戦力が拡充するといった展開もまだまだあるではないかと思います。

それで言えば、バルトロメオら麦わら大船団という可能性もあるものの、ゾロゾロ人数が増える感じだと前回と見た目的なメリハリがなさそうなんですよね…

そのためジンベエが駆けつけて、バシッと区切りとなるような展開になるのではないかと予想します!

ジンベエを連れてくるのは果たして誰か。
当サイトでは白ひげ海賊団の残党たちを介してネコマムシと共に現れると踏んでいますが、どうなるのか注目したいと思います!

漫画ワンピースの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。
→ 漫画ワンピースの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこよりも早く更新



まとめ

以上、ワンピース【第976話】最新話ネタバレの前に考察と予想からネタバレ本編を紹介しました。

ワンピースの漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。
無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

あわせて読みたい
【2020年最新】電子書籍ストア目的別おすすめ8選|17社を口コミ比較「電子書籍ストアってたくさんあってどれを選べば良いかわからない。」「そもそも漫画アプリと電子書籍の違いって何なの?」など、漫画をスマホや...

漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

まんが王国

まんが王国は、電子書籍サイトで業界最大級を誇ります。

その理由としては、無料漫画数が3000作品以上あるので気軽に読みたい漫画が見つかるところです。

そして会員登録は無料で、月額コースと従量課金コースが選べるので会員登録しといてデメリットはありません。

無料登録で漫画が無料で読めるので、初めて電子書籍サイトを利用する方にもおすすめです。

おすすめ度
月額 月額制or従量課金制
無料期間 会員登録自体無料なのでなし
その他特典 登録時に半額クーポン,無料漫画が豊富

▼登録自体無料!無料で漫画を読む!▼
まんが王国公式サイト

U-NEXT

U-NEXTは、電子書籍サービス+動画配信サービスのハイブリットサイトになります。

月額1980円のコースになりますが、1200Ptが付与され、アニメなど3000件近く見放題なのでお得なサービスです。

さらに、漫画全巻40%Ptバックされるので漫画を沢山読みたい方にはおすすめです。

無料期間中に解約してもお金はかからないので初めやすいですね。

おすすめ度
月額 月額1980円
無料期間/無料ポイント 31日間/1200Pt
その他特典 全巻40%ptバック/無料漫画あり/アニメなど動画見放題
▼31日間無料で今すぐ利用してみる▼
U-NEXT公式サイト
Book Live

電子書籍数業界がebookjapanを超えるBookLive。

30万冊以上多いので全ジャンル問わず取り揃えています。先行配信もあり、初回登録で50%オフクーポンがもらえます。

無料漫画も毎日15,000冊以上読めるので読みたい漫画がきっと見つかるはず。

会員登録が無料で、購入した分だけの支払いになるので無料漫画を読むだけなら料金がかからないのが強みです。

おすすめ度
月額 従量課金制
無料期間 従量課金制なのでなし
その他特典 半額クーポン付与/無料漫画15,000冊以上/書籍数900,000冊以上

▼Book Liveで漫画を無料で読む▼BooK Live公式ページ

3月度マンガ売れ筋ランキング!

ランキング1位「鬼滅の刃」

2019年4月から2クールでアニメ化され、爆発的な人気を誇るマンガ「鬼滅の刃」

どのくらい爆発的に人気が出たかというと、アニメが放送されるまでにあった本屋の在庫が一瞬でなくなるほど。

世界観やストーリーの完成度からキャラクターの熱さ。そしてアニメの出来までも凄い良い作品です。

今やワンピースを抜く勢いです。


↓↓↓「鬼滅の刃」のアニメも漫画も無料で読む方法はコチラから↓↓↓
詳細ページ

ランキング2位「カラミざかり」

カラミざかりは桂あいり作の急激に人気が出た作品です。広告で話題になったNTR漫画です。

背景は、高校生の男女4人が思春期に入り性に目覚めて一線を超えるとこから始まります。

好きな男の子の前でその友達と目の前で使用女の子。好きな女の子が友達としてる様を見て複雑だが、違う女の子としちゃう男の子。結構ストーリーもしっかりしていて続きがきになる大人向け漫画です。

 ↓↓↓「カラミざかり」の漫画を無料で読む方法はコチラから↓↓↓
詳細ページ

ランキング3位「ガイシューイッショク」

ガイシューイッショクとは?「鎧袖一触」の四字熟語からきており、鎧のそででちょっと触れたぐらいの簡単さで敵を負かすこと

2人の男女が同棲することになったが、お互い面識がほぼないので家のことに関して毎回勝負することに

その勝負とは、簡単に言えば感じたら負け!あの手この手で、お互いなんとかしようとする大人向けですがコメディありの作品です!

 

↓↓↓「ガイシューイッショク」の漫画を無料で読む方法はコチラから↓↓↓詳細ページ

漫画読み放題&電子書籍サイト一覧

※クーポン多数配布

※国内最大級サービス

※読み放題プランあり

※格安でレンタル可能

※KADOKAWA作品配信

※独占先行配信あり

お得過ぎる電子書籍サイト情報と比較まとめ