最新話ネタバレ

ワンピース【第979話】最新話のネタバレを紹介!考察と予想!

2020年5月11日発売予定の週刊少年ジャンプ2020年23号掲載のワンピース【第979話】最新話のネタバレ考察予想を紹介します!

前回はついにルフィ陣営が討ち入りを決行!
潜水艇で海底から城の裏口を目指すロー率いるハートの海賊団とお菊ら赤鞘の侍たち。
そしてルフィたち”麦わらの一味”を筆頭としたそれ以外の戦力は海上から鬼ヶ島へと侵入!

一方でカイドウ軍の戦力も改めて紹介されたり、飛び六胞のビジュアルも明らかになったりとなかなか情報量の多い回になりました。

そんな前回ワンピース【第978話】のネタバレ・考察はこちらでまとめていますので、興味がある方は合わせてご確認ください。

>>前回「ワンピース」978話のネタバレはこちら

あわせて読みたい
ワンピース【第978話】最新話のネタバレを紹介!考察と予想!作戦により兵を分散させてオロチ・カイドウを目指す侍たち。 ロー曰く、正面から突っ込むとされるルフィだが、一味も全て正面から突っ込むのか!? カイドウ戦での"麦わらの一味"の編成、対するカイドウ軍の主力メンバーの内容を徹底考察!...

これからワンピース【第979話】最新話のネタバレと考察を紹介します!

ワンピース【第979話】最新話のネタバレを紹介!

※ワンピース最新話【第979話】のネタバレ情報を追記しました!


油断するオロチを他所に、錦えもん達5千を超える軍勢が侵攻する!

オロチは油断していました。
カン十郎からの方向で赤鞘の侍達の動向を全て把握し、完璧な作戦で侍達の報復を封じ込めたハズだったから。

ところが「鬼ヶ島」では討ち入りが開始!
錦えもん率いる”東軍”、傳ジロー率いる”南軍”。
その総数は5千人を超えていました。

さらに赤鞘の侍たちを乗せたローの潜水艇”ポーラー・タンク号”は海底を進んで裏口へ。
カイドウ・オロチのいる城を確実に差さんと、ルフィ陣営の戦力は着実に進んでいたのでした。

一方その頃、モモの助を人質に取ったカン十郎は鬼ヶ島の中で迷っていました。

鬼ヶ島へは初めて来たらしく、入り組んだ道に苦戦する様子のカン十郎。
カン十郎がオロチ側のスパイであることを知らないカイドウ軍の兵士たちもカン十郎の行く手を阻んでいるようです。

どうすればオロチの元へ行けるのかと思案するカン十郎。
そんな中、モモの助は兵が落とした刀からドンチャン騒ぎをするカイドウ軍へと視線をやります。

カイドウ軍はまだ5000人以上の進軍に気づいていないのでした。

“麦わらの一味”はまだ入り口に!しかしルフィとゾロは…

一方、麦わらの一味はまだ鬼ヶ島の入り口にいました。

“クロサイ FR-U 4号”にまたがるフランキー。
チョッパーは”ブラキオタンク 5号”に搭乗します。

魚人島でも見たマシンだと思い出すジンベエ。
ナミはこれで安全にいけると喜び、キャロットは初めて見るマシンにテンションが上がっている様子です。

そんな中、姿が見えないルフィはどこに行ったと尋ねるフランキー。
ジンベエが言うには、正面から入っていったキッドを止めるといって一人正面から入っていった模様。

そしてさらにそんなルフィでは騒ぎを大きくするだけだからと止めに行こうとしたというゾロ。
そんなルフィとゾロの行動を聞いた一同は、絶対に騒ぎを大きくする上にゾロが迷子になるだろうと嘆くのでした。

そんなルフィたちは置いといて、ナミと共に戦場のランデブーを目論むサンジ。
ナミの乗るブラキオタンク5号の中を覗きますが、チョッパー、ウソップ、ナミ、キャロット、しのぶが乗っていて中は満員の様子。

一方でロビンに向かって”クロサイ FR-U 4号”のタンデムに乗っていくかと尋ねるフランキー。
それに何故かブルックが乗り込んで、フランキーは不服ながらもブルックと共に行動することに。

そしてロビンはジンベエと共に歩いて戦場へと向かうことになりますが、そんな一味の様子をある人物が物陰から眺めていたのでした。

カイドウの前に飛び六胞が集結!

その頃、カイドウの元に集結した飛び六胞の6人。
うるティは久々に会うカイドウにハイテンション、ササキは他の雑魚と飲んでも”利”がないとカイドウと一緒に飲みたいと話します。

集まった飛び六胞に、今日は無礼講だと言うカイドウ。
そして飛び六胞たちをビッグ・マムに紹介しようと思っていたものの、今着替え中であることを告げるのでした。

そんなカイドウの言葉にグダグダじゃないかと言ううるティ。
しかしカイドウは、そうは言っても自分が召集をかけたわけではないからなぁと話します。

カイドウの予想外の言葉に、誰に呼ばれたんだと疑問に思う飛び六胞たち。
すると、飛び六胞たちを呼んだのは 自分だと言ってキングが姿を見せるのでした。

飛び六胞が集められたのはカイドウの息子”ヤマト”を連れ戻すため!

自分の名前で呼んでも召集に応えない奴がいるからカイドウの名前で呼んだのだと話すキング。
元「海賊団の船長」組であるフーズ・フー、ササキは「大看板」の座を狙っているためキングたちを敵対視しているようです。

なぜ飛び六胞を集めたのかとキングに尋ねるカイドウ。
するとキングは、カイドウに起こっている問題を一早く解決するために呼んだのだと返すのでした。

そんなキングの答えに、確かにといって今日これからのスケジュールを確認するカイドウ。
今日の宴の最後に、カイドウからの重大発表があると、真打ち バオファン(ムササビのSMALL)が読み上げます。

その重大発表までに息子 ヤマトを連れ戻すよう指示するカイドウ。
そして見事連れ戻したものには、指名制で「大看板」への挑戦権を与えると言います。

その言葉に俄然やる気を見せるフーズ・フーとササキ。
そんな二人に対して、全く問題ないと「大看板」であるキングとジャックが受けて立つのでした。

キッドを探しに来たルフィが耳にしたのは…

キッドを探してカイドウ軍が宴を行っている広間へとやって来たルフィ。
カイドウ軍の兵士にキッドを見なかったかと聞いて回るものの、兵士たちは酷く酔っているようで顔を見てもルフィが敵だと気づきません。

キッドを探しながらも、宴の料理に目移りするルフィ。
するとそこに”おしるこ”が入った鍋が降ってきます。

こぼれた”おしるこ”を目にするルフィ。
どうやら作りすぎた”おしるこ”がカイドウの部下たちにも回ってきたものの、酒の肴にならないからといってぶちまけられたようです。

ぶちまけられた”おしるこ”を見て、初めて”おしるこ”を食べたお玉の姿を思い出すルフィ。
そんな中、”おしるこ”をぶちまけた兵たちは、
「甘いだけの汁なんておこぼれ町にぶちまけろ」
「喜んで地面をすする」
「貧乏人は生きてるだけで感謝しろ」
と言いたい放題です。

そんなカイドウ軍の言葉に、ルフィは怒りを燃え上がらせるのでした。

あわせて読みたい
ワンピース【第980話】最新話のネタバレを紹介!考察と予想!複数班に分かれて進軍する麦わらの一味! カイドウ軍では大看板と飛び六胞の入れ替え戦が勃発!? ワンピース【第980話】最新話の内容を徹底考察!!...

ワンピース【第979話】最新話のネタバレ考察予想

【第979話】の考察の前に、まずは前回【第978話】”飛び六胞登場”の振り返りを行いたいと思います。

ワンピース【第978話】”飛び六胞登場”の振返り

作戦決行!海中、海上に分かれて城の裏口を目指すルフィ陣営

作戦通り城の裏口へと向かうルフィ陣営の一行。
赤鞘の侍たちを乗せたハートの海賊団の潜水艇・ポーラータンク号は海中から目的地を目指します。

一方で荒れる海を突き進む他多数の船。
いつ迎撃されるかわからない状況に錦えもんは身を引き締めるよう声を上げます。

同じく侍たちを率いるために他の赤鞘の侍たちと分かれて海面から鬼ヶ島を目指す傳ジローに腕はなまっていないかと尋ねる錦えもん。
そんな錦えもんに傳ジローは、腕を上げていないのであれば20年生きた意味がないと返すのでした。

海上から鬼ヶ島を目指すルフィたちの目に飛び込んできたのは鬼ヶ島の全容。
初めて見る鬼ヶ島の大きさにミンク族や侍たちは圧倒されています。

ウソップが見張りを眠らせた隙に上陸!侍たちが覚悟を見せる!

ルフィたちの侵入を意に介したようすも見せないカイドウ軍。
まだカン十郎からの報告は入っていないようだと、錦えもんは今ならまだ奇襲も可能だと考えるのでした。

屋外で宴会をしながら見張っていたカイドウ軍の兵士たち。
突然見えた船影に、何も聞いていないと意外そうな様子を見せます。

そんなカイドウ軍の見張りを”緑星「眠り草」”で眠らせるウソップ。
見張りを眠らせた隙に一行は鬼ヶ島への上陸を果たします。

とはいえ、多くの船を停泊させては敵に戦闘体勢を取らせてしまうと心配するジンベエ。
そんなジンベエの心配を他所に侍たちは乗ってきた船を次々に沈めていきます。

“帰りの船など要らない”

錦えもんはこの討ち入りに懸ける覚悟を語るのでした。

逃げたい時はどうするんだと涙を浮かべるチョッパー。
じゃあサニーも沈めることになるのかと心配するウソップに、フランキーがアホかとツッコミ、ジンベエが数隻なら隠せるから沈める必要がないことを告げます。

“勝つか 死ぬか”
「四皇」カイドウに挑む侍たちの驕らない姿勢を見せつけられるのでした。

錦えもんの能力でカイドウ軍に扮するルフィたち

サニー号から鬼ヶ島に上陸しようとしたその時、チョッパーが岸に多くの敵の姿を確認します。

そんなチョッパーに橋のふもとを見るように言うロビン。
錦えもんが能力で作り出したゲート”フクフクの「錦ちゃん呉服店」”侍たち、さらにはキッド海賊団までもがカイドウ軍を模した衣装に着替えていたのでした。

続けてカイドウ軍風の衣装に着替えていく”麦わらの一味”たち。
セクシーなナミの衣装にサンジもメロメロです。

そして錦えもんは、着替えた面々に少しでも無駄な戦いを避け、決戦の城へと到達するようにと言うのでした。

鬼ヶ島内部ではクイーンたちが大盛上がり

その頃、鬼ヶ島の内部ではカイドウ軍が年に一度の金色神楽のドンチャン騒ぎを行っていました。

ドンチャン騒ぎのMCはクイーン。
DJのスクラッチメン・アプーのサウンドに乗ってダンスを見せます。

そして集まった面々にコール&レスポンスを求めるクイーン。
“SMILEを待つ者達”ウェイターズ
“賭けに負け笑う者達”プレジャーズ
“能力を授かった者達”ギフターズ
“選ばれたギフターズ”真打ち
と、次々に歓声を上げてクイーンに応えます。

次に”飛び六胞”にレスポンスを求めるクイーンでしたが、飛び六胞たちは無反応。
そんなのはいつものことかと言うクイーンに周囲はどっと盛り上がりを見せます。

気を取り直してクイーンは、怪物共”ナンバーズ”、オロチ組の侍”見廻り組”、「お庭番衆」とコールを続けていくのでした。

ついに”飛び六胞”の姿が明らかに!

そんなクイーンのコールを屋敷の中からうるさいと言う飛び六胞の女性。
他の飛び六胞は、もしもクイーンがポックリ死んだら次の「大看板」は誰だと思う?という話題を持ちかけます。

そんな話題に興味がないと返すドレーク。
抜けてくれるなら助かると、帽子を被った男は話すとページワンも抜けるよなと尋ね、ページワンは苛立ちます。

そしてついに飛び六胞の姿が明らかに!

・大きな角を持つ女飛び六胞(ページワンの姉)
うるティ
・ツートンカラーの衣装に身を包んだ飛び六胞
ページワン
・仮面を身につけ、刀を持った飛び六胞
フーズ・フー
・巨大な花魁風の女飛び六胞
ブラックマリア
・最悪の世代の一角で海軍秘密部隊SWORD隊長
X・ドレーク
・下駄を履いた魚人風の飛び六胞
ササキ

急用で待たされる中、また「家族問題」かと尋ねるうるティ。
カイドウって馬鹿なのと口にするうるティに飛び六胞の面々はそこを噛みつくのはやめておけと冷や冷やさせられるのでした。

 


 

ここまでは前回のネタバレを振り返りましたが、ここからは次回【第979話】のネタバレ考察を行っていきたいと思います。

※あくまで考察です、お付き合い下さい。


 

ルフィやキッドも大人しく作戦に従う?

前々回、ローによって”正面から突っ込むバカ”と揶揄されたルフィとキッド。
作戦を無視して突っ込むかと思われたものの、前回錦えもんの能力”錦ちゃん呉服店”で2人もカイドウ軍の衣装にチェンジ!
さらに錦えもんから無駄な戦いをするなと念を押されてしまいました。

この展開からすると、いかにルフィ・キッドといえども正面からぶつかるという展開にはならないのではないかなと感じさせられましたね。

というか錦えもん、こんな形で全員を変装させられる能力を持ってたんですね。
これまでの赤鞘の侍たちの”ほっかむり”に対する絶対的な信頼は何だったんだろうと思わされました。
(全員”ほっかむり”で突っ込むのも中々見た目的に面白そうではありましたが)

ルフィ・キッドも一定秩序立って動くとした場合、一味がバラけたりするよりは各海賊団・勢力単位で動きそうな気もしさてきました。
今回はそうなった場合にどんな編成になるのか考えてみたいと思います!
(※”麦わらの一味”がバラける場合の考察は前回の記事で紹介していますので、気になる方は前回記事も合わせてお読み下さい)

ここから大きく二手に分かれて裏口を目指す!?

上でも少し書きましたが、錦えもんはキッドたちに”攻め方は自由”とは言ったものの、ルフィもキッドも正面から突入するわけではないのかなと感じました。

というのも前回、鬼ヶ島へ上陸した後の引きのカットでほとんど同じ構図で描かれた2つのコマがあったのですが、こんな描かれ方をしていたんですよね。

・1コマ目
鬼の頭に続く階段の手前にワラワラと群がっているルフィ陣営の様子

・2コマ目
群がっていた人影が消えていて、脇に「ささっ!!」というフキダシ
鬼の頭に続く階段にも人影は見えない

この描かれ方からすると正面から突入したわけでなく、ルフィやキッドも含めて左右に分かれて裏口を目指す形を取ったのかなぁと思いました。

そしてこの2コマ目には、ドンチャン騒ぎをするクイーンらカイドウ軍が騒いでいる音も重ねて描かれており、続くコマではカイドウ軍が全集号している様子が描かれていました。
建物の作りなどから察するに鬼の頭に続く階段がカイドウ軍が勢揃いしている場所に繋がっていると思われるので、真正面からぶち当たるといった展開ではないのではないかと感じました。

“麦わらの一味”には錦えもんが動向?

“麦わらの一味”としてはまとまって進むのかなとは思いながらも、他の戦力はどう分けられるのかといったところを考えてみたいと思います。

錦えもんと傳ジローは戦力を左右に分かれる戦力を率いるために来たので分かれることになるでしょう。

そしてここまでの流れから考えるとルフィたち”麦わらの一味”に同行するのは錦えもんかなと考えています。

そして錦えもんが率いるのは、
・ミンク族:200人
・囚人採掘場の囚人たち:3500人
の総勢3700人規模になるのではないでしょうか。

キッド陣営には傳ジローがつく?

一方でキッド陣営には傳ジローがつくのかなと考えています。
そして傳ジローが率いるのは、
・狂死郎一家:200人
・ヒョウ五郎率いるワノ国のヤクザたち:200人
・頭山盗賊団:280人
・羅刹町 牢屋敷の侍たち:1000人
の計1700人規模でしょうか。

ルフィ陣営よりも数は少ないものの、錦えもんの過去の発言により羅刹町から解放した侍たちが強者揃いというところでバランスを取ってくるのかなと考えています。

とはいえ、
・囚人採掘場の囚人
・羅刹町の侍
といったところの書き分けがどこまでされるのかといったところは何ともなところではあるので、錦えもんと傳ジロー、ミンク族くらいまでが当たっていればいいなと思います。

飛び六胞について掘り下げて考えてみる

前回、ついに飛び六胞の正体が明らかになりました。
これを前々回足下だけ描かれた時の並びが序列だとして照らし合わせてみると、

①フーズ・フー
②うるティ
③ササキ
④X・ドレーク
⑤ページワン
⑥ブラックマリア

といった形になります。
そして、①か③のどちらの持ち物だろうと思っていた刀が①のフーズ・フーのものだったことが明らかになったり、女性が②のうるティだけでなく、⑥のブラックマリアも女性だったりと”麦わらの一味”とのマッチングにも影響してきそうだなというところで改めて考えてみたいと思います。

“麦わらの一味”と”飛び六胞”のマッチングはこの組合せ!

まず、大看板と戦うのはゾロ・サンジ・ジンベエという予想は動かさないものと仮定します。
(※これについても前回記事で紹介していますので、気になる方はご確認下さい)

そうした時に前回明らかになったキャラクターのビジュアルも加味すると、

①フーズ・フーvsブルック
②うるティvsナミ
③ササキvsフランキー
④X・ドレークvsウソップ
⑤ページワンvsチョッパー
⑥ブラックマリアvsロビン

といった形で多少入れ替えました。
(刀の持ち主がフーズ・フーだったことと、ブラックマリアが女性だったところで入れ替えています)

ブラックマリアは芸者風のビジュアルをしていたのでロビンとのマッチングはしっくり来ますし、下駄を履いていたササキも思ったよりガッチリした体格(さらに魚人かな?)なのでフランキーとガチンコのパワー勝負も見られそうですね。

また④のドレークは戦わない可能性もあると思うので、その場合は⑤のページワンに対してウソップ&チョッパーのコンビで戦うといった可能性もありそうです。

さらに、飛び六胞のビジュアルが明らかになったことで彼らの”悪魔の実”の能力なども掘り下げて考えられそうなので後日考察してみたいと思います!

飛び六胞の”悪魔の実”の能力を考察

前回記事では飛び六胞の並び順と恐竜の知名度といったところで彼らが持つであろう”悪魔の実”の能力を考えてみましたが、飛び六胞のビジュアルも見えてきたところで再度かんがえてみたいとおもいます。

まず、結果から書くと、

①フーズ・フー:ステゴサウルス
②うるティ:ティラノサウルス
③ササキ:トリケラトプス
④X・ドレーク:アロサウルス
⑤ページワン:スピノサウルス
⑥ブラックマリア:ギガノトサウルス

といった感じかなぁと思っています。
そう考えた個々の理由については後述します。

■フーズ・フーの能力はステゴサウルス!?
前回は序列1位というところでティラノサウルスかなと予想していたフーズ・フーですがスピノサウルスの能力者であるページワンの姉である”うるティ”がいるといったところで、スピノサウルス同様の肉食類はうるティ側じゃないかなというところで外しました。

そして刀を持っていたのがフーズ・フーだったところも加味して、剣竜類で最もポピュラーなステゴサウルスが適当なのではないかなと思いました。

序列1位だからティラノサウルスかなとも思ってはいましたが大看板のキングやクイーンにもあてがわれていないことを考えるとそうこだわらなくてもいいのかなと思います。

ステゴサウルスだったとした場合は背中の骨板や尻尾のスパイクを使った戦いを見せてくれそうです!
(実際には背中の骨板は武器にはならないそうですが、そこは漫画というところでご愛嬌でしょう)

■うるティの能力はティラノサウルス!?
前回はフーズ・フーをティラノサウルスと考えていたので恐竜としての知名度の高さでトリケラトプスかなと予想していたうるティですが、ページワンと姉弟というところでスピノサウルスよりもより上位の肉食類なのかなと思いました。

となると、知名度的にもティラノサウルスしかないかなといった感じですね。

うるティは他の飛び六胞と比べて大きな角を持っているのでそっちの線(タルボサウルスetc.)も考えましたが、ティラノサウルスが妥当ではないでしょうか。

マッチング的にはナミと戦うんじゃないかと考えていますが、かなり劣勢の戦いを強いられそうな気がしますね。
ナミがどんな戦いを見せてくれるのか楽しみですね!

■ササキの能力はトリケラトプス!?
次にササキですが、トリケラトプスではないかなと思います。
というのも角の生え方に注目したんですが、ササキだけ前に向かって生える角竜の特徴の生え方をしているんですよね!

恐竜としての知名度的にトリケラトプスは入ってくるんじゃないかというところに、角竜の特徴を持ったササキがいたのでここはすんなりと当て込みました。

ササキはフランキーと戦うのではないかと予想しているので、ササキの突進をフランキーが受け止めるような展開でしょうか?
組み合わせ的にもかなりしっくりくるマッチングではないかと思うので、フランキーとの戦いに期待したいと思います!

■ブラックマリアの能力はギガノトサウルス!?
ここが一番何ともだなというところではあるのですが、ブラックマリアの体のサイズ的にギガノトサウルスのネーミングがしっくりくるのかなと思いました。

巨大というところで雷竜の可能性も考えはしたのですが、それだとクイーンのブラキオサウルスとモロ被りなんですよね。
ギガノトサウルスは頭部の大きさが肉食類最大(体で最大はスピノサウルス)なので、予想が当たっていればいいなと思います!

といったところで、飛び六胞の悪魔の実の能力について考察してみました。
次回以降も徐々に情報が明らかになってくると思うので、分かり次第書いていきたいと思います!

カイドウ軍の戦力を改めて整理してみる

前回、飛び六胞のビジュアルが明らかになったことでカイドウ軍の戦力が一定明らかになったかなと思います。

とはいえまだまだ明らかになっていない戦力があるのも事実。
ここで改めてカイドウ軍の戦力を整理しておきたいと思います!

■船長:百獣のカイドウ
最強生物と呼ばれる四皇の一角”百獣のカイドウ”
姿を龍に変えることから”動物系”の能力者であることは確かだとは思いますが、何の実の能力者かということは明らかになっていません。

完全に私見でしかないのですが、カイドウは人型がベースなのではなく、龍の方がベースの”ヒトヒトの実”を食べた龍ではないかと考えています。
(“ヒトヒトの実 モデル鬼”を食べ、人の姿を得たが、元々人間でないことに何らかの感情を抱えていて”動物系”の集団を作っている)

その懸賞金も現四皇の中で最高額の46億1110万ベリー!
これまでで最大の強敵といっても過言ではないでしょう。

■大看板
・火災のキング(リュウリュウの実 モデル プテラノドン)
・疫災のクイーン(リュウリュウの実 モデル ブラキオサウルス)
・早害のジャック(ゾウゾウの実 モデル マンモス)

三害と呼ばれる最高幹部の3人。
三害の中で弟分のジャックですら懸賞金は10億ベリーと、ビッグ・マム海賊団幹部最高額のカタクリに迫る勢い!

さらにはクイーンの懸賞金も13億2000万ベリーとなっているため、三害最上位であろうキングの懸賞金は五番目の皇帝と呼ばれるルフィの15億ベリーを上回るかもしれません。

3人とも”動物系 古代種”の悪魔の実の能力者なのでかなりの強さが予想されます。

■飛び六胞
・フーズ・フー
・うるティ
・ササキ
・X・ドレーク(リュウリュウの実 モデル アロサウルス)
・ページワン(リュウリュウの実 モデル スピノサウルス)
・ブラックマリア

真打ちの中で最強とされる6人がこの飛び六胞。
X・ドレークはルフィたちと同じく最悪の世代の11人の超新星の一角で、海軍特殊部隊SWORDの隊長を務めています。

ドレークは潜入している立場なので、カイドウのために全力で戦うかどうかは分からないものの、そんな実力者のドレークと同格のキャラが5体もいることになります。
(キッド、ローたちと同格の可能性もありますね)

さらに”リュウリュウの実 モデル アロサウルス”の能力者であるドレークだけでなく、ページワンも”リュウリュウの実 モデル スピノサウルス”の能力者。
上でも考察しましたが、飛び六胞6人全員が恐竜の能力者でないかなと考えられます。

■真打ち
“選ばれたギフターズ”と呼ばれる真打ち。
ただ、”人工悪魔の実 SMILE”の能力者だけでなく、超新星の一人バジル・ホーキンスも真打ち扱いなのでオリジナルの悪魔の実の能力者であれば真打ちに位置付けられるのかもしれませんね。
(スクラッチメン・アプーも真打ちでしょうかね)

今のところパッとしない真打ちではありますが、ホーキンス、アプークラスが複数いるとすればかなりの脅威となりそうです。
(真打ち上位はキッド、ローといい勝負が出来るかも!)

■ギフターズ
“人工悪魔の実 SMILE”を食べて悪魔の能力を得た者は”能力を授かった者”ギフターズと呼ばれます。

その数は500人とも言われ、”SMILE”を食べた者の1/10くらいの確率でなれると言われています。
その時点で一定の運の強さみたいなところはありそうですね。

500人というところで、能力者であることを加味すると実力者と言われる博羅町の1000人の侍たちと戦ったりする展開もありそうですね!

■プレジャーズ
“賭けに負け笑う者”プレジャーズ。
“SMILE”の副作用で笑う以外の表情を奪われたのだといいます。

ギフターズになるのが1/10とのことなので、確率からするもプレジャーズは4500人程度はいるものと思われます。
人数的にも囚人採掘場の囚人たちと戦うのかなと思われます。

■ウェイターズ
“SMILEを待つ者たち”ウェイターズ。
予想ですが、実力が伴わないために”SMILE”にチャレンジも出来ていないのかなぁと。

これからギフターズになれる可能性はあるものの、プレジャーズよりも現段階では弱いんじゃないかなぁと思っています。

■ナンバーズ
正体不明の化け物たちナンバーズ。
過去編ではイヌアラシ・ネコマムシを捕らえたりもしていたのでかなりの実力者揃いである可能性があります。

ナンバーズにはミンク族が相対するのかなぁと個人的に考えています。
ミンク族と言えば”月の獅子(スーロン)”化して戦うことが出来るので、”月の獅子(スーロン)”と化したミンク族とナンバーズの戦いに期待したいと思います!

といったところでカイドウ軍の戦力について改めてまとめてみました。
他にもオロチ配下の者たちやビッグ・マム海賊団も敵陣営にはいるのでそのあたりについても後日考えていこうと思います!

カイドウ軍以外の敵陣営の戦力はいかほど!?

上でカイドウ軍の戦力についてまとめてきましたが、今回の敵陣営にはオロチ配下の者たちもいれば、百獣海賊団と同盟を結んだビッグ・マム海賊団もいます。

特にビッグ・マムはカイドウと同じ四皇の一角ですからその戦力は相当のものです。
(現にホールケーキアイランド編ではルフィたちはジェルマ66やカポネ・”ギャング”・ベッジの力を借りてもかなり苦労させられてましたよね)

というところでここからはカイドウ軍以外の敵陣営の戦力について整理したいと思います!

オロチ陣営

■御庭番衆
オロチ陣営の戦力を語るのは、これまでの描写からだと微妙なところではあるのですが、まずは御庭番衆が挙げられるでしょう!

御庭番衆は元は光月家付きの忍者集団とのことですが、20年前に裏切ってオロチサイドについています。
御庭番衆の中には雷ぞうと肩を並べる実力者といわれる福ロクジュもいたりするので、赤鞘九人男クラスの実力者も何人かいることが予想されます。

御庭番衆は忍者なので相対するのは雷ぞうとしのぶといったところでしょうか。
しのぶは過去にオロチの屋敷に忍び込んだ際に御庭番衆の一人、半ぞうを忍法”金玉潰し”で撃退しているので、他の御庭番衆ともいい勝負になるかもしれませんね!

あとの御庭番衆はどうかなと考えてみたのですが、琵琶に仕込んだ銃で攻撃するだけのくノ一もいたりと印象的にはそこまで強くもないかもしれません。
人数もそこまで多くないので、ヒョウ五郎配下のワノ国各郷のヤクザの親分たち
・”蛇の目”の弥太っぺ
・”夕顔”のお蝶
・”破れ傘”綱ゴロー
・”血文字”の大政
といったところが相手をするかもしれませんね!

 

オロチ陣営の主要な戦力で言えば御庭番衆くらいでしょうか。
他にも将軍行列に参列していたものなど、数は多くいそうではあるものの実力者といったところでは他に特筆したところはなさそうです。

ビッグ・マム海賊団

■ビッグ・マム
ビッグ・マム海賊団の船長は言わずと知れたビッグ・マム。
“ソルソルの実”の能力者である彼女は他人に恐怖を与えることでその者から寿命を奪うことが出来、それを魂という形で他の物に与えることが出来ます。

そんなビッグ・マムが本人の魂を与えたのが帽子のナポレオン・太陽のプロメテウス・雷雲のゼウス。
この内ゼウスはいまやナミの天候棒の中に住む形となっています。

ルフィに出し抜かれたことを因縁と感じているビッグ・マムですがもしかするとゼウス絡みの因縁でナミと揉めるといった展開もあるかもしれません!

■ビッグ・マムの子供たち
ワノ国入国の際に、キングに蹴落とされてビッグ・マムと離れ離れになったビッグ・マムの子供たちですが、前回合流して鬼ヶ島にいることが明らかになりました!

入国時に描かれた中にはビッグ・マム海賊団の幹部の中で最強と呼ばれるカタクリの姿はなかったものの、

・スムージー(スイート三将星)
・ペロスペロー
・ダイフク

といったかなりの高額懸賞金の大臣たちの姿が見えました。
しかし最高幹部であるスイート三将星はスムージーしか参戦しておらず、ルフィに敗れたカタクリやクラッカーの姿はなく、元スイート四将星のスナックの姿もないことから本気で戦闘しにきたというわけではないのかもしれませんね。

ビッグ・マム海賊団とはホールケーキアイランド編で既に大々的に戦っていますし、ワノ国編では本格戦闘は行わない可能性が高いのかなぁと思います。

ただし、ミンク族とビッグ・マム海賊団の間にははペドロの件が因縁になっているので、ミンク族たちがビッグ・マム海賊団に相対するといった展開もあるかもしれませんね!
しかしそれも”月の獅子(スーロン)”化出来る何人かが”月の獅子(スーロン)”化してやっとかなと思うので、決戦当日の月の具合が展開の鍵になりそうです!

ビッグ・マム海賊団は数十人規模だったかと思うので、ミンク族200人で抑え込めそうな気もしますね!

ワノ国編ではドレーク、ホーキンスもルフィ陣営側につく!?

上でカイドウ軍の戦力をまとめた中で飛び六胞、真打ちとしてそれぞれ紹介したドレークとホーキンスですが、ワノ国編の中でルフィ陣営に加担してカイドウを共に倒すといった可能性もありそうだなと思います。

これからそう考える根拠などを紹介したいと思います!

ドレークとローの間ではすでに密約が結ばれている!?

一度はベポ・シャチ・ペンギンらの解放と引き換えに投獄されたローですが、とある男の陰謀によりホーキンスを出し抜いて脱獄を果たしています。

ローがその男と面識があるよな口振りを見せていること、さらにはローを逃がすことが”陰謀”と言われるあたりでカイドウ陣営の人間であることを考えるとドレークかアプーの2択になってくるなと思われます。
さらにそのキャラクターは足下のシルエットしか出ていないものの、そのシルエットからはブーツを身につけているように見えるので、その男の正体はドレークである可能性が高そうです。
(アプーはローファーぽい靴を着用)

そもそもドレークは海軍の特殊部隊”SWORD”の隊長としてカイドウの百獣海賊団に潜入しており、”SWORD”の隊員にはコビーも含まれています。

ルフィとコビーの関係性はかつてのロジャーとガープの関係性に近いものがあると思うので、ロジャーとガープが手を組んでロックスを討伐したようにルフィとコビーが組んでカイドウ&ビッグ・マムを倒すパターンもありそうです。

カイドウとビッグ・マムの同盟が報された際、”ロックスの再来”と海軍が騒ぎ立てていたので、それを討伐するためにルフィとコビーらが手を組むのも妥当といえそうな気がします。

そしてそれを取り持つ存在としてドレークが暗躍するといつまた展開もありそうです!

ホーキンス裏切りの鍵は部下にあり?

上でドレークがルフィ陣営に加担する可能性について書きましたが、ホーキンスもルフィ陣営に加担してカイドウを倒す形になるのではないかと考えています。

ホーキンスは元々キッドと同盟を組んでいましたが共に同盟を組んだスクラッチメン・アプーにハメられた形でカイドウ傘下に入りました。

とはいえ、ホーキンスも四皇を討とうという意志の元に同盟を組もうと考えたでしょうから、カイドウを討てるチャンスがあれば討つ側につくこともあり得そうです。

そしてそれを取り持つのはホーキンスの部下であるファウストではないかと考えています。

ファウストは過去に3コマくらいしか登場していないホーキンス海賊団のクルーですが、彼はミンク族なんですよね!

これまでにゾウで初登場したキャラクター以外でのミンク族の登場キャラは

・ベポ(ハートの海賊団)
・ペコムズ(ビッグ・マム海賊団)
・ファウスト(ホーキンス海賊団)

と、3人いますが、ベポはローの仲間としてルフィサイドについていますし、ペコムズも初期は敵として登場したもののホールケーキアイランド編では最終的にルフィのために体を張る場面も見られました。

そのためファウストもまたルフィ陣営に与する可能性が高いのではないでしょうか。

ワノ国にはイヌアラシらミンク族も多数駆けつけていますし、その辺りの関係性でファウストがホーキンスを説得したりといった展開かなぁと予想しています。

もしもホーキンスもルフィ陣営につくとしたら、ワノ国の戦いが超新星vs四皇の色合いがかなり強くなるので、構成的にも面白くなりそうです。

今後のホーキンスの動向に注目したいと思います!

ワンピース【第979話】最新話のネタバレを予想!

ここまでの内容からワンピース【第979話】最新話のネタバレ内容を予想したいと思います!

ワンピース【第979話】はカイドウ陣営がメイン                 !?

前回は飛び六胞のビジュアルが明らかにされ、そんな飛び六胞がカイドウの家庭問題について話をする場面でのひヒキとなりました。

飛び六胞に関しては結構大々的に引っ張って満を持してといった形での前回の登場だったので、次回あたりはより飛び六胞にフィーチャーした内容になるのではないでしょうか。

そしてもう1つ引っ張られている内容は”カイドウの息子”について。

前々回に飛び六胞の登場と共にその存在が明らかにされましたが、前回は飛び六胞のビジュアルが明かされただけで”カイドウの息子”については明らかにされませんでした。
そのため次回あたりでついにカイドウの息子が登場するといった展開もあるのではないかと思います。

カイドウの息子については、パンクハザードでジャックのことを呼び捨てにしていた男が怪しいんじゃないかと思っていますが、その正体はいかに?

次回の展開に注目したいと思います!

 

漫画ワンピースの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。
→ 漫画ワンピースの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこよりも早く更新




まとめ

以上、ワンピース【第979話】最新話ネタバレの前に考察と予想からネタバレ本編を紹介しました。

ワンピースの漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。
無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

あわせて読みたい
【2020年最新】電子書籍ストア目的別おすすめ8選|17社を口コミ比較「電子書籍ストアってたくさんあってどれを選べば良いかわからない。」 「そもそも漫画アプリと電子書籍の違いって何なの?」 など、漫...

漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

まんが王国

まんが王国は、電子書籍サイトで業界最大級を誇ります。

その理由としては、無料漫画数が3000作品以上あるので気軽に読みたい漫画が見つかるところです。

そして会員登録は無料で、月額コースと従量課金コースが選べるので会員登録しといてデメリットはありません。

無料登録で漫画が無料で読めるので、初めて電子書籍サイトを利用する方にもおすすめです。

おすすめ度
月額 月額制or従量課金制
無料期間 会員登録自体無料なのでなし
その他特典 登録時に半額クーポン,無料漫画が豊富

▼登録自体無料!無料で漫画を読む!▼
まんが王国公式サイト

U-NEXT

U-NEXTは、電子書籍サービス+動画配信サービスのハイブリットサイトになります。

月額1980円のコースになりますが、1200Ptが付与され、アニメなど3000件近く見放題なのでお得なサービスです。

さらに、漫画全巻40%Ptバックされるので漫画を沢山読みたい方にはおすすめです。

無料期間中に解約してもお金はかからないので初めやすいですね。

おすすめ度
月額 月額1980円
無料期間/無料ポイント 31日間/1200Pt
その他特典 全巻40%ptバック/無料漫画あり/アニメなど動画見放題
▼31日間無料で今すぐ利用してみる▼
U-NEXT公式サイト
Book Live

電子書籍数業界がebookjapanを超えるBookLive。

30万冊以上多いので全ジャンル問わず取り揃えています。先行配信もあり、初回登録で50%オフクーポンがもらえます。

無料漫画も毎日15,000冊以上読めるので読みたい漫画がきっと見つかるはず。

会員登録が無料で、購入した分だけの支払いになるので無料漫画を読むだけなら料金がかからないのが強みです。

おすすめ度
月額 従量課金制
無料期間 従量課金制なのでなし
その他特典 半額クーポン付与/無料漫画15,000冊以上/書籍数900,000冊以上

▼Book Liveで漫画を無料で読む▼BooK Live公式ページ

6月度マンガ売れ筋ランキング!

ランキング1位「鬼滅の刃」

2019年4月から2クールでアニメ化され、爆発的な人気を誇るマンガ「鬼滅の刃」

どのくらい爆発的に人気が出たかというと、アニメが放送されるまでにあった本屋の在庫が一瞬でなくなるほど。

世界観やストーリーの完成度からキャラクターの熱さ。そしてアニメの出来までも凄い良い作品です。

2020年秋には映画も公開予定なのでチェック!


\「鬼滅の刃」を無料で読みたい方はこちら/
鬼滅の刃を無料で読む方法

ランキング2位「カラミざかり」

カラミざかりは桂あいり作の急激に人気が出た作品です。広告で話題になったNTR漫画です。

背景は、高校生の男女4人が思春期に入り性に目覚めて一線を超えるとこから始まります。

好きな男の子の前でその友達と目の前で使用女の子。好きな女の子が友達としてる様を見て複雑だが、違う女の子としちゃう男の子。結構ストーリーもしっかりしていて続きがきになる大人向け漫画です。

\「カラミざかり」を無料で読みたい方はこちら/
カラミざかりを無料で読む方法

ランキング3位「社内探偵」

まんが王国で先行配信中の話題作品「社内探偵」ストーリーは、会社内で耳にする問題を「なんでも相談係の久我さん」が痛快に解決してきます!

よく休むあの子がなんで給料が高いの?
なんであいつのシワ寄せが俺に…
俺ってこんなとこでくすぶる人間じゃないのに…

会社で働いててよくぶつかる悩みや疑問がありふれた漫画になっており、共感できること間違いなしのおすすめ漫画です!

\「社内探偵」を無料で読みたい方はこちら/
社内探偵を無料で読む方法

漫画読み放題&電子書籍サイト一覧

※クーポン多数配布

※国内最大級サービス

※読み放題プランあり

※格安でレンタル可能

※KADOKAWA作品配信

※独占先行配信あり

お得過ぎる電子書籍サイト情報と比較まとめ