漫画ネタバレ

俺の現実は恋愛ゲーム?? ~かと思ったら命がけのゲームだった~【第2巻】ネタバレ・感想!朱峯編完結!

2018年4月21日発売の俺の現実は恋愛ゲーム?? ~かと思ったら命がけのゲームだった~【第2巻】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

ある日、目が覚めたらそこはゲームの世界? 時間を巻き戻す「セーブ」&「ロード」や、不思議な効果を発揮するアイテムを駆使して、後ろ暗い秘密を持つ彼女たちを「攻略」せよ!興奮必至のクライムサスペンス!

これからネタバレを含む内容を紹介しますので、先に無料で読みたいという方は下記から無料で読む方法をご覧ください。

>>>漫画の最新刊も無料で読む方法!

 

U-NEXTで俺の現実は恋愛ゲーム?? 【2巻】を無料で読む

俺の現実は恋愛ゲーム?? ~かと思ったら命がけのゲームだった~【第2巻】のあらすじ

突然声をかけられた、攻略難易度Aの少女。
困惑しながらも、ここで逃すのは惜しいと思った亮は、一緒にホテルへ行く事にした。

(しかし…本当にこんなきれいな子と…? ご褒美イベントならいいが…)

まだ疑う亮だったが、少女はさっさと服を脱ぎ始める。
そして見えたのは、豊満な胸と、腕に残る火傷の跡だった。

亮の視線に気が付いた少女は、慌てて火傷の跡を隠すが、
隠すために向けた背中にも傷跡がある。

「ごめんなさい…気持ち悪いですよね? 」

少女は暗い表情でそう言うが、亮は「いや…」とだけ答えた。
その答えを、気を遣ったととらえたのか、「半額でいい」「サービスは上手」などと少女は必死に売り込んでくる。

しかし亮はそれに対し、

「ただの怪我じゃないか それも生きてきた証だよ」

と、声をかけるのだった。

心の中で、なんとか無難なセリフが出たと安堵する亮。
だが少女は、なにか考え込むように黙り込んでしまう。

(な…何か失敗したか? 逆に傷つけてしまった? )

それを見た亮は内心で更に慌てたが、少女は「ほかの人たちもみんなそう言ってくれる」と急に話しだし、何か急ぐように服を再び脱ぎ始めた。

(何か…これは何かおかしい…直感でしかないが…)

これに対して何かを感じ取った亮は、お金を少女に渡し、何もせずホテルを出ることに。
しかし、少女はこれに納得せず、困った亮は一緒に食事をすることにした。

そうして一緒に食事をすることになったふたり。

ラーメンも知らない彼女を不思議に思いながら、ともに食事をとると、彼女が少し心を開いたように話しかけてくる。

「おじさんみたいな人初めて やけど気持ち悪いわけじゃないのにやらないし 代わりにご飯を食べようなんて」

嬉しそうに話す少女だが、亮は一つ気になることがあった。

「いや…それよりおじさんってやめてくれよ まだ25なんだぜ」

すると、30代だと思ったと悪びれなく言い、驚く少女。
でも、6歳も離れていたらおじさんだと、彼女は改める気がなさそうだった。

「ところで名前は? 」

そして、亮は、スカウターで出てくることのなかった名前を聞く。

「九空揺愛(くそらゆれあ)」

そう言う少女に、亮は自分の名前も名乗るが、興味がないと言われてしまった。

そして結局、何もせずに帰宅する亮。

(一生に一度のラッキーを棒に振ったような気もするが…)

そう思って少し後悔しつつも、亮は、朱峯の攻略に戻ることにした。

手に入れた朱峯の財布には、社会的地位の高い人間の名刺が多く入っている。

まずは攻略情報にあった【怪しい社交パーティー】を探るため、
【加入の問い合わせ】と書かれた名刺の番号に、電話してみることにした。

すんなり電話はかかったが、「誰の紹介か」と聞かれ、咄嗟に財布に入っていた名刺の名前を言う亮。
すると、なんとか話が通り、面接をすることになった。

「私は担当の木元莉里咲」

電話の人物がそう名乗り、翌日の朝10時に喫茶店で会うことになった二人。

しかし、喫茶店にいたのは、「木元」ではなく、朱峯だった。
そこで、彼女は自分の名前を名乗ることなく、面接が始まる。

そしてまず、
あの名刺の人物が、亮のことを知らないことへの詰問が始まった。

しかし、亮は慌てながらも、実は、名刺の人物もともに知る、絶対名前を出せない人物からの紹介であると、ハッタリをきかせる。

「俺も明るいところで商売をしている人間ではありません」

そして亮がそう続けると、朱峯は何かを考えた後、納得したように話を先に進めた。

パーティーは、加入費用が100万円。参加費が毎回100万円。
加入費用は今すぐ払うように、と言われ、持っていた所持金を使ってすぐに払うと、
亮は無事にパーティーに加入することが出来た。

そして、引き続き説明を聞いていくと、
このパーティーは社会的地位と野心を持った参加者のみが参加する、乱交パーティーであることが明かされる。
そして、今夜の会場を案内された亮は、彼女と別れた。

朱峯はその帰り道、誰か別の男性と話している。

「あっさり承諾しすぎじゃないか? 」

男は、先ほどの亮とのやりとりを聞いていたらしい。
警告する男に対して、朱峯は「亮が疑っている様子はない」と言い、
亮が素人であると見抜た上で、背後を探るために加入させたことを告げた。

「いざというときは頼むわよ」
そして最後に、そう意味深に男性に言いながら。

そうとは知らない亮は、家でセーブをしたのちに、乱交パーティーへ参加する。
目の前に広がるのは、様々な分野で影響力のある人物たちも交え、裸の男女があちこちで重なり合う、驚愕の光景だった。

亮は何が今回の【攻略】に繋がるのかと考えていると、朱峯に別室へと招待される。
そこでベッドに押し倒され、急に朱峯に迫られる亮だったが、
突然誰かが部屋に入って来た。

朱峯が部屋を出ていくのと入れ違いに入ってきたのは、
なんと先日会った攻略難易度Aの少女、九空揺愛だった。

ただ話をしているだけだと怪しまれる、と、前戯をしながら会話をするふたり。
そこで知ったのは、ここでは、最初に招待された人間へ、麻薬を飲ませているということだった。
飲んでいないとわかると大変なことになる、と、酔ったふりをするよう言われる亮。

そして、攻略対象が変更できないことを危惧した亮は、
これ以上揺愛に深入りするのを避けるために、セックスはせず、明日会う約束だけを取り付け、そのまま寝たふりをして、交流には参加せずに帰ることにした。

帰り道、亮は【攻略】に関して悩んでいた。
このパーティーの証拠画像をマスコミに送ればいいのかとも思ったが、
自分の所持しているアイテム【カメラ】では、撮影したものを人に見せることが出来ない。

とにかく情報がまだ足りないと判断した亮は、翌日揺愛に話を聞くことにした。
そこで知ったのは、朱峯はあのパーティーで集めた人間にドラッグを使い、言いなりにさせているということだった。
その目的はわからないが、バッグにいるのは、関東でも最大勢力を誇るヤクザだと言う。

大きくなっていく話に、警戒心の高まる亮だったが、とりあえず揺愛の連絡先を聞こうとした。
しかし、揺愛は携帯を持っていないと言う。

ラーメンも知らず、携帯も持っていない彼女はやはり不思議だったが、
彼女の家の電話番号だけ聞いて、その日は別れた。

そして改めて、朱峯の財布を見返し、名刺の中に与党の有名な政治家がいるのを発見する。
それを利用して、亮はパーティーの目的を朱峯に聞くことにした。

利用、というのは、アイテム【変身薬】を使って、あの政治家になりすまし、
自分を朱峯に信用させ、目的を聞き出すと言うものだった。

結果は成功。
見事に政治家になりすました亮は、自分のバックに政治家がいると、朱峯に思いこませることが出来た。

そして、彼は「ビジネスの話」として薬の話をし出すと、朱峯の顔色が変わる。

「昨日の薬、ピンときました 実は俺も似たような商売を営んでまして」
「あの薬も俺が扱ってるの内の一つですね そっちの流通で協力できるんじゃないかと思うんですよ」

次々とハッタリをきかす亮だが、朱峯の顔色は変わったまま。

(間違えたか…? )

彼女の反応に、思わず戸惑う亮。
しかし、少しして、彼女は場所を移して話をしたいと、前向きな返答をしてきた。

これであっていたと、彼女の車に乗っていく亮であったが…

乱交パーティーに使われたビルの駐車場へ到着し、車を降りた途端、彼女の態度が激変する。

「あの薬、実は私が自分で調合しているものなんです だからあなたが扱っているというのはおかしいんですよ」

朱峯のその言葉と同時に、亮は背後から車に轢かれ、下半身を轢き潰された。
そして、車から降りてきた男は、手にペンチを持って、亮の目的を聞き出そうとする。

「痛いぜ? こいつはよ」
ペンチが向かう先は、亮の手の爪。

拷問に叫び声をあげながら、亮は震える手でなんとか【ロード】を押すのだった。

>>>U-NEXTで漫画を無料で読む!

俺の現実は恋愛ゲーム?? ~かと思ったら命がけのゲームだった~【第2巻】のネタバレ

ロードし、【変身薬】を使う前に戻ってきた亮は、先ほど爪を剥がれたはずの手を震わせながら、考えていた。

朱峯の根回しの良さから、きっと朱峯は、今日のやりとり以前から、亮のことを疑っていたはずだ、と。

乱交パーティーのときに疑ったのか?
揺愛が裏切ったのか?
それとも最初から疑っていたのか?
ハッタリなど、最初から通用していなかったのではないのだろうか…?

色々と考えを巡らせ、情報を得るため再び財布を探ってみると、中から朱峯のものと思われる免許証が出てきた。

そこにあった名前は【木元莉里咲】
最初の電話で名乗った名前だった。

こちらが本名なのかと疑うが、スカウターでは朱峯だったことから、おそらく朱峯が本名であることがわかる。
その謎を解くために、この免許証の住所へと向かう亮。

向かった先にあったのは、一軒の廃屋だった。

そこで出会った女性に、【木元莉里咲】のことを聞くが、彼女は2年前に亡くなったという。
続けて、【朱峯深雪】のことを聞くと、女性は顔をしかめた。

なにか事情がありそうだと更に聞いてみると、木元と朱峯は、友人であったとのことだった。

背格好も似ていて、姉妹のようだったふたり。
だが、高校に入り朱峯が悪い連中とツルむようになり、友人であった莉里咲から金を巻き上げた挙句、身体を売らせるような行為までさせていたとのこと。
それに対し、莉里咲は挫けることなく東京へ出て就職したが、あちらでまた朱峯に再会したらしく、ボロボロになって帰ってきたと思ったら、しばらくして自殺してしまったのだそうだ。
そのときの莉里咲のお腹には、子どもがいたという。

そして、そんな彼女の両親も、すぐ後を追うように亡くなってしまい、
「朱峯は本当に悪い女だ」と、その女性は最後に苦々しく言った。

それを聞き、亮は朱峯が木元に成りすましていることを確信した。

そして、東京に戻った亮は、ある行動に出る。

その日の夜。
朱峯のマンションに灯りがついていないことを確認した亮は、万能キーで彼女の部屋に侵入し、寝ている朱峯の元へ向かった。

【変身薬】で木元莉里咲に化け、包丁を持った状態で。

すると、朱峯は想像以上に脅え、失禁しながら、寝ていた時の下着姿のまま外へ飛び出していった。
亮はそれを追いかけるが、朱峯は階段から落ち、腕が折れても止まろうとしない。

そのまま道路へと飛び出していった朱峯は、横から来たトラックに轢き潰され、そのまま死んでしまった。

亮は、間接的だが殺してしまったことに困惑したが、
生きていた更なる犠牲者が出ていた、と自分を無理やり納得させた。

すると、目の前に出てくる、クリアを知らせる画面。

おめでとうございます。
ボーナス3千万円を獲得しました。
難易度 C シークレットミッション
「嘘の顔」クリア

これで終わった、と思った亮だったが、ふと思い返す。
慎重な朱峯が、この犯罪行為を記録していないはずがない。

急いで朱峯の家へ戻り、部屋にあった金庫を開けると、参加者名簿の中に、亮のファイルがあるのを発見した。
危なかった、と思いながら、自分の資料を見てみると、そこには様々な情報が。

【言動から察するに一般人】
【立矢会・繁道に対処を依頼】

やはり最初から疑われていたこと。拷問を受けた男の名前。
次々とわかってくる情報のなかで、亮はひとつ気になる記述を発見した。

【あるいは九空揺愛の部下…? 】

ここでも名前の出てくる少女は、一体何者なのか?

疑問に思い、翌日ふたたび彼女と会う約束をとりつけると、
彼女はやはり、朱峯のやったことをすべて知っていた。

そして、何故か彼女が話し始めた途端、
渋谷の真昼間だった場所から人が消え、雰囲気が変わり始める。

恐怖を感じ始める亮に、
揺愛は問い詰めるように「なぜこんなことをしたのか」と聞いてくる。
揺愛は銀行口座からも亮を探っていたが、正体がわからなかったのだと迫り、
思わず尻もちをついてしまった亮に威圧的に言った。

「わけがわからない ムカつくけど直接聞くね 話して おじさんの正体」

それに答えることが出来ない亮は、言葉を詰まらせながら、逆に揺愛の正体を問い詰めてみるが、彼女は一切動じない。
それどころか、威圧感を増して、更に亮を問い詰めてきた。

「おじさんは素人そのものだけど 何か得体のしれないものを隠している気がする」
「言って 何を隠しているのか」

ひたすら詰問してくる揺愛だが、亮は答えようがない。
すると、彼女は突然雰囲気を変え、可愛い顔をしながら、指でピストルの形を作り、「バーン!」と声を上げた。

その瞬間、顔の横を弾丸がかすめ、背後の窓ガラスが割れる。

「私 待たされるのは好きじゃない 質問を二度繰り返すのも嫌い」

再びピストル型の指を亮の顔に当て、そう言ってくる揺愛。
そして、彼女のその言葉を合図にするように、亮は拳銃を持った人間に囲まれてしまった。

(機嫌ひとつで人を殺そうと…それができる女だということか)

そう思いながら、揺愛の異常さに気が付く亮だったが、彼女と出会った後にセーブしてしまっていた彼は何をすることもできない。
何か方法はないかと考える亮。
しかし、そんな彼の諦めない様子を見て、揺愛は予想外にも楽しそうな顔をした。

「私ね、退屈だったの」

そして、唐突にそう言う揺愛は、亮との出会いを振り返る。
亮とのこれまでの展開は、全く自分の思い通りにならなかったのだという。

「最高よ」

しかし、それがひどくお気に召した様子の揺愛。

実は朱峯のときも、わざと薬の情報を亮に教え、警戒している朱峯たちにわざと接触するよう仕向けたのだそうだ。

それで殺されると思っていたのに、殺されるどころか、朱峯の正体を突き止めた。
それは、揺愛の期待以上の働きだったようで、楽しそうな表情の彼女。

「おじさんが私をこのつまらない世界から救ってくれたら あげてもいいよ 私の処女」

そしてそう言いながら、亮を挑発し、彼女は去っていった。

彼女が去っていくと、渋谷の街に人が戻ってくる。

そこで亮は気づいた。
もしも最初に揺愛に誘われた時、あの誘いにのっていたら、きっと興味を失って殺されていただろう、と。

そして自分は、これまで運がよかっただけだ、ということが。

(油断していた この世界はまさに命がけのゲームだ…)

そう思う亮は、この世界の恐ろしさを、改めて実感するのだった。

>>>U-NEXTで漫画を無料で読む!

俺の現実は恋愛ゲーム?? ~かと思ったら命がけのゲームだった~【第2巻】の感想

やっと朱峯ルートが完結しましたね。思った以上の闇の深さでした。
それにしても、朱峯は本当に悪い女でしたが、死亡ルートなのはちょっとかわいそうでした。
それにしても、揺愛ちゃんの変貌ぶりが衝撃すぎました…。

次の巻も楽しみですね!

まとめ

以上、俺の現実は恋愛ゲーム?? ~かと思ったら命がけのゲームだった~のネタバレ・感想と無料で読む方法を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

好きな漫画が無料で読めるサービスまとめ

 

漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

漫画を無料で読めるおすすめサービスランキング

U-NEXT

U-NEXTは31日間の無料トライアルと登録時に600ポイントが付与されます。

動画配信サービスとして有名で、見放題作品が豊富なのも嬉しいですね。

電子書籍のラインナップもかなり多く、無料ポイントですぐに読むことができます。

月額料金 1990円
無料期間/ポイント 31日間/600ポイント
その他特典 雑誌読み放題、動画見放題、スマホ対応

U-NEXTも動画配信サービスがメインで、見放題作品が豊富なこととして有名です。

電子書籍の数もトップクラスで、スマホでは専用のリーダーがあり、購入した本がそのリーダーに共有されて見やすく管理されています。

他のアニメや漫画など見たいものが多い方はおすすめです。

U-NEXTで漫画を無料で読む

music.jp

music.jpは動画・音楽・電子書籍サービスと幅広く利用できるサービスです。

漫画や音楽で使えるポイントは961ポイントですが、これとは別に動画で使える1500ポイントももらえます。

また、電子書籍購入時には10%のポイント還元もあります。

月額料金 1922円
無料期間/ポイント 30日間/961ポイント(動画1500ポイント)
その他特典 購入時10%ポイント還元、スマホ対応

music.jpは動画配信サービスで見放題のコンテンツがないこともあり、ポイントに力を入れているサービスです。

アニメや映画でも新作・人気作はポイント作品がほとんどなので、漫画に限らず最新作に興味がある人にはおすすめのサービスです。

また、漫画で使えない動画ポイントはこちらに使用することで、無料で視聴することも可能です。

music.jpで漫画を無料で読む

FOD

フジテレビの公式サービスでamazon決済から登録すると1ヶ月の無料期間が付き、その期間で1300ポイントを貯めることができます。

動画だけでなく、電子書籍サービスとしても、購入時に20%のポイント還元があるのでお得です!

月額料金 888円
無料期間/ポイント 1ヶ月/1300ポイント
その他特典 雑誌読み放題、購入時20%ポイント還元、スマホ対応

FODは無料期間の1ヶ月で1300を貯められるようになっており、登録時に100P・8のつく日にそれぞれ400Pが付与されます。(8のつく日はFODにログインしてバナーをクリックしてください)

FODで配信しているどの漫画を購入しても20%のポイント還元を受けられます。

継続して利用するにしても月額料金よりも多いポイントを毎月もらえるので、とてもお得なサービスですね。