最新話ネタバレ

少女ファイト【第142話】バースト最新話のネタバレと感想!!

2018年11月13日発売日のイブニング2018年23号、最新話!
少女ファイト【第142話】バーストを読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

黒曜谷はいい流れを生んできて苦戦する朱雀であった。

怪我が直せても性根が直せない理香はしえの不適切な発言に強く言ってしまい雰囲気が悪くなっていきます。

これから少女ファイトのネタバレを含む内容をご紹介します。

もし文章のネタバレではなく絵付きでネタバレを読みたい、という場合は下記の今すぐ無料で読む方法をご覧ください。

あわせて読みたい
【2019年最新】電子書籍サイト目的別おすすめ8選|17社を口コミ比較「電子書籍サイトってたくさんあってどれを選べば良いかわからない。」「そもそも漫画アプリと電子書籍の違いって何なの?」など、漫画をスマホや...

少女ファイト【第142話】バーストが読みたい!ということであれば、イブニング 2018年23号で無料で読むことができますよ

↓U-NEXTからのお年玉↓


少女ファイト【第142話】バーストのネタバレ

【弱さは暴力】

白雲山のフミたちも黒曜谷と朱雀の試合が気になっているようです。

人の心配をあまりしないフミが珍しく理香のことは心配をしています。

現在朱雀の一年に謀反を起こされた要因は理香にはなく元凶は別にあるものだと考えるフミです。

有栖川の説得により何とか今は収まっていますがまだ何があるか分からない状況でしょう。

他人に「この人なら自分の弱さも重さも全部受け入れてくれる」と思わせるのは危ないことで、
〝弱さは暴力〟とフミは言います。

依存されて振り回されてはいけない、それがチームメイトなら尚更であり
だからこそ白雲山の強さはそこにあるのです。

【弱点を武器に】

しえは相変わらず拗ねておりチームメイトがカバーして何とか試合は続いていきます。

黒曜谷7-7朱雀

タイムアウトを使い切ってしまっている朱雀はしえのふてくされている状況はもう自分で直してもらうしかない状況なのですがそれはしえにとっては優勝するより難しいことかもしれません。

激しい攻防が続いていきますが黒曜谷にどんどん点差を離されていく朱雀でした。

黒曜谷10-7朱雀

真っ向勝負ではラチがあかないと思った理香は攻撃を工夫していき何とか点差を縮めようとします。

観客席から試合を見ている広之たちも試合を見ながら身長というハンデがあったがブロックやフェイントなどを駆使して弱点を自分の武器に変えていったことに強さの秘密を感じました。

【自分のできる仕事】

激しい攻防のラリーが続いているのを見ながら白雲山のフミは昔のことを思い出します。

理香は誰に対しても全力で対応してしまうから人を庇って自分が車にも惹かれてしまうなどの危うさもあるのです。

フミは知っています、理香がかつて誰よりも飛べることを知っているからこそフミは理香に今だけでも自分を第一に考えて戦って欲しいと強く思うのでした。

何とか試合は20-20の同点までに戻しますが決して優位に立っている状況ではありません。

黒曜谷のタイムアウトで試合は一旦止まり、しえと理香が監督に呼ばれます。

監督は二人に言わなくてもわかっているなと伝えますがしえは分からないと答えるのです。

しえは泣きながらキャプテンが好きで入部したときからキャプテンにどうしたら好かれるかばかり考えて頑張ってきたがキャプテンは急にキレるしお茶会の情報収集も何か役に立てるかと思ってやったのに全然役にたてていないと言います。

理香がしえに対して水筒に携帯を水没させたのもヤンキー声で意地悪するのも全てしえは自分のことが嫌いだからするのだと言いますが理香は違います。

理香は自分がコートに立っていることは奇跡で、人が好きだとか嫌いだとかなんて考えている余裕なんて無いいうのが本音でした。

しえはそれを理解することが出来ず再び愚図りだしたので阿部が止めようとした時
阿部は自分のことが好きか尋ねます。

ですが一瞬戸惑いを見せてしまい、しえはパニックになりかけますが有栖川がきて
「優しい先輩だからといって君に好意があるわけじゃないってことさ」と言います。

むしろ厄介ごとに関わりたく無いからこそ阿部はしえを怒らいのだと真実伝えます。

タイムアウトが終了ししえはベンチに戻ります。

有栖川はしえにどの先輩を自分の味方かという話ではなくしえ自身の主体性の問題だと言います。

理香も阿部もしえのように傷つくこともあるし強くもありません。

先輩や友人はしえのママでは無いのです。

監督がしえに自分の仕事だけやっておけと言われます。

暇は良く無い、黙って働いて自立しているフリをしておけばいつしかそれが普通になるのです。

そして第一セットは25-22で黒曜谷に取られてしまいますがここからが正念場と構える黒曜谷ベンチ。

そして何か変わりそうなしえと、有栖川が第二セットの鍵となります!!



少女ファイト【第142話】バースト―最新話を含め週刊誌を毎週無料で読む

ネタバレを上でまとめてきましたが

やっぱり絵も含めて漫画を読みたい

という場合はFODやU-NEXTなどの無料お試し期間があるサービスを使うといいですよ。

イブニングや週刊少年マガジンなど週刊誌も配信していますので。

詳しくは下記の記事をチェックしてみてください。

あわせて読みたい
【2019年最新】電子書籍サイト目的別おすすめ8選|17社を口コミ比較「電子書籍サイトってたくさんあってどれを選べば良いかわからない。」「そもそも漫画アプリと電子書籍の違いって何なの?」など、漫画をスマホや...

少女ファイト【第142話】バーストの感想と考察

しえの我儘でチームメイト間の雰囲気が最悪な状況になっていき第一セット目を黒曜谷に取られてしまう朱雀高校。

監督や有栖川からの言葉で顔つきが少し変わったしえは第二セット目の鍵となれるのでしょうか!?

少女ファイト【第143話】のイブニング発売日は12月11日になります!

まとめ

以上、少女ファイト【第142話】のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

好きな漫画が無料で読めるサービスまとめ

 

漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

漫画読み放題&電子書籍サイト一覧

※クーポン多数配布

※国内最大級サービス

※読み放題プランあり

※格安でレンタル可能

※KADOKAWA作品配信

※独占先行配信あり

お得過ぎる電子書籍サイト情報と比較まとめ

漫画を無料で読めるおすすめサービスランキング

U-NEXT

U-NEXTは31日間の無料トライアルと登録時に600ポイントが付与されます。

動画配信サービスとして有名で、見放題作品が豊富なのも嬉しいですね。

電子書籍のラインナップもかなり多く、無料ポイントですぐに読むことができます。

月額料金 1990円
無料期間/ポイント 31日間/600ポイント
その他特典 雑誌読み放題、動画見放題、スマホ対応

U-NEXTも動画配信サービスがメインで、見放題作品が豊富なこととして有名です。

電子書籍の数もトップクラスで、スマホでは専用のリーダーがあり、購入した本がそのリーダーに共有されて見やすく管理されています。

他のアニメや漫画など見たいものが多い方はおすすめです。

U-NEXTで漫画を無料で読む

music.jp

music.jpは動画・音楽・電子書籍サービスと幅広く利用できるサービスです。

漫画や音楽で使えるポイントは961ポイントですが、これとは別に動画で使える1500ポイントももらえます。

また、電子書籍購入時には10%のポイント還元もあります。

月額料金 1922円
無料期間/ポイント 30日間/961ポイント(動画1500ポイント)
その他特典 購入時10%ポイント還元、スマホ対応

music.jpは動画配信サービスで見放題のコンテンツがないこともあり、ポイントに力を入れているサービスです。

アニメや映画でも新作・人気作はポイント作品がほとんどなので、漫画に限らず最新作に興味がある人にはおすすめのサービスです。

また、漫画で使えない動画ポイントはこちらに使用することで、無料で視聴することも可能です。

music.jpで漫画を無料で読む

FOD

フジテレビの公式サービスでamazon決済から登録すると1ヶ月の無料期間が付き、その期間で1300ポイントを貯めることができます。

動画だけでなく、電子書籍サービスとしても、購入時に20%のポイント還元があるのでお得です!

月額料金 888円
無料期間/ポイント 1ヶ月/1300ポイント
その他特典 雑誌読み放題、購入時20%ポイント還元、スマホ対応

FODは無料期間の1ヶ月で1300を貯められるようになっており、登録時に100P・8のつく日にそれぞれ400Pが付与されます。(8のつく日はFODにログインしてバナーをクリックしてください)

FODで配信しているどの漫画を購入しても20%のポイント還元を受けられます。

継続して利用するにしても月額料金よりも多いポイントを毎月もらえるので、とてもお得なサービスですね。