漫画ネタバレ

ゆらぎ荘の幽奈さん【第12巻】ネタバレと感想!朧が自分の気持ちに気づきコガラシを助ける!?そして、自分の気持ちを伝える娘達・・・どうなる!?

2018年10月4日発売のゆらぎ荘の幽奈さん【第12巻】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

ゆらぎ荘の地縛霊・湯ノ花 幽奈。

肉体派霊能力者・冬空 コガラシ。

ゆらぎ荘でのふたりの出会い。

物語はここから始まった!!

これからネタバレを含む内容を紹介しますので、先に無料で読みたいという方は下記から無料で読む方法をご覧ください。

>>>漫画の最新刊も無料で読む方法!

U-NEXTでゆらぎ荘の幽奈さん【第12巻】を無料で読む

ゆらぎ荘の幽奈さん【第12巻】のあらすじ

前回、玄士郎の新しく得た技「極龍如水」により大ダメージを追ってしまったコガラシ。

朧「冬空…傷は大丈夫なのか!?」

コガラシ「おう、気合入れりゃ破裂した肺くらいすぐ治る」

幽奈「コガラシさん…ご無事で!」

夜々「さすがコガラシ…!」

雲雀「やっちゃえコガラシくーん!!」

反撃を試みるコガラシ。

しかし、秘術「極龍如水」の前に防戦一方になってしまいます。

玄士郎「ふははは!防御結界が薄くなっているぞ!?立ち上がったところで結局満身創痍ではないか!」

幽奈「こ…コガラシさん!!」

雲雀「もっもういいよやっぱ逃げてぇぇぇ!」

と、その時

玄士郎「!?」

夜々「朧!」

幽奈「朧さん!」

玄士郎「…なんの真似だ 朧!?」

朧が助けに来ます。

朧「…わかりません、ただ…冬空が私のために傷つけられているのが…耐えられず…!」

玄士郎「邪魔をするなら貴様とて容赦はせぬぞ!朧!!」

裏切った朧に襲い掛かる玄士郎。

朧(…わからない、なんなのだこれは!?)

朧(玄士郎さまの刀である私が…何故、玄士郎さまと闘っている!?)

応戦する朧。

玄士郎「おのれ朧!!余の敵を庇い立てするとは!!よもや龍雅の神刀ともあろう者が…」

玄士郎「人間如きに本気で情が湧いたとでも!?」

朧(…あぁ、そうか。私は…)

玄士郎「もはや許さぬ!八咫鋼と共に消えるがいい!朧ォォォ!!」

もう絶体絶命かと思ったその時!

玄士郎「!?、何事だ!?一瞬巨大な拳が見えた気が…!?液化…いや気化して逃れ…きれぬ…ッ!?」

朧「冬空…、今のは…八咫鋼の奥義か何か…か?」

コガラシ「いや、ただの拳圧だ」

コガラシ「さっきは助かったぜ、朧!」

玄士郎「余は未だ健在なり!!」

朧「ご無事でしたか!玄士郎さま」

玄士郎「今の闘いは家臣団も観ておった。これで奴らもよくわかったことだろう。まだまだ余では御三家に適わぬ…とな」

玄士郎「故に…もはや余にはどうにもできぬわ!今後は貴様の好きに生きよ…朧!」

幽奈「あ…あのぉ~!」

幽奈「よければ助けに来ていただけませんかぁぁ!?」

雲雀「うきゃぁ!?またハダカになっちゃうよぉぉ!!」

こうして朧の冬空篭絡作戦の続行も決まり、玄士郎との闘いは幕を閉じたのでした。

 

ある日

コガラシは女子にパンツを見せてもらわないと死ぬ呪いにかかってしまいます。

経緯を説明する狭霧。

うららの解析により12時間以内に女子のパンツを12枚見ないと死ぬことが分かり、動揺するゆらぎ荘のメンバー。

コガラシ「すまねぇ…皆…!」

誰が行くか相談しているなか、責任を感じて砂霧が行きます。

砂霧「コレでどうだ…!?」

頭の模様のカウントが一つ進み。

次に幽奈が行こうとするも、かるら、雲雀、千紗希と揉めてしまいます。

揉めている間に呑子、夜々、朧が先に見せることに。

呑子「もぉ、ヘンな呪いにかかっちゃダメよぉ~?」

夜々「冬空…おまえを死なせはしない…!」

朧「元気になって…コガラシ!」

これでカウントは4つ。

喧嘩しているうちに今度はちとせ、こゆず、うららが見せます。

うらら「こ…これでどや!?」

ちとせ「あ…あまり見ないでくださいね…!」

こゆず「はいコガラシくんぱんつ!」

これで7つ。

そうこうしてるうちにマトラも行きます。

マトラ「これでいいのか?」

うらら「スパッツじゃあかんみたいやな…」

マトラ「ンだとぉ~!?」

マトラ「ったく…ほらよっ!」

うらら「成功や!」

これで8つ。

残るは幽奈、かるら、雲雀、千紗希の四人だが、かるらの提案であみだくじで順番を決めることに。その結果千紗希→かるら→雲雀→幽奈の順で行くことになりました。

千紗希「じゃ…じゃぁ行ってくるね…!」

幽奈「ふぁ…ファイトです千紗希さん!」

恥ずかしがりながらも裾を上げる千紗希。

千紗希(うぅ…やっぱり恥ずかしいよ…!そりゃ何度も見られてるけど…、自分で見せるなんてそんなの…っ、…だけど、こんなコトで元気になってもらえるなら…、いくらでも見せたげる…!)

うらら「はいオッケーや!おつかれ宮崎サン!」

かるら「ふ…ふん!普通にめくっただけ…ではないか!」

かるら「これが誠の…いたわりの心というものよ…!」

それに対して馬乗りになって見せるかるら。

雲雀「ひ…雲雀だって負けないもん!」

雲雀はそれに対抗しぱんつの紐をほどきながら見せます。

残るは幽奈。

様々な見せ方に混乱する幽奈ですが、苦しむコガラシの姿を見て決意します。

幽奈(…バカでした、わたしは)

幽奈(ほかの誰より…なんてどうでもいい、ただ…ただコガラシさんのために…!)

これによりカウントは12。一件落着かと思いきやしかし、

うらら「…あかん、今度はブラを見せな死ぬ呪いに変わっとる…!」

先行きが不安になるメンバーでした。

 

次の話は記念すべき100回目。

100回目は幽奈さんの日常に迫る話です。

最初は朝のポルターガイストから始まり、幽奈はポルターガイストを制御するために滝で修業をすることに。

滝で修業を終えた後は朝食を食べ、学校に向かいます。

学校での授業や昼食を終え、放課後に。

コガラシはバイト、幽奈は旅館で夕食を作りに向かいます。

コガラシの帰りを楽しみに夕食の準備をする幽奈。

しかし、砂霧達の任務が苦戦していることが分かり、コガラシは急遽助太刀に行くことになってしまいます。

いまかいまかと待つ幽奈。

幽奈「…はやく帰ってこないかなぁ、コガラシさん」

その時、玄関の開く音と共にコガラシが帰ってきます。

コガラシ「遅く…なってすまん…幽奈…!」

息が荒いコガラシに幽奈が心配します。

幽奈「おっおかえりなさいま…え!?ど…どうなさったんですか!?そんなにお強い敵だったのですか!?」

コガラシ「いや…ちょっと本気で走ってきたもんで…」

幽奈「どっどうしてそんな…」

コガラシ「…先に寝てろとは言ってたけどよ、なんか幽奈なら待ってる気がしてな。砂霧達にゃ悪いけど…任務終わって俺だけソッコー帰ってきたんだ」

コガラシ「美味そうな匂いだな!ダッシュで帰ってきてよかった!」

幽奈(…コガラシさん、わたし幽霊なので成仏…しなきゃってわかってます。でも…祈らずにはいられないんです)

幽奈(こんななんでもない毎日が…ずっと、ずっと続きますように…って)

しかし、朝起きると幽奈のお尻に違和感が。

幽奈「ごめんなさい!コガラシさぁぁぁん!!」

ポルターガイストによって吹き飛ぶコガラシ。

朝のこればっかりは毎日続きませんようにと嘆く幽奈でした。

ゆらぎ荘の幽奈さん【第11巻】のネタバレ

 

ある日…

雲雀は他の͡娘の様々なコガラシに対するアピールに焦りを感じ始めます。

そこで、告白を行うことを決意します。

雲雀「雲雀がコガラシくんのトクベツになるには…コレしかない!!」

コガラシに告白しようと試みる雲雀ですがトラブルによりことごとく失敗してしまいます。

ですが、なんとか二人きりの時間を作り告白をすることに成功します。

雲雀「コガラシくん、あのね…雲雀は。雲雀はね…?」

雲雀「好き。雲雀は…コガラシくんのことが好きなの」

しかし、待っていたのは悲しい答えでした。

コガラシ「あ…ありがとな…雲雀の気持ち…すげぇ嬉しい…!」

コガラシ「だけど…ごめん」

雲雀「…先帰るね!」

コガラシ「雲雀!?」

雲雀(わかってた、わかってたはずなのに…。雲雀…ほんとはちょっと期待してたんだ…!)

そして、雲雀は一度誅魔の里に帰ってしまいます。

友達と再会し、休日を楽しむ雲雀。

しかし、ことあるごとにコガラシについての思い出がよみがえり、自分の気持ちに気づいていきます。

そんな時、うららから砂霧がピンチだという連絡が入ります。

急いで駆けつける雲雀。

砂霧「すまん雲雀!助かった…!」

雲雀「早く倒しちゃお!」

しかし、ここで相手の妖怪は縁を切る妖怪だということがうららの解析によってわかります。

敵の強力な攻撃に圧倒される雲雀。

砂霧「雲雀ィィ!?」

もう諦めかけたその時、

霊装結界を纏うことによってぎりぎりで敵の攻撃を防ぐことに成功しました。

砂霧(白い霊装結界…だと!?)

雲雀「…イヤだ。コガラシくんともう会えないなんて…そんなのイヤだよ!」

雲雀(雲雀…わかっちゃった。一度フラれたくらいじゃ…コガラシくんのこと、諦められないんだって…!)

雲雀(だったらもう…雲雀、諦めない!)

必死に敵を追い詰め、あと少しのところまで来たのですが雲雀の霊装結界も限界を迎えていました。

うらら「雲雀の霊装結界ももう半壊しとる!これ以上は縁切りの呪いを防ぎきれへんかもしれん!」

しかし、雲雀は怯みません。

雲雀「コガラシくんとの縁が切られたってなんとか結びなおしてみせるし!砂霧ちゃんがコガラシくんとイイ感じでも関係ない!だってそれでも!いつか絶対!雲雀が奪ってみせるんだからぁぁぁ!!」

なんとか妖怪を倒すことに成功した雲雀。

そんな時、うららが呼んでいたコガラシが来ました。

雲雀は縁が切れていなかったことに安堵するとともに、コガラシに諦めきれない思いを伝えます。

雲雀「…このままコガラシくんのこと好きでいてもいいかなぁ…!?」

コガラシ「…俺もあれから色々考えてはみたんだ。雲雀のために何かできることはねぇのかって。でもそんなのは他人が決めることじゃねぇと…俺は思うんだ。だから。それが雲雀の出した答えならそれでいいんだ。それで雲雀が本当に笑顔でいられるなら…!」

雲雀「ありがとう…コガラシくん…!」

こうして雲雀は無事妖怪を倒すことにも成功し、新たな想いを胸に頑張っていくことを決意します。

 

ある日、こゆずは朧に乳房の大きさを変えられることを明かします。

それを聞いた朧は是非と乳房を大きくしてくれるよう頼みます。

朧「おおっ!この揉みごたえ…存在感…これならば冬空も…!感謝する…こゆず!」

感謝の言葉を聞いたこゆずは嬉しくなり、いろいろな人のところに朧と同じように頼みを聞きに行くことにします。

砂霧、ちとせ、幽奈と次々に頼みを聞いていくこゆず。

そんな時、ゆらぎ荘のメンバーに呼ばれました。

いつものように怒られることを心配するこゆずですが待っていたのはみんなからの感謝の言葉でした。

こゆず「うあぁぁん!」

幽奈「どっどうしましたこゆずさん!?」

こゆず「ボク…!いっつもみんなに迷惑かけてばっかりだったから…うれしくて…!」

涙を浮かべるこゆず。

最後にかけた魔法を解きます。

こゆず(それじゃぁ…みんなにかけた魔法を解きます。)

こゆず「へぶちっ!」

雲雀「元よりちっちゃくなってんじゃーん!?」

呑子「あらあらぁ」

こゆず「しっ失敗しちゃったよぉぉ!」

肝心なところで失敗してしまうこゆずでした。

 

ある日、いつものように昼食をとるコガラシたち。

しかし、告白の一件以来雲雀のコガラシに対するアピールは激しくそれを見た千紗希は尊敬と共に焦りを感じます。

クラスの話で修学旅行委員を決めることに。

男子の担当はコガラシに。

もちろんこれに対し、雲雀も立候補します。

他に立候補者もおらず雲雀で決まりと思いきや、千紗希も手を上げました。

結果、じゃんけんで千紗希が勝利し、女子の修学旅行委員は千紗希に決まりました。

放課後、コガラシがバイトがないということで二人は一緒に帰りながら打ち合わせをすることにします。

ところが帰っている途中雨に会います。

千紗希しか傘を持っておらず相合い傘になる二人。

コガラシ「すっすまねぇな宮崎…!どっかで傘買うしかねぇかな…」

千紗希「たったぶん通り雨だからすぐやんじゃうんじゃない?」

千紗希(あ…相合い傘…っ)

そんな時、足湯処が目に入り二人はそこで雨宿りをすることに。

雨で濡れた衣服を脱ぐ千紗希。

コガラシは普段は見られない仕草にドキッとしてしまいます。

足湯に浸かる二人。

他愛もない話をしつつ、千紗希は今日あったことを思い出し自分の中で葛藤します。

千紗希(少なくとも…きっと、キモチを隠してるようじゃダメなんだ。雲雀ちゃんたちみたいにできなくとも、あたしなりに…。ぶつかっていかなきゃ…!)

コガラシの手にそっと手を重ねる千紗希。

千紗希「あ…、雨…止んだね!もっもう行かなきゃだよね!?バイトがんばって!じゃぁ…また明日ね!」

コガラシ「おっおう、またな…!」

千紗希(ど…っどうしよう!?あたし、つい…!だけど…)

千紗希は気持ちを新たに走りました。

 

ある日、ゆらぎ荘でゲームが見つかりました。

その名は「うぉぉたぁさばげぇ」。

見覚えの見た目に雲雀たちが動揺する中、こゆずがスタートボタンを押してしまい、全員ゲームに巻き込まれてしまいます。

到着すると、全員に水鉄砲が配られました。

ところがコガラシの姿が見つかりません。

見渡す幽奈。

すると、水鉄砲の方からコガラシの声がします。

コガラシ「ゆ…幽奈!?」

幽奈「コガラシさぁぁん!?」

よく見るとちとせの水鉄砲にもコガラシの顔が。

状況説明を求めるコガラシ。

コガラシ「な…仲居さん!?俺ぁ一体…!?」

ちとせ「このゲーム世界に入った男性は水鉄砲に変化してしまうんです。今回はコガラシくんだけでしたので分裂したようですね…!」

コガラシ「ぶっ分裂…!?」

水鉄砲になってしまったコガラシを心配する幽奈。

そんな時幽奈は誤って水鉄砲のトリガーを引いてしまいます。

水浸しになるだけかと思いきや、幽奈の服は溶けてしまいます。

アナウンスにより、水鉄砲の水が普通じゃないこと、このゲームは最後の一人以外が裸になるまで帰れないバトルロワイヤルであることがわかります。

このゲームについて何か知っていそうなちとせに助言を仰ぐ幽奈。

幽奈「なっ仲居さん!このゲームご存じなんですよね!?何か必勝法とかは…」

ちとせ「すみません…じつは私も実際に遊ぶのは初めてで…それにその…申し訳ないのですが…幽奈さん。わ…わたしを…撃っていただけませんか!?」

幽奈「なっ仲居さん!?突然何を…」

ちとせ「…いいんです!今日はお客さんが多いので早く抜けてお夕飯の支度をせねばなりませんから…!」

幽奈「な…仲居さん…!……わかりました!撃たせて…いただきます!」

裸になってしまうちとせ。

幽奈はそんなちとせの手伝いをするために自爆しようとします。

そんな時、アナウンスで今回の優勝賞品の発表が。

アナウンス「優勝賞品はなんと…惚れ薬でございんす~!」

彼女たちの絶対に負けられない闘いが今始まった…。

ゆらぎ荘の幽奈さん【第11巻】の感想

玄士郎との闘い、何事もなく終わってよかったですね!

また、朧、雲雀、千紗希たちの恋の行方も気になります!

ですが男性としてはやはり…

最後のイベントが一番気になるところでしょう!!

次の巻も楽しみです!


 

まとめ

以上、ゆらぎ荘の幽奈さんのネタバレ・感想と無料で読む方法を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

好きな漫画が無料で読めるサービスまとめ

漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

漫画を無料で読めるおすすめサービスランキング

U-NEXT

U-NEXTは31日間の無料トライアルと登録時に600ポイントが付与されます。

動画配信サービスとして有名で、見放題作品が豊富なのも嬉しいですね。

電子書籍のラインナップもかなり多く、無料ポイントですぐに読むことができます。

月額料金 1990円
無料期間/ポイント 31日間/600ポイント
その他特典 雑誌読み放題、動画見放題、スマホ対応

U-NEXTも動画配信サービスがメインで、見放題作品が豊富なこととして有名です。

電子書籍の数もトップクラスで、スマホでは専用のリーダーがあり、購入した本がそのリーダーに共有されて見やすく管理されています。

他のアニメや漫画など見たいものが多い方はおすすめです。

U-NEXTで漫画を無料で読む

music.jp

music.jpは動画・音楽・電子書籍サービスと幅広く利用できるサービスです。

漫画や音楽で使えるポイントは961ポイントですが、これとは別に動画で使える1500ポイントももらえます。

また、電子書籍購入時には10%のポイント還元もあります。

月額料金 1922円
無料期間/ポイント 30日間/961ポイント(動画1500ポイント)
その他特典 購入時10%ポイント還元、スマホ対応

music.jpは動画配信サービスで見放題のコンテンツがないこともあり、ポイントに力を入れているサービスです。

アニメや映画でも新作・人気作はポイント作品がほとんどなので、漫画に限らず最新作に興味がある人にはおすすめのサービスです。

また、漫画で使えない動画ポイントはこちらに使用することで、無料で視聴することも可能です。

music.jpで漫画を無料で読む

FOD

フジテレビの公式サービスでamazon決済から登録すると1ヶ月の無料期間が付き、その期間で1300ポイントを貯めることができます。

動画だけでなく、電子書籍サービスとしても、購入時に20%のポイント還元があるのでお得です!

月額料金 888円
無料期間/ポイント 1ヶ月/1300ポイント
その他特典 雑誌読み放題、購入時20%ポイント還元、スマホ対応

FODは無料期間の1ヶ月で1300を貯められるようになっており、登録時に100P・8のつく日にそれぞれ400Pが付与されます。(8のつく日はFODにログインしてバナーをクリックしてください)

FODで配信しているどの漫画を購入しても20%のポイント還元を受けられます。

継続して利用するにしても月額料金よりも多いポイントを毎月もらえるので、とてもお得なサービスですね。